前立腺 肥大 症 治療。 前立腺肥大症の治療について|男性の排尿.jp 男性の排尿障害情報サイト

前立腺肥大症の治療をうける方へ

前立腺 肥大 症 治療

前立腺肥大症の治療法は? 前立腺肥大症の治療は、大きく2つにわけて"薬物療法"と"手術療法"があります。 尿の出をスムーズにすることで、膀胱が過敏になっている状態 頻尿 を和らげることもあります。 ・PDE5阻害薬 前立腺や尿道にある血管を広げて、血流量を増やし、尿の出をよくする薬です。 ・漢方薬・植物エキス製剤など 前立腺の炎症を抑えたり、前立腺肥大症の症状を和らげる薬です。 前立腺肥大の手術療法 薬物療法で効果が出ない場合や症状が重い場合には手術を行うことがあります。 前立腺肥大症以外の尿トラブルの原因とは? 前立腺肥大症以外の尿トラブルで、よくある原因は以下のとおりです。 前立腺がん 前立腺がんは、主に前立腺の外側に生じます。 前立腺がんの症状は、進行するまで判明しない みられない ことが多く、はじめのうちは尿のトラブルが起こりにくいことが特徴です。 一方、前立腺肥大症は前立腺の内側が肥大しますが、前立腺肥大が前立腺がんになることはありません ただし、前立腺がんと前立腺肥大が同時に存在することもあり。 血液検査 PSA検査 により、前立腺がんの可能性を調べることができます。 膀胱がん 50歳以上の比較的男性に多い膀胱にできるがん。 頻尿やおしっこしたのに膀胱に尿が残っていると感じる残尿感や痛みを伴わない血尿などがみられます。 下部尿路機能の感染症 急性の前立腺炎・膀胱炎・尿道炎 細菌感染によって炎症を引き起こします。 発熱、頻尿、尿失禁、排尿時の痛みなどがみられます。 過活動膀胱 膀胱が勝手に縮んだり、膀胱が敏な働きをするために、尿が充分にたまっていないうちに、トイレが急に我慢できないほどの強い尿意が起こります。 その他の排尿トラブルの原因 尿路結石、精神的要因、神経性頻尿、心因性頻尿、また服用中の薬などが原因となっている場合もあります。 出すことは食べることと同様に大切です。 ひとりで悩まずに必ず医師やまわりの関係者に相談してみましょう! 失禁対策に集尿器"Mr. ユリナー"という選択肢 前立腺肥大や前立腺がんによる頻尿・尿失禁は、 泌尿器科での薬服用や手術などで解決できますが・・・ しかし薬の服用だけでは効果が低い場合もあり、そのような場合は"おむつ"や"尿とりパッド"そして"集尿器"といった排泄用具を利用することも視野に入れたほうが良い場合があります。 "脱おむつ"を推奨する理由 トイレが近いからといって、"おむつ"を好んでしますか?やっぱりトイレで排尿したいのは、皆さんが共通して願うことではありませんか?"おむつ"は決して悪いものではありませんが、何かの事情があって"おむつ"を使用せざるをえない場合を除いては、極力使いたくないものですよね。 排泄ケアはデリケート 自尊心・羞恥心を傷つけないように では、トイレに間にあわない、トイレで排尿したいけれどもトイレに行けない、排泄の自立を希望するけれども思うようにいかない。 こういった症状のときに、すぐに"おむつ"や"尿とりパッド"に走ってしまうのだけはやめましょう。 写真はMr. ユリナーを装着した利用者様の例) 集尿器"Mr. ユリナー"は、あたかもトイレで排尿しているような排尿感が得られる "おむつ"や"尿取りパッド"の前に、集尿器や尿瓶といった小さなトイレを検討することもよいです。

