エミリースチュアート。 エミリー語 (えみりーご)とは【ピクシブ百科事典】

エミリー・スチュアート (えみりーすちゅあーと)とは【ピクシブ百科事典】

エミリースチュアート

Comment シングルシリーズ「MILLION THE TER WAVE」の第六弾! スマートフォン向けアプリ「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」より、[エミリー スチュアート CV. 郁原ゆう 、白石 紬 CV. 南 早紀 、天空橋朋花 CV. 小岩井ことり ]の3人よる新ユニット花咲夜 はなさくや ! ゲーム内イベントで使用される楽曲「百花は月下に散りぬるを」のほか、カップリング「矛盾の月」とドラマパートを収録! Index• 1.百花は月下に散りぬるを 作詞・作曲:藤本記子 編曲:福富雅之 歌:花咲夜[エミリー スチュアート CV. 郁原ゆう 、白石 紬 CV. 南 早紀 、天空橋朋花 CV. 小岩井ことり ]• 2.矛盾の月 作詞・作曲:藤本記子 編曲:福富雅之 歌:花咲夜[エミリー スチュアート CV. 郁原ゆう 、白石 紬 CV. 南 早紀 、天空橋朋花 CV. 小岩井ことり ] Info 初回生産限定封入特典:後日発売予定のTHE IDOLM STER MILLION LIVE! ニューシングルと連動となる発売記念イベント応募案内(シリアルナンバー付) 描き下ろしイラストジャケット.

