金髪 ベリー ショート。 金髪ショートカットヘアが似合う女性とは?金髪の髪型のヘアアレンジを紹介

【レディース】かっこいいベリーショートのヘアスタイル17選!

金髪 ベリー ショート

金髪ショートが似合う女性の特徴 カッコいい金髪ショートですが、やってみたいけれどまだ少し勇気が出ない人。 まずは、どんな人が金髪ショートが似合うのか知っておくことから始めてみましょう。 色と短い髪というスタイルでも、かなり目を引きます。 インパクトのある金髪ショートに負けないくらい、顔立ちもハッキリしていることがより、引き立つのです。 目鼻立ちがハッキリしていたり、外人のように掘りが深く、印影がでる顔の人の方が金髪ショートが似合います。 白が反射光になり、金色をより美しく見せるからです。 金髪ショートが似合うのは、白い肌の女性です。 派手でヤンチャっぽく見られる金髪ショート。 褐色肌だと、ケバケバしい印象になります。 白い肌にすることで、 センスの良いおしゃれさんになることができるのです。 ぽっちゃりした顔だと、老け顔でおばさんっぽくなるのです。 小さな顔で、スラリとした体型の人が金髪ショートにすると綺麗で スタイリッシュに見えるのです。 スタイリッシュなファッションから、可憐なファッションまで幅広く、着こなせることが大事なのです。 そこで、色んな服が着こなせるためには、スタイルが良いことが前提になります。 もちろん、そうでない場合もありますが、キレイで清潔感のある金髪ショートなら、スタイルが良い方がよりベストなのです。 ショートの場合は特に顏の大きさです。 小顔で首が長い人は、 金髪ショートが引き立つのです。 普段感が出てその辺に行くような感じになるのです。 金髪ショートなら、柔らかなマキシ丈ワンピースでフェミニンスタイルで女性らしく演出しても良いですね。 アイテムによっては、大人っぽくも可愛いらしくもなることができる金髪ショート。 おしゃれ上級者なら、 色んな演出を楽しめることでしょう。 自分が引き立つようメイクすることで、 個性的な金髪ショートを自分のスタイルの一部にできるからです。 金髪で、スッピンやお手入れを怠ると、一気に老け込んで見えるからです。 キレイな白肌に見せるため、研究するのが好きなことは、金髪ショートの似合う人になれるのです。 おしゃれしないと金髪はヤンチャ感が出てしまうのです。 色白肌を作る• アイメイクはふんわり感を出すブラウンで作る• ピンク系のチークで頬まわりを明るく• 外国人のような白い透き通るようなお肌をベースにつくりあげていきます。 金髪を華やかに見せるのは、白系のベースです。 ファンデーションの色は褐色系やオークル系は避けなくてはいけません。 そうはいっても、色白でない人はなかなか難しいものです。 そこで、パープル系やグリーン系のベースで肌を整え、ツルっとした陶器肌に仕上げます。 ルースパウダーで毛穴を抑えスベスベお肌を作ることは、絶対です。 少し病的なイメージのお肌をつくることが、金髪ショートをより一層映えさせるのですから。 ベースにベージュ系のアイシャドーを塗って、ブラウン系でしめます。 ハイライトはアイボリー系や、淡いアイボリー系でぼかし、優しい目元に仕上げるようにしましょう。 アイラインで目元をハッキリさせるのもポイントです。 また、眉もブラウン系のアイブロウで仕上げます。 もしも、眉が濃い人は少し脱色しても良いかもしれません。 外国人のようなしっかりした目元と、淡い眉にすることが金髪ショートを美しく見せるのです。 けれど、あまりにも白すぎると本当に病気のように見えてしまいます。 顔色が悪くなると、金髪がくすんでしまうため、チークを使って華やかさを出すようにしましょう。 チークの色は、ピンクやレッド系統のものがおススメです。 頬骨のあたりをまるく円を描くように塗り、伸ばしていきます。 濃くするとけばけばしくなるので、あくまで儚く見せるようにしましょう。 口紅やリップは、 色味のないベージュ系やパープル系、ローズ系などは避ける方がいいでしょう。 顔色が悪く見える上、さらに疲れた感を出してしまうのです。 素肌っぽいメイクでも、 口元は健康的で可憐な仕上げにする方が、金髪ショートが似合うのです。 ピンク系や、レッド系の口紅やリップではっきりさせることです。 そのとき、忘れてはいけないのが、チークとの色合わせです。 口元がオレンジ系で、頬がピンク系などとバラバラにすると、見た目がチカチカしてしまいます。 統一感を出すため同じ色目で揃えるようにしましょう。

次の

【レディース】かっこいいベリーショートのヘアスタイル17選!