次の

「前立腺肥大症」をほうっておくと…|男性の排尿.jp 男性の排尿障害情報サイト

前立腺 肥大 症 治療

軽度から中度の患者が薬物療法の適応 前立腺肥大症に使用される医薬品一覧 前立腺肥大症に使用される薬剤は主に、• ホルモン系薬(抗アンドロゲン薬、5a-還元酵素阻害薬)• 非ホルモン系薬(植物エキス薬、アミノ酸製剤、漢方製剤) に分類されます。 比較的速効性で副作用も比較的軽い軽微なためです。 いずれの薬剤も30日の長期投与が可能とされています。 ただし、高血圧の治療薬として使用されている薬もあり、副作用として起立性低血圧やめまいに注意すべきです。 交感神経系の機能亢進による下部尿路閉塞を解除し、自覚症状を改善することが目的です。 ホルモン系薬と非ホルモン系薬 ホルモン系薬は前立腺の容積を縮小させることによって下部尿路通過障害を改善することが目的です。 ホルモン系の抗アンドロゲン薬(アンチアンドロゲン薬)は前立腺の内分泌環境に影響を与えることから、潜在する癌との診断を複雑にする可能性があります。 また、刺激症状がある場合には非ホルモン系薬を使用し、炎症の除去などで自覚症状の軽減を図ります。 漢方製剤(漢方薬)などは科学的根拠は少ないですが、抗炎症作用、抗浮腫作用、抗うっ血作用などによる効果があると考えられています。 以下に、それぞれの具体的な薬名を一覧で紹介します。 薬の分類 薬の商品名 一般名 抗コリン薬 ポラキス、バップフォー、デトルシトール、べシケア ステーブラ、ウリトス オキシブチニン塩酸塩、プロピベリン塩酸塩、酒石酸トルテロジンコハク酸、ソリフェナシン、イミダフェナシン 膀胱平滑筋弛緩薬 ブラダロン フラボキサート塩酸塩 副交感神経刺激薬 べサコリンウブレチド ベタネコール塩化物ジスチグミン臭化物 前立腺肥大症に使用される薬の副作用・注意点 まず、前立腺肥大症に使用される薬に共通する副作用はの立ちくらみ、めまい、ふらつきです。 めまい、立ちくらみ、ふらつきは前立腺肥大症に使用される薬に共通する副作用 次に、前立腺肥大症によく使用される薬の重大な副作用、主な副作用を表にして紹介します。 報告されている副作用一覧 薬品名 重大な副作用 主な副作用 ミニプレス 失神・意識喪失、狭心症 めまい、立ちくらみ バソメット、ハイトラシン 意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、立ちくらみ、貧血 エブランチル 肝機能障害 めまい、立ちくらみ、頭痛、頭重 ハルナールD 失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、胃部不快感 フリバス 失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、立ちくらみ、低血圧、起立性低血圧 ユリーフ 失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、立ちくらみ、起立性低血圧、頭痛、口渇、下痢、射精障害、鼻閉 注意点・禁忌 ・フリバス、ユリーフは服用後約1時間で最高血中濃度に達するため服用初期や増量時には起立性低血圧を起こす可能性があり、低用量より開始していくのがよいとされます。 ・ハルナ? ルDは徐放性製剤であり、血漿中未変化体濃度は服用後約8時間で最高値に達するため、起立性低血圧が起こりにくいとされています。 ・ミニプレス、エブランチル、フリバスは主に肝代謝であり、肝機能障害のある患者には慎重投与となっており、低用量からの開始や必要に応じて減量するなど注意して服用する必要があります。 ・フリバスは肝機能障害のある患者において最高血漿中濃度およびAUCが、それぞれ約2倍、4倍に上昇した報告があります。 ・パソメット、ハイトラシン、ハルナールD、ユリーフは肝代謝および腎排泄それぞれの寄与があるため、腎機能および肝機能障害のある患者には慎重投与となっています。 ・ユリーフは腎機能低下のある患者において最高血漿中濃度およびAUCが、それぞれ3. 1倍、3. 2倍に上昇した報告があります。 ・ユリーフの代謝にはCYP3A4が閨与しており、抗真菌薬などCYP3A4を強カに阻害する薬物とは併用注意です。 併用時には減量などを考慮する必要があります。 ・それぞれの薬に共通する副作用は低血圧(起立性低血庄を含む)による立ちくらみやめまい、ふらつきです。 ・ユリーフでは射精障害の副作用が17. また、ハルナールDも、射精障害の副作用があるとする報告もあります。 ・抗アンドロゲン薬(プロスタール、パーセリン)は前立腺腺腫を縮小させる作用を有しますが、勃起障害、性欲減退などの副作用があること、効果発現まで1? 2カ月を必要とすること、中断すると前立腺の容積は再度増大してしまうことなどに注意が必要です。 また、両剤とも重篤な肝機能障害、肝疾患のある患者には禁忌となっています。 特にプロスタールは、劇症肝炎や肝機能障害、黄疸などで死亡例が報告されており、投与開始後3カ月間は1カ月に1回、それ以降も定期的に肝機能検査を行う必要があります。 薬よりおすすめなのがサプリメント 以上、前立腺肥大症に使用される薬を紹介してきました。 やはり、薬に共通するのが副作用です。 特に病院でもらう前立腺肥大症の薬は困った副作用が気になります。 私がおすすめするのは、病院で薬を貰う前にサプリメントを試すことです。 サプリメントなら副作用や薬の飲み合わせを気にすることなく気軽に飲むことができます。 以下に私も飲んでいるノコギリヤシのサプリメントをご紹介します。

