俺ガイル 文化祭。 俺ガイル3期始まりましたが、これまでのあらすじをあんまり覚えてないので...

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺ガイル 文化祭

やはり 俺 の 俺ガイル考察は まちがって いる。 八幡は結衣の依頼を直接には聞いていない。 そして雪乃は八幡に本当の依頼の一部を伝えていない。 テンプレな雪乃のツンデレと結衣の料理下手とに従い、八幡も読者も「美味しいクッキーを作る」が結衣の依頼だと考える。 しかし結衣の真の依頼は「 仲良くなる 自信がない。 手伝って欲しい」であったろう。 雪乃の「あなたがいないおかげでスムーズに話が進んだわ。 」を、八幡は皮肉と捉えるが、しかし雪乃は八幡に本当に感謝している。 クッキー作りに失敗した結衣に雪乃が告げる「どうすれば良くなるかを考えましょう」を、八幡は料理の腕の上達だと考えるが、しかし雪乃は結衣と八幡を仲良くさせたい。 これらを前提に1巻3章を再読して欲しい。 「八幡と仲良くしたい」と考える結衣に八幡がどれだけ酷い事を言ったか、八幡がどれだけまちがっていたか、が際立つ。 この叙述トリックこそが俺ガイルである。 あるいは文化祭での葉山は。 駆使された修辞により隠れてはいるが、 も、 も、本文中に丁寧に描写されている。 いろはの「言ったじゃないですか。 料理、得意だって」を翻訳すると、 となる。 自分がまちがっている事を疑い、読者も八幡と共に悩み考え続ける。 いわゆる考察と呼ばれる行為は、俺ガイルの最も面白い読み方の一つである。 このサイトの目的はその手引、注釈書になる事だ。 たぶん。 知らんけど。 My Thoughts on ImGuile is Wrong, As I Expected. 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」は言わば謎解きのされないミステリーとして書かれている。 俺ガイルの考察はミステリーのその真実とトリックを解こうとすることに等しい。 このサイトはその過程を示す。 あるいは読解、SSネタ、妄想、と呼ばれるもの。 雪乃や結衣の台詞のうち、主語や目的語を省略された解りにくい台詞は「読者への挑戦状」である。 隠された真実が存在する。 八幡は「信頼できない語り手」である。 地の文の八幡の推測や思考はまちがっていて、そのまちがえた思考や行動こそがトリックである。 但し八幡は正しく観測する。 つまり描写や叙景は正しく、それらが台詞や行動と矛盾するならば、それは先入観やミスリードを疑うべき徴候である。 俺ガイルは決して抽象的に書かれてはいない。 修辞的ではあって比喩も対句反復反照も省略黙説も駆使されるが、しかし徹底して論理的である。 我的领悟关于果青果然有问题。 物語の最後に、結衣は、「これからもずっと仲良くしたいの。 」として、最初の依頼を繰り返す。 物語のその始めに仕込んだ、ほぼ全ての読者に理解されなかった伏線を、理解されないまま、最後の最後に回収する。 大量の伏線、トリック、ミスリード、ミスディレクションについて、著者の渡航氏は何も言わないし、何もしない。 まさに八幡が本物を求め抱えた自意識そのままに。 だから読者も気付かないし、気付いても真偽が解らない。 八幡と同じくらいに読者もまちがっている。 読後数年を経てさえ、自分の解釈を疑い続けざるを得ない。 もっと理解したい、と思う。 卓越した人間観察とその描写、唯一孤高のダークヒーロー、ルサンチマン故のカタルシス、成長するヒロインとその魅力、著しく軽い読み味と爽快でしかし複雑な読後感、それらに青春ミステリーとしての側面を足したいと私は考えるが、それだけの評価が、一つの作品に集まり得た。 であるのだから、やはりその作品は、「本物」の銘を冠して然るべきだろう。 このサイトについて• スマフォでは画面左上の「目次」にページ一覧があります。 個人の解釈であって言うまでもなくまちがっています。 断定的に書く理由は、全ての推測に「恐らく」「であろう」と添えると煩わしいから、です。 断言調だからと言って事実でもなければ根拠があるわけでも自信があるわけでもありません。

