引越し 単身パック サカイ。 単身パックとアリさん・サカイとの価格比較|引越し単身パックと普通のプラン!どう使い分けるの?

引越し単身パック料金目安と値段表!金額はいくら?各引越し業者で徹底比較|生活110番ニュース

引越し 単身パック サカイ

「 サカイ引越センターでお得に引っ越したい!」 「 単身者がサカイ引越センターを利用するなら、どのコースで見積もりを依頼すればいい?」 サカイ引越センターには、さまざまなコースがあります。 少量の荷物を長距離移動するなら「小口便引越サービス」を利用するといいでしょう。 長距離引っ越し• 荷造り・荷ほどきは自分でする• 梱包資材は別途有料 「小口便引越サービス」は、荷物を専用のBOXに積んで運びます。 「小口便引越サービス」BOX1台に積める荷物の例 ダンボール5箱・衣装ケース2箱・サイドボード・ハンガーラック・掃除機・レンジ台・布団1組 サカイ引越センターの担当者によると、 上記の荷物は「BOX1台にぎりぎり積める量」だそうです。 もっと多くの荷物を運びたい場合、BOXは2台になり、倍の値段がかかってしまいます。 さらに、時間指定や休日の引っ越し、梱包材購入など、追加料金がかかれば10万円近くになってしまうでしょう。 ひょっとすると、他社の単身パックやミニトラックでの引っ越しプランのほうが、安く済ませられるかもしれません。 他社との料金を比較したいなら、一括見積もりサービスが便利です。 申込フォームを送信すれば、 1分程度で複数社の見積もりを受け取ることができます。 少しでも引っ越しの費用を抑えたければ、一括見積もりサービスを利用しましょう。 記事では、サカイ引越センターの「小口便引越サービス」について、くわしく紹介していきます。 サカイ引越センターの単身パックは長距離向け• サカイ引越センターの単身パックは「小口便引越サービス」• 「小口便引越サービス」の料金は専用BOX1本につき4万4,000円(最安値)• 「小口便引越サービス」は長距離専用のため同一県内や隣県への引っ越しは対象外• より安価な他社の単身者向けプランを探すなら「」を利用しよう 目次• サカイ引越センターの単身パック「小口便引越サービス」とは サカイ引越センターには、単身パックコース「小口便引越サービス」があります。 「小口便引越サービス」は、「せつやくコース」と「ご一緒便コース」の2つを組み合わせたものです。 「せつやくコース」では、引っ越しの費用を極力抑えるため、荷造り・荷ほどきを利用者が行います(大型家具・家電は除く)。 「ご一緒便コース」は、専用BOXに積んだ荷物をトラックに載せ、他の利用者の荷物とあわせて運ぶサービスです。 いずれも 少量の荷物を運ぶ、単身者向けのコースとなっています。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」2つの注意点 「小口便引越サービス」を利用する場合は、次の2点に注意しましょう。 同一エリア内の引っ越しはできない• 梱包資材は有料オプション 2020年5月時点の「小口便引越サービス」対象エリアは以下の通りです。 東北エリア…宮城県・山形県・福島県• 関東エリア…東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県• 北陸エリア…石川県・富山県・福井県• 関西エリア…滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県• 九州エリア…福岡県・佐賀県・大分県・熊本県 上記エリア以外では利用できません。 さらに、長距離引っ越し専用のコースなので、同一エリア内は対象外となります。 例えば、東京都から神奈川県への引っ越しなら「小口便引越サービス」は利用できないので注意しましょう。 また、 「小口便引越サービス」は梱包資材を無料で提供してくれません。 自身で用意するか、有料オプションを利用して購入する必要があります。 有料オプションの梱包資材はパック販売です。 また、エリアも限定されているので、そもそもサービスが利用できない人もいるでしょう。 「小口便引越サービス」の対象エリア外、近距離に引っ越したい、梱包資材費を節約したいといった人は、一括見積もりサービスを利用して希望のプランを探すことをおすすめします。 サカイ引越センターの単身パック「小口便引越サービス」の料金を紹介 当サイトでは、サカイ引越センターに「小口便引越サービス」の見積もりを依頼してみました。 九州エリアの福岡市から、関西エリアの京都市へ引っ越した場合の見積書です。 結果、 専用BOX1台につき4万4,000円かかることがわかりました(最安値の場合)。 1台に積める荷物量の例は以下の通りです。 あまり多くの荷物は積めないようです。 担当者によると、上記の荷物は「BOX1台にぎりぎり積める量」ということでした。 少しでもオーバーするようなら、BOX2台分つまり8万8,000円かかることになります。 繁忙期の引っ越し、休日の作業、梱包資材購入など条件が重なれば、引っ越しの費用は10万円を超えることでしょう。 他社の引越サービスなら、県外への運搬でも数万円で済むところもあります。 他社の料金が気になる人は、一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。 フォーム送信後、 1分程度で複数社の見積もりを手にすることができるでしょう。 サカイ引越センター単身パックのメリットとデメリットを比較 サカイ引越センターの単身パック「小口便引越サービス」は、少量の荷物を遠方に運ぶのに便利です。 専用BOX1台あたりの見積もりなので、Web見積もりで予算を立てやすい点もメリットと言えるでしょう。 ただし、「小口便引越サービス」には、以下のデメリットもあります。 同一エリア内の引っ越しはできない• 梱包資材は有料オプション• 荷物量によっては10万円を超えることもある 引っ越し費用をなるべく抑えたいなら、一社だけを検討するのではなく、他の引越業者でも見積もりを取ることが得策です。 しかし、複数社の訪問見積もりを受けるのは、時間と手間がかかります。 手早く相見積もりをしたいなら、Webの一括見積もりサービスがおすすめです。 フォームに転居元と転居先の住所などを入力し、運んでもらいたい荷物にチェックを入れるだけで、見積もりを取ることができます。 フォームを送信後、1分程度で複数社の見積もりメールを受信できるでしょう。 相見積もりは値下げ交渉の材料にもなりますよ。 サカイ引越センターの単身パックは長距離向け• サカイ引越センターの単身パックは「小口便引越サービス」• 「小口便引越サービス」の料金は専用BOX1本につき4万4,000円(最安値)• 「小口便引越サービス」は長距離専用のため同一県内や隣県への引っ越しは対象外• より安価な他社の単身者向けプランを探すなら「」を利用しよう.