次の

エミリー スチュアート(郁原ゆう) はなしらべ 歌詞

エミリースチュアート

」 「美しい花火の打ち上がる大きな舞台で踊れるようになれれば幸せです。 」 「書道を習い始めました。 …スミの匂いは落ち着きます。 …しあわせ~。 うぅ、恥ずかしい…。 きっと仕掛け人さまが、やさしくして下さるからですね。 」 (親愛度100達成後) 「これが日本の駄菓子、ですね! はい、仕掛け人さま。 」 「さ、差し入れに抹茶牛乳を頂きました! はぁ…おいしぃ……。 」 「まだまだ人前に出られる器ではありませんが…せいいっぱい頑張ります!」 「むむ…応援してくださる方への署名なのですが…ふででエミリーと書くのはむずかしいです…っ。 」 「仕掛け人さま、お仕事に出かける前に成功祈願に参りましょう。 」 「他の出演者さまのご迷惑にならないように注意します。 」 「大和撫子は三歩後ろを歩くもの。 仕掛け人さまの背中は大きくて、なんだか安心してしまいますね。 」 「私にできるかどうかわかりませんが…やってみます!」 「私も時代劇に出て、キレイな着物を着てみたいです。 」 「今日の私は凛々しくてたくましい大和撫子を目指します! えいやっ!!」 「仕掛け人さまに褒めてもらえるように一生懸命やってみますっ。 」 「私、今日はいつもより積極的に前へ出ます!!」 「私の好きな言葉は一期一会…。 どんなお仕事も、一度きりのつもりで、全力を出しましょう。 …すこし照れてしまいます。 仕掛け人さま、ご指導お願いします…!」 (親愛度600達成後) 「仕掛け人さま! 今日はカンペキにできました! あ……嬉しすぎてつい走ってきちゃいました…。 」 (親愛度700達成後) 「鬼に金棒…エミリーに仕掛け人さま! ふふっ、ことわざの使い方…合っていますよね?」 (親愛度800達成後) 「仕掛け人さまの声だけは、どこにいてもはっきりと聞こえます。 感謝いたします、仕掛け人さま。 」 親愛度100 「仕掛け人さまと過ごせば大和撫子の心を理解できると思うのです。 ですから…これからもお付き合いくださいね?」 親愛度200 「大和撫子を目指してから、より一層、この国が大好きになりました! それも…仕掛け人さまのおかげかもしれませんね。 仕掛け人さまへの想いを伝える言葉がたくさんありすぎて、困っちゃいます……。 どうかこれからも、末永くご指導くださいね。 」 プレゼントを贈る (抹茶づくしの アフタヌーンティー) 「抹茶づくしの茶会だなんて、まるで夢のようです…! 仕掛け人さまは面白いことを考えつかれるのですね! 大好きな抹茶のお菓子に囲まれて、とっても幸せな誕生日です。 もちろん、飲み物も抹茶です!」 プレゼントを贈る (貝桶) 「この立派な箱は一体? …Wow! これは貝合わせの貝ですね!? 私、本物を見たのは初めてです! 劇場のみなさんが、一人一人絵を描いてくれたのですか… ありがとうございます、仕掛け人さま! 大切にします!」 お祝いに来るアイドル 「エミリーさん、お誕生日おめでとう。 …トゥ・ユー。 」 エミリー 「お祝いしてくださるんですか? 嬉しいです!」 「和人形のストラップよ。 こういうの、好きでしょ?」 エミリー 「Wow! 可愛らしいお人形…大切にいたします!」 「エミリー。 あなたの誕生日、私からも祝福いたします。 互いの目指す高みへと向かい、共に手を取り精進して参りましょう。 」 エミリー 「貴音さま…ありがとうございます。 まだまだ至らない私ですけど…、 貴音さまのような大和撫子を目指し、精進いたします!」 誕生日2016 お祝いする 「仕掛け人さま、祝いの言葉をありがとうございます! 大和撫子として日々成長することができているのも、 仕掛け人さまのおかげと感謝しております。 …よかったら、ぜひ。 」 エミリー 「時代劇の円盤…! 必ず、感想をお伝えします!」 「エミリーちゃん、おめでとう。 これ、食べてねぇ。 …ふぅ。 雪歩さんのお茶は、いつもおいしくて、身も心も温まります。 本当にありがとうございます。 この感謝の気持ちは、舞台の上で表現いたしますね!」 プレゼントを渡す エミリー 「仕掛け人さま!」 プロデューサー 「エミリー、お疲れさま。 」 エミリー 「ごヒイキ様方の温かい声援で、私は胸がいっぱいです。 あんなに緊張していたはずなのに、 いつの間にか、すっかりやわらいでいました。 」 プロデューサー 「喜んでくれたのなら良かった。 改めて、誕生日おめでとうエミリー。 これは俺からのプレゼントだよ。 」 (プレゼント「白い胡蝶蘭」) エミリー 「Wow! これは…伯剌西爾の舞子衣装…! なるほど。 大和撫子たるもの、どのような舞も踊れなくてはいけません。 03 Dance Edition Eternal Harmony LIVE THE TER SOLO COLLECTION 04 Sunshine Theater ユニット曲 曲名 収録アルバム 共演アイドル Thank You! LIVE THE TER PERFORMANCE 01 765 MILLIONSTARS Thank You! (765THEATER Ver. ) 765THEATER ALLSTARS Sentimental Venus LIVE THE TER PERFORMANCE 05 、、 Eternal Harmony LIVE THE TER HARMONY 04 エターナルハーモニー (、、 、) Welcome!! (エターナルハーモニーVer. ) Thank You! (LIVE THE TER SELECTION CD Ver. ) LIVE THE TER SELECTION CD (非売品) 、、 、 Welcome!! (MILLION ALLSTARS Ver. MILLION THE TER GENERATION 04 プリンセススターズ プリンセススターズ (、、 、) Brand New Theater! プリンセススターズ Brand New Theater! M STER SPARKLE 08 765 MILLION ALLSTARS (を含む 52人バージョン) お名前:• あれはエミリーじゃなくて二階堂さん -- 2013-10-16 水 21:09:42• ミリオンライブ! 田中琴葉で天空橋さんの隣に居るのエミリーでは? -- 2013-10-11 金 22:55:20• ご指摘ありがとうございます、直しておきました -- 2013-09-23 月 16:17:56• 宝石を見てると、自分も~ってこれ可憐の台詞じゃ・・・? -- 2013-09-23 月 12:04:10• この子13歳なの!? -- 2013-08-24 土 01:51:46• いい娘だと思うのだけれど、このコメントの少なさはなに(汗)。 -- 2013-08-24 土 00:46:04• どうも仕掛け人(プロデューサー)です -- 2013-07-13 土 15:11:25• 仕掛け人様ってなんやねん -- 2013-07-13 土 12:35:54.

