パナソニック 電気 圧力 鍋 レシピ。 【口コミ】Panasonic電気圧力鍋SR

【評判レビュー】「 パナソニック 電気圧力なべ SR

パナソニック 電気 圧力 鍋 レシピ

甘酒の材料と作り方 甘酒の材料(4人分) 炊いたご飯から作る場合の材料 ご飯(室温)200g お湯(70度くらい)300ml 米麹(乾燥タイプ)100g ご飯200gは室温で調理します。 熱いご飯は冷まします。 乾燥米麹は、固形のではなくパラパラのタイプを使うとご飯と混ぜやすいです。 甘酒の作り方 ご飯から作る時の下準備 圧力鍋の中に室温のご飯を入れ、お湯(約70度くらい)を加えて混ぜておく。 約70度のお湯を加えて、 よく混ぜて、下準備は完了! 1乾燥米麹を袋の上から、よくほぐす。 今回はほぐれているパラパラしたタイプの米麹なので、ほぐさずそのまま使いました。 自動調理7にしてスタートボタンを押すと、残り10時間と表示されます。 超簡単!楽チン! 電気圧力鍋で倍の量で甘酒を作ってみました せっかく作るならもっとたくさん作りたい! ご飯300g米麹150gで甘酒でも作ってみた! 早速、1. 5倍のご飯300gで作りました。 ご飯は300g 乾燥米麹は150g お湯も1. 5倍量の450mlです。 圧力鍋にご飯を入れて、 お湯を加えてよく混ぜて、 乾燥米麴を加えて、よーーーく混ぜて、【自動調理7】でスタート。 夜にセットして、翌朝の出来上がりを待ちます。 翌朝です。 できたてのほやほやを食べていけて、良かったです。 日本酒のお猪口に入れてみました。 ご飯600g米麹300gの3倍の量で作ってみた! 3倍の量でも美味しくできました! 2020年1月15日 追記 基本レシピの3倍量(ご飯600g)が、パナソニック電気圧力鍋で作れる甘酒のマックスかなぁと思います。 味も量も、総合評価5です!.

次の

高いvs安い 電気圧力鍋を比較!ティファール,パナソニック,シロカ,アイリスどれを選ぶ?