次の

引っ越し単身パックより安い!サカイの最安値料金・見積もり

引越し 単身パック サカイ

引越し単身パックとは、業者によって名称が若干異なりますが、 要は 単身者向けの引っ越しサービスで、 最近ではほとんどの運送業者が取り扱っています。 単身サービスは、何しろ料金が安いのが魅力。 単身赴任や一人暮らしを始める方など 荷物が少ない人の引越しにとても 人気があります。 5万円程度からと 従来の引越しの相場では考えられないほど安い価格で引越しすることができます。 専用BOXあたりの料金システムを採用することで 運送業者はその荷物を他の荷物と一緒に運ぶことができるため、 大幅な効率アップが図られ、このような格安料金の引越しサービスが 実現しているのです。 引越し業者としても箱単位での輸送ですから、 荷物がかさばらないのです。 計算がしやすく、 中継地点でも箱を他のトラックに移し変えるだけで、ラクなのです。 4人家族の引越しですと、ほぼ トラック1台丸ごと積むことになります。 そうすると、トラックはその家族につきっきりになります。 単身者の引越しは、BOX単位なので、一日に何件もお客さんを取れます。 それで、単身パックは安いのです。 荷物をまとめると引越し業者としても運びやすい 単身者の引越しを安くする方法として、 荷物をBOX1個ないし2個にまとめることをおすすめします。 そのほうが引っ越し業者が運びやすいのです。 クロネコヤマトの引越し単身パックの場合、各地に中継点があります。 その中継点で荷物を行き先ごとに積み下ろしするんですよ。 BOXが多いとトラック1台丸々その人に取られます。 クロネコヤマトの引越し単身パックは行き先ごとに荷物をまとめて、 方面ごとにトラックに積み直します。 2日、3日かかってもかまわないという契約にすると、 更に料金が下がります。 要は、 引越し業者の都合を優先してあげるようにする、 その代わり、引越しの値段を少し安くしてもらえる。 こういう場合があります。 急ぎの引越しならば、あなたのスケジュール最優先で 引越し業者に依頼すると良いでしょう。 当日に現地に荷物を卸すばかりが引越しではありません。 日程的に余裕があるのであれば、 引越し業者の都合を優先してあげる代わりに 金額を少し値引きしてもらうことをおすすめします。 1人暮らしであれば柔軟にできることも多いですよね。 見積もり・申し込みは簡単! 引越し単身パックの荷物の送り方は、とても簡単です。 引越しというよりは 普通の宅配便の荷物を送るようなイメージです。 もちろん配送の日時も指定できますし、 作業スタッフを依頼して簡単な搬出入をお願いすることもできます。 料金はBOXのサイズと引越し先によって決まるので、 インターネットで簡単に見積もりを取ることができます。 引越しを安い費用で済ませたい人、 一人暮らしで荷物が少ない人、 家具は引越し先で調達するから持っていく荷物は少ないという方は、 一度見積もりをとって料金を調べてみてはいかがでしょうか?.

