アブドゥル。 唯一存命のフォー・トップス、アブドゥル・”デューク”・ファキールを称えて

マスジッド アブドゥル ガフール モスク(Masjid Abdul Gafoor Mosque)

アブドゥル

アブドゥル クトゥルフの呼び声第五版の224頁、ラヴクラフト超自然の世界。 と言う資料集があり、そこにネクロノミコンの著者である、アブドル・アルハズラッドについての考察があります。 多くの人は、読み飛ばすところですが、すこし異議を唱えたいと思います。 まぁ、元々HPLの叔父が、アラブ風の名前として、適当に作った名前なので、それを大まじめに捕らえるのも、興醒めかなとは思いますが。 ちなみに、私、ダメ学生でしたが、アラビア語学科を卒業しております。 さて、ルールブックから抜粋しますと 「その名をアブドル・アルハズレッドと言う人物だと言われています。 しかし、アラブ人であれば、そんな名字はありえません。 アブドルという名字は、英語の一般的な小説の中で、アラブ人につけられる名前としてもっともポピュラーなモノですが、実際にはアラブの名前ではないのです。 」とあります。 原文のミスなのか、日本語に訳したときのミスなのか分かりませんが、アラビア語でも、欧米と同じく、人名は、「名+姓」で表すハズです。 アブドルは、名前(ファーストネーム)であり、 名字(ラストネーム・ファミリーネーム)ではありません。 まぁ、ファーストネームを名字にする人はいないでしょうね、そりゃ。 ここですでに入り口を間違えています(補記:なお、2004年10月段階で、NHKのアラビア語会話で、アブドーラと言う方が講師をしておられます。 出身地まで知らないので、アラブ人では無いかも知れませんが)。 芸名でなく本名。 CDラック整理中spellboundが出てきて思いだした。 まぁ、ユダヤ系シリア人を父に持つアメリカ人なので、アラブ人じゃないですが)。 話を進めるために、日本語に訳すときのミスと言うことにします。 翻訳者の方には申し訳ないですが。 アブドルは、Abd Allahで、神のしもべと言う意味には違いありません(ちなみに、アッラーと言う言い方は、定冠詞のアル+アラー(厳密にはイラーですが)で、Alが続くため短縮して書くためアッラーと読む。 なので、アッラーだとTHEGODであり、アラーだとGODと言う違いがあります)。 アラビア語のAbdは、その意味が奴隷や奉仕する。 と言う単語に間違いはありません。 ですが、これは日本語の名前を、漢文風によんで意味をとらえようとしているに等しいことなのです。 極端な例ですが、水田豊。 みずた・ゆたか。 と言う人名であったモノを、「すいでんゆたか>稲が豊作」と解しているに近い。 と言えば、それとなく理解して頂けるでしょうか。 アブドゥルと言う名前は、数多い名前ではありませんが、かと言って、奇異な名前でもありません。 ましてや、存在しないと言うことは、絶対にありません。 アブドゥルは、キリスト教圏で言うならば、クリスチャンと言う名前と同じです。 デザイナーのクリスチャン・ディオールが一番有名でしょうか。 神の奴隷。 