サーカス tc カンガルー。 サーカスTCの寝床。│ずぼらママがキャンプ始めました

やっぱり秀逸。久々のサーカスTCと初カンガルースタイル。 : 超ショートなblog(仮)

サーカス tc カンガルー

冬のキャンプでは必要のない虫対策。 夏が近くにつれ、奴らの活動は活発になってきます。 5月夜の笠置キャンプ場では、すでにLEDランタンの周りに小さな虫が集まってきます。 嫌になりますね。 実は私はキャンプを趣味に持つまで、大の虫嫌いで、Gはおろか、蛾や蠅、蟻も無理でした。 キャンプを始めたのは2016年の夏ごろからなのですが、キャンプに行く度、虫には苦労させられました。 ある日、朝起きた時、顔の横にバッタとカマキリがこちらを向いていたことは忘れられません。 キャンプの数をこなす事で、今では虫にも慣れてきたものの、それでも可能な限りは虫は排除したいものです。 サーカスTCやパンダTCの虫対策についてどうすれば良いのか、対応パターンを考えてみました。 サーカスTCやパンダTCの特徴を再確認 まずキャンプ時に遭遇する虫を2パターンに分類します。 地を這う虫• 空を飛ぶ虫 どちらのテントもフライシートなので、 地を這う虫(蟻やムカデやダニ)の侵入は防げません。 スカートのあるサーカスTCでも、蟻などは隙間から入ってきてしまいます。 空を飛ぶ虫(蚊やブヨや蜂)の侵入を防ぐためには、テントの出入り口をしっかり閉じておく必要があります。 しかし、夏の締め切ったテントほど、暑苦しいものはありません。 風を通すためにも出入り口は開いておきたいのですが、インナーのないサーカスTCではそれもできません。 よって、 サーカスTCはオプションのメッシュインナーを買わない限り、夏には不向きなテントと言えます。 それでもサーカスTCを使うなら、しっかりとした虫対策が必要です。 (パンダTCは最初からメッシュインナーが付属しているので、地面、空どちらの虫にも対処可能です。 ) 以下に、思いつく限り対策を上げてみました。 是非、参考にしてみてください。 上から順に効果が高いと思われる対策です。 インナーシートを使う 前項でも紹介しましたが、サーカスTCやパンダTCを使う上では、メッシュインナーシートが最強・最適解です。 土間スペースに侵入されてしまうことは避けられませんが、少なくともインナーシート内における、睡眠時やリラックス時に虫で悩まされることは無くなります。 インナーシートは、純正のオプション品でなくとも、Amazonで売ってる格安の蚊帳を使うのもありですね。 サーカスTCの場合、別ブランドのテントをカンガルースタイルで使用することもできます。 デメリットとして設営がめんどくさくなる。 居住スペースが狭くなる。 メッシュがナイロン製なので、火に弱くなる。 が上げられます。 私の経験ですが、土間スペースで蟻を見たことはありますが、まだムカデを見たことはありません。 寝てる間に猫が来て、朝食を取られたことはあります。 カンガルースタイル用のテントや蚊帳については別途記事で紹介しています。 これも皆さんご存知メジャーどころ。 肌や服のみならず、テントにもふりかけておく事で効果倍増です。 肌に直接付けるものなので無害ではありますが、 独特な匂いがあるためテントにふりかけることに多少の抵抗を覚えます。 虫除けスプレーの成分に含まれる「ディート」ですが、濃度が高いほど虫除け効果が高い反面、アレルギー反応や障害など安全性への問題が指摘されています。 昨今、ディート濃度の規制が緩和され、今まで以上に強力な虫除けスプレーが日本でも手に入るようになりました。 このディートですが、濃度が濃いと、プラスティックやビニール製品を溶かしてしまう性質を持っています。 