次の

サカイ引越し単身パックの相場はいくら?知って得しないポイント5つ

引越し 単身パック サカイ

この記事の目次• 単身の引越しでは、一人だからこそ荷物量がそれほど多くなりません。 そのため、うまく工夫して引越し費用を安くしたいと考えている方もいますよね。 単身で引越しをした場合、実際の 引越し費用の相場はどれくらいなのか知っていますか?この記事では、単身の引越し費用相場をはじめ、費用を抑えるコツについてご紹介していきます。 単身の引越しにかかる費用の相場 引越しにかかる費用は、荷物の量や移動距離などの状況に応じて大きく変わります。 ここでは、引越し費用に影響する3つの要因をはじめ、単身の引越しでの一般的な引越し費用の相場について見ていきましょう。 引越し費用に影響する要因は3つ 単身やファミリーなど人数に関わらず、引越しの費用を大きく変動させる要因に3つがあげられます。 引越し先までの移動距離• 荷物の量• 引越しの時期 単身の引越しの場合、荷物の量が少ない分引越し費用を抑えられますが、引越し先までの移動距離や時期によっては引越し費用が高くなってしまいます。 学生の場合は入学・卒業シーズンの3月前後、社会人の場合は人事異動時期の3月や10月前後に引越しが集中します。 単身の引越しにかかる引越し費用相場 引越し一括見積もりサイトの「ズバッと引越し比較」の情報によると、引越し先までの移動距離や時期に応じて、以下のような単身の引越し費用の相場になります。 参考: 通年の相場を見てみると、移動距離が20kmまでの 近場であれば3万円台で済むことが分かります。 また、移動距離が200kmを超えると2倍以上の金額になります。 移動距離を変更して引越し費用を抑えるということは現実的ではないので、安くしたい場合は他の2つの要因について工夫をする必要があるでしょう。 さらに引越しの 3~4月の繁忙期は通常期に比べると引越し費用が 15~30%程度割高になることが分かります。 引越し費用を少しでも抑えたいのであれば、繁忙期は避けて引越しを行いたいですね。 居住環境などによって引越し費用が変動することも?! 引越し費用に大きく影響する要因は3つのほか、何階建てのマンションなのか、運ぶ家具荷はどんなものがあるのかなど、居住環境や条件によっても金額が前後します。 引越し費用に影響するそのほかの要因• 旧居や新居のフロア階数• 旧居や新居のエレベーターの有無• 旧居や新居の前面道路幅(トラックの停車の可否)• 運ぶ家具に高価なものはないか• 運ぶ家具にガラスなどの繊細なものが多くはないか• 引越し業者のトラックやスタッフの空き状況 荷物を運ぶ時にエレベーターがないと、作業に時間がかかったり人数を必要としたりすると引越し費用が変わってきます。 作業の難易度やリスク、必要な人員数などによっても引越し費用は変わるのです。 「単身向けパック」と「単身向けプラン」の違いって? 「単身向けパック」では荷物を コンテナボックスで運びますが、「単身向けプラン」では通常のようにトラックに荷物を積み込んで運ぶので一般的な引越しと同様に、すべての荷物が載せられます。 荷物の量によってどちらを利用するのか選びましょう。 「単身向けパック」 積める荷物の量の上限が決まっていて、引越業者が用意したボックスに収まるだけの荷物しか運べません。 「単身向けプラン」 運びたい荷物の量に合わせたトラックで荷物を運びます。 原則ファミリー向けの引越しプランとの変わらずトラックを1台準備するため、単身向けパックよりも費用がかかります。 荷物の量が少ない単身者におススメなのが「単身向けパック」 「単身向けパック」は多くの引越し業者が提供している引越しプランです。 「単身向けパック」を提供している主な引越し業者を紹介 「単身向けパック」では、コンパクトなコンテナボックスに荷物を積んで運びます。 単身向けパックを提供している主な業者は以下の通りです。 ヤマト「単身引越しサービス」• 日通「単身向けパック」• サカイ引越しセンター「小口便引越しサービス」 荷物をコンテナボックスに詰め込んで、他の引越し依頼者のコンテナボックスと一緒にトラックなどで運ぶので、コストダウンを実現しており、 おトクな費用で引越しができます。 「単身向けパック」で運べる荷物の量はこれだけ!大手3社を比較 単身向けパックで運べる荷物の量とサイズには上限があります。 3社のコンテナボックスの大きさと料金について見ていきましょう。 