バイ セクシャル の 意味。 バイセクシャルの恋愛事情・・・オレの場合!

バイセクシャルの特徴3つと見分ける方法10選

バイ セクシャル の 意味

聞きたいことも聞けないこんな世の中じゃポイズン……そんな気持ちで、誰に対しても遠慮なく質問をぶつける人もいる。 この度もあるゲイ(同性愛者)&バイセクシャル(両性愛者)の人気ユーチューバーが、 「ゲイやバイセクシャルの人に聞いてはいけない 10の質問」を解説する動画を公開した。 2人は「こんな質問をするんじゃない!」と怒っている訳ではなく、 「聞かないほうがいいよ。 聞きたい場合は慎重にね」と質問をリストアップしてみたそう。 体験談を交えながら、NGな理由を明るく説明してくれている。 2人の素敵な雰囲気は、ぜひとも動画を再生して味わっていただきたいが、以下で 「10の質問」を簡単に見ていきたい。 リヤドさんは「僕は聞かれたくない」と話している。 いずれにせよ、他人が知る必要のない情報だと説明されている。 ちなみにこの質問を日本ですると、「デリカシーがない人だと」思われるという情報もある。 詳細は後述する。 質問2:「強欲だからバイセクシャルなの?」 「男女の両方を好きになれる余裕があるってこと」「こんな質問を他人にするなんて最低」とメラニーさん。 質問3:「バイセクシャルだと浮気しやすいのでは……と、恋人が心配したりする?」 メラニーさんは一途なので、これまでに恋人から浮気の心配をされた経験はないそう。 ヘテロセクシャル(異性愛者)にも、浮気しまくりの人はいる。 浮気をするのに性的指向は全く関係ないと2人は力説している。 質問4:「いつ自分の性的指向に気付いたの?」 「数えきれないほどこの質問をされた」というリヤドさんは、こう聞かれたら「あなたは、いつ自分がヘテロセクシャルであることに気付いたの?」と返すようにしているとのこと。 質問5 :「なんでゲイの男の人って、女っぽい仕草を取るの?」 「いまだに男っぽいとか、女っぽいとか言ってるの?」「僕は女っぽい格好や仕草をするし、舌足らずでピンク色が好き。 でもそれが自分自身なのであって、他人からジャッジされるべきではない」とリヤドさんは話す。 そしてこの質問からは、「男性が女っぽい仕草をとる = 悪いこと」といった思い込みも感じられるそうだ。 質問6:「あなたの性的指向を見せつけるのヤメてくれない?」 まず2人は「ヤメない」と断言。 なぜなら今の社会は、ヘテロセクシャルばかりが自分たちの指向を見せつけているのに、そちらは全く問題にされていないからだ。 そしてマイノリティー側の性的指向にまつわる発言や行動を続けることで、他の人々を解放したり、助けることにもつながり、世の中の理解も深めていく。 だから「ヤメないよ!」と2人は高らかに宣言。 同時に「ヘテロセクシャルの人たちも、性的指向を見せつけるのをヤメないでね!」とも主張している。 でもそれは、ただのアクセサリー感覚。 友情ではない。 質問8:「あなたゲイなの? なら一緒にショッピングに行かない?」 質問7に関連したような質問。 リヤドさんは「行かない」と一言ではねのけた。 質問9:「ゲイ or バイセクシャルの友達がいるんだけど紹介しようか? デートとかできるじゃん」 性的指向がたまたま同じなだけで、誰とでもすぐに仲良くなれる訳がない。 どんな人間関係でも同じように、「気が合うかどうか」が大切だと2人は話している。 質問10:「同性婚も認められつつあるんだし、もう充分なんじゃないの?」 充分ではない。 今なおホモフォビック(同性愛嫌悪)な事件が毎日のように起こり、LGBTの権利問題も山積している。 たしかに同性婚が認められる国の増加は大きな一歩だが、だからといって戦いが終わった訳ではない。 そう、リヤドさんとメラニーさんは答えている。 ・「自分がされたくない質問は他人にもするべきではない」 では、これらの質問は日本だとどう受けとめられるのか? ゲイである日本人男性Aさんに、動画について意見を求めてみたところ、以下のような答えが返ってきた。 例えば僕は質問4を聞かれても気にならないけれど、リヤドさんは嫌だって言っていたよね。 質問5なんかは、聞いてくる人によって、失礼で挑戦的な問いかけだと感じることもあるかな」 —— 人や状況によって受けとめ方が違うんですね。 Aさん:「たしかに人や状況によって受けとめ方は変わってくるけれど、 動画で挙げられている質問は、まず聞かないほうがいいと思う。 性的指向を隠して生活することが難しい場合もあるし、抑圧を強いる質問6『性的指向を見せつけないで』はすごく失礼。 自分(ヘテロセクシャル)に当てはめて考え、自分がされたくない質問は他人にもするべきではないという意識を持つことが大切なのでは」 参照元: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