虫除けスプレーを安易にテントに使用すると穴を開けてしまう可能性がありますので、注意が必要です。 ディートの代わりにイカリジンを使用している虫除けスプレーもありますが、同様に注意しておいた方が無難です。 虫除けスプレーは人体、あるいはコットン製の服に留めておきましょう。 もし購入されるのであれば、 最近は 匂いも爽やかなタイプや、ブヨにも効くタイプが発売されていますので、そちらをお勧めいたします。 (ブヨや蜂は危険なので、衣服対策と、スプレーは併用しておきましょう。 ) 地面に撒く虫除け剤 キャンプに最適なのが、この地面に撒くタイプの虫除け。 テントの周りを囲むように撒くだけで、地を這う虫だけでなく、空を飛ぶ虫にも効果あり。 こちらも実際に効果が実感できました。 設営時には周りを飛び回っていた虫が、撒いてからしばらくするといなくなってました。 唯一のデメリットが 8時間程度しか効果が持たない割に値段が高いこと。 ランタンを囮にする 夜限定ですが、虫が光に集まる習性を利用し、テントから少し離れた場所にランタンを設置するという手があります。 最近はLEDライトが主流ですが、 LEDライトより、ガスランタンの方が虫が集まりやすいです。 ただし、火を付けっ放しにする行為ではあるので、寝る前には必ず消すようにしましょう。 夏にキャンプをしない 当初の目的からは外れまずが、虫のいる夏にはキャンプをしないという選択肢があります。 冬のキャンプでは、虫が一切いない、うるさいキャンパーがいない、というか人がいない、テントの中に籠っての薪ストーブ楽しい、お鍋がおいしい、汗をかかない、クーラーボックスがいらない、などメリットばかりです。 唯一のデメリットは寒いことのみ。 (バイクだと雪で埋まるキャンプ場は使用できません。 ) 私は夏より冬の方がキャンプの方が好きです。 静かな自然の中でリラックスできる贅沢な時間が好きです。 まとめ 結局のところ、サーカスTCやパンダTCで 虫を完全にシャットアウトするには、インナーシートを使う、ロングシャツ、ロングパンツを着用し肌を出さないなど、物理的な対処しかありません。 ただ、夏キャンプでその服装では気分的にはNGです。 そこで化学薬品に頼るわけですが、薬品では完全シャットアウトできないのが現状です。 (なるべく木々や水場の近くを避け、薬品系で対処すれば、私の感覚ですが、それなりに快適に過ごせてます。 ) どこで折り合いをつけるか、折り合いがつけられないなら、冬キャンプに移行するのが最後の手段。 インナーシートを買わずに、服装で対策も無理。 薬品も冬も嫌!でも虫は完全にシャットアウトしたいなら、無理してサーカスTCを選ぶ必要はないと思います。 別のテントを買ったほうがきっと幸せになれます。 (パンダTCは最初からインナーシート付いてるから問題なし)。 ちなみに私は、夏はサーカスTCではなく、ほとんどをパンダTCで過ごしてます。 2つ持ってると使い分けができて便利ですよ。 参考になれば幸いです。 記事で紹介した商品 テントに虫除けスプレーをかけるというのはおすすめできません。 注意書きにもありますが、虫除け成分のディートは人体に対しても無害というわけではありませんし、とりわけ化学繊維に対しては強い攻撃性があります。 メーカーHPではストッキングが溶けた事例が紹介されています。 かけないに越したことはありません。 私が所持しているISUKAのシュラフの注意書きにも、ディートが付着しないようにと書いてありました。 穴があいてしまうからです。 最近出てきたイカリジンの化学繊維への攻撃性はよく知りませんが、かけないほうが無難とは思います。 私が夏にキャンプする際には、テントを張った後に一回締め切って中で1プッシュで一日持続する室内の蚊とハエを殺す殺虫剤を撒いています。

