拝見 使い方。 「拝見する」の適切な使い方と例文は?

「拝見」の正しい意味と使い方は?誤用に注意してビジネスの場で適切に使おう

拝見 使い方

ビジネスシーンでは、尊敬語・謙譲語・丁寧語といった「敬語」の使い方が重要です。 例えば何か資料を見るときでも、「拝見する」と、一言述べてから見るでしょう。 では、この「拝見します」は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれに該当するのか、みなさんはわかりますか? 今回は、「拝見する」の使い方を例文つきで解説します。 そもそも謙譲語というのは、へりくだる、つまり「自分を一歩引かせた言い方」をすることで、相手を立てるために使う敬語です。 ですので、「拝見する」という表現は、自分がへりくだる場合か、取引先などに対して、自社の人間 身内 をへりくだらせる場合に使います。 ビジネスシーンでは、何か資料を渡されて、それを見る際に述べることが多いでしょう。 その場合は、「拝見します」と述べます。 よく「拝見いたします」と述べる人がいますが、「拝見」がすでに謙譲語ですので、「いたします」にすると二重敬語になってしまいます。 「拝見させていただきます」も、くどい表現ですので避けましょう。 また、ビジネスメールでも「拝見します」はよく使うことがあります。 といった書き方になります。 といった形で「拝見します」を使い、取引先に対して上司をへりくだらせる表現にします。 間違っても、「ご覧いただきます」など、尊敬語を使わないようにしましょう。

次の

「拝見する」という敬語の正しい使い方

拝見 使い方

Thank you for your announcement. (お知らせを拝見しました。 I saw that document. (資料を拝見しました。 I have seen your new product. (新製品を拝見いたしました。 I read your email. Thank you very much. (メールを拝見しました。 ありがとうございました。 I had a chance to look at the report. (レポートを拝見いたしました。 I viewed the pictures that you sent. (送っていただいた写真を拝見しました。

次の

「拝見します」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

拝見 使い方

ビジネスの場では「拝見します」という敬語をよく使用します。 「拝見します」という敬語表現は、社会人として働く前にはなかなか使用する機会がないことばではないでしょうか。 そのため、「拝見します」という言い方自体は知っていても実際の場面で使用するとなると、難しいと感じる人も多いです。 しかし、「拝見します」という言い回しは社会人ならできて当然だと一般的には考えられています。 そのため、なるべく早く修得して使いこなせるようになりたいものです。 「拝見します」という言い回しはいつ必要になっても大丈夫なようにしておかなければなりません。 そこで、今回は「拝見します」という敬語表現について、使い方を徹底的にレクチャーします。 敬語が上手に使えるようになると、目上の人が多いビジネスの場でも自信をもって話すことができますよ。 敬語「拝見します」の意味 メールでの使い方 メールの場合も「拝見します」という敬語表現は使用することができます。 メールは書きことばと話しことばの中間くらいのことば使いをするため、「拝見いたします」「拝見させていただきます」といったより丁寧な表現をするのが無難です。 また、メールなら「拝見します」を使わなくても、「確認いたします」などということばに置き換えてもOKです。 「拝見します」は敬語のなかでも謙譲語という、相手を敬う意味合いが強い言い回しであるため、少し堅苦しい印象があります。 とくに、文字として表現するとその印象が強くなりすぎてしまうこともあります。 そのため、メールでは「確認いたします」をよく使っている人が多いです。 敬語「拝見します」の例文 「拝見します」はビジネスのさまざまな日常で使う機会があります。 たとえば、上司から資料を渡されて指示を出された場合「拝見します」と言ってそれを受け取ったり、取引先からの電話で「資料を送ったから見てほしい」と言われた場合にも「拝見します」と言ったります。 「拝見します」という敬語を使いなれていないと、「見ます」という言い回しがとっさに出てしまうこともあります。 「見ます」でも間違いではありませんが、あまり丁寧な印象にはなりません。 「拝見します」が頭に浮かばないときは、「見させていただきます」でも悪くはありません。 敬語は相手を尊重しているという意思を表すことばであるため、その意思が少しでも伝わるような物言いをするように心がけましょう。 「拝見します」の別の敬語表現例 「拝見します」という敬語表現は、ほかのことばで言うこともできます。 微妙な違いのある言い回しもしっかり覚えて、ビジネスでの会話のボキャブラリーを増やしましょう。 同じ表現ばかりしていると会話が続かなくなってしまうこともあるため、さまざまな表現ができることで自分が救われるような場面は必ず来ます。 拝見いたします 「拝見いたします」は、「拝見します」をより丁寧に言う言い方です。 「いたします」という語尾がより丁寧な印象を出しています。 正式な場面やかなり丁寧な対応をしたい相手には、「拝見します」よりも「拝見いたします」という敬語を使うのがおすすめです。 とはいえ「拝見します」と言っても間違いではないため、あまり気にし過ぎないようにしましょう。 「拝見します」という言い方は自分に対してしか使うことができません。 自分以外に相手が何かを「見る」ことを表現したい場合でも、「拝見してください」などという言い方はできません。 これは敬語の常識であるため、間違うと恥をかいてしまいます。 「拝見します」という敬語を使うときは、言い換えや他人への使い方も合わせてしっかり覚得るようにしましょう。 同じ意味のことばは、謙譲語、尊敬語、丁寧語をセットで覚えたほうが分かりやすいですし、あとから思い出すときも混乱しにくくなります。 謙譲語 すでに説明しましたが、「拝見します」という言い回しは謙譲語です。 自分がへりくだって、相手のことを立てる表現です。 これを使うのは、相手が所有しているものを自分が「見せてもらう」というシチュエーションで使用します。 尊敬語 「拝見します」を尊敬語にすると、「ご覧になる」という表現になります。 これは相手が何かを見るという行動を表すときに使用します。 たとえば、自分自身がプレゼンを行うときに、「資料をご覧ください」などと言って、聞いている人に資料を見てほしいと伝えるときに使います。 ほかにも、質問を受けた際に「あなたがご覧になっている資料に書かれてます」と説明することも可能です。 丁寧語 「拝見します」という敬語表現は、自分の行動に対して使います。 尊敬語とは言い方がまったく異なるため、敬語のなかでも難しいとされている表現です。 その反面、日常でよく使う言い回しでもあるため、「よくわからない」と感じている人は早めに覚えるようにしましょう。 とはいえ、「拝見します」という敬語表現を使いこなすためには、何度か実際に使ってみて慣れる必要があるでしょう。 一度覚えてしまえば日常で難なく使えるようになります。 「拝見します」と「ご覧になる」をきちんと使い分けられるようになれば、社会人として一人前です。 丁寧なことば使いはビジネスで相手と良好な関係を築くための重要な手段であるため、敬語の修得はおろそかにしないようにしましょう。

次の