「バイ」とは?意味や使い方をパンセクシュアルとの違いも含めご紹介

バイ セクシャル の 意味

1:バイセクシャルの意味は? まずはバイセクシャルの意味について見ていきましょう。 辞書を見てみると、 バイセクシュアル【bisexual】 異性にも同性にも性的な欲求をもつ人。 両性愛者。 また、その傾向をもつさま。 バイセクシャル。 出典:小学館デジタル大辞泉 とあります。 多くの人は恋愛的、性的に異性に惹かれれますが、男性・女性どちらに対しても同様の感情をもつことがある人のことをバイセクシャルといいます。 したがって、 バイセクシャルの人は異性と恋愛することも、同性と恋人同士になることもあります。 2:バイセクシャルについての誤解や理解しておくべきこと5つ どちらの性も好きになるバイセクシャルは、誤解されることが多いようです。 バイセクシャルを自認している人たちに話を聞いてみました。 (1)友達を必ず好きになるわけじゃない 「友達でいたい人と恋人でいたい人は、完全に別です。 何か悩みを相談したり、気さくに話をしたりできるのは友達だからだと思っています。 どちらも好きになるイメージからなのか、作品でに登場するバイセクシャルのキャラの大半が、男性も女性も、隙あらばナンパしたり誘惑したりする、軽い人である気がします。 確かに、女性しか好きにならないレズビアンの人からすればそう思うかもしれないけれど、相手の性に関わらず、毎回真剣な恋愛だし、結婚したいと思いつつ、日本がそれを許さなくて諦めたり、パートナーシップ制度や海外移住を検討したりしたこともありました。 バイセクシャルが異性との結婚で落ち着くのか、同性と恋をし続けるのか、それはその人の選択次第だと思うのですが……。 でも、それって関係あります? だって恋多き人もいれば、惚れにくい人もいるし、そこは個人差でしょ。 まだまだ同性を恋愛対象としている人を見つけるのが難しい世の中なので、結局のところ男性とばかり付き合っているのが実情だったりしますね」(Sさん・22歳女性) (5)男性・女性以外は恋愛対象外 「SNSなどを見ていると、バイセクシャルの間でも誤解している人がいるんじゃないかな……と思うことがあるのですが、バイセクシャルは男性ないし、女性以外と恋愛しません。 そういう人も含めて、全人類に惹かれ、恋愛対象になりうるパンセクシャルというマイノリティが別にあります。 そこで抵抗心が生まれず、いけると思うなら、バイの可能性があると感じます」(Yさん・32歳女性) (3)生々しい同性の性的な描写を受け入れられるか 「たぶん、異性恋愛しかしない人は、同性の生々しい性的な描写に少なからず、気分的にイヤな気持ちを覚えるのではないかなと思います。 普通に異性のものを見るのと同じくらい抵抗がないなら、バイの気もある気がします。 バイの人同士で話をしていても思うのですが、他の人と比べて、同性との距離感が近い人は、レズビアンやバイセクシャルである可能性もあるように感じます」(Sさん・22歳女性) (5)同性も好きになるが、性の区別はしっかりしている 「男女だけでなく、そのほかの性も好きになるパンセクシャルというマイノリティがありますが、パンセクシャルの人はそもそも、人に対して男性・女性と括らない人が多いと言われているので、男女の区別について、腑に落ちないと感じがちです。 その点、バイセクシャルは男性・女性以外は恋愛対象外なので、相手のことを男性あるいは女性としてしっかり見ています」(Mさん・20歳男性) 4:バイセクシャル以外にも押さえておきたい言葉の意味4つ (1)ヘテロセクシャル 異性に対して恋愛感情や性的欲求を抱くセクシャルティの人のこと。 よく「ノンケ」と言われます。 現在はセクシャルマイノリティを少数派として「マイノリティ」と呼ぶので、それに対して、ヘテロセクシャルは「多数派」「マジョリティ」という呼び方がされることもあります。 (2)パンセクシャル 上のコメントでもたびたび出てきましたが、男性・女性のみならず、トランスジェンダーなど、その他の性を持つ人に対しても惹かれる人のこと。 性で人をくくらないマイノリティだと考えられています。 (3)LGBT 女性に惹かれる女性を指す「レズビアン」、男性に惹かれる男性を指す「ゲイセクシャル」、男女両方に惹かれを持つ「バイセクシャル」、出生時の性と性自認が一致しておらず、出生での振り分けは女性だけれど性自認は男性、あるいは出生での振り分けは男性だけれど性自認は女性という「トランスジェンダー」。 この4つのマイノリティをまとめた用語です。 (4)LGBTQQIAAP LGBTへの関心が高まってから、その他のマイノリティへも関心が寄せられるようになり、近年はLGBTQQIAAPという言葉も使われるようになりました。 この言葉は、すべてのマイノリティに言及しているわけではありませんが、LGBTに加え、自分の性が定まっていない「 クエスチョニング」、マイノリティ全体を包括する「クィア」、両性の身体特徴をもつ「インターセックス」、他者に性的な欲求をもたない「アセクシャル」、セクシャルマイノリティの理解者を指す「アライ」、全性愛の「パンセクシャル」を指す用語です。 8:まとめ LGBTという用語が浸透してきたとはいえ、まだまだ誤解があったり、知らないマイノリティがあったりするのではないでしょうか。 まだ定義もあやふやですが、理解が深まり、多様性の認められる社会になることを願っています。 この記事を書いたライター 青木 エイミー A. Aoki 日本とカナダ人のハーフ。 「アセクシャル」ゆえに恋愛がよくわからず、脳科学や心理学から、恋愛を研究。 その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。 また、「遺伝子レベルで惹かれた」としか言えないひと目ボレをきっかけに、LGBTQの彼氏と婚約中。