金髪 ベリー ショート

60代70代80代女性に似合う「ショート&ベリーショートの髪型」をご紹介するヘアカタログです。 など、いろいろな角度からチェックできるようにヘアカタログを作りました。 ヘアスタイルを考える時に困ることありませんか?• 「どんな髪型にしたらいいんだろう?」• 「わたしに似合うかな?」• 「どんなポイントを押さえればいいの?」 迷った時は、いろいろチェックしてみることです。 アイデアを得るためにこのヘアカタログをご活用ください。 若い人のヘアスタイルも載せていますが、60代70代80代の方でも同じ髪型でいけるようなものを選んでいます。 若いヘアモデルだからといって60代70代80代の方ができないわけじゃないので、それを念頭にご覧ください。 また、最後の方に• なども合わせてご紹介しています。 ぜひ、ご活用くださいね。 面長・丸顔両方のタイプにおすすめできる、アシンメトリーのショートヘアです。 こちらも内外両方のWひし形ヘアスタイルです。 サイドをスッキリととさせ、アシンメトリーの前髪でメリハリをつけています。 60代70代80代は前髪やサイドの髪で顔を隠すのはあまりおすすめできませんが、アシンメトリーなら髪が顔にかかっていても大丈夫です。 むしろ、とてもおしゃれになりますね。 トップが立ち上がりやすいように、全体的にショートのレイヤーベースです。 頭頂部をふんわりと立ち上げるように乾かすとOKです。 こちらも面長・丸顔両方に似合う髪型です。 バランスの良いショートカット。 やや丸みを感じるフォルムですが、前髪をななめにして隙間を作っているので、面長さんだけでなく丸顔さんにも似合う髪型です。 60代70代80代の方はこれぐらいの前髪の長さが、顔がスッキリと見えるのでおすすめですよ。 ショートレイヤーボブ。 全体的に軽い仕上がりのボブですね。 面長さんには髪の外側の丸いシルエットがカバーしてくれて、丸顔さんには内側のななめ前髪がカバーしてくれます。 レイヤーを入れた軽いボブなので、頭頂部が薄くなりつつある薄毛の方にもいいと思いますよ。 こちらはレイヤー少なめのショートボブ。 センターパートで分けた前髪なしのヘアスタイルです。 髪の丸いフォルムと内側のひし形シルエットで面長をカバーするのに最適です。 賀来千香子さんのハイレイヤーボブ。 短い前髪とトップから全体につながるレイヤーが特徴的なボブです。 面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 ゆるふわパーマをかけてもいい感じに仕上がりそうですね。 外人さんの動きがあるショートカット。 程よい長さのショートカットで顔を輪郭を出しすぎないのと、ななめ前髪で顔出し部分も調整できるので、面長さん丸顔さん両方におすすめできる髪型です。 あまり大人しくまとめてしまわずに、写真ぐらいに動きを強調する方が顔の形をカバーしやすくできますよ。 ワックス、もしくはパーマがおすすめです。 ショートからミディアムレングスのグラデーションボブ。 丸顔さん面長さん両方に。 パーマで横に流しやすくしてあるのと、前髪を横分けにして顔出し部分を調整しているのが、バランスを取りやすいポイントですね。 ボブに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 面長さんに。 片方を耳にかけて、まん丸まん丸していまわないのが60代70代80代の方にはおすすめです。 短い前髪があるとキュートで若く見えるようになりますね。 ショートカットに控えめなアシンメトリーの前髪ヘアスタイル。 面長さん丸顔さん両方に。 ポイントはワックスを使ってふんわり仕上げることです。 (丸顔さんは特に) こういったショートはグレイヘアでも似合う髪型ですね。 くせ毛や天然パーマの人に似合う髪型 くせ毛のベリーショート カットです。 こういったベリーショートもクセがあることで、ぺったんこにならずに動きを感じることができます。 外ハネはヘアスタイルに躍動感が出るので、アクティブな感じに見えていいですね。 60代70代80代はとにかくペタンとしないようにすることがポイントです。 直毛の人はピンパーマかけてもいいですね。 髪の毛が広がりやすいくせ毛におすすめしたいのが、ショートカットに短い前髪を取り入れたヘアスタイル。 顔周りのをスッキリとさせているので、広がりを感じにくくなります。 またショートカットは余分なボリュームが出ている部分をカットして削っていくことができるので、フォルムを調整しやすいことも、くせ毛にはピッタリですね。 