アルカリ性 の 食べ物。 アルカリ性の飲み物って?効能と注意点について説明します。

酸性食品とアルカリ性食品|栄養部の活動報告ブログ 栄養ニュース

アルカリ性 の 食べ物

食品の酸性、アルカリ性とはどのように測定しているのでしょうか。 食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む水溶液のpHを測定します。 私達の体内では、酸化反応によりエネルギーを作り出しているため、 食品を燃やすこと(燃焼は酸化反応の一種)により、からだで起こっている反応を疑似的に作り、 体内に蓄積される「燃え残り」を推定できるという仮説から、 このような方法で 酸性、アルカリ性を判定しています。 主に 『酸性』を示すミネラルは、塩素、リン、硫黄など、 『アルカリ性』を示すミネラルは、 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど。 酸性食品、アルカリ性食品の特徴 測定の結果、一般的には以下のように分類されます。 そのため、アルカリ性食品に含まれるものが、生活習慣病の改善に良いと言われています。 ただ、酸性食品ばかり、またはアルカリ性食品ばかりを摂ったとしても、 からだのpH値がどちらかに傾くことはまずあり得ません。 人の血液のpHは約7. 35~7. 45であり、若干のアルカリ性を示しています。 体内では、pH調節のための絶妙な生理機能が働いているため、 重い病気になったり、 激しい運動をした場合を除き、 大きく変わることはありません。 しかし、血液や体内のpHは不足したミネラルを補充したり、 尿から余分なミネラルを 排出することで保たれているため、 骨や尿は摂取する食品の影響を受けると考えられます。 酸性食品を多く摂りすぎると体内のpH値が酸に傾くため、それを中和するために、 骨に含まれるアルカリ成分が使われます。 結果的に骨が弱くなったり、 尿が酸性に傾いたりすることから、 結石や通風発作に影響があると言われています。 酸性食品、アルカリ性食品のどちらに分類されているものも、からだには 大切な食品です。 食品にはすべて一長一短があり、 すべてが揃っている食品も、すべてが 揃っていない食品もありません。 いろいろな食品を摂ることでパワーを発揮します。 何かに偏った食事ではなく、酸性、アルカリ性どちらの食品も適量をバランス良く摂り、 健康なからだづくりに取り組みましょう。