次の

【限定】アイドルマスターミリオンライブ!等身大パネル エミリースチュアート インフィニット・スカイver.代引不可

エミリースチュアート

を目指していると言うだけあって慎ましやかな性格で言葉遣いも丁寧。 (但しシリーズ全体だけを見てもアイドルは必ずしもばかりとは限らないのだが) 出身で、父親の仕事()の都合でに来て日は浅いが、本人曰く両親や日本舞踊の先生のおかげで言葉には不自由していないという。 らしいをにしているがこの髪は絵によって 感が異なっている。 真の大和撫子は横文字を使わないと思っているらしく、のことを「仕掛け人さま」、アイドルのことを「大和撫子」と呼び、のことも「署名」というなど、ようだ。 (ただし、興奮したり咄嗟の出来事では素の英語がでてしまい、改善しようと努力している) ただステージではができなければいけないなど変な勘違いをしている節がある(正座は苦手らしくあまりうまく出来なかった)。 また、テンションが上がるとはしゃいでしまい、その後ハッと我に返って「はしたないですよね…」と赤面するなど微笑ましい一面も。 アイドル達への呼称は基本「さん」付けだがや、に対しては「さま」付け。 キャラに合った特徴的なサインであり、名前の後に付いている花はCVであるが友人からもらったハンコらしい。 全体的に運動神経が高い「Dance」組の中では、その運動能力は下の方だと思われる(それでもイベントでは三塁打を打っていたが)。 イメージカラーは「 紫」での色と比べると濃く、ちょうどエミリーが着ている私服の色に近い。 では「英国から来た高飛車なお嬢さま」(別名:『講堂で歌う合唱部の前に突如、現れた合唱界の黒船』)役。 続編である学園祭編では一派の1人になっている。 英国出身、金髪少女とあって が熱狂ファンになること間違いなしだろう。 ちなみに、ファミリーネームは「スチュ ワート」ではなく「スチュ アート」なので注意。 登場カード 大和撫子の休息 いわゆる初期R。 バランス型であり初期ではそこそこ高性能であった。 大好きな抹茶が使われたロールケーキに舌鼓うっている。 大和撫子のご挨拶 初期から存在していたHR。 これもバランス型だった。 前述の通りステージで正座している。 足が痺れないように頑張ろうとしているが、その後に登場した時の台詞を見る限り結局克服出来ていないようだ。 素足ブーツなのは中々にポイントが高い。 心の和音 「輝け!春の野外音楽フェスティバル」というイベントに登場したR。 マーチングバンドの衣装を着て奏でる楽器は…小鼓であった。 またも正座に挑戦し、やはり靴下は履いていない。 心躍る温泉街 「温泉郷フェスティバルガシャ」で登場。 純和風の雰囲気にはしゃいでいる。 特技名も「ウキウキ街巡り」。 饅頭をつまんでいる姿は非常に可愛らしい。 まさかの抜擢に多くのプロデューサーが驚いた。 太ももにやられた仕掛け人さまも多い。 蒼海の姫巫女/水神の破魔弓 「魔女っ娘ファンタジーガシャ」にて登場したSR。 魔女っ娘は何処に行った。 18コスの覚醒SRであり十分な戦力であり続けた。 水神の巫女であり、魔を退治し社を守っている。 最終奥義は周囲の水を集め矢に乗せて放つ「 水竜爆矢」。 最早何が何だか。 余談だがエミリー役の郁原ゆう氏もこのガシャに挑戦し、結果「 」を引いた。 (彼女の引いた時期はエミリーの方が出やすかったので当たりといえば当たりなのだが…) ちょっぴり開放的に 「どきどき!水着ファッションショーガシャ」に登場。 当然の水着姿。 Rながら無課金なら十分な戦力になり得る。 