バニラ。 焦点:銀より高いバニラ、業界揺るがす価格高騰の「裏事情」

バニラ (ソフトウェア)

バニラ

ラン科のつる性草本。 は 1cmあまりの円柱形で他のなどにからみついてはい上がり,生長後は根を欠いてものみで生活をする。 葉は互生し,茎を抱くやや短い柄があり,長楕円形で先はとがり,多肉,無毛で鮮緑色を呈する。 葉に対生して白色紐状の気根が生じる。 の葉腋から総状花序を出し,多数の大きな黄緑色の花をつける。 は円柱形で初めは緑色で,のちに濃褐色となり,多数の黒い種子を生じる。 これを成熟前に乾燥したものをバニラ果といい,発酵させたものをとして用いる。 ほかににも利用されている。 ,中央アメリカであるが,,に広く栽培され,特に海岸や島など高温多湿のところによくできる。 現在は中央アメリカと西インド諸島,,などが主産地となっている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ラン科(APG分類:ラン科)の常緑藤本 とうほん (つる植物)。 原産地は南東メキシコから中南米の熱帯地方。 つる茎の各葉の付け根から気根を出し、他の木などをよじ登り、養水分を吸って十余メートルにも伸びる。 葉は肉厚、楕円 だえん 形で互生し、花は茎の先端部近くの葉腋 ようえき に総状花序をなしてつく。 花冠は黄白色、長さ約4センチメートル、ラン特有の形であるが半開きで全開はしない。 果実は円柱形で三稜 りょう があり、長さ20~30センチメートル、径約1センチメートル。 花期後4か月で完熟し、黒褐色になる。 内部は褐色の粘液に包まれた微小な種子が多く入っている。 高温・多湿を要する熱帯植物で、世界の熱帯で栽培される。 主産地はマダガスカル島、コスタリカ、西インド諸島、インドネシア地域、オセアニアの島々などであり、19世紀から栽培が始められた。 繁殖は、つる茎を短く切って挿苗をつくる。 定植後3年ほどから結実を始め、以後1株から毎年数十個の果実が得られる。 原産地以外では媒介昆虫がいないので、人工受粉が必要である。 果実は完熟しないうちに採取して、やや乾かしてから、過乾を避けてゆっくり発酵させる。 果実はしなやかなチョコレート色になり、特有の高貴で強い甘い香り、いわゆるバニラ香を発する。 これは、果実に含まれるバニリン配糖体が、細胞中の酵素エムルシンによって分解され、バニラ香をもつバニリンが単離生成されるためである。 [星川清親] 食品果実(バニラビーンズ)を未熟なうちに収穫、発酵させ、甘い芳香を出させて抽出した液をアルコールで薄めたものがバニラエッセンスとして市販されている。 アイスクリーム、プディング、クッキー、ケーキ、キャンディ、ババロア、クリーム、菓子類やソフトドリンクの香味づけに、またたばこのフレーバーづけにも用いられる。 発酵させたあとのバニラビーンズは、粉末にして洋菓子類の香味づけに用いられ、またこれを砂糖と混ぜたバニラシュガーはスウィートチョコレート作りに欠かせない。 コロンブスのアメリカ大陸発見によってヨーロッパにもたらされたが、現在の主産地はインドネシアとマダガスカル島で、世界の生産高の65%以上を占めている。 [齋藤 浩].