60代70代80代は前髪がうっとおしく感じやすい世代でもありますので、思い切ってこれぐらい短くしてしまうと、おしゃれ感アップ&若く見えるのでいいですね。 カールやうねりが強く広がりやすいくせ毛におすすめなのが、ベリーショートで動きを強調したヘアスタイル。 前髪はありますがあえて下ろさず、トップの動きに合わせて流すようにスタイリング。 サイドはソフトに刈り上げてスッキリとしています。 くせ毛や天然パーマでカールがある人は、わざとカールを出すのも特徴を活かせるのでおすすめです。 ムースを使ってカールを戻すのもいいですが、ワックスで少しボサボサに仕上げるのも抜け感があっていいですよ。 70代80代で白髪率多いグレイヘアの人は、ムースを使ってほぐし感を減らす方が好感持てる仕上がりになりますよ。 くせ毛でうまいことセットしにくい場合は、パーマでもっとくせ毛を強めるのも1つの方法です。 これぐらいのショートボブ&強めパーマはシニア女性の方にもおすすめです。 ムースを使って、この写真よりも散らさないようにまとめながら、仕上げましょうね。 ゆるいくせ毛の人はこういったショートカットがおすすめです。 通常ならパーマをかけてこういう風にしますが、くせ毛を活かしてワックスで仕上げるといいですね。 60代70代80代向け おしゃれ&お手入れが楽なパーマ 60代70代80代におすすめしたいボブは、こういった頭頂部にレイヤーを入れたヘアスタイルです。 髪が細くペタンとしやすいトップも、レイヤーを入れてゆるめのパーマをかけることでふんわりと立ち上げられますね。 前髪をアシンメトリーにして顔をスッキリと見せているところも好印象で若く見えるポイントです。 アシンメトリーを取り入れると一気におしゃれ感アップになりますね。 黒髪部分がいい感じに残っていて、ハイライト&ローライトっぽく仕上がってますね。 ボリュームが出にくい世代はパーマで動きをプラスすると華やかになりますね。 ワックスなしでも大丈夫なパーマヘアです。 前髪の長さはもう少し短めにしてもいいと思いますよ。 賀来千香子さんといえば、短い前髪にふんわりしたパーマをかけてるイメージがあります。 レイヤーを入れたボブにしっかり目のパーマをかけたらこういった仕上がりにすることができます。 (前髪はパーマなしにしましょう。 ) 髪を乾かす際には手で少し引っ張りながらブローすると、ボリュームと動きが出てくるようになります。 引っ張りながら乾かすだけなので、お手入れが楽ですよ。 ペタンとしてボリュームが出ない人にピッタリのパーマヘアです。 レイヤーボブに根元からパーマしたヘアスタイルです。 60代70代80代は髪が細くなってボリュームが出ないのも大きな悩みです。 それには根元からパーマをかけて、ボリューミーに仕上げると、そういった問題も解決です。 ただ乾かすだけだとチリチリになりますので、ムースをカールを戻してあげることがポイントです。 髪を片耳にかけるとスッキリして見栄えが良くなりますよ。 ショートカットにパーマで動きをつけたヘアスタイルですね。 ワックスで毛束感を出したり外ハネを入れたりすると、髪に躍動感が生まれ、活発で若々しい仕上がりになります。 短い前髪というのも若く見えるポイントです。 上と同じような長さのショートカットですが、前髪を短く&厚めにカットして、おでこに沿わすようにセットします。 頭頂部付近にのにゆるめのパーマをかけています。 前髪と合わせて丸いシルエットを作るためですね。 上のショートとは打って変わって、可愛らしい仕上がりです。 好みで上下のヘアスタイルを使い分けるといいですね。 60代70代80代向け 薄毛が目立ちにくいおしゃれな髪型 まずは基本から。 ベリーショートでトップのボリュームを出しやすくしたヘアスタイル。 全体的に髪が短いので、薄毛部分と他との差が減るので、薄毛が目立ちにくい髪型です。 ベリーショートにゆるめのパーマをかけたヘアスタイル。 ピンパーマでもOK。 カールを作ることで頭頂部にもボリュームを出しやすく、またペタンコだと地肌が透けて見えるので、そういった部分もカバーできるのでいいですね。 サイド・後ろを刈り上げたツーブロックショート。 パーマで外ハネもプラス。 刈り上げ部分が薄毛を目立たないようにしてくれますし、パーマをかけたレイヤー部分がボリュームもカバーしてくれます。 短い前髪のアシンメトリーショート。 レイヤーを入れてふんわりとセットしている所がいい感じです。 白髪が多い人は崩す量を控えめにすると、もう少しまとまって見せることができます。 