と言うよりは、神の従順なしもべ。 それはつまり、信心深いと言う意味であり、宗教が道徳観を担っている文化においては、道徳心に富んだ子になりますように。 と言う親の願いでしょう。 少なくとも、大学の講義ではそう聴きました。 姓の方ですが、こちらは、何とも言えません。 日本でも、変わった名字の方がおられるように、あらゆる事が考えられますので、この名前が存在しないとは言い切れません。 しかし、アズハルレッドにしろ、アルハザードにしろ、読みの英語化がかなり進んでおり、ここからアラビア語を類推できるほど、私には語学力がありません。 そのため、ルールブックの記事を信じて、アル・アズラードとして、むさぼり食うもの/絞めるもの(私見では、窒息させるモノの方が良いと思う。 chokeなので)。 とします。 名前+定冠詞+名詞となった場合、定冠詞+名詞は、あだ名やニックネームを指すはずです。 例えば、ガラハッド・ザ・ピュア。 と言ったとき、ザ・ビュアを名字とする人はいないでしょう。 純潔なるガラハッドとでも訳すはずです。 ランスロット・ザ・ブレイブだったら、勇敢なるランスロットですし、ジャンヌ・ラ・ピュセルなら聖女ジャンヌかな。 しかしまぁ、このことは欧米圏的な発想かも知れませんけども。 それを踏まえて、アブドゥル・アル・アズラードとした場合、むさぼり食うアブドゥルと言う俗称と言うか、魔術名と考えた方が正しいと思います。 部族の戦士の出自であるとすれば、敵をむさぼり食うとか、首を絞める。 と言う戦果から、名字になったとも考えられます。 根本的かつ致命的なミスとして、記事の結論では「偉大なる首を絞めるもの/偉大なるむさぼり食うものの礼拝者」となってますが、「偉大なる」はどこから出てきたのでしょう?。 偉大なと言うアラビア語は、アクバルです。 Hazredはアラビア語には無いとなってます。 たしかに無いのですが、近いものとして、Kazala(意味はcut offやhinder)があります。 アラビア語英語辞書では、発音がk音になってますが、厳密にはKh音で、発音上は「ハ」であると習いました。 英語で言うLとRの発音のように、アラビア語ではH音を出すものが三つあります。 と習いました。 Kh音は、のどの奥を開いて発音するハ。 だったかなぁ?。 また、azrという単語もあり意味は、strengthです(用法を見るに、弱者を救済するような力と思われます)。 ルールブックの記事のように、活用形を持ち出すよりは自然かと思います。 妨げるものアブドゥルとか、望みを断つものアブドゥルでも、意外としっくり来る感じがします。 そもそも、ネクロノミコンの著述目的がはっきりしていません。 自身のための体系化したメモ書きだったのか、それとも、真の宗教である外なる神々への礼拝方法を後世に伝えたかったのか、不明のままです。 アブドゥル・アルハザードが、どちらの側に立って、キタブ・アル・アジフを書いたのか。 そもそも、著述したのは、本人の意思だったのか、永遠に謎です。 この人類に混乱と混沌をもたらす書物が、ニャルラトホテプの陰謀の始まりだったのかも知れません。