パナソニック 電気 圧力 鍋 レシピ

近年は、マイコン制御によってより安全で手軽に使える電気圧力鍋も販売されていますよね。 でも、いろんな圧力鍋が増えたことで、圧力鍋・電気圧力鍋のどちらを選べばいいか迷う人も急増… では、具体的に、圧力鍋・電気圧力鍋の違いを解説し、どんな人におすすめなのかご紹介していきますね。 圧力鍋と電気圧力鍋の違いとは 圧力鍋と電気圧力鍋の最大の違いは、 ガスコンロによる火加減で圧力の調整をするか、電気制御によって圧力を調整するかの違いにあります。 では、もう少し掘り下げて、その違いをご紹介していきますね。 調理に対する自由度(アドリブ)の違い 基本的に、電気圧力鍋はマイコン制御による設定で、圧力を調整し調理します。 それは、 非常に便利で安全なので、手軽に圧力鍋を使いたいという人にはうってつけなのですが、 細かい調整は圧力鍋の方が適しています。 せっかく調理するなら、自分好みに調理して味わいたいですよね。 圧力鍋は、火加減の調整が難しく、慣れも必要ですが、その点、 火加減一つで簡単に圧力調整ができ、煮込み具合や出汁の染み込み具合も調整できます。 より柔らかく煮込みたい• 多少硬めが好み このように人の好みは十人十色… だからこそ、同じ料理でも自分好みに調理できる点では、圧力鍋が一歩リードしています。 なお、電気圧力鍋は、誰でも簡単に設定して気軽に使えるよう、設定方法が記載したレシピ集も添付されています。 しかし、その通りに作らないと、安全性や味が保証できないというものが多く、使い方を熟知した方ならともかく、素人や初めて使う人はレシピ通りに作るしかありません。 なので、 アドリブが利かない点では、電気圧力鍋は若干不向きと言えます。 このように、 より自分好みに調理したいか、手軽に調理したいかで、圧力鍋・電気圧力鍋の違いが出てくるのです。 安全度・簡単さの違い 「圧力鍋を使いたいけど、火加減調整が難しく怖い…」 ネット上で圧力鍋のことを調べていると、このような印象を持つ意見に遭遇します。 特にガスコンロ式の圧力鍋は、鍋の中が見えない中、火加減を調整して調理しなければなりません。 そのため、重りから出る 「プシュー」という音や、ピンの状態を常にチェックしていなければ、火加減を間違えてしまうというトラブルも起こりやすいです。 圧力鍋に慣れた人なら良いのですが、初めて使う人は、 「火加減を間違えて爆発してしまうのではないか?」と不安がってしまう… その理由は、使い勝手の難しさにあるわけです。 一方、 電気圧力鍋は、全て電気で制御しているので、よほど変な使い方をしない限り、事故は起こらず安全に使えます。 また、特に火加減調整することもなく、最初にレシピ通りに設定して調理するだけで、後はほったらかしでも作れてしまいます。 安全かつ簡単という点では、電気圧力鍋が圧倒的におすすめです。 特に小さいお子さんを持つご家庭では、電気圧力鍋の方が安心して使えるのでおすすめですよ。 参考:「」 価格の違い ショップや商品にもよりけりですが、基本的に、 圧力鍋と電気圧力鍋は価格が大きく異なります。 そもそも、電気圧力鍋は、電気(マイコン制御)で動作する圧力鍋なので、基本的に家電製品として扱われています。 一方、圧力鍋はあくまで調理器具としての扱いです。 その違いは、当然、価格差にも表れています。 圧力鍋は、高くとも3万円以内で購入できるものが大半です。 一方、 電気圧力鍋は安くても約1万円はしますし、高いものは10万円くらいするものも珍しくありません。 