それでも前髪のアシンメトリーが効いてるのでおしゃれな仕上がりになりますよ。 前髪が超短いベリーショート。 前髪をおでこに沿わすように流しています。 トップにはゆるめのパーマで動きをプラス。 ペタンとしやすい人も乾かすだけでふんわり立ち上がるヘアです。 ショートボブにゆるいパーマをかけてくせ毛風に仕上げています。 こちらも短い前髪で可愛らしい仕上がりが特徴です。 70代80代のグレイヘアの人がこういった髪型していると、とてもおしゃれですね。 ショートカットにゆるめのパーマで流れと外ハネをつけたヘアスタイルです。 60代70代80代の方にはもう少し前髪短い方がいいかもしれませんね。 ヘアカラーはハイライト&ローライトでこういった仕上がりになっていますが、白髪交じりのグレイヘアの方でヘナ染めをすると、こういった仕上がりに自然となる人もありますよ。 マッシュっぽい雰囲気を感じるショートボブです。 耳上あたりにボリュームの位置がありますが、レイヤーも入れてあり、重すぎない仕上がりです。 ワックスを使ってふんわり仕上げるのがポイントです。 ボリュームアップしたいならこの1本 <haru 黒髪スカルプ プロより> 100%天然由来成分からできているボタニカルシャンプー。 なのに「キシまず・ゴワつかず・ボリュームアップ」もでき、さらにトリートメント不要で「頭皮ケア」もできるというクオリティーの高さ。 細毛でハリコシがほしい、薄毛が気になる場合におすすめの高機能シャンプーです。 サイドや後ろを刈り上げているので、白髪があってもスッキリとして見えて、清潔感を出すことができます。 グレイヘアだとヘアスタイルもぼやけた感じになりやすいですが、アシンメトリーの前髪といった工夫を取り入れると、グッとおしゃれ感アップになりますね。 前髪や全体的に横に流れをつけたベリーショート。 ベリーショートはグレイヘアでも活発的で若く見えるヘアスタイルですね。 前髪はおでこに沿わすように仕上げています。 丸みがある仕上がりは女性らしいフォルムでキュートな感じになりますね。 こちらも前髪がないベリーショートカット。 トップにかけて長くなるようにカットしています。 トップや後頭部に一番ボリュームがでるので、絶壁をカバーして丸みを作りやすいですね。 ワックスで握り込みながらセットします。 ショートカットを横に流し、サイドや顔周りをスッキリとさせたヘアスタイルです。 グレイヘアでも若く見える良い例ですね。 透明感のあるキレイなグレイヘアになっていますが、黄ばみが出ないように工夫することが大切です。 アメリカの女優、メリッサ・マクブライドさんです。 超ベリーショートですね。 グレイヘアでも短い前髪(というか前髪ないですけど)は若々しく見えるポイントです。 多分くせ毛なんでしょうけど、ワックスなどで外ハネさせて動きをつけている所がまたいいですね。 ピンパーマかけてもいいし、なくてもワックスで同じ仕上がりにできますよ。 こちらはうって変わって、80代シニアでもおしゃれに仕上がるパーマヘアです。 ショートボブにスパイラルパーマをかけてセットするとこういった仕上がりにできます。 グレイヘアといえどもボブは重くなりがちなので、前髪は短くして隙間を見せると軽い仕上がりにすることができますよ。 バリカンで刈り上げずに、ハサミでソフトに刈り上げたベリーショートカット。 ワックスで毛束感を少し出した方がおしゃれに仕上げることができます。 ベリーショートというと丸いフォルムをイメージすることが多いと思いますが、こういったツンツン スパイキーなヘアスタイルもアクティブで若く見えるのでおすすめです。 こちらはボブからショートへのビフォーアフター画像です。 ボブの落ち着いた大人女性のイメージもいいですが、ショートにすると若々しく見えるのがよく分かりますね。 ベリーショートに勇気が出ない人は、こういった事例があるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 白髪染めをやめてグレイヘアへのビフォーアフターです。 グレイヘアでもおしゃれに仕上がっていますね。 ボブでも片耳かけてスッキリと、あと髪をあまり遊ばせないようにタイトに仕上げています。 こちらはアシンメトリーのショートカットです。 ファッションも合わさってキレイな仕上がりです。 ショートレイヤーに外ハネや動きを出したヘアスタイル。 髪に動きがあるのと、顔をスッキリして見せているので、若く見えるヘアスタイルです。 顔は面長さんですが、ヘアスタイルのバランスがよいので、前髪で顔の面積を減らさなくても全然大丈夫です。 