次の

アブドゥル=ジャバーとは

アブドゥル

アブドゥル クトゥルフの呼び声第五版の224頁、ラヴクラフト超自然の世界。 と言う資料集があり、そこにネクロノミコンの著者である、アブドル・アルハズラッドについての考察があります。 多くの人は、読み飛ばすところですが、すこし異議を唱えたいと思います。 まぁ、元々HPLの叔父が、アラブ風の名前として、適当に作った名前なので、それを大まじめに捕らえるのも、興醒めかなとは思いますが。 ちなみに、私、ダメ学生でしたが、アラビア語学科を卒業しております。 さて、ルールブックから抜粋しますと 「その名をアブドル・アルハズレッドと言う人物だと言われています。 しかし、アラブ人であれば、そんな名字はありえません。 アブドルという名字は、英語の一般的な小説の中で、アラブ人につけられる名前としてもっともポピュラーなモノですが、実際にはアラブの名前ではないのです。 」とあります。 原文のミスなのか、日本語に訳したときのミスなのか分かりませんが、アラビア語でも、欧米と同じく、人名は、「名+姓」で表すハズです。 アブドルは、名前(ファーストネーム)であり、 名字(ラストネーム・ファミリーネーム)ではありません。 まぁ、ファーストネームを名字にする人はいないでしょうね、そりゃ。 ここですでに入り口を間違えています(補記:なお、2004年10月段階で、NHKのアラビア語会話で、アブドーラと言う方が講師をしておられます。 出身地まで知らないので、アラブ人では無いかも知れませんが)。 芸名でなく本名。 CDラック整理中spellboundが出てきて思いだした。 まぁ、ユダヤ系シリア人を父に持つアメリカ人なので、アラブ人じゃないですが)。 話を進めるために、日本語に訳すときのミスと言うことにします。 翻訳者の方には申し訳ないですが。 アブドルは、Abd Allahで、神のしもべと言う意味には違いありません(ちなみに、アッラーと言う言い方は、定冠詞のアル+アラー(厳密にはイラーですが)で、Alが続くため短縮して書くためアッラーと読む。 なので、アッラーだとTHEGODであり、アラーだとGODと言う違いがあります)。 アラビア語のAbdは、その意味が奴隷や奉仕する。 と言う単語に間違いはありません。 ですが、これは日本語の名前を、漢文風によんで意味をとらえようとしているに等しいことなのです。 極端な例ですが、水田豊。 みずた・ゆたか。 と言う人名であったモノを、「すいでんゆたか>稲が豊作」と解しているに近い。 と言えば、それとなく理解して頂けるでしょうか。 アブドゥルと言う名前は、数多い名前ではありませんが、かと言って、奇異な名前でもありません。 ましてや、存在しないと言うことは、絶対にありません。 アブドゥルは、キリスト教圏で言うならば、クリスチャンと言う名前と同じです。 デザイナーのクリスチャン・ディオールが一番有名でしょうか。 神の奴隷。 と言うよりは、神の従順なしもべ。 それはつまり、信心深いと言う意味であり、宗教が道徳観を担っている文化においては、道徳心に富んだ子になりますように。 と言う親の願いでしょう。 少なくとも、大学の講義ではそう聴きました。 姓の方ですが、こちらは、何とも言えません。 日本でも、変わった名字の方がおられるように、あらゆる事が考えられますので、この名前が存在しないとは言い切れません。 しかし、アズハルレッドにしろ、アルハザードにしろ、読みの英語化がかなり進んでおり、ここからアラビア語を類推できるほど、私には語学力がありません。 そのため、ルールブックの記事を信じて、アル・アズラードとして、むさぼり食うもの/絞めるもの(私見では、窒息させるモノの方が良いと思う。 chokeなので)。 とします。 名前+定冠詞+名詞となった場合、定冠詞+名詞は、あだ名やニックネームを指すはずです。 例えば、ガラハッド・ザ・ピュア。 と言ったとき、ザ・ビュアを名字とする人はいないでしょう。 純潔なるガラハッドとでも訳すはずです。 ランスロット・ザ・ブレイブだったら、勇敢なるランスロットですし、ジャンヌ・ラ・ピュセルなら聖女ジャンヌかな。 しかしまぁ、このことは欧米圏的な発想かも知れませんけども。 それを踏まえて、アブドゥル・アル・アズラードとした場合、むさぼり食うアブドゥルと言う俗称と言うか、魔術名と考えた方が正しいと思います。 部族の戦士の出自であるとすれば、敵をむさぼり食うとか、首を絞める。 と言う戦果から、名字になったとも考えられます。 根本的かつ致命的なミスとして、記事の結論では「偉大なる首を絞めるもの/偉大なるむさぼり食うものの礼拝者」となってますが、「偉大なる」はどこから出てきたのでしょう?。 偉大なと言うアラビア語は、アクバルです。 Hazredはアラビア語には無いとなってます。 たしかに無いのですが、近いものとして、Kazala(意味はcut offやhinder)があります。 アラビア語英語辞書では、発音がk音になってますが、厳密にはKh音で、発音上は「ハ」であると習いました。 英語で言うLとRの発音のように、アラビア語ではH音を出すものが三つあります。 と習いました。 Kh音は、のどの奥を開いて発音するハ。 だったかなぁ?。 また、azrという単語もあり意味は、strengthです(用法を見るに、弱者を救済するような力と思われます)。 ルールブックの記事のように、活用形を持ち出すよりは自然かと思います。 妨げるものアブドゥルとか、望みを断つものアブドゥルでも、意外としっくり来る感じがします。 そもそも、ネクロノミコンの著述目的がはっきりしていません。 自身のための体系化したメモ書きだったのか、それとも、真の宗教である外なる神々への礼拝方法を後世に伝えたかったのか、不明のままです。 アブドゥル・アルハザードが、どちらの側に立って、キタブ・アル・アジフを書いたのか。 そもそも、著述したのは、本人の意思だったのか、永遠に謎です。 この人類に混乱と混沌をもたらす書物が、ニャルラトホテプの陰謀の始まりだったのかも知れません。