次の

酸性食品とアルカリ性食品

アルカリ性 の 食べ物

虫歯になりにくい食べ物は存在するのか? まず、大原則ですが、「これさえ食べれば絶対に虫歯ができない魔法の食べ物」は存在しません。 しかし 、「虫歯になる確率を下げる食べ物」はたしかに存在しています。 この章では、口・歯の健康を守ってくれる食べ物について解説することにしましょう。 1-1 アルカリ性食品~口腔内が酸性になるのを防ぐ! 「虫歯になりにくい食べ物」の代表格は、「アルカリ性食品」です。 虫歯の原因は、「虫歯菌が糖類を乳酸に変えて、口腔内が酸性になること」にあります。 酸の力でエナメル質が溶かされて、虫歯になっていくわけです。 ということは、 「口腔内が酸性になった状態」を解消すれば、虫歯を予防できるはずです。 そこで、アルカリ性の食品を摂取して、口腔内を中和する…という発想がでてきます。 ちなみに、「中和」とは「酸性とアルカリ性が打ち消しあって中性になること」です。 主なアルカリ性食品 海藻類・大豆製品・野菜類 1-2 清掃性食品~歯をキレイにしてくれる食べ物! 「清掃性食品」もまた、「虫歯にならない食べ物」の1つです。 食物繊維を含んだ食べ物は、噛んだときに歯の表面をきれいにしてくれます。 また、唾液は口の中をキレイに保ち、虫歯を予防する働きを持っています。 この唾液を増やしてくれる「酸味の強い食品」も、清掃性食品に分類されます。 主な清掃性食品 ゴボウ・セロリ・インゲン・豆類・酸味の強い食品 1-3 キシリトール~虫歯の原因にならない甘味料! 虫歯菌は糖類を酸に変える働きを持っています。 砂糖を含んだお菓子が虫歯の原因になるのは、「酸の材料になってしまうこと」が理由です。 しかし、キシリトールは(ゼロではないものの)ほとんど酸に変わりません。 つまり、 虫歯菌に利用されにくい甘味料といえます。 また、キシリトールガムを噛むことで唾液の分泌量が増え、唾液の働きによる歯の再石灰化(エナメル質の再生)が促進される…というメリットもあります。 ただし、一般に言われている「キシリトールそのものが再石灰化を促す」という説に医学的根拠はありません。 あくまでも、「ガムを噛むことで唾液が増え、唾液の働きが強まること」が再石灰化の理由です。 通常の緑茶のカテキン濃度でそれほど画期的な作用があるとはいえませんが、わずかな抑制作用は期待しても良いでしょう。 また 、ウーロン茶に含まれるポリフェノール類には、虫歯菌が作り出す酵素の働きを抑える作用があります。 こちらもわずかな効果ではありますが、虫歯菌の働きを多少なりと抑えられるのであれば、摂取する価値はあると思います。 いずれも即効性があるほどの作用ではありませんが、砂糖の入った炭酸飲料・ジュースを飲むのに比べたら、「歯に少しプラスの作用がある」というだけでも大きなアドバンテージといえます。 ぜひ、食事中の飲み物として、緑茶・ウーロン茶を取り入れてみましょう。 主なポリフェノール含有飲料 緑茶・ウーロン茶 2. 食べ物だけでなく「食べ方」に注目!虫歯にならない食習慣 「虫歯になりにくい食べ物」を選ぶことも大切ですが、それ以上に大事なのが「虫歯になりにくい食べ方」です。 食習慣を見直す上では「いつ、どのように食べるか」という観点も見過ごすことはできません。 2-1 だらだらと食べ続ける習慣はNG! 基本的に、 食事をすれば虫歯菌の働きも活発になります。 酸の材料となる「糖類」が口の中に入ってくるからです。 ごはん・パンなどの炭水化物は糖質ですから、「甘いものを食べていない」というのは関係ありません。 つまり、 食後は「虫歯菌によって口の中が酸性になり、エナメル質が溶けだす状況」になるわけです。 このようにエナメル質が溶けだす現象を「脱灰(だっかい)」といいます。 しかし、これだけで虫歯になるわけではありません。 唾液が分泌されることで口の中が中性に戻るからです。 このとき、エナメル質から溶けだした成分は、無事にエナメル質へと戻っていきます。 簡単に言えば、 歯の表面が再生するわけです。 この再生する現象を「再石灰化」と呼んでいます。 問題は、「唾液の働きで再石灰化するのは、食事をやめてしばらく経ってから」という事実です。 食後の脱灰を修復するためには「何も食べていない時間」が必要になります。 だから、一日中だらだらとお菓子を食べ続けていたり、再石灰化する時間も空けずにおやつを口にしたりすれば、歯の修復は不十分になります。 結果、脱灰ばかりが進んで、虫歯ができてしまうわけです。 虫歯にならない食生活を考える上で大切なのは、「食事の時間を決め、だらだらと食べ続けることはしない」ことです。 目安として、食事と間食の間に最低90分は設けるようにしてください。 もちろん、90分より長くできるなら、そのほうがベターです。 2-2 就寝前にはものを食べないようにする! 睡眠中、人は唾液の分泌量が少なくなります。 つまり、 「寝ている間は虫歯菌の働きが活発になり、歯の修復する働きは低下する」ということです。 その時間帯に「虫歯菌に糖類を与える」というのは、どう考えてもマイナスになるでしょう。 最低でも、 寝る前の30分間は食べ物を摂取しないようにしてください。 可能なら、最後の食事から90~120分ほど時間を空けることです。 もちろん、 寝る前に歯を磨くことも忘れてはいけません。 まとめ 虫歯は本当の意味で治ることがありません。 削って詰め物をするだけで、歯そのものが治るわけではないからです。 一番良いのは、虫歯にならないよう予防することです。 こちらで紹介した 「虫歯になりにくい食べ物」「虫歯になりにくい食習慣」を上手に取り入れて、「虫歯ゼロ」を目指しましょう。

次の

梅干しはアルカリ性食品!アルカリ性食品の効果をご紹介!