次の

バイセクシャルとは?バイセクシャルの意味や特徴、診断方法も紹介!

バイ セクシャル の 意味

1:バイセクシャルの意味は? まずはバイセクシャルの意味について見ていきましょう。 辞書を見てみると、 バイセクシュアル【bisexual】 異性にも同性にも性的な欲求をもつ人。 両性愛者。 また、その傾向をもつさま。 バイセクシャル。 出典:小学館デジタル大辞泉 とあります。 多くの人は恋愛的、性的に異性に惹かれれますが、男性・女性どちらに対しても同様の感情をもつことがある人のことをバイセクシャルといいます。 したがって、 バイセクシャルの人は異性と恋愛することも、同性と恋人同士になることもあります。 2:バイセクシャルについての誤解や理解しておくべきこと5つ どちらの性も好きになるバイセクシャルは、誤解されることが多いようです。 バイセクシャルを自認している人たちに話を聞いてみました。 (1)友達を必ず好きになるわけじゃない 「友達でいたい人と恋人でいたい人は、完全に別です。 何か悩みを相談したり、気さくに話をしたりできるのは友達だからだと思っています。 どちらも好きになるイメージからなのか、作品でに登場するバイセクシャルのキャラの大半が、男性も女性も、隙あらばナンパしたり誘惑したりする、軽い人である気がします。 確かに、女性しか好きにならないレズビアンの人からすればそう思うかもしれないけれど、相手の性に関わらず、毎回真剣な恋愛だし、結婚したいと思いつつ、日本がそれを許さなくて諦めたり、パートナーシップ制度や海外移住を検討したりしたこともありました。 バイセクシャルが異性との結婚で落ち着くのか、同性と恋をし続けるのか、それはその人の選択次第だと思うのですが……。 でも、それって関係あります? だって恋多き人もいれば、惚れにくい人もいるし、そこは個人差でしょ。 まだまだ同性を恋愛対象としている人を見つけるのが難しい世の中なので、結局のところ男性とばかり付き合っているのが実情だったりしますね」(Sさん・22歳女性) (5)男性・女性以外は恋愛対象外 「SNSなどを見ていると、バイセクシャルの間でも誤解している人がいるんじゃないかな……と思うことがあるのですが、バイセクシャルは男性ないし、女性以外と恋愛しません。 そういう人も含めて、全人類に惹かれ、恋愛対象になりうるパンセクシャルというマイノリティが別にあります。 そこで抵抗心が生まれず、いけると思うなら、バイの可能性があると感じます」(Yさん・32歳女性) (3)生々しい同性の性的な描写を受け入れられるか 「たぶん、異性恋愛しかしない人は、同性の生々しい性的な描写に少なからず、気分的にイヤな気持ちを覚えるのではないかなと思います。 普通に異性のものを見るのと同じくらい抵抗がないなら、バイの気もある気がします。 