アライ さん マンション。 アライさんマンションとは (アライサンマンションとは) [単語記事]

アライさんマンション

アライ さん マンション

アライさんマンションは、「」氏がにしている『』作品。 「」やをはじめとした『』の登場たちが、様々なが存在するマンションでするの連作である。 は「アン」。 ににした「」や「」が最初のもので、その後も作品が多数されている。 各作品はやに順次されており、その際に何らかの修正が入ることもある。 アートについて、もあり、内外問わずアートが増え続けている。 また、『』との発言もあるので勢は留意されたし。 「」や、「」の作品などを彷彿とさせるというもある。 あぶぶ氏も本作関連でほか、。 あぶぶ氏についてなのだ! 元々は成人向けの分野を中心に活動する者である。 しかし後半にが処分を受けてしまう。 結果、な雰囲気の作品をする流れになったようだ。 とはいえ、それ以前にも非作品(にした作品『』など)をすることは少なくなかった。 本以前にも同じくな雰囲気かつをとした作品『 』をしており、『アライさんマンション』はその流れをむものである。 登場するキャラクターを説明するのだ! の。 本作のは落ち着いた言動をする。 違う階に行ってしまうこともあるが、からは知らず知らずのうちに逃れたり、に助けられたりしている。 と同居している。 本作でも冷静な判断、機転の良さを発揮している。 への対処法をある程度知っているようだ。 「」にて登場。 第1期で「わーい! たーのしー!」と邪気にで遊ぶ様子がとなったが、もちろん本来はここまでキメているではない。 本マンションのの操作盤で遊ぶという、常軌を逸した遊びの結果どうなったかは不明。 「」にて登場。 であり、探索班はり込み係・ボトル係・記録係の3人で構成される。 待機係は、探索班が帰ってこない場合、でを複製する。 い靄のような不定形のなにか 「」にて登場する、 やもやした 不定形のなにか。 性別はおろかかどうかさえ不明。 「 あけて」「 まって」などの言葉を話し、頭や手のような部位をもつことから、から学習した(奪取した)可性や、もとはだった可性などが考えられる。 欄では「 あけて君(ちゃん)」と呼ばれている。 宅を訪問した なにか 「」にて登場する、に似たなにか。 最後の 「あけて」が印的だったため、こちらも欄では「 あけて君(ちゃん)」と呼ばれている(同一の存在かは不明)。 の形になったり、本来 見えないはずのの向こうまで見通したりと、に 異質なを備えている。 の 「」にて登場する。 欄では「」と呼ばれる。 や工具をし、検知用のを連れている。 としたことがあるようだが生き延びており、実と経験を持ち合わせていることがえる。 こちらもする的は今のところ不明。 にメモを残している探索者の一人と考えられる。 ぞま 「」にて登場する尊。 マンションの一つの階(?)であるにも関わらず、な間、そしてが広がっている。 をもつ棲 「」にて登場する生命体。 複数のと大きな玉をもち、の・文法を解するほど高い知を有する。 「」にて登場するな2人組。 よくごっこをして遊んでいるようだ。 また、食ちゃんはの危険性について理解を示しているが、食ちゃんのほうはまだ幼いためか、理解に乏しい様子である。 に似た のに似た。 「」にて登場。 いローブを羽織っている。 「」にも登場しているが、どちらもを深く被っており、相貌の確認ができないため、同一のと断定はできない。 「」では同じ容姿のが複数登場した。 「」にて登場する。 を清掃し、入居者の的の階を入してくれる存在。 は、がいるといないでその様子が大きく異なる。 になりすました トリのような羽・尾羽をもった。 「」にて登場。 からはのから「」と呼ばれている。 本来のとは異なり、入居者を的の階に届けてくれるとは限らないようだ。 エレベーターのボタンの一覧なのだ! マンションにあるのの組み合わせによって、行ける階が決まっているようだ。 のなど先駆者らによって組み合わせのメモがのに書き残されている。 回転式のツの向きを、上下に動くツの位置を上から数えた の数で表す。 太字はへの。