アルカリ性 の 食べ物

最近、食べ物の陰陽について勉強をしたり、 食品衛生管理責任者の資格を取得したこともあって、 すごく気になり、 意外に高かった(ペラ1枚で$10)ですが衝動買いしました。 酸性・中性・アルカリ性とは? 酸性やアルカリ性というのは、物質を水に溶かした液(水溶液)の性質で、 レモン水のように酸っぱいものは酸性、 アク(灰汁)など苦い味はアルカリ性になります。 この度合いを表すのに、 pH (ピーエイチ、ピーエッチ、ペーハー)という数値があります。 水素イオン指数とも呼ばれ、 水素イオンの濃度を表す物理量です。 9 酸性 pH3. 9 弱酸性 pH6. 0 中性 pH8. 9 弱アルカリ性 pH11. 私には結構なじみのある水で 日本で働いていた時に、その水を料理で使っていました。 水道水を、特殊な機械に通してアルカリイオン水にするのですが、 当時はあまり気にもとめず、 「水もちゃんとこだわっているな」 くらいにしか思っていませんでしたが、 よくよく調べると、 「結構スゴイことしていたんだ」と感心しました。 主に記憶に残っているのが、 日本料理で重要な、昆布とカツオだしを作る時や、 ご飯を焚く時にいつも水素水を使っていました。 水素水はうまみや持ち味を引き出してくれるのです。 そういう面で、他のレストランと差別化ができていたのだと思います。 水素水を使うだけで、病気が治った、便通が良くなったなど、 さまざまな効能が出ています。 つまり、水素水を使っている料理を食べた後は、 「なんか身体の調子が良い」など、 料理のおいしさにプラスして、その後の体調も改善されます。 やはり高い値段を取っている店は、それなりの理由があるんだと再確認しました。 これは水に関してですが、 食べ物にも酸性・中性・アルカリ性が存在します。 一般的に、 アルカリ性食品が身体によく、酸性食品は身体に悪いと言われます。 もともと体内では、 新陳代謝のプロセスにおいて 必ず酸が作られます。 それがアルカリ性食品によるものであれば、 二酸化炭素として肺から自然に排泄されますが、 酸性食品でつくられた酸であれば、 アルカリ性のミネラル(骨のカルシウム)を奪ってしまいます。 アルカリ性食品には、自然な食品が多く、 酸性食品には加工された食品が多いです。 このチャート表を見ると 「あ~なるほど」と感じると思います。 海外版なので、日本特有の食材はあまり載っていないですが、 以下に、ここには何が書いてあるのか 解説していきたいと思います。 酸性アルカリ性 pH チャート表 アルカリ性の12のルール・素晴らしい効果・効能 1:ストレスが無くなる&笑顔が増える 2:典型的なアルカリ性ダイエットは70%のアルカリ性食品、30%の酸性食品が適正。 3:高いタンパク質食品と炭水化物、砂糖、でんぷん質を一緒に食事を取り入れると酸性になる。 過剰摂取もよくない。 4:生の野菜や果物は調理したものよりアルカリ性になる。 低い温度での短時間調理、または炒める、短時間蒸しものも同じく調理したものよりアルカリ性。 5:自然食の食べ物であるミネラル塩は、身体をアルカリ性にする。 6:自然の海水塩かヒマラヤ岩塩を食事に含ませると良い。 7:ミネラルウォーター、スプリングウォーターはアルカリ性。 9:新鮮な絞ったレモンジュースを一杯の水に入れると、アルカリ化と消化器官を助ける 10:炭酸ドリンクは、身体を酸性にする場合が多い、コーヒー、お茶、調理された食品とかも同じ。 11:深い呼吸は身体がアルカリになります。 ヨガやメディテーションも同じ効果があります。 12:規則的な夜の睡眠はストレスを軽減させ、アルカリ性にを促進させます。 酸性の食品は、あきらかに身体に悪そうなものが多いですね。 以上が食品の酸性・中性・アルカリ性になります。 157• 115• 15 アーカイブ•

次の