戸郷 日本シリーズ なんj。 濱口VS戸郷対戦成績は…首位決戦!横浜DeNA対読売ジャイアンツ試合予想オッズ評価は?|【初心者オススメ】ブックメーカーやり方始め方!<2020年>

【図解・スポーツ】プロ野球日本シリーズ・巨人とソフトバンクの比較(2019年10月):時事ドットコム

戸郷 日本シリーズ なんj

関連記事• 2020年7月16日 23:01 - [非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~]• 2020年7月15日 23:09 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ]• 2020年7月15日 22:00 - [なんJ 野球をまとめてみたよ]• 2020年6月22日 09:16 - [なんJチャレンジ|2ch]• 2020年1月20日 10:00 - [ベル速 なんJ|オリックス2ch野球まとめ速報ブログ]• 2020年6月12日 23:00 - [日刊やきう速報@野球まとめ]• 2020年6月12日 18:17 - [NPB NEWS なんJまとめ]• 2020年1月26日 12:25 - [プロ野球いろいろ速報]• 2019年10月11日 07:33 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ]• 2020年6月13日 10:00 - [なんJ 野球をまとめてみたよ].

次の

【日本シリーズ】勝負を分けた4回の戸郷投入…ありすぎる力の差

戸郷 日本シリーズ なんj

23-10とは、• 引き算。 答えは13。 度のである。 23-10事件。 概要 のは、はし、を破りを勝ち上がってきたを破ったと、はペでは二位に終わるもで、を破ったで行われることになった。 この組み合わせはの以来の組み合わせであり、当時はは、(の前の親会社。 当時)はがで「ON対決」と言われた。 また、という節に行われたため、に行うとしさわしい対決として注された。 (結果はの勝ち) 今回は初のであり、どちらも 満球団強いとして一般には認識される同士の対決として、注を浴びた。 第一戦 行われたのは。 は2回、この年限りでの現役を表明したがを放ち、先制に成功する。 しかし、すぐさまはルが逆転の2ランを放つ。 さらにその後はのなどで追加点を挙げ、7回にはのから一挙4点を挙げるイニングを放つ。 にはがを打つも焼け石に。 初戦はが7-2でした。 ・・・とはいえ、この試合は大きなもなく、7回までは割と接戦だったのでこの後もいい試合をすると思われていた・・・ 第二戦 は、は。 この二人がングを見せどちらも5回裏2死までという戦を見せる。 その後も7回表まではどちらのも得点できなかった。 しかし7回裏、先頭打者ネののゴロを守備固めとして出てきたが後逸し、出塁を許すとその後のが崩れこの回3失点。 8回もとので3点を追加。 はにのに乗じて3点を返すも反撃はここまで。 6-3でが。 この時点での成績2勝0勝。 13-5。 第三戦 をに移しての第三戦。 はでありはが使えないこともあってさすがにはが勝つだろう・・・そう思われた。 試合は3回まではそれぞれ2点ずつを取り合う接戦であったが、4回には1年での戸郷をマウンドに送る。 戸郷は打者 にを打たれ出塁を許すと去年で沸かせたにをぶつけてしまいを招く。 これで動揺したのかのングのを悪。 ここから崩れ一挙に4点を失ってしまい試合が決してしまった。 さらに9回にはの代走が3塁を欲って走塁死し攻撃にもが出る。 こうしていいところがないまま6-2で。 この時点での成績はが3勝。 は0勝。 19-7。 なお、この時、最初となったのの「はより弱い」発言に発奮してが3連敗からの4連勝でになったことを踏まえて、上では年と 似たような展開になっていたことから、 は逆転のを願い永遠のである御用達の でもにした。 第四戦 さすがには・・・こそは勝つだろう・・・。 は、はが。 は体調が万全ではないがルに3ランを打たれ、もの前に得点。 しかし6回にを攻めてが2ランを放ち1点差になる。 これならまだわからないぞ・・・。 しかし、7回には再びので1点を失い点差が開き、その後はは野がそのまま打席に入るなどともとれる采配をするもその野が記録にはならない・・・もといで出塁するなど守備のまずさが立ち、このはチクゲにより事なきを得るもこのの1点が決勝点になる。 7回にはここまで0だった丸ので1点返すも9回2、最後はがに倒れ。 こうしてに総23-10で4連敗を喫し、の以来となる4タテを記録した。 ・・・こうして、初のはとして記憶されることになったとさ。 達成した主な成績 ・3試合連続視聴率一桁(史上初) ・ 最少 歴代 記録 ・. 6 歴代 新記録 ・ 最多 4試合での歴代 新記録 ・ 最多 13 4試合での歴代 新記録 ・ 最多 5 4試合での歴代 新記録 ・は全ての球団に。 ・で初戦に敗れただけで日シリ合わせて10連勝。 影響 ・さすがにする場面もあったこと、一応二ケタは得点したことなどからほどのはないものの、以来の4タテということもあって衝撃を与えた。 ・「のは面かったよな」と再評価のも。 ・「これでもより点差は低いとかってすごかったんだな」と再評価のも。 ・元からは「戦の差が歴然」「にふさわしくない」などと酷評されてしまった。 ・実際の原は「丸をから引き抜けばをさせられる」と発言したこともあり、選手を育成して自分のを上げたと、他のを下げることでしようとしたの差が出る結果となった。 ようするにで言えばを弱いに設定して勝ってただけってみたいな。 ・同時期のがで開催されていたことによりも流行っており、全部だったことを代表になぞらえて呼ばわりされた。 ・一番の見どころは「するが最後の選手からもされた場面」と揶揄された。 関連リンク• 関連項目• はより弱い.

次の

【日本シリーズ】勝負を分けた4回の戸郷投入…ありすぎる力の差

戸郷 日本シリーズ なんj

どのチームを相手にしても1勝は1勝。 だから表も裏もなく評価の高い投手から順番にローテーションを組んでいこうという考えだ。 そこでまず3連戦の初戦を重視するのではなく、菅野から田口、サンチェスという順番が決まった訳である。 もし広島戦で戸郷が結果を残せなかったら……。 そして戸郷だ。 「彼は自分の力でローテーションというものを守ったということになるね」 戸郷が投げた広島戦の直後に原監督がこう話していたことがカギだった。 開幕直後は先発投手の疲労度も高い。 そのため開幕から当面は、とりあえず先発を6人用意して中6日で回す。 そしてそこから1人をふるい落として、中5日へと移行していこうというのが第1の方針だった。 しかし腹案として併せ持っていたのが、もし広島戦で戸郷が結果を残せなかったら、翌日に登録を抹消して中5日ローテーションに移行するという案だったのである。 「登板翌日に抹消して中11日空けると、他の投手が中5日でうまく回っていく。 実はそういうローテーションをすでに組んでいた」 指揮官が明かしたように、そこから戸郷や他の投手の登録と抹消を組み合わせながら菅野と田口、サンチェスら残りの5投手を基本的に中5日で回していくスケジューリングができていた。

次の