むしろ顔を出している方が若々しく見えますよね。 前髪も超短いベリーショートですが、丸みを感じないようにラフに仕上げたショートカットです。 60代70代80代どの世代でも、白髪交じりでも、完全白髪のグレイヘアでも似合う髪型です。 ワックスで崩すように仕上げると更にGOODですよ。 吉瀬美智子さん。 最近ではお手本ヘアスタイルとして、お客様がご希望されることが多いヘアスタイルです。 ゆるめのパーマをかけて少し動きをプラスすると、お手入れも簡単になるし若く見えるのでいいですよ。 短い前髪が特徴的な安田成美さん。 ショートボブにレイヤー入れてパーマで動きを出すとこういった仕上がりにすることができます。 短い前髪はなかなか勇気が入りますが、若々しく見えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 石田ゆり子さんの外ハネを取り入れたレイヤーボブ。 こちらも短い前髪ですね。 年齢を重ねていくと顔周りをスッキリさせると見栄えが良くなるので、美容室でオーダーする時は意識してみてください。 女優の鈴木保奈美さん。 ショートカットに大きめ強めのパーマをかけています。 前髪はパーマなし、もしくはゆるめのパーマが失敗しないポイントです。 乾かしたあとに、ムースかワックスでカールを戻すようにセットするといいですね。 鈴木保奈美さん世代の白髪染めには、割とこういった黒髪に近いダークブラウンも最近は多いですよ。 安田成美さんも同じような色ですよね。 フリーアナウンサー?芸能人?の滝川クリステルさん。 こちらはリアルな黒髪ですね。 ショートカットにゆるめのパーマで、少しだけ毛流れをつける感じです。 アナウンサーもしてるので、セットは控えめですね。 でも外ハネも少し入っているので、おとなしすぎない絶妙なバランスです。 中谷美紀さんのショートカット。 ななめ前髪から隙間が見えるのが60代70代80代にはちょうどいい感じに仕上がりますよ。 これが分厚い前髪だったら若作りになってしまうので要チェック! トップがペタンとする人は、ゆるめのパーマがいいですよ。 女優の松嶋菜々子さん。 ショート~ミディアムレングスのヘアスタイルですね。 パーマをかけて外ハネを作った軽い仕上がりと、六四分けにして顔部分にひし形シルエットを作っています。 面長タイプの人にもおすすめできる髪型です。 阿川佐和子さん。 ショートレイヤーボブですね。 多分ゆるいパーマがかかってます。 ななめ前髪で片方を耳にかけてスッキリとした印象ですが、ボブの丸い感じもあり、女性らしくて若く見える髪型です。 とてもよく似合ってますね。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 いつまでもヘアスタイルを楽しむためには、毎日のヘアケアに頭皮ケアを取り入れることが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 薄毛になってから本格的に使用する育毛剤と違って、予防のための育毛剤なら高価なものを使用する必要はありません。 この「ザクローペリ」は続けていきやすい価格なので、毎日のケアを継続的に行うことができます。 薄毛予防には日々のケアを欠かさないことが大切です。 業界唯一の「確かな育毛成分を配合した育毛剤」と、髪の発育に必要な「栄養素をサプリでサポート」するのはイクオスのみ。 インナーケアまでするから効果を感じやすく、また実感できるまでのスピードが早い。 もうこれでダメなら、副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。 ヘアカラーの色持ちを良くする• 黄ばんだ髪を色ツヤ良く仕上げる• 黄ばんだ白髪を透明感のあるキレイな白髪にする 髪の見た目は第一印象に大きく影響します。 黄色っぽい髪だとせっかくヘアカラーしていても、良い印象に見えません。 そんな時に活躍するのが黄色を打ち消してくれる「紫シャンプー」です。 これで週1回~週2回シャンプーするだけでキレイに仕上げることができます。 いつものシャンプーをこれに替えるだけなので余計な手間も入りません。 簡単なのに第一印象を大きく変えられるシャンプー、始めてみませんか? 以上、60代70代80代の方に似合うおすすめ「ショートカット&ベリーショート」についてご紹介しました。 あまりたくさん載せると見づらいので代表的なものをピックアップしています。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の