健康的で非常に愛らしいが、心なしかプロフィールのバストサイズより大きく見える。 ルミナスピンク 「ガシャポンコラボキャンペーンPKGガシャ」の1つであるHN。 元々のHNカードの色違いになっている。 ライブシアター第4幕 「THE IDOLM STER LIVE THE TER PERFORMANCE 05」購入特典SR。 登場する4人のアイドルから1つを選ぶ仕様である。 下にあるCDのパッケージ画面を見ると察すると思うが、絵の評判はあまり良くない。 キュートな淑女 「アイドルマスターズカップ」にて手に入れることが出来たHR。 HRながら非常に所得ポイントが低く、普通に参加していれば誰でもゲット可能であった。 、とユニットを組み、華麗な杖さばきを披露している。 至高の一杯 「開催!アイドル学園文化祭」の第1エリアをクリアすることでもらえたR。 前途の通りまつり軍団の1人としてそばを振舞っている。 そばは抹茶そばらしい。 まつり姫本人も視察に来ていることがカードから伺える。 しかしながら、競合相手であった のインパクトに全てを持って行かれた感がある。 とはいえ、あの貴音が食べ漁るほどのおいしさであり、評判は中々良かったようだ。 艶やかなる舞/ささやかなご褒美 「極めよ!アイドル道」でエミリーの絆レベルを一定まで上げることで手に入ったSR。 このイベントはアイドルがプロデューサーや他のアイドルと交流しながら自分を高めていくというものであり『』でいうところののようなイベントである。 当然ながら台詞も多く、念願だったかるた大会をしたり、に和菓子をたくさん食わされたりと色んなアイドルとの交流が生まれた。 このイベントでエミリーが好きなったという仕掛け人さまも多い。 覚醒前は特技である日本舞踊を披露、着物にある刺繍はによるものである。 覚醒後は仕事を頑張ったご褒美として髪飾りを買ってもらっている。 微笑み歳の市/笑顔の掘り出し物/ぷくぷくだるまさん/和洋折衷の贈り物 2013年12月期の招待HRに選ばれた。 前半の3枚は仕掛け人さまと一緒に歳の市でお正月のためのお買い物、特に3枚目の ぷくーは必見。 4枚目では12月ということもありサンタコス、和室で金髪の美少女がサンタの服を来て籠にダルマや百人一首を入れているという姿は中々に。 イギリスではがあまり一般的ではないためか 三太夫という謎の人物と間違えていた。 楽曲 ソロ曲 「 」( 05) 作詞・作曲はrino、編曲は福富雅之。 エミリーの落ち着いた雰囲気に合わせた落ち着いて柔らかい曲。 彼女の意思を汲んでか歌詞にはカタカナや英語が一切使われていない。 「 」( 04) 作詞・作曲は藤本記子、編曲は福富雅之。 こちらの曲も、日本語のみのゆったりした曲。 「 」( 05) 作詞・作曲は藤本記子。 こちらの曲も、日本語のみのゆったりした曲。 ユニット曲 「 」(LTP 05) 作詞:こだまさおり、作曲:rino、編曲:関野元規。 歌:エミリー、、、。 05のテーマ「オシャレ・ポップ・アイドル」の最後を締めくくる、新しい道を切り開く姿が表現された曲。 エミリーはソロパート1番手。 「 」(LTH 05) 作詞:Ayaka Miyake、作曲:Mitsuki Miyake, K's,TAKAROT、編曲:K's,TAKAROT。 歌:(エミリー、、、、)の歌。 エミリーはソロパート5番手。 「 」(LTH 05) 作詞:佐々木恵梨、作曲・編曲:BNSI(佐藤貴文)。 