次の

アライさんマンションとは (アライサンマンションとは) [単語記事]

アライ さん マンション

アライさんマンションは、「」氏がにしている『』作品。 「」やをはじめとした『』の登場たちが、様々なが存在するマンションでするの連作である。 は「アン」。 ににした「」や「」が最初のもので、その後も作品が多数されている。 各作品はやに順次されており、その際に何らかの修正が入ることもある。 アートについて、もあり、内外問わずアートが増え続けている。 また、『』との発言もあるので勢は留意されたし。 「」や、「」の作品などを彷彿とさせるというもある。 あぶぶ氏も本作関連でほか、。 あぶぶ氏についてなのだ! 元々は成人向けの分野を中心に活動する者である。 しかし後半にが処分を受けてしまう。 結果、な雰囲気の作品をする流れになったようだ。 とはいえ、それ以前にも非作品(にした作品『』など)をすることは少なくなかった。 本以前にも同じくな雰囲気かつをとした作品『 』をしており、『アライさんマンション』はその流れをむものである。 登場するキャラクターを説明するのだ! の。 本作のは落ち着いた言動をする。 違う階に行ってしまうこともあるが、からは知らず知らずのうちに逃れたり、に助けられたりしている。 と同居している。 本作でも冷静な判断、機転の良さを発揮している。 への対処法をある程度知っているようだ。 「」にて登場。 第1期で「わーい! たーのしー!」と邪気にで遊ぶ様子がとなったが、もちろん本来はここまでキメているではない。 本マンションのの操作盤で遊ぶという、常軌を逸した遊びの結果どうなったかは不明。 「」にて登場。 であり、探索班はり込み係・ボトル係・記録係の3人で構成される。 待機係は、探索班が帰ってこない場合、でを複製する。 い靄のような不定形のなにか 「」にて登場する、 やもやした 不定形のなにか。 性別はおろかかどうかさえ不明。 「 あけて」「 まって」などの言葉を話し、頭や手のような部位をもつことから、から学習した(奪取した)可性や、もとはだった可性などが考えられる。 欄では「 あけて君(ちゃん)」と呼ばれている。 宅を訪問した なにか 「」にて登場する、に似たなにか。 最後の 「あけて」が印的だったため、こちらも欄では「 あけて君(ちゃん)」と呼ばれている(同一の存在かは不明)。 の形になったり、本来 見えないはずのの向こうまで見通したりと、に 異質なを備えている。 の 「」にて登場する。 欄では「」と呼ばれる。 や工具をし、検知用のを連れている。 としたことがあるようだが生き延びており、実と経験を持ち合わせていることがえる。 こちらもする的は今のところ不明。 にメモを残している探索者の一人と考えられる。 ぞま 「」にて登場する尊。 マンションの一つの階(?)であるにも関わらず、な間、そしてが広がっている。 をもつ棲 「」にて登場する生命体。 複数のと大きな玉をもち、の・文法を解するほど高い知を有する。 「」にて登場するな2人組。 よくごっこをして遊んでいるようだ。 また、食ちゃんはの危険性について理解を示しているが、食ちゃんのほうはまだ幼いためか、理解に乏しい様子である。 に似た のに似た。 「」にて登場。 いローブを羽織っている。 「」にも登場しているが、どちらもを深く被っており、相貌の確認ができないため、同一のと断定はできない。 「」では同じ容姿のが複数登場した。 「」にて登場する。 を清掃し、入居者の的の階を入してくれる存在。 は、がいるといないでその様子が大きく異なる。 になりすました トリのような羽・尾羽をもった。 「」にて登場。 からはのから「」と呼ばれている。 本来のとは異なり、入居者を的の階に届けてくれるとは限らないようだ。 エレベーターのボタンの一覧なのだ! マンションにあるのの組み合わせによって、行ける階が決まっているようだ。 のなど先駆者らによって組み合わせのメモがのに書き残されている。 回転式のツの向きを、上下に動くツの位置を上から数えた の数で表す。 太字はへの。