大体、 4人用として考えると、3万円が相場価格となっています。 もちろん、ショップや取り扱う商品によって価格は異なりますが、少なくとも圧力鍋・電気圧力鍋に価格差が生じているのは事実。 そこは、お財布と相談して購入を検討する必要がありますね。 ガス代・電気代の違い 冒頭から触れている通り、圧力鍋は、ガスコンロで火加減を調整して調理する調理器具、一方、電気圧力鍋は電気を使い調理する圧力鍋と用途が違います。 つまり、圧力鍋を使うならガス代がかかり、電気圧力鍋を使うなら電気代が別途発生するというわけ。 もちろん、ガス代・電気代という違いはありますが、金額的には極端な差はありません。 確かに、電気圧力鍋の方が、光熱費がかさむという話も耳にしますが、それは、昔の話… 現在は、電気代もあまりかからずに利用できる電気圧力鍋が増えています。 むしろ、 一時間調理する際にかかる光熱費は、電気圧力鍋が安いくらいです。 ちなみに、 800kw~1000kwタイプの電気圧力鍋だと、1時間あたりの電気代は、約21. 一方、普通の 圧力鍋で1時間調理すると、ガス代が31円前後かかります。 ちなみに LPガスの場合は120円かかり、圧力鍋の方が光熱費は割高です。 ただ、1円でも節約を考えているご家庭なら、電気圧力鍋を選ぶべきですが、光熱費そのものに大差は無いので、そんなに気にする必要はありません。 あくまで、ガス代・電気代がそれぞれかかる程度に捉えておきましょう。 以上が、圧力鍋・電気圧力鍋の主な違いです。 コンセントの必要の有無の違い 圧力鍋・電気圧力鍋は、それぞれの特色があり、メリット・デメリットが存在します。 しかし、それぞれの特色を理解して使えば、間違いなく時間短縮で美味しく調理可能です。 ただ、圧力鍋が、ガスコンロで使えるのに対して、電気圧力鍋が電源を必要とする点が少し難点でもあります。 どうしても電気で可動するために、コンセントの近くに使用スペースを確保しないと、電気圧力鍋は使えません。 さらに、可動範囲は、コンセントから電源コードが伸びる距離までしかなく、キッチン周辺にコンセントを確保しないと使い勝手が悪くなります。 その点だけは注意が必要となるので、まずはキッチン周辺にコンセントが歩かないか確認してから、圧力鍋・電気圧力鍋を選択するようにしましょう。 圧力鍋・電気圧力鍋の特質をしっかり把握しよう!! 以上が、圧力鍋・電気圧力鍋の大まかな違いです。 当然それぞれの良さ(魅力)や、向き不向きは存在します。 先程ご紹介したいように、違いだってあるわけですし、それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握した上で、選ぶことが重要です。 後ほど、圧力鍋を選ぶべき人、電気圧力鍋を選ぶべき人、それぞれの特質をご紹介していきます。 ぜひ、それも参考にしながら、両者を比較して購入を検討してみてくださいね。 圧力鍋を選ぶべき人 先程もご紹介したとおり、 圧力鍋の最大の魅力は、少し焦げ目を付けたいとか、煮込み加減を自分好みに調整出来るところにあります。 もちろん、火加減は自分で調整しなければなりませんし、なれるまでは非常に大変。 最近は、「ゼロ活力なべ」のように、比較的安全で簡単に使える圧力鍋も増えてきました。 Amazonの情報を掲載しています しかし、 安全・簡単さでは、マイコン制御による電気圧力鍋の方が圧倒的優勢。 圧力鍋も、安全装置を完備し、事故が起こらないように工夫が施されていますが、どうしても、火加減は人の手でしなければなりません。 