次の

『海外の反応』やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第1話「5年ぶりに俺ガイルが帰って来た!」「小町はベストimouto」

俺ガイル 文化祭

1つは、 八幡の目です。 説明はいらないでしょう。 2つ目が、 海老名姫菜の性癖です。 これまで、陽の目をみることの少なかった海老名姫菜さんですが、この記事で大々的にピックアップします。 なぜかって? いいですか?僕は声を大にして言いたい。 海老名さん、ちょっと良いなって思ってます。 おなしゃすっ これは、もう完全に、変じゃなくて恋です。 下心です。 そうなんです。 僕が 個人的に推しているキャラは、海老名さんですよ。 という訳で、僕の 海老名バイアスが掛かった偏愛の強い内容になるかもしれませんので、ご注意して読みすすめていただければ幸いです! 文化祭のボス、海老名姫菜さんのまとめです。 ららぽーと海老名さん、オープンおめでとうございます! — やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 擬態しろし!海老名姫菜の妄想集 再三、グループリーダーの三浦に「姫菜は黙っとけば可愛んだから、擬態しろし!」と言われているにも関わらず、どこそこ構わず布教活動、否、腐教活動を始めてしまいます。 なんか、こういう熱中している女子、いいですよね。 笑 例えば、三浦にボウリングに行こうと提案された際、• 「 わかる!ピンって絶対誘い受けだよね!」 と訳の分からない用語( 誘い受け)が登場します。 また、林間学校に行った理由も、• 「 わたしは葉山くんと戸部くんがキャンプすると聞いてhshs」 と語尾に子音しかありません。 よだれでしょうか?• 「 ヒキタニくん、受けオーラすごいしヘタレ受けって感じだから、葉山君に迫られたら即堕ちしそう」 これは、これは、笑。 受けオーラ?ヘタレ受け?BLの教科書の何ページに載っているのでしょうか?• 葉山くんがヒキタニくんをかばっている。 昨日の敵は今日のホモぶはっ 海老名さんは、常にアクセル全開で布教しているところがいいんですよ!この時期まとめながら爆笑してますよ、海老名さん! 千葉中がドン引きした、問題作の「ミュージカル星の王子さま」はアニメ的にNGだった説 今回は海老名さん、川なんとかさんの青春の1ページもございます!ぜひ、使ってみて下さいね〜!(ただし、海老名さんのスタンプは使い方を間違えたらアウトかも知れません) — やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 が、初っ端から、 海老名さんが全開です! リンク 海老名ファンは、絶対持っているはずですが、一応推しておきます。 俺ガイルの中でも、6巻だけは絶対に外してはいけません。 アニメではあまり詳しく語られることのなかった、裏の設定が原作では詳細に描かれています。 海老名さんが、書いた星の王子さまの企画書をちょっとだけ、だしてみます。 概要「あの名作、『星の王子様』を、葉山隼人を筆頭とした人気キャストで完全舞台化!」• ターゲット「総武高女子、他校女子、保護者女性」 もう完全にふふふ、で笑っちゃいます。 笑 ちなみに、王子様の設定が• 純粋さゆえの言葉攻めが得意。 と、、、なんの舞台なのでしょうか?笑 他のキャラは、「ぼく」「王様」「うぬぼれ男」「酒飲み」などなどいますが、 「チョモランマが、」「手取り足取り」「俺に溺れろ」「寝取られ」などなど様々なキーワードが登場しますが、もう読んでからのお楽しみですな。 ふふふ。 数々の名言が登場しています。 なぜ、星の王子さまの全編がアニメにできなかったのか残念でなりませんねぇ。 俺ガイル・星の王子様のミュージカルの完全版やって欲しいなぁ。 海老名さんは、書いた脚本をクラスに配るのですが、「 ちょっと恥ずかしいなぁ」と照れていたそう。 笑 普通に考えれば高校生がやる内容としてはアウトですが、まぁ、高校生男子が変装しているコントとしてやるのであれば、面白いという意見もあり、 「ウケる」「他と違う」という2点から、「ミュージカル星の王子さま」は採用されたようです。 」と2度、心でつぶやいています。 