サイバー トラスト 株式 会社。 IoT 事業拡大の加速を目的としたサイバートラストによるリネオソリューションズの完全子会社化に関するお知らせ|プレスリリース|サイバートラスト株式会社

【4498】認証・セキュリティ事業やIoT事業を展開 IPO銘柄サイバートラストの初値を予想

サイバー トラスト 株式 会社

サイバートラスト株式会社 Cybertrust Japan Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 107-6030 六本木1丁目9番10号 アークヒルズ仙石山森タワー35階 設立 (ミラクル・リナックス株式会社) 代表者 眞柄 泰利(代表取締役社長) 資本金 5億4016万円 売上高 連結:41億6890万7000円 (2019年3月期) 営業利益 連結:4億3075万1000円 (2019年3月期) 純利益 連結:2億774万8000円 (2019年3月期) 純資産 連結:30億9413万9000円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:44億236万9000円 (2019年3月31日現在) 主要株主 (株) 64. 旧:サイバートラスト株式会社は1995年9月19日設立。 サイバートラスト株式会社(: Cybertrust Japan Co. , Ltd. )は、発行サービスをメインとするセキュリティサービス事業を行う企業。 概要 [ ] 分野におけるリーディングカンパニーである米国サイバートラスト(旧・Betrusted)社と、電子証明書システムソリューションを提供する、が3月に資本業務提携を行うことによってサイバートラスト株式会社(初代)が誕生。 6月にの連結子会社となり、4月以降はソフトバンク・テクノロジー(現:)の連結子会社となっている。 2017年10月1日付けでと合併。 合併はミラクル・リナックスを存続会社とする吸収合併方式だが、商号はサイバートラスト(2代)に変更された。 沿革 [ ] 初代法人 [ ]• 1995年9月 - NSJとして設立• 1999年5月 - Baltimore Technologies Plcの日本における総販売代理店として契約• 2000年3月 - Baltimore Technologies Plcによる株式取得• 2000年5月 - として活動開始• 2002年3月 - MBO()で資本と経営を日本化• 2003年12月 - 米国の大手セキュリティサービス企業であるBetrusted社との戦略提携• 2004年7月 - ビートラステッド・ジャパン株式会社に社名変更• 2005年7月 - 株式会社との資本提携• 2007年1月 - サイバートラスト株式会社に社名変更• 2014年4月 - ソフトバンクBB株式会社が保有株式をソフトバンク・テクノロジー株式会社に譲渡。 同社の連結子会社となる。 2017年10月 - ミラクル・リナックスから商号変更されたサイバートラスト(2代目)へ吸収合併され解散。 2代目法人 [ ]• 2000年6月 - やが出資し、ミラクル・リナックス株式会社として設立。 2014年7月 - ソフトバンク・テクノロジーの連結子会社となる。 2015年8月 - に松江ラボを開設。 2017年10月 - サイバートラスト(初代)を吸収合併すると同時に、商号をサイバートラスト株式会社(2代)へ変更。 2020年3月 - 4月に予定していた市場上場を取り消し。 脚注 [ ].