そのため、間違えた捜査をしてしまうと、どうしても事故は起こります。 特に、圧力鍋の場合、鍋の中を見ることができず、慣れていない場合、火加減が適しているのか不安になり、加圧中に鍋を開けてしまうなんてことも… その結果、一気に鍋の中身が吹きこぼれてしまい、大惨事になるという事故も起こっています。 このような事故が過去に起こっているからこそ、「圧力鍋の使用が怖い」という意見も飛び交うのでしょう。 このように、操作ミスにより事故が起きる確率は、電気圧力鍋よりもガスタイプの圧力鍋の方が高いです。 しかし、自身の手で火力を調整できるため、微妙な火加減で、自分好みの調理が可能です。 その点は、電気圧力鍋には、なかなか真似できない魅力でもあります。 普段から料理をする人で、なおかつ圧力鍋の扱いにもある程度慣れている人には、圧力鍋がおすすめです。 使用上の注意はしっかり守らなければなりませんし、慣れるまでが大変ですが、少しでも味にこだわりを持つ人は、ぜひ、圧力鍋を試してみてくださいね。 電気圧力鍋を選ぶべき人 電気圧力鍋の最大の魅力は、手軽さ・簡単さや安全性にあります。 確かにマイコン制御によって調理するため、どんなにレシピが豊富に揃っていても、個人の好みに対応した微妙な味加減は、正直難しいです。 カレーやシチューのような煮込み料理を作る際も、基準となる柔らかさ、煮込み具合しか再現できないのが欠点です。 電気圧力鍋は、「美味しい料理を、手軽で安全に作ること」が大前提で売り出されているので、どうしても設定方法が基準的になってしまいがちです。 とはいえ、圧力鍋に慣れていない人は、火加減も調整しなければいけないガスコンロタイプだと不安が残ります。 もちろん、基準的な調理といっても、極端に味にこだわらない限り、電気圧力鍋でも十分満足できる調理が可能です。 よほど、慣れた人なら別ですが、初めて圧力鍋を使う人や、幼い子供がいて危険と感じている人は、電気圧力鍋を使いましょう。 圧力鍋以上に安全で事故が起こりづらく、その上手軽に調理できるのは、実に魅力的ですよ。 なお、過去に圧力鍋を使用していて、小さなお子さんが鍋に近づき大怪我をしたという話も耳にします。 幼いお子さんは、何も分からず、興味本位で圧力鍋に触りに行くので、非常に危険です。 一つ間違えば一生消えない大怪我を負うことにもなりかねません。 なので、小さなお子さんがいるご家庭では、より安全に使える電気圧力鍋を選ぶべきと、併せておすすめしておきますね。 こだわり派は圧力鍋、安全・簡単派は電気圧力鍋を選ぼう 今回は、ガスコンロで使用する圧力鍋と、電気圧力鍋の違いを解説しながら、それぞれに向いている人をご紹介しました。 両者は、ガスで可動するタイプ、電気で可動するタイプと、可動方式が異なるのは当然ですが、それぞれ向き不向きがあります。 少しでも自由度(アドリブ)が利く調理が可能で、自分の好みの柔らかさや、味の染み込み具合を再現したいなら、圧力鍋がおすすめ。 また事故が起こりづらく、最初に設定しておくだけで、後は放置していても調理してくれる簡単さを求めるなら、電気圧力鍋がおすすめです。 このように、それぞれの特色を理解した上で、あなたがどのように圧力鍋を使いたいかによってどちらを選ぶか決めると非常に効果的。 あくまで、本記事では簡単にご紹介していますが、圧力鍋・電気圧力鍋を選ぶ指針になりますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