「単身向けパック」のメリット・デメリット 単身向けパックの 最大のメリットは安さでしょう。 また、荷物の量を確認するために訪問して見積もりをとってもらう必要がなくお手軽です。 ただし、荷物の量に上限あるとデメリットもいくつかあります。 例えば自転車や組み立て式家具、3ドアの冷蔵庫など、単身パックでは運べないものもあります。 また、移動距離や引越し先によっては、単身向けパックを選べない場合もあります。 荷物の量が多いなら「単身向けプラン」を選ぼう 「単身向けパック」では荷物が運びきれない場合、荷物の量に上限のない「単身向けプラン」を選ぶとよいでしょう。 「単身向けプラン」を提供している主な引越し業者を紹介 単身向けプランでも、引越し業者によってはさまざまなプランが設定されています。 例えば、以下のような単身向けプランがあります。 アーク引越センター「ミニ引越しプラン」 段ボールが50枚まで無料でもらえたり、ハンガーボックスが5個まで無料で利用できたりなど、便利でおトクな特典があります。 アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」 畳3畳分程度の荷物を運んでもらえます。 目安は段ボール20箱までと、単身向けパックでは載せられない冷蔵庫や自転車、洗濯機、電子レンジ、テレビなどです。 「単身向けプラン」のメリット・デメリット 単身向けプランの場合、単身パックと異なり荷物の量を気にすることなく、自転車やベッドなどの 大きな荷物を載せられるので、荷物の量が多い方におススメです。 また、ダンボールなどの梱包資材がサービスでつく場合があるのでぜひ利用しましょう。 ただし、単身向けプランは単身向けパックに比べるとやはり引越し費用が割高になります。 単身の引越し費用を抑える3つのコツ 引越しの時期は、新居にかかる費用など、さまざまな状況で資金が必要になります。 できるだけ引越し費用を抑えるための3つのコツをご紹介します。 荷物の量が減るように工夫する 引越しの移動距離や時期については、都合によって調整できない場合が多いですよね。 それなら、引越し費用に大きく影響すると考えられる要因の一つである 「荷物の量」を少なくすることで、コストダウンを図りましょう。 例えば、古い家電や寝具があれば処分して引越し先で購入したり、不要な衣類や食器などを処分するなど、「断捨離」をしながら荷物の量を減らしてみましょう。 引越しをきっかけに不要なものを一気に処分し、気持ちよく新しい生活をスタートさせましょう。 引越し業者以外に引越しを頼む 引越し業者以外でも、 配達・配送をしてくれる業者はあります。 荷物の量や内容によって、以下のような業者を利用し引越しをすることができます。 ゆうパックや宅急便などの宅配サービス 例えば赤帽であれば、運べる荷物の量の上限は基本的に軽トラック1台分です。 荷物の量が少ないのであれば、赤帽を利用したほうがおトクになる可能性もあります。 引越しの一括見積もりで引越し費用が安い時期を選ぶ 単身向けパックや単身向けプランなど、サービス内容を吟味して引越しプランを選ぶことは引越し費用を安く済ませる方法としておススメですが、引越しの時期にも注目してみましょう。 引越し業者にとって一般的な繁忙期は共通していますが、繁忙期シーズンとして設定している日程が、引越し業者ごとに異なる場合があります。 特に 3月中旬など、超繁忙期に入る前などは料金を安く設定している可能性があるので、注意して探してみてください。 数日異なるだけで業者ごとに引越し費用が大きく変動することがあるので、引越し一括見積を利用して見積もりをとって、自分に合った引越しプランを選びましょう。 単身の引越し費用相場を知ってコストダウンしよう 単身での引越しの場合、相場を知るには 引越し一括見積もりを利用することがおススメです。 手軽に引越し費用の相場を知ることができ、よりおトクに引越しができます。 ひとつの引越し業者のだけでなく、複数の引越し業者の情報を一括してとることができ、引越しに関する豊富な知識や情報を備えていることも魅力です。 ぜひ活用してみてくださいね。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればお得に電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の