金髪ショートカットヘアが似合う女性とは?金髪の髪型のヘアアレンジを紹介

金髪 ベリー ショート

女性のベリーショートについて。 初めての美容院に入ったら40代くらいの金髪の美容師さんがいて、やけに自衛隊の女性の話をするんです。 はじめから短かった私の髪を自衛隊の女性のようにすると言うので「自衛隊は嫌だ!」と言ったのですが、切っている途中で「サイド、グラデーションにしていい?」と訊かれ、なんのことかわかりもしないのに、「あ、お任せします」と言ってしまい、ソフトモヒカンにされてしまいました。 スカートの穿ける女性らしいベリーショートにしたかったのに、これでは本当にミリタリーファッションしか似合いません。 横の刈り上げの部分はそれでも長めで六ミリほどです。 らしさやいろいろなサイトを観てもし女性で同じ髪のかたがいらっしゃればと思ったのですがどう観てもメンズです。 前髪は最初から短く四センチしかありません。 また美容院に行くわけにいくでしょうか。 田舎なので今まで何度かベリーショートにしましたがニーズが男性にしかないのかみんなメンズのようでした。 顔つきが厳ついからそうされてしまうのでしょうか。 横の刈り上げは耳上4、5センチ上まで来ています。 なにもそんな幅で刈り上げなくてもって感じで、併せ鏡で見せてもらった瞬間悲鳴をあげてしまいました。 お店のひとに悪いと思いとっさに「初めて見たから見慣れなくて…でもだんだん見慣れて気に入って来ました」などと言ってしまいました。 トップも短くて今流行りの女性の刈り上げではないんです。 どうしたらよいでしょうか。 途方に暮れています。 補足画を携帯に取り込んで言ったのですがトップの切り口だけしか。 前も七年前の雑誌の切り抜きを持って行ったのですが、アシンメトリーに。 七年前の物だと私が言ったのでそれを今風にアレンジしようとしてくれたのか…。 回答者さま、助言をありがとうございます。

次の