次の

唯一存命のフォー・トップス、アブドゥル・”デューク”・ファキールを称えて

アブドゥル

アブドゥル・ラザク トゥン・アブドゥル・ラザク・ビン・ハジ・ダト・フセイン・アル=ハジ(Tun Abdul Razak bin Haji Dato' Hussein Al-Haj, - )は、第2代首相(在任:1970年 - 1976年)である。 のプラウ・クラディ生まれ。 第6代首相のは長男である。 分かち書き(日本語の場合は中点で区切り)されるが、「アブドゥル・ラザク」で一つの個人名である(を参照)。 人物 [ ] 「マレーシア発展の父」(Bapa Pembangunan)と死後、呼ばれている。 マレー大学クアラ・カングサール校を卒業した後、1940年にのラッフルズ大学で勉強するために奨学金を取得した。 彼のシンガポール留学は、第二次世界大戦の勃発とともに停止を余儀なくなれた。 戦争中は、パハン州でのレジスタンス組織を援助した。 戦後の1947年にへ法律を学ぶために留学し、1950年に弁護士資格を取得した。 での滞在期間中、イギリスの一員であった。 彼はまた、マレー人学生が自国の政治的な問題を討論するためのマラヤン・フォーラムを組織した。 帰国後、アブドゥル・ラザクは自らの政治的才覚を持って青年部チーフになっている。 1955年、マレーシアで初めて実施された総選挙で議席を獲得すると、32歳の若さで教育相に任命されている。 なお、マレーシアでは教育相は出世ルートになっていることが多い(後に、も就任している)。 翌年には、マラヤ独立のための外交使節団の一員として再びイギリスに渡っている。 1959年総選挙では、アブドゥル・ラザクは地域開発相に就任し、加えて副首相、国防相にも就任した。 1969年、が発生し、民族間での融和と首相の指導力の欠如が明らかになると翌年に首相に就任した。 1971年に、マレーシア新経済計画を策定した。 アブドゥル・ラザクと以後のマレーシア第2世代の政治家たちは、民族間の不和の要因となる経済・社会的な不平等の解消に対して精力的に活動した。 マレーシア新経済計画では、貧困の撲滅と民族間の経済的格差の解消を目標としている。 また政治的には、1972年2月にマレーシア国会が再開されることで、マレーシア議会政治の危機を克服するとともに、不安定な政治的状況を乗り越えるため、(PAS)、、(PPP)にも与党に参加をすることを呼びかけ、1973年1月、(BN)を組織した。 彼は、その後も国民戦線に参加する政党を増やすことを推進し、政治面での安定をもたらした。 さらに、1974年総選挙後、フセイン・オンを副首相権蔵相に任命することで自らの後継者に指名するのと同時に、5月13日事件でラーマンと対立していたマハティールを教育相に任命したがこのことはマハティールがUMNO・No. 3の立場を獲得したと同時に、推進上でアブドゥル・ラザクがマハティールの能力を認めたことを意味していた。 1975年年末より、健康面で不安が出てきたためにロンドンへ渡り、療養生活に入ったが、翌年ロンドンで急死した。 死因は。 53歳。 彼は、現在、にあるHeroes Mausoleumに埋葬されている。 首相在任中、によるが発生している。 関連項目 [ ]• - マレーシアの。 アブドゥル・ラザクにちなんで名づけられた。

次の