次の

前立腺肥大症の治療と手術のQ&A

前立腺 肥大 症 治療

前立腺肥大症とは 前立腺肥大症とは、男性の膀胱に隣接している 「前立腺」という臓器が大きくなることで前立腺が取り巻いている尿道が細くなってしまい、排尿にかかわるさまざまな症状を引き起こす病気です。 「前立腺肥大」と呼ばれることもあります。 原因 前立腺は生殖器の一部であり、男性ホルモンの影響を受けています。 そのため、男性ホルモンの分泌が衰えてくる40代前半ごろから前立腺が大きくなり始め、加齢とともに症状が進行していくことがわかっています。 しかし、前立腺が肥大する大きさやその形には個人差があり、全ての患者さんで同じように変化していくとは限りません。 このように、前立腺には男性ホルモンが影響していると考えられていますが、原因が完全に解明されているわけではありません。 男性ホルモンの他には、肥満や高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどが関係していることが研究によって明らかになりつつあります。 前立腺肥大症になるとみられる症状は? 前立腺肥大症の症状は、おもに以下の7つです。 残尿感がある(排尿後もスッキリしない)• 排尿の回数が多い(頻尿)• 尿が何度も途切れる• 突然強い尿意が訪れ、尿意を我慢できなくなる• 尿の勢いが弱い• 排尿時にいきむ必要がある• 夜中に何度も排尿のために目が覚める 残尿感や尿が弱いなどの症状は比較的日常生活に支障が出にくいですが、頻尿や突然の強い尿意などは、重篤化すると日常生活に支障をきたす恐れがあります。 1時間に2回以上トイレに行く、短時間であっても尿意が我慢できないことが増えてきたなどの症状があれば、早めに医療機関を受診しましょう。 前立腺肥大症の治療薬にはどんな種類があるの? 前立腺肥大症の症状を改善する治療薬には、以下の5つの薬剤があります。 緊張している前立腺や尿道の筋肉を緩め、排尿をスムーズにする• 前立腺肥大症の症状の多くはこの内服薬で改善することが多い• 前立腺がんの疑いがなく、単なる前立腺肥大症の場合のみ使える• AGA治療薬で知られるフィナステリドと同様の作用を持つため、発毛効果が見られることもある• 尿道や前立腺の平滑筋細胞を弛緩させるため、血流の改善と酸素の供給増加が期待できる• 比較的新しい前立腺肥大症の治療薬• テストステロンやジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンを抑制する• 最近では処方されることが少なくなった• 一般的に症状を和らげるために使う• 植物製剤の抗酸化作用や抗炎症作用が注目されている• しかし、副作用の可能性はゼロではありませんので、これらの症状が現れて体調に異変が起こった場合は早めに主治医に相談しましょう。 治療薬の効果が実感できないときは? 治療薬を服用しても症状が改善しない場合、手術による治療が行われます。 近年では、前立腺肥大症の治療には尿道から内視鏡を挿入して行う 「経尿道的手術」が主流となっています。 経尿道的手術 尿道・膀胱専用の内視鏡をペニスの先から挿入し、前立腺のある部分を尿道の中から観察しつつ、尿道側から肥大した部分を徐々に切除して小さくしていく手術 経尿道的手術は、かつて行われていた 開腹手術(下腹部を切開する)と比べ、格段に患者さんの体への負担が少ないことが大きなメリットです。 しかし、前立腺の大きさがあまりに大きく、経尿道的手術では改善が難しいとされる場合は開腹手術の適応となることもあります。 手術直後には出血や炎症による痛みなどが起こる場合がありますが、たいていは週間程度でおさまります。 万が一、こうした症状が長く続く場合は手術を行った部位に感染症などを引き起こしている可能性もありますので、早めに医師に相談しましょう。 また、手術後も定期的に診察を受け、生活習慣などの指導を受ける必要があります。 手術後の生活指導の内容は? 前立腺肥大症の手術を受けた後には日常生活上、注意しなければならないことが多々あります。 まず、前立腺肥大症の手術の中でも経尿道的手術を行った場合は尿道がダメージを受けた状態となり、尿路感染症を起こしやすくなります。 尿路感染症を防ぐためにも十分な水分を摂り、飲酒は控えるようにしましょう。 また、術後一か月ほどの期間は頻回に射精しないよう注意が必要です。 そのほか、前立腺を刺激しないよう激しい運動や長時間のドライブなどは避ける必要もあります。 一方、開腹手術をした後も経尿道的手術を行った場合と同様の点に注意しなければなりません。 さらに、お腹の傷は術後しばらくの間は感染のリスクなどがありますので、発熱や傷口の発赤、長引く痛みがあるときはできるだけ早めに病院に相談するようにしましょう。 また、 お腹の傷口が安定するまでは重たいものを持つなどお腹に負担になるような動作は避けることも大切です。 おわりに:前立腺肥大症の治療には筋肉を緩めるタイプの治療薬が使われる 前立腺肥大症の治療には、筋肉を緩めて圧迫されている尿道を広げ、排尿をスムーズにするための治療薬が使われることが多いです。 また、前立腺は男性ホルモンの影響を強く受ける器官であると考えられるため、男性ホルモンを抑える薬が使われることもありましたが、近年ではあまり使われなくなりました。 また、治療薬で十分な効果が得られなかった場合は手術で治療することもあり、体への負担が少ない経尿道的手術を行います。

次の