わんこ と インテリア。 わんこ インテリア オシャレな1LDK 賃貸アパート

小さなわんこと暮らす☆インテリアに馴染むおしゃれなペットコーナー実例集

わんこ と インテリア

もくじ• 手が届きそう! 賃貸インテリアの見本ブログ まずは、賃貸に住んでいながら、 インテリアを工夫している方たちのブログを紹介していきます。 インテリア雑誌に載っているような、 完璧に整ったインテリアを見るよりも、こういった 「ちょっと手が届きそう」 な感じのインテリアを見る方が、より 心が動く気がしませんか? 個人的に気になるブログを選んだので、多少偏りがあるかもしれませんが。 ざっくりと4つのグループに分けてみましたので、どうぞご参考までに。 整理されていて…使い勝手が良くて…とにかく居心地が良い…家族みんなが早く家に帰ってきたくなるおうち。 そんな素敵なおうちになれるように日々模索するブログです。 賃貸アパートだけど,気持ちよく暮らしたい。 <カフェ風インテリア>ブログ 【築25年以上の賃貸アパートをDIY】 カフェレストラン風インテリアを目指しています。 女性向け雑誌でも、 よく紹介されているジャンルのひとつですもんね。 賃貸だとあんまり工夫できないイメージ? 「インテリアにこだわりたいけど、 賃貸だから、なかなかうまくできないのよね」 そう思い込んでいる方、いらっしゃいませんか? 現に、私がそうでした。 自分の所有物じゃないし、 いつかは出ていかなければならないから、下手なことはできないよね、と。 インテリアにこだわることに憧れていながらも、 満足のいくお部屋づくりができないことが続いていました。 でも、大丈夫! ただ、先ほど紹介した見本ブログのように、 賃貸でもインテリアを工夫することは 誰にでもできます。 なぜできないのか? それは、 きちんとしたルールを確認できてはいないから ではないでしょうか。 賃貸についての最低限のルールを確認しておく 自分らしいインテリアを考える前に、 まずは賃貸におけるルールを把握すると、 できることが明確になってきます。 ここを知らないと、後で 退去の際にトラブルになりやすいので、 きっちり押さえておきましょう。 まずは、大きなルールから。 賃貸に住んでいる以上、その部屋は、人からの借り物であるということ。 退去の際には 原状回復をしなければならない、というのが前提です。 原状回復とは、 部屋は使えっていれば時間が経つにつれて汚れるのは仕方がないけど、 故意に傷つけたり、防ぐことができる汚れに関しては、 住人が費用を負担してね、という決まり。 くわしくまとめてあるものを引用すると、こんな感じです。 ・飲みこぼし等の手入れ不足によるカーペットのシミ、冷蔵庫下のサビを放置した床の汚損、引越作業等で生じた引っかきキズ、賃借人の不注意によるフローリングの色落ち 日常の清掃を怠ったため付着した台所のスス・油、結露を放置して拡大したカビ ・シミ、クーラーからの水漏れを賃借人が放置して発生した壁等の腐食、喫煙によるヤニ等でクロスが変色したり臭いが付着している場合、 重量物をかけるためにあけた壁等の釘穴・ビスで下地ボードの張替えが必要なもの、天井に直接付けた照明器具の跡、落書き等故意による毀損・ペットにより柱等にキズが生じ、または臭いが付着している場合 ・風呂・トイレ等の水垢、カビ等、日常の不適切な手入れもしくは用法違反による設備の毀損、鍵の紛失または破損による取替え、戸建て住宅の庭に生い茂った雑草の除去 よく言われているように、 壁や床に穴をあけたり、過度な汚れは避けようね、ってことです。 ただし、物件ごとに細かなルールが異なることがあります。 賃貸を契約する際に、 書類を見ながら説明を受けているはず。 入居契約をした時の書類に 改めて目を通しておくとよさそうですね。 お気に入りの雑貨を並べたコーナーを作ってみる、 トイレの中を自分らしい空間にする、など。 手を動かすうちに、コツが分かってきますし、 あなたの好きなインテリアの傾向も よりハッキリと見えてきます。 もしプロに相談する場合は、 あなたが好きなインテリアの方向性を決めることが先です。 雑誌やネット上の画像から、理想に近いインテリアの写真を集めるのがいいかも。 インテリアショップ意外にも、 個人的にインテリアコーディネートを引き受けてくれる方もいますので、ネットでいろいろ探してみましょう。 暮らしが続く限り、 インテリアとの関わりは途切れることがありません。 気長に楽しむ姿勢が大切なのではないでしょうか。 賃貸インテリアのブログチェックで得られるもの 賃貸住宅で暮らしながら インテリアに取り組む人の様子を リアルタイムで知ることができるのが、ブログのいいところ。 ほかにも、ブログをチェックすることで、 メリットになるのは、こんなところですね。