実際は、どうだったのでしょうか? 星の王子さまが砂漠のキツネに対して 「 僕と一緒に遊ぼうよ。 僕は今すごく悲しんだ」という台詞があります。 コレが海老名監督のシナリオ第一稿では、 「 やらないか?」になっていたそう、、、ふ腐笑 また、「星の王子さま」と主人公の「ぼく」が仲良くなる。 会話、時間、心を重ねて、やがて2人は別れることになる。 海老名総監督のシナリオ第一稿では、 唇と 体も 重ねることになる。。 ふ、ふ、腐。 サンテグジュペリがホシミュ(星の王子さまミュージカル)を見たら、どうなるのでしょうか?日本という国は、なんて大人何だ!と喜ぶでしょうか? 海老名姫菜の「腐女子」は仮面 海老名さんといえば、腐女子キャラですが、実は見た目通りのかわいい女子ではないのです。 興味深いことを、7巻(修学旅行編)で三浦が言っています。 「 あいつ(海老名姫菜)は空気を読まないで合わせるの」 また、 由比ヶ浜と同じで逆とも言っています。 周囲に合わせることは、由比ヶ浜も海老名もできる。 でも、空気を読むか、 空気を吸わせるかの違いがあるということです。 海老名は、 周囲に自身のキャラクター(腐女子)を許容させることによって、適切な距離を保つと八幡は解説しています。 俺ガイルの魅力は、こういうところにもあります。 自分のやり方で周囲に合わせる者たち(海老名、由比ヶ浜)• 周囲に合わせないボッチ(八幡、雪ノ下、川崎)• ハイブリッドボッチ(小町、戸塚)(材木座はどれか判断つきませんでした笑) 海老名が八幡に「告白阻止のお礼」をいうシーンで言っています。 「私ね、今の自分とか、周りの人とか好きなんだよ。 こういうの久しぶりだったから、なくすのは惜しいなって、今いる場所が、一緒にいてくれる人たちが好き」 「 こういうの久しぶりだったから」には、2つの理由が考えられます。 海老名は高校2年生までにボッチだった期間がある• 腐女子キャラを隠して、周囲に合わせて生きていた期間がある といったところでしょう。 おそらく、八幡と同じ様に、「腐女子」も生きづらいタイミングがあったはずです。 林間学校の「鶴見るみの仲間はずれ」の解決策を出し合う際も、 「大丈夫、趣味(BL)に生きればいいんだよ。 (中略)学校だけが全てじゃないときづくよ。 そしたらいろんなこと楽しくなってくるし」 「BLで友達ができましたーーー」と雪ノ下にBLをすすめていました。 笑 これは、半分、冗談ではなく、海老名自身の過去の実体験にもとづく発言です。 八幡も海老名のことを聡明だと言っています。 海老名は本来、淡白な性格で、簡単に人間関係を切れるような人間で、それを海老名は自覚している。 過去にボッチだった経験もあり、学校じゃなくても他のコミュティー(BL)を探せば大丈夫だと知っています。 海老名自身も自己評価は「腐っている」と言っています。 腐女子という意味ではなく、人間性、性根が腐っているという意味だと思います。 俺ガイルのテーマは「青春」ですが、青春は残酷なものも含めて「青い」のです。 未熟ゆえに、取り返しのつかないことをしてしまいます。 海老名というキャラは、自分のネガティブ要素(腐女子)を「笑い」というポジティブに変えてくれる素敵なキャラだと思いました。 今のタケ的にポイント高い!• 観て頂きありがとうございます。 福岡市で、ライター目指して記事書いています。 建築資材の搬入しています。 26歳、独身、趣味は、星を眺めること。 関連する記事• 戸部はヤンキーのイメージですが、意外と「いいやつ」と、作中ではなっています。 また、「戸部は稲毛のカラーギャングの仲間でゲーセンで西高狩りをしていた」ま[…]• 俺ガイルには、八幡が「三バカ」と呼んでいるキャラがいます。 あなたも、ご唱和願います。 せーの。 戸部翔 大和(やまと) 大岡(おおおか) 戸部は結構、名[…]• 映画、比企谷家の一族金田一少年は、比企谷家の謎を解けるのか! あまりアニメに出てこない比企谷家の実態に迫ります。 アニメと原作の違いを探すのも面白いです[…]• 葉山隼人は夏合宿の夜、戸部との会話で、好きな人を言い合います。 戸部は「海老名さんちょっといいなって思ってんだ。 」とすぐいいましたが、葉山はなかなか答え[…].