次の

テントinシェルターの「カンガルースタイル」で秋冬キャンプに挑戦しよう!

サーカス tc カンガルー

サーカスTCは、 WILD-1から発売されているテンマクデザインのテント。 購入されている方がかなり多く、キャンプ行ったらよくかぶってしまいます。 持っておられる方が多いということは人気があり、それだけ魅力があること。 サーカスTCの魅力は、3万円台と値段が安い割にはポリコットン幕で幕質が丈夫。 つくりはしっかりしていて、ポリコットンの厚みは分厚く幕の質感もいいので、人気が出るのは当たり前だと思います。 最近は 売り切れ状態ですがタイミングが合うと、アマゾンや楽天からも手軽に購入できます。 お座敷スタイルにすると、家族4人までならOK。 サーカスTCは、ソロキャンパーの方が多く使用しているのでソロ幕だという印象がありますが、お座敷スタイルにすると家族4人ぐらいなら大丈夫。 今回は、サーカスTCの張り方からお座敷スタイルのやり方まで、詳しくブログで紹介したいと思います。 ポリコットン幕は、濡れたままで放っておくとカビやすいという欠点があります。 雨の日に使用して濡れた場合は、早めに必ず乾燥させて下さい。 乾燥撤収や後日乾燥できない場合は、雨の日に使わない方がよいと思います。 他のポリエステルの幕を使用した方がいいですね。 我が家も雨撤収になる時は、ポリコットンの幕を使用しません。 雨撤収はカビが生えるリスクが高くなります。 サーカスTCは素材がポリコットンなので、垂れるような結露はありません。 濡れるような結露がないので、日光が当たるとすぐに乾きます。 結露を拭く作業がいらないので、撤収も楽。 張り方: サーカスTCは、他の幕に比べてとても早く設営することができて、ポールを立ち上げるまでだったら10分もかかりません。 まず、五角形の布の真ん中にベルトの先を通し、付属のペグで固定します。 赤の矢印の方向にベルトを伸ばし、ベルトの先端5ヶ所をペグダウン。 ペグダウンした 5ヶ所の部分に、幕を引っ掛けます。 最後に幕の中に入りポールを立ち上げたら完成で、ポールはとても太くスチールで頑丈にできています。 スカートまでペグをして、20分もあれば設営ができると思います。 ワンポールの初心者の方でも簡単に、サーカスTCを張ることができるのが良い所。 サーカスTCをきれいに張るコツは、ガイロープのペグと幕の距離をあけないこと。 ガイロープのペグと幕の距離を広くすると、幕が横に引っ張られてきれいな三角の形になりません。 下記のような感じで、 ペグと幕の幅を狭くしてペグダウンして下さい。 夏場は前後をフルオープンすることで、涼しく快適。 幕質がポリコットンなので遮光性が高く、風が通り抜けるので夏場でも涼しくいられます。 ファミリーで使用 : お座敷にすると、幕内でゆったりすることができます。 ファミリーでサーカスTCを使いたい方は、お座敷スタイルがおすすめで、お座敷にすると家族4人程なら大丈夫だと思います。 ただ、暑い季節はお座敷にすると、シートの中に虫が入ってくることがあるので注意が必要。 お座敷にするなら虫の少ない季節にされることをおすすめします。 この日は寒かったので、幕内にこもってお座敷でゴロゴロしました。 お酒を飲んだり鍋をしたり、最高にくつろげましたよ! 家族3人で使うならロースタイル。 ソロ幕の印象が強いサーカスTCですが、ロースタイルにすることで3人でも使用が可能。 4人家族で、幕内にイスを並べてゆったり過ごすなら、サーカスTCのBIGサイズがおすすめだと思います 関連リンク: 我が家は、3. 4mのグリーンシートを折り込めるように、大き目に四角に切りました。 下記の写真で奥の方を折り込んでいるのがわかると思います。 グリーンシートを四角に切った理由は、雨対策。 5角形の形で、ちょうど良い大きさに切った方が見た目がいいと思います。 ただグリーンシートを寸法通り切ってしまうと、雨が地面にたまった場合に雨水が入ってきます シートを折って折り上げることにより、雨水がダイレクトに幕内に入ってきません。 この日の夜は、けっこう雨が降って所々に水たまりができていましたが、幕内の浸水はゼロでした。 シートを切る場合、よく切れるハサミを使用して下さい。 ハサミが悪いとガタガタに切れることがあるので注意が必要です。 真冬、お座敷スタ イルで寝る場合。 耐寒温度の高い冬用シュラフを使用されるか、暖房器具をつけて就寝することをおすすめします。 サーカスTCは床がないので隙間風が入ってきます。 インナーがついているテントよりは寒く感じると思います。 真冬に我が家は、石油ストーブを使用して寝ています。 テントの場合は、ストーブをつけて寝ることはありませんが、サーカスTCは床部分がないのでスカート部分から換気ができます。 ただ、幕内で石油ストーブを使用して寝ることは推奨されていません。 一酸化炭素の危険があるので注意が必要で、心配な方は石油ストーブをつけて就寝しない方がよいと思います。 電源がないサイトでおすすめなのが、湯たんぽ。 直火ができるのを購入すると石油ストーブやカセットコンロの上で温められるので楽です。

次の

カンガルースタイルのカンガルーテントSで冬キャンプできるのか?