次の

パナソニックの電気圧力鍋で作る「牛スネ肉の煮物」が恐ろしく簡単かつ美味しいので激しくおすすめします!

パナソニック 電気 圧力 鍋 レシピ

最近テレビやネットで話題の時短家電「 電気圧力鍋」。 材料を放り込んでボタンを押したら、あとはほったらかしでOK。 圧力調理で短時間でも本格的な料理が出来上がります。 子育て世帯やファミリー、共働き、一人暮らしまで、忙しい中でもパパっと美味しいご飯を作りたいユーザーに人気を集めている調理家電です。 そんな電気圧力鍋は、現在様々なメーカーが商品を発売しています。 値段も1万円を切るものから数万円するものまでピンキリ。 どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。 今回は、人気の電気圧力鍋「 ティファール クックフォーミー エクスプレス」「 パナソニック SR-MP300」「 シロカ SP-4D151」「 アイリスオーヤマ KPC-MA2」を比較し、高いものと安いものでどんな違いがあるかを検証します。 Contents• 見た目は炊飯器に近いものが多いですね。 高温で調理することで、時間のかかる煮込み料理や味のしみ込みにくい硬い食材も、短時間で出来上がります。 電気なので火事や焦がす心配もなく、 材料を切って放り込んだらスイッチオンであとは完成まで放置するだけ。 圧力調理中に他のことをしていても安心です。 電気圧力鍋は、 安全・お手軽に圧力調理ができて短時間でも味のしみ込んだ本格的な料理が作れる、まさに夢のような調理家電なのです。 人気の電気圧力鍋4機種 数ある電気圧力鍋の中でも、 多くのランキングで上位にきている人気機種がこちらです。 T-fal クックフォーミーエクスプレス CY8521JP• Panasonic 電気圧力なべ SR-MP300• siroca 電気圧力鍋 SP-4D151• アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 KPC-MA2 まずはそれぞれの特徴を簡単にご紹介します。 T-fal 「クックフォーミーエクスプレス CY8521JP」• アイリスオーヤマは、家具・家電から収納グッズ、日用品までさまざまな商品を発売しているメーカーです。 ホームセンターやネット通販サイトなどでおなじみですよね。 アイリスオーヤマの電気圧力鍋は、容量2. 2Lと少なめながら 小さく持ち運びやすいデザイン。 卓上で 鍋代わりにも使える設計になっています。 多機能な割に低価格で、 高コスパな電気圧力鍋です。 電気圧力鍋選びの重要ポイントごとに人気4機種を比較 人気の4機種はそれぞれ特徴的な電気圧力鍋ですが、どのような違いがあるのでしょうか? 電気圧力鍋の選び方で重要となる サイズ・圧力調理性能・その他調理機能・使いやすさ・価格という5つのポイントで比較してみましょう。 サイズ まず電気圧力鍋選びで重要となるのが、 サイズです。 できるだけ コンパクトなほうが邪魔にならないのは間違いありませんが、あまり 容量が少なくて足りないのも困ってしまいますよね。 電気圧力鍋の容量は、 家族の人数やライフスタイルに合わせて選びましょう。 目安としては、 家族の人数+1L程度のものを選ぶといいでしょう。 一度にまとめて作り置きしたい場合は、さらに大きいものがおすすめです。 本体の大きさについては、 どの機種もそれなりに大きく蒸気口の上部スペースは空けておく必要があるので、 キッチンや棚のサイズをきちんと測って置き場所を確保してから購入しましょう。 ティファール,パナソニック,シロカ,アイリス 比較一覧表【サイズ】 メーカー T-fal パナソニック シロカ アイリスオーヤマ 商品名 クックフォーミー エクスプレス CY8521JP 電気圧力なべ SR-MP300 電気圧力鍋 SP-4D151 電気圧力鍋 KPC-MA2 容量 6L 3L 4L 2. 5 29. 0 26. 3 28. 3 大容量ならティファール一択、他3機種は小型• 4機種の中では 唯一大容量なのが、ティファール クックフォーミー エクスプレス。 本体のサイズは他より大きくなってしまいますが、 最大6Lでご飯も10合炊ける容量の大きさは魅力です。 ファミリーや作り置き派の場合、選択肢はほぼこの一択に絞られるでしょう。 一人暮らしや夫婦二人のお家などであれば、 コンパクトな3機種のほうが場所も取らず便利に使えそうです。 圧力調理性能 「電気圧力鍋」というからには、 圧力調理の性能も重視したいポイントですよね。 電気圧力鍋での圧力調理の仕組みは、通常の圧力鍋と同じ。 まず 調理前に鍋内の圧力を高めるために予熱をします。 その後 設定した時間で圧力調理をして、 最後に保温と減圧をして完成です。 このうち予熱にかかる時間は、 消費電力によって差がでてきます。 消費電力が高くパワーがある電気圧力鍋だと、予熱時間を短縮できます。 また、 圧力が高い電気圧力鍋だと、 圧力調理時の温度が高くなってより早く食材に火が通ります。 