次の

ペットと暮らすインテリア 人気ブログランキングとブログ検索

わんこ と インテリア

もくじ• 手が届きそう! 賃貸インテリアの見本ブログ まずは、賃貸に住んでいながら、 インテリアを工夫している方たちのブログを紹介していきます。 インテリア雑誌に載っているような、 完璧に整ったインテリアを見るよりも、こういった 「ちょっと手が届きそう」 な感じのインテリアを見る方が、より 心が動く気がしませんか? 個人的に気になるブログを選んだので、多少偏りがあるかもしれませんが。 ざっくりと4つのグループに分けてみましたので、どうぞご参考までに。 整理されていて…使い勝手が良くて…とにかく居心地が良い…家族みんなが早く家に帰ってきたくなるおうち。 そんな素敵なおうちになれるように日々模索するブログです。 賃貸アパートだけど,気持ちよく暮らしたい。 <カフェ風インテリア>ブログ 【築25年以上の賃貸アパートをDIY】 カフェレストラン風インテリアを目指しています。 女性向け雑誌でも、 よく紹介されているジャンルのひとつですもんね。 賃貸だとあんまり工夫できないイメージ? 「インテリアにこだわりたいけど、 賃貸だから、なかなかうまくできないのよね」 そう思い込んでいる方、いらっしゃいませんか? 現に、私がそうでした。 自分の所有物じゃないし、 いつかは出ていかなければならないから、下手なことはできないよね、と。 インテリアにこだわることに憧れていながらも、 満足のいくお部屋づくりができないことが続いていました。 でも、大丈夫! ただ、先ほど紹介した見本ブログのように、 賃貸でもインテリアを工夫することは 誰にでもできます。 なぜできないのか? それは、 きちんとしたルールを確認できてはいないから ではないでしょうか。 賃貸についての最低限のルールを確認しておく 自分らしいインテリアを考える前に、 まずは賃貸におけるルールを把握すると、 できることが明確になってきます。 ここを知らないと、後で 退去の際にトラブルになりやすいので、 きっちり押さえておきましょう。 まずは、大きなルールから。 賃貸に住んでいる以上、その部屋は、人からの借り物であるということ。 退去の際には 原状回復をしなければならない、というのが前提です。 原状回復とは、 部屋は使えっていれば時間が経つにつれて汚れるのは仕方がないけど、 故意に傷つけたり、防ぐことができる汚れに関しては、 住人が費用を負担してね、という決まり。 くわしくまとめてあるものを引用すると、こんな感じです。 ・飲みこぼし等の手入れ不足によるカーペットのシミ、冷蔵庫下のサビを放置した床の汚損、引越作業等で生じた引っかきキズ、賃借人の不注意によるフローリングの色落ち 日常の清掃を怠ったため付着した台所のスス・油、結露を放置して拡大したカビ ・シミ、クーラーからの水漏れを賃借人が放置して発生した壁等の腐食、喫煙によるヤニ等でクロスが変色したり臭いが付着している場合、 重量物をかけるためにあけた壁等の釘穴・ビスで下地ボードの張替えが必要なもの、天井に直接付けた照明器具の跡、落書き等故意による毀損・ペットにより柱等にキズが生じ、または臭いが付着している場合 ・風呂・トイレ等の水垢、カビ等、日常の不適切な手入れもしくは用法違反による設備の毀損、鍵の紛失または破損による取替え、戸建て住宅の庭に生い茂った雑草の除去 よく言われているように、 壁や床に穴をあけたり、過度な汚れは避けようね、ってことです。 ただし、物件ごとに細かなルールが異なることがあります。 賃貸を契約する際に、 書類を見ながら説明を受けているはず。 入居契約をした時の書類に 改めて目を通しておくとよさそうですね。 お気に入りの雑貨を並べたコーナーを作ってみる、 トイレの中を自分らしい空間にする、など。 手を動かすうちに、コツが分かってきますし、 あなたの好きなインテリアの傾向も よりハッキリと見えてきます。 もしプロに相談する場合は、 あなたが好きなインテリアの方向性を決めることが先です。 雑誌やネット上の画像から、理想に近いインテリアの写真を集めるのがいいかも。 インテリアショップ意外にも、 個人的にインテリアコーディネートを引き受けてくれる方もいますので、ネットでいろいろ探してみましょう。 暮らしが続く限り、 インテリアとの関わりは途切れることがありません。 気長に楽しむ姿勢が大切なのではないでしょうか。 賃貸インテリアのブログチェックで得られるもの 賃貸住宅で暮らしながら インテリアに取り組む人の様子を リアルタイムで知ることができるのが、ブログのいいところ。 ほかにも、ブログをチェックすることで、 メリットになるのは、こんなところですね。

次の

ペットと暮らすインテリア 人気ブログランキングとブログ検索

わんこ と インテリア

・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。 ・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。 犬馬鹿さんも、猫馬鹿さんも、犬猫多頭飼いお馬鹿さんもとにかくみ〜んな集まってケロ。 うちの場合は、3ダックスの元へ拾った3Sニャンが加わりました。 目がほとんど見えていない状態の3匹の仔猫を保護。 里親さんが見つかるまでのつもりで育てた仔猫達。 最初は警戒していたワンコ達がお尻の面倒を見はじめて、それからなんとオッパイまで出るようになっちゃった。 獣医さんも「信じられない」と驚きの言葉。 でも、本当なんです!あれから8ヶ月。 仔猫は若猫に成長し、犬達を親と思い自分達自身も犬と思っているようだ。 とっても不思議な犬猫家族。 ペット自慢、ペットの写真自慢、とにかくあなたのペットと写真の腕前を自慢してくださいな。 それからワンコ、ニャンコを保護してそのまま家族の一員にされた方々と動物保護に貢献している方々を応援します。 トラックバック沢山してもらえるとうれしいですわんにゃん。

次の