次の

特集一覧|TBSテレビ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 公式ホームページ

俺ガイル 文化祭

青春を謳歌せし者たちは常に自己と周囲を欺き 自らを取り巻く環境のすべてを肯定的にとらえる。 彼らは青春の二文字の前ならばどんな一般的な解釈も 社会通念も捻じ曲げてみせる。 彼らにかかれば嘘も秘密も罪科も失敗さえも青春のスパイスでしかないのだ。 仮に失敗することが青春の証なら友達作りに失敗した人間もまた 青春のど真ん中ではないとおかしいではないか。 しかし、彼らはそれを認めないだろう。 すべては彼らのご都合主義でしかない。 結論を言おう。 青春を楽しむ愚か者ども砕け散れ。 このセリフは八幡が青春を謳歌する人たちへの皮肉です。 ただ、リア充爆発しろという言葉で片付けるのではなく論理的に否定するところが説得力がありますね。 「人」よく見たら片方楽してる文化祭 この言葉は次のように続きます。 いやぁ、人という字は人と人とが支えあってとか言ってますけど、 片方寄りかかってんじゃないっすか。 誰か犠牲になることを容認しているのが人って概念だと思うんですけどね。 だからこの文化祭に文化祭実行委員会にふさわしいじゃないかと。 犠牲というのは具体的に何を指す?俺とかチョー犠牲でしょ。 あほみたいに仕事させられてるし、 っていうか人の仕事押し付けられてるし、 それともこれが実行委員長言うところの共にに助け合うことなんすかね。 助け合ったことないんで、俺はよく知らないんですけど。 このセリフは文化祭のスローガンを決める時に八幡が言った言葉です。 人任せにしている委員長に対して放った皮肉ですが、かなり正当化されていますね。 でも、八幡らしくかなり回りくどい言い方ですが… 負担がかかっている雪乃を助けた言葉でした。 非モテぼっち三原則 本日の八幡先生のお言葉 おそらく、非モテぼっちほどのリアリストはいないだろう。 非モテ三原則【(希望を)持たず、(心の隙を)作らず、(甘い話を)持ち込ませず】を心に刻んで生きているのだ。 — めぐみん 紅魔族随一のクソコラ師 megumin1412 いや、しかしほんと菌扱いはトラウマを刺激するからぜひやめて欲しい。 俺が触っただけで「比企谷菌だぁ~!」「タッチー!」「今、バリヤしてましたー」とか始まるんだぜ? 小学生残酷すぎるでしょ? 「比企谷菌にバリアは効きません~」とかどんだけ強力なんだよ。 経験者ならこの言葉は心に染みるのではないでしょうか? どこの小学校でもあるような遊び(?)ですが、やられた本人は本当に辛いですよね。 この記事を見ている人は大人の方が多いかと思いますが、もしクラスメイトを菌扱いしている子がいたら絶対やめましょうね。 一人なら無色透明でノーダメージだが、先生と組まされると、無職童貞くらいのダメージを受ける。 一人なら無色透明でノーダメージだが、先生と組まされると、無職童貞くらいのダメージを受ける。 ぼっちのエキスパートである八幡は先生と組まされることがかなり酷なことだということが伝わってきます。 「無色透明」と「無色童貞」の言葉のあやもなかなか面白いです。 仲良くする必要はない。 私はうまくやれと言っているんだ。 