一方、 圧力が高いのは90kPaのシロカ SP-4D151。 予熱時間は一般的ですが、 加圧時間が短縮されます。 長時間の加圧調理が必要な塊肉や小骨が多い魚などの調理で活躍します。 圧力調理で時短を目指すのであれば、この2機種から選ぶのがおすすめです。 その他調理機能 機種によって使える機能は異なりますが、ほとんどの電気圧力鍋が 圧力調理以外の調理方法もできるようになっています。 調理方法がたくさんあると、電気圧力鍋の活躍の幅が広がります。 中でも違いが大きいのが、 圧力をかけない加熱調理の性能です。 加熱調理自体はほとんどの機種で対応していますが、どのくらい細かく温度設定できるか?がポイントになります。 また、 フタをあけた状態での加熱調理は、できると非常に便利な機能です。 煮込んだあとに少し煮詰めて汁気を飛ばしたいときにも使えますし、少し材料を炒めてから圧力調理で煮込むこともできます。 なお、ほとんどの電気圧力鍋が保温機能は搭載しているのですが、 予約機能は「生ものNG」「一部メニューのみ」となっています。 圧力調理以外の調理機能については、アイリスオーヤマのKPC-MA2がもっとも充実しています。 フタをあけた状態での炒め・煮詰め調理も可能で、鍋代わりとして色々な用途で使いたい方におすすめの電気圧力鍋です。 使いやすさ 毎日の料理で使う電気圧力鍋は、 使いやすさも重視したいところです。 まず使い勝手に影響してくるのは フタの形状です。 電気圧力鍋のフタは、大きく2種類に分けられます。 1つ目が、 フタを回して開閉するスライド式。 フタが完全に取り外せて丸洗いはしやすいのですが、開けるときに少し手間がかかります。 2つ目が、 フタが炊飯器のようにパカっと開くプッシュ式です。 フタが本体にくっついているので洗えるのは内蓋のみとなりますが、開閉のしやすさがメリットです。 いずれも慣れてしまえばそこまで大変ではないのですが、 手軽さを考えるとプッシュ式がおすすめです。 また、普段料理慣れしていない方やメニューに悩むことの多い方は、 本体に内蔵しているレシピの数が多く、ディスプレイで調理方法を案内してくれる機種がおすすめです。 電気圧力鍋の指示に従うだけで、簡単に美味しい料理が作れます。 使いやすさでは、フタがプッシュ式で内蔵レシピ数が多いティファール クックフォーミー エクスプレスがおすすめです。 本体だけでレシピ選びから作り方の指示まですべて完結するので、料理初心者でも手軽に本格的な料理が作れます。 価格 最後に、やっぱり重要となるのが 価格ですよね。 電気圧力鍋の価格帯はだいたい1万~3万円程となっており、 容量が大きく高機能なものほど価格も高くなっていきます。 自分にとって 外せない機能やスペックを備えた中で、もっとも安いものを選ぶといいですね。 価格の安さだけで見ると、4機種の中で 最も安いのはアイリスオーヤマ KPC-MA2でした。 多機能な割に低価格で高コスパな電気圧力鍋ではありますが、 2. 2Lという容量の小ささが気になるポイントです。 一人~二人暮らしで毎日色々な料理を作るお家にぴったりのサイズ感の電気圧力鍋です。 電気圧力鍋人気4機種比較 まとめ 電気圧力鍋の 人気4機種「ティファール クックフォーミーエクスプレス」「パナソニック SR-MP300」「シロカ SP-4D151」「アイリスオーヤマ KPC-MA2」を比較した結果をまとめると、こちらのようになりました。 大容量ならティファール、他3機種は小型• 予熱時短のティファール、加圧時短のシロカ• 調理方法の多彩さではアイリスオーヤマ• 使いやすさではティファール• 最安はアイリスオーヤマ 最後に、 ここまで比較した内容を一覧表にまとめましたので、電気圧力鍋選びの参考にしてみてください。 電気圧力鍋人気4機種比較一覧表 メーカー T-fal パナソニック シロカ アイリスオーヤマ 画像 商品名 クックフォーミー エクスプレス CY8521JP 電気圧力なべ SR-MP300 電気圧力鍋 SP-4D151 電気圧力鍋 KPC-MA2 サイズ 容量 6L 3L 4L 2. 5 29. 0 26. 3 28. サイズを重視するのか、機能を重視するのか、価格を重視するのか… 人によって譲れないポイントは違ってくると思います。 自分にとって譲れないポイントをしっかりと見極めて選べば、きっと理想の一台を見つけられるはずですよ。 電気圧力鍋など気になる調理家電はレンタルで試せる 電気圧力鍋が気になるけど、置き場所や使い方の問題でまだ購入するか悩んでいる…という方には、購入前に 家電レンタルで試してみるのもおすすめです。 短期間レンタルして 家で使ってみることで不安や疑問が解消されるので、自信を持って購入に踏み切れます。 ネットで家電をお得にレンタルできるサービス では、電気圧力鍋などの調理家電を14泊~借りて試すことができます。 今回の4機種の中では、とがレンタル可能。 使ってみて気に入ればそのままレンタル品を買い取ることも可能です。 購入前のお試しに、気軽にレンタルしてみてはいかがでしょうか? 電気調理鍋の関連記事.

次の