次の

サイバートラスト株式会社(4498)のIPO~初値予想と新規上場情報~

サイバー トラスト 株式 会社

IoT 事業拡大の加速を目的としたサイバートラストによるリネオソリューションズの完全子会社化に関するお知らせ 2020 年 5 月 20 日 サイバートラスト株式会社 リネオソリューションズ株式会社 サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)とリネオソリューションズ株式会社(本社:長野県塩尻市、代表取締役社長:小林 明 以下、リネオソリューションズ)は、2020 年 5 月 20 日に開催の取締役会において、両社の IoT 事業拡大の加速を目的とし、持株会社であるリネオホールディングス株式会社の株式を 2020 年 5 月 29 日付でサイバートラストが全株取得し、リネオソリューションズをサイバートラストの完全子会社とすることを決議しましたので、お知らせいたします。 リネオソリューションズ株式会社の概要 リネオソリューションズは、組込みソフトウェア開発の専門家集団として 1984 年に創業し、1999 年より組込み Linux 開発の先駆的な存在としてソフトウェア開発、プロフェッショナルサービスの提供など、長年に渡って組込みエンジニアリングの実績を重ねてきました。 「Lineo uLinux」ディストリビューションは、Sharp Zaurus をはじめとしてコンシューマ、業務、医療機器などさまざまな機器に搭載実績があります。 リネオソリューションズが独自開発した超高速起動ソリューション「LINEO Warp!! 」や Linux Foundation が推進する Yocto プロジェクトへの高い知見を活かした技術コンサルテーション、開発環境、ツールなど先進のソリューションで、お客様の製品開発を支援してきました。 株式取得の目的 2019 年 7 月 26 日付で行った資本提携も含めた業務提携の発表後、両社のビジネス協業をスタートし、両社の既存事業・エンジニアリソースを活用し、共同提案やマーケティング活動も含めて相互強化と付加価値の高い Linux 関連技術の提供を行っており、両社の IoT 事業戦略上においてすでに双方が重要な位置づけとなっております。 今後、両社は連携して以下を推進してまいります。 またグローバルでのサービス競争や IoT 市場における組込み Linux 技術・セキュリティ技術へのニーズの変化に対し、従来にない、より市場価値のある製品・サービスの開発・提供を目指します。 OSS を核とした技術力の強化とセキュリティ技術の融合 Linux OS のコア技術の専門性は両社に共通する優位性・競争力の中核と認識しており、本提携により、両社で取り組んでいるグローバルでの OSS コミュニティ活動やパートナーとの連携をさらに推進するとともに、コア技術の専門性をさらに強化し、IoT 市場に対するグローバルスタンダードに適応した高水準な OSS 技術とセキュリティ技術の融合を進めていきます。 営業・マーケティング活動の連携と新たな価値提案 両社の製品・サービスの営業・マーケティング活動の連携を進めることにより、製品ラインアップと商流の拡大を加速し、市場の課題や顧客ニーズの多様化に対して新たな価値を提供します。 サイバートラストとリネオソリューションズは、両社が有する組込み Linux の知見、技術およびノウハウを融合し、これまで以上に開発力や体制を強化して国内の組込み Linux 市場をリードするとともに、企業価値の拡大を目指します。 両社のシナジー強化により、引き続き信頼性の高い安心・安全なサービスを長期に渡って提供してまいります。 なお、リネオソリューションズの現東京オフィスは 2020 年 6 月 1 日付けで以下に移転いたします。 本社およびエンジニアリングセンター(長野県塩尻市)については変更はありません。 リネオソリューションズ株式会社 新東京オフィス 業務開始日: 2020 年 6 月 1 日(月) 住所: 〒106-0032 東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山森タワー 35F 連絡先: TEL: 03-6234-3895 メール: sales lineo. jp ご参考:現東京オフィス所在地 住所: 〒160-0022 東京都新宿区新宿 1-19-7 新花ビル 5F 連絡先: TEL: 03-5367-9098 関連 Web サイト リネオソリューションズ株式会社 リネオソリューションズ株式会社について リネオソリューションズ株式会社は、組み込み Linux オペレーティング システムをコアとして、クロス開発環境、ソフトウェアおよびプロフェッショナル サービスなどの組み込みソリューションを提供します。リネオの組み込みソリューションは、お客様の組み込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することにより Time-to-Market を実現します。 また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。 「信頼とともに」。 サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。 当リリースに関するお問い合わせ先 サイバートラスト株式会社 広報担当:椎名 メール:press cybertrust.

次の

連結子会社であるサイバートラスト株式会社の上場承認に関するお知らせ

サイバー トラスト 株式 会社

サイバートラストIPOは、 4月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。 また、サイバートラストIPOの主幹事はが務めることになっています。 普段は、IPOが新規承認されるのを心待ちにしていますが、今の地合いだと嬉しいというより心配になりますね。 6億円 時価総額 43. サイバートラストIPOは(4726)の子会社なので 親子上場になりますが、IT関連の小型(吸収金額 4. 6億円)なマザーズIPOとして人気を集めそうです。 また、サイバートラストIPOは直近のIPOと間隔が空いているため、日程的にも恵まれてます。 ただし、現在は地合いが最悪といっても過言ではないため、上場日までにどれだけ回復できるかも重要なポイントになると思います。 サイバートラストIPOの初値予想 サイバートラストIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月31日以降)に追記させていただきます。 前受金不要なので、資金が少ない方にもオススメの証券会社です。 IPO後期型の証券会社なので、他の証券会社の抽選後に申し込むことが可能です。 約定代金合計10万円まで手数料が 無料で、立会外分売にも申し込めます。 なら、貯めたポイントで投資信託を購入できるため、 実質0円で投資が始められます。 同グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めるIPOでは委託幹事になる可能性が高いので要チェックです。 また、ネットから立会外分売にも参加できるので、使い勝手の良い証券会社です。 また、手数料も 業界最安値水準なので、通常の取引でもオススメの証券会社です。 IPOだけでなく立会外分売にも申し込めます。 他の証券会社に比べて口座数が少なめなので、IPOという点では穴場です。 IPOの取扱銘柄数は少ないですが、口座数も少なくて穴場の証券会社です。 は、IPOの取扱いを始めたばかりなので、口座数も少なくて穴場です。 IPOは 前受金が不要なので、資金が少ない方にもオススメの証券会社です。 (ネオモバ)は、日本初の Tポイントを使って株が買える証券会社です。 は、今話題の ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成する自動投資法です。 世界の富裕層が利用する金融アルゴリズムで、完全に中立な立場から、国際分散投資を行います。 は、有名企業の株を 1株単位で数百円から買えるため、初心者の方にもオススメの証券会社です。 また、LINEポイントを使って投資することも可能です。 は、積立金額を設定すると、 積み立てた額がLINE Pay から自動で引き落とされ、500円からの積立分散投資ができるので、初心者の方にもオススメです。 は、毎月1万円から始められる AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービスです。 低コストで気軽にほったらかしで資産運用することができます。 では、運用額に応じて dポイントがもらえたり、お釣り積立ができるので、docomoユーザーの方にオススメです。 では、株式会社お金のデザインが提供する AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービスです。 投資未経験の方や若い方にもオススメです。

次の