バイの人同士で話をしていても思うのですが、他の人と比べて、同性との距離感が近い人は、レズビアンやバイセクシャルである可能性もあるように感じます」(Sさん・22歳女性) (5)同性も好きになるが、性の区別はしっかりしている 「男女だけでなく、そのほかの性も好きになるパンセクシャルというマイノリティがありますが、パンセクシャルの人はそもそも、人に対して男性・女性と括らない人が多いと言われているので、男女の区別について、腑に落ちないと感じがちです。 その点、バイセクシャルは男性・女性以外は恋愛対象外なので、相手のことを男性あるいは女性としてしっかり見ています」(Mさん・20歳男性) 4:バイセクシャル以外にも押さえておきたい言葉の意味4つ (1)ヘテロセクシャル 異性に対して恋愛感情や性的欲求を抱くセクシャルティの人のこと。 よく「ノンケ」と言われます。 現在はセクシャルマイノリティを少数派として「マイノリティ」と呼ぶので、それに対して、ヘテロセクシャルは「多数派」「マジョリティ」という呼び方がされることもあります。 (2)パンセクシャル 上のコメントでもたびたび出てきましたが、男性・女性のみならず、トランスジェンダーなど、その他の性を持つ人に対しても惹かれる人のこと。 性で人をくくらないマイノリティだと考えられています。 (3)LGBT 女性に惹かれる女性を指す「レズビアン」、男性に惹かれる男性を指す「ゲイセクシャル」、男女両方に惹かれを持つ「バイセクシャル」、出生時の性と性自認が一致しておらず、出生での振り分けは女性だけれど性自認は男性、あるいは出生での振り分けは男性だけれど性自認は女性という「トランスジェンダー」。 この4つのマイノリティをまとめた用語です。 (4)LGBTQQIAAP LGBTへの関心が高まってから、その他のマイノリティへも関心が寄せられるようになり、近年はLGBTQQIAAPという言葉も使われるようになりました。 この言葉は、すべてのマイノリティに言及しているわけではありませんが、LGBTに加え、自分の性が定まっていない「 クエスチョニング」、マイノリティ全体を包括する「クィア」、両性の身体特徴をもつ「インターセックス」、他者に性的な欲求をもたない「アセクシャル」、セクシャルマイノリティの理解者を指す「アライ」、全性愛の「パンセクシャル」を指す用語です。 8:まとめ LGBTという用語が浸透してきたとはいえ、まだまだ誤解があったり、知らないマイノリティがあったりするのではないでしょうか。 まだ定義もあやふやですが、理解が深まり、多様性の認められる社会になることを願っています。 この記事を書いたライター 青木 エイミー A. Aoki 日本とカナダ人のハーフ。 「アセクシャル」ゆえに恋愛がよくわからず、脳科学や心理学から、恋愛を研究。 その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。 また、「遺伝子レベルで惹かれた」としか言えないひと目ボレをきっかけに、LGBTQの彼氏と婚約中。

次の