サーカス tc カンガルー

サーカスTCは、インナーが無く、夏場の虫に対しては完全無防備です。 昼間なら我慢できても、 夜、ランタンをつけると虫がわんさか寄ってきて気持ち悪いなんて経験のある方いらっしゃるんじゃないでしょうか?(私がまさにこれでした😱) そのまま寝ようものなら、虫が口の中に…考えたくもありません。 そんなとき、 純正のメッシュインナーを利用する以外にも、別のテントをサーカスTCの中で設営するカンガルースタイルという技があります。 サーカスTCをリビングとして使いつつ、寝るときはカンガルーテントで寝る。 といういいとこ取り。 そんなカンガルースタイルのメリット、デメリット、サーカスTCにオススメのカンガルーテントをご紹介したいと思います。 カンガルースタイルのメリット 虫をシャットアウトできる フルメッシュ・フルクローズのテントを寝室として利用することで、寝室に虫が入ることを防げます。 リビングスペース虫は避けられませんが、 寝室にさえ虫が来なければ、安心して眠りにつけますね。 寝室の暖気を逃しにくくなる サーカスTCをフライシートとした二重構造となるため、寝室が外気に触れず暖気を逃しにくくなります。 ただし、カンガルーテントがメッシュの場合、空気が素通りしてしまうのでこの効果は期待できません。 純正のインナーより安く用意できる(かも) 純正のインナーシートは1万円を超える価格ですが、すでにお持ちのテントや、格安のテントや蚊帳を買うことで、純正より安く用意することができます。 カンガルースタイルのデメリット 荷物が増える 当然ですが、テントを2つ持っていくことになるため、荷物が増えてしまいます。 車ならさほど問題ではありませんが、バイクの場合、ただでさえ大きいサーカスTCにテントが増えるため、苦労します。 バイクでは、カンガルーテントはコンパクトになる蚊帳にした方が良いかと。 設営・撤収が手間になる サーカスTCの一つの売りに設営が簡単なことがありますが、カンガルーテントの設営に時間がかかることも。 撤収にも手間が増えてしまいます。 ただ、手間よりも虫をなんとかしたい人が大多数だと思います。 ただし、公式のサイズはスカート含むサイズだと思われ、さらにワンポールテントなので傾斜のことも考えないといけません。 色々調査してみると、スノーピーク アメニティドームSのインナーや、DODのカンガルーテントSサイズがジャストサイズとのこと。 テンマクデザイン モノポールインナーテント テンマクデザインからサーカスTCにぴったりの自立式のインナーテントが発売されました!その名も「モノポールインナーテント」 フルクローズ式で、前面にある入り口部分のみメッシュにすることが可能。 メッシュは1箇所だけなので、風通りはあまり良くないかもしれません。 2020年3月には、フルメッシュのモノポールインナーテントが発売されますので、2つ買って、夏はフルメッシュ、冬はフルクローズと使い分けると良いと思います。 サイズが2100mm x 1000mmと、完全に一人用ですので、デュオキャンプでは二つ必要になりますが、プライベート空間ができるというメリットも。 まとめ テンマクデザインから純正のカンガルーテント「モノポールインナーテント」が発売されたので、まずはこれを選んでおけば間違いないかと。 ただし、人気過ぎて手に入りません… いますぐ必要であれば、 「FLYFLYGO モスキートネット」が、値段も3,000円とお手頃価格です。 バイクの方にもおすすめ。 冬にも利用するなら「Luxe Tempo 2人用 4シーズンテント」。 フルクローズドなので風も一切通しません。 メッシュクローズにもできるので夏にも利用可。 お値段が若干高いです。 その他のテントも、作りはしっかりしていますが、カンガルー用に買うとなると、高価な上オーバースペックです。 DODのカンガルーテントも、もともとカンガルー用ですが、メッシュクローズなので冬に利用しても暖気という意味では効果は一切期待できません。 参考になれば幸いです。 記事で紹介した商品.

次の