次の

まるでSCP?Twitterで話題を呼んだ「アライさんマンション」のまとめ

アライ さん マンション

アライさんマンションは、「」氏がにしている『』作品。 「」やをはじめとした『』の登場たちが、様々なが存在するマンションでするの連作である。 は「アン」。 ににした「」や「」が最初のもので、その後も作品が多数されている。 各作品はやに順次されており、その際に何らかの修正が入ることもある。 アートについて、もあり、内外問わずアートが増え続けている。 また、『』との発言もあるので勢は留意されたし。 「」や、「」の作品などを彷彿とさせるというもある。 あぶぶ氏も本作関連でほか、。 あぶぶ氏についてなのだ! 元々は成人向けの分野を中心に活動する者である。 しかし後半にが処分を受けてしまう。 結果、な雰囲気の作品をする流れになったようだ。 とはいえ、それ以前にも非作品(にした作品『』など)をすることは少なくなかった。 本以前にも同じくな雰囲気かつをとした作品『 』をしており、『アライさんマンション』はその流れをむものである。 登場するキャラクターを説明するのだ! の。 本作のは落ち着いた言動をする。 違う階に行ってしまうこともあるが、からは知らず知らずのうちに逃れたり、に助けられたりしている。 と同居している。 本作でも冷静な判断、機転の良さを発揮している。 への対処法をある程度知っているようだ。 「」にて登場。 第1期で「わーい! たーのしー!」と邪気にで遊ぶ様子がとなったが、もちろん本来はここまでキメているではない。 本マンションのの操作盤で遊ぶという、常軌を逸した遊びの結果どうなったかは不明。 「」にて登場。 であり、探索班はり込み係・ボトル係・記録係の3人で構成される。 待機係は、探索班が帰ってこない場合、でを複製する。 い靄のような不定形のなにか 「」にて登場する、 やもやした 不定形のなにか。 性別はおろかかどうかさえ不明。 「 あけて」「 まって」などの言葉を話し、頭や手のような部位をもつことから、から学習した(奪取した)可性や、もとはだった可性などが考えられる。 欄では「 あけて君(ちゃん)」と呼ばれている。 宅を訪問した なにか 「」にて登場する、に似たなにか。 最後の 「あけて」が印的だったため、こちらも欄では「 あけて君(ちゃん)」と呼ばれている(同一の存在かは不明)。 の形になったり、本来 見えないはずのの向こうまで見通したりと、に 異質なを備えている。 の 「」にて登場する。 欄では「」と呼ばれる。 や工具をし、検知用のを連れている。 としたことがあるようだが生き延びており、実と経験を持ち合わせていることがえる。 こちらもする的は今のところ不明。 にメモを残している探索者の一人と考えられる。 ぞま 「」にて登場する尊。 マンションの一つの階(?)であるにも関わらず、な間、そしてが広がっている。 をもつ棲 「」にて登場する生命体。 複数のと大きな玉をもち、の・文法を解するほど高い知を有する。 「」にて登場するな2人組。 よくごっこをして遊んでいるようだ。 また、食ちゃんはの危険性について理解を示しているが、食ちゃんのほうはまだ幼いためか、理解に乏しい様子である。 に似た のに似た。 「」にて登場。 いローブを羽織っている。 「」にも登場しているが、どちらもを深く被っており、相貌の確認ができないため、同一のと断定はできない。 「」では同じ容姿のが複数登場した。 「」にて登場する。 を清掃し、入居者の的の階を入してくれる存在。 は、がいるといないでその様子が大きく異なる。 になりすました トリのような羽・尾羽をもった。 「」にて登場。 からはのから「」と呼ばれている。 本来のとは異なり、入居者を的の階に届けてくれるとは限らないようだ。 エレベーターのボタンの一覧なのだ! マンションにあるのの組み合わせによって、行ける階が決まっているようだ。 のなど先駆者らによって組み合わせのメモがのに書き残されている。 回転式のツの向きを、上下に動くツの位置を上から数えた の数で表す。 太字はへの。

次の