この言葉は平塚静先生の言葉です。 平塚先生の言葉は大人目線で八幡たちを見守っています。 この言葉の全貌はこちらです。 仲良くする必要はない。 私はうまくやれといっているんだ。 敵対するわけでも無視するわけでもなく、 さらっとビジネスライクに無難にやり過ごす術を身につけたまえ。 それが社会に適応するということさ。 葉山隼人とうまくいかない八幡に向けた言葉です。 社会において仲良くしなくともそれなりの付き合いをしていくことは大事ですよね。 八幡の捻くれた発言にも上手くアドバイスしているところがいいですね。 誰かを助けることは、君自身が傷ついていい理由にはならないよ。 誰かを助ける事は、君自身が傷ついていい理由にはならないよ。 平塚静︰俺ガイル — ぼーちゃん 最近低浮上 firestorm0225 この言葉の続きはこちらです。 たとえ、君が痛みに慣れているのだとしてもだ。 君が傷つくのを見て、痛ましく思う人間もいることにそろそろ気づくべきだ、君は。 八幡は自分は周りからどう思われてもいいと、自分らしく悪になって捻くれた言葉を発します。 しかし、そんな彼を見ていられない人物の一人が平塚先生でした。 平塚先生は八幡のためだけではなく、八幡を心配する雪乃や結衣のことも思って八幡に語り掛けます。 いつもサバサバしている平塚先生ですが、この時は女性らしく優しいまなざしでしたね。 今まで一人でも頑張ってきていた人間が否定されなきゃいけないんだ。 本日の八幡先生のお言葉 みんなでやることが素晴らしくて、みんなでやることがいいことで、じゃあ、一人でやることは悪いことなのか?どうして、今まで一人でも頑張ってきていた人間が否定されなきゃいけないんだ。 そのことが俺は許せない。 — めぐみん 紅魔族随一のクソコラ師 megumin1412 このセリフの全貌はこちらです。 みんなでやること が 素晴らしくて、みんなでやること が いいことで、 じゃあ、一人でやることは悪いことなのか? どうして、今まで一人でも 頑張ってきていた 人間 が 否定 されなきゃいけないんだ。 そのこと が 俺は許せない。 このセリフは文化祭でずっと一人で頑張ってきた雪乃に対して、みんなが「周囲を頼れ」と言われた時の言葉です。 みんなを頼ること自体悪いことではありません。 しかし、八幡は都合よく「周囲を頼れ」というみんなが許せなかったのでしょう。 「一人で頑張ってきた人間が否定されるのが許せない」思いは八幡らしいなと思いました。 それでも俺は本物が欲しい。 ここでいう「本物」というのがまだ抽象的な表現しかされていません。 八幡の中でも「本物」というものがハッキリとしていない可能性も大いにあります。 個人的な思考としては「本物の絆」という意味ではないかと思います。 八幡は「本物」は存在しないと疑っているものの、それでも本物が欲しいという気持ちがあります。 「本物」とは何を指しているのか、アニメ3期で具体化されるのではないかと考えられます。 まとめ ここまで俺ガイルの名言・名シーンをまとめてきました。 職場で使うのはちょっとよろしくないかと思いますが、学校や友達通しでの会話などで使ってみるのもいいかもしれませんね。 アニメ3期ではどのような名言・名シーンがあるのか楽しみですね。

次の