七尾百合子、福田のり子 、、矢吹可奈、横山奈緒) 「 」(MTG 14) 作詞・作曲:新田目駿、編曲:KOH 歌: エミリー、 「 ミラージュ・ミラー」」(MTG 14) 作詞:KOH, 月丘りあ子、作曲・編曲:KOH 歌:Charlotte・Charlotte 「 」( 02) 作詞:半田翼、新田目翔 作曲・編曲:半田翼 歌:如月千早、、エミリー、菊地真、天海春香 「 」(TC 02) 作詞:nino、作曲・編曲:高田 暁 歌:如月千早、星井美希、エミリー、菊地真、天海春香 「 」( 06) 作詞・作曲:藤本記子 編曲:福富雅之 歌:(エミリー、、) 「 」(MTW 06) 作詞・作曲:藤本記子 編曲:福富雅之 歌:花咲夜 ソロコレクション 「 little trip around the world」(LTSC 03 Dance Edition) 「 ランニング・ハイッ」(LTSC 04 Sunshine Theater) 「 Sentimental Venus」(LTSC 06 Princess Stars) 「 ミラージュ・ミラー」(LTSC 07 Princess Stars) その他 LIVE THE TER SELECTION CD ソロ「 」 ユニット「 」 グリー版の『ミリオンライブ』にて物理報酬及び抽選でプレゼントされたCD。 ポイント上位5人のアイドルが別ユニットの曲を歌ったもの。 「Thank You! 」は望月杏奈、七尾百合子 、、エミリーの5人。 名前あれこれ• 公式の表記では、カタカナ表記では苗字と名前を中黒(・)やダブルハイフン(=)ではなく空白(スペース)で区切るのが正しい。 外国人名でスペースが使われるのはとても珍しい。 ピクシブだけにあらず、 タグの仕様上スペースが使えない場合には、便宜上中黒を付けることが多い。 英字綴りは"Emily Stewart"。 『ミリオンライブ』のカード枠は右下にアイドル名の英字表記があるが、初期のエミリーのカードは「EMILY」と「EMILY STEWART」の2つの表記があった。 (後に「EMILY STEWART」に修正・統一されている) スコットランド発祥の貴族にスチュアート家がある為、エミリーはお嬢様なのでは?という推察がある。 イギリスの実家の詳細は不明なものの、実際に父親は外交官であり、『』の「HAPPY!競賀新年ガシャ(2019年12月31日~2020年1月11日)」では広大な和風の屋敷に住んでいるのが判明している。 関連イラスト 関連タグ 関連メンバー エミリーと同じように見た目は西洋風だが和の心を持った大和撫子。 エミリーは彼女を非常に尊敬しており、ローソン限定で聞けたミニドラマでは姉上になってほしいとまで言っている。 エミリー スチュアート 「THE IDOLM STER LIVE THE TER PERFORMANCE 05」のメンバー。 テーマは「オシャレ・ポップ・アイドル」 ちなみにエミリーが伊織を伊織さまと呼んでいる理由は、初対面の時に伊織がいつもの調子で「伊織さまと呼びなさい」と言ってしまったから。 今では伊織本人は恥ずかしくなってさま付けは止めて欲しいのだが、エミリーは伊織のひととなりを知り尊敬するに値する人物としてさま付けを継続している。 エミリー スチュアート 「THE IDOLM STER LIVE THE TER HARMONY 04」のユニット「」のメンバー。 同じく、金髪ツインテールで大和撫子(誤読して「 ダイワナデコ」だと思っているようだか…)を目指しているアイドル。 同じく、イギリス出身のアイドル。 ただし、こちらは庶民的で現代的なイギリス人像となっている。 関連記事 親記事.

次の