次の

バニラとは何? Weblio辞書

バニラ

バニラとは、、まれにまたはなどで、改変・改修・カスタマイズなどが一切行われていない、提供された状態のまま(原型を留めたままの状態)を指す。 バニラという表現は、業界でもとして標準的に企業や個人で広く利用されている。 語源は、の標準的な風味である味からきている。 のによると、バニラは "default" ()よりは "ordinary" (普通の・平凡な)の意に近いとしている。 バニラの使用例 [ ]• 最も古い利用例の1つに、ののテキスト出版システムである "" において、出版する書籍を指定する際のデフォルト設定を「バニラ」、好みに沿った出力設定を「」と呼んでいた。 バニラという表現はまれにハードウェア部品でも使われる。 例えば、1990年代のアップグレードされていない()を(プレーンの)バニラと呼んでおり 、後に周辺のPC部品にも同様に使われるようになった。 に基づくでの「バニラ・カーネル」とは、第三者による修正・変更のないカーネルを指す。 例えば、のバニラはしばしば大きく改造され、ごとに「風味」が違うものが存在する。 におけるバニラは、主にオリジナル版のゲームでによる、・、 DLC やが適用されていないものを指す。 また、オリジナルのにおいてもソースポート、またはにも同じことが言える。 例えば、 "" についてはオリジナルのゲームだけでなく拡張パックでもバニラと呼び、それによりオリジナルのバニラとユーザーによる後続のバージョンと区別するために使われる。 Charles Winborneは、彼の書籍 " End of Ignorance" において「添付ファイルへのリンクのみの、ただのテキスト・ファイル」を「プレーン・バニラ・ウェブページ」と呼んでいる。 脚注 [ ]• techtarget. com 2005年9月. 2013年11月17日閲覧。 Hilden, Katri; Robinson, Tim; Currie, Lee; Hutchinson, Emma 2006. Murdoch Books. 2013年4月4日閲覧. " Vanilla has become a synonymous with 'plain'- perhaps most vanilla ice cream is flavoured with fake vanilla extract"• "[from the default flavor of ice cream in the U. ] Ordinary flavor, standard. " from the• Gary Richtmeyer 2002年5月1日. 2013年10月16日閲覧。 cs and BookMaster's "vanilla" DVCF macros. CONFIG and. WHEN are supported, but not BookMaster's "mocha" DVCF macros e. USING,. INCLUDE. at the archived 2014年12月14日• from Compute's Getting Started with Power Computing Buyers Guide by Steven Anzovin• lkml. indiana. edu 2005年10月10日. 2013年11月17日閲覧。 ubuntuforums. org 2009年10月. 2013年11月17日閲覧。 Winborne, Charles 2003. この項目は、に関連した です。

次の

バニラビーンズ・バニラエッセンス・バニラオイルの違い

バニラ

概説 [ ] 原産地は、といわれている。 現在の主たる地は東南沖の、(、、、)、のなど。 国内でも栽培されている(後述)。 蔓()は樹木やその他のものに絡んで成長していく。 長いときはを超える。 は香料の原料となるが、収穫した豆(種子鞘)には香りはない。 ここから・を繰り返すキュアリングを行う事によって初めて独特の甘い香りがするようになる。 鞘の中には非常に微細なの種子が無数に含まれている。 キュアリングを経た種子鞘が「バニラ・ビーンズ」として、またその成分を抽出し溶剤に溶かしこんだバニラ・エッセンスやバニラ・オイルが、をはじめ、全般の様々なものに利用されている。 日本国内でもとして苗が流通することがあり、植物の入手自体はそれほど難しくない。 しかし栽培には冬期に高い温度を必要とすることと、大きな株にならなければ開花しないこともあり、個人栽培で開花・結実させるのは難しい。 バニラのの寿命は短く、普通は1日しか開花していない。 バニラの花はである :87。 原産地の中央アメリカでは などの () がを運ぶ :87。 自然界において単位の率は1%程度である :87。 受粉した花は約6週間で長さ30cmほどの長細い果実になる。 栽培(生産) [ ] バニラの生産順位 (2008年、単位は100万トン) 4. 1 3. 1 1. 4 0. 6 0. 2 0. 2 全世界 9. 8 バニラの栽培地域 自然界においてはハリナシバチ以外のポリネーターがバニラを受粉させることはないと考えられている :87。 そのため、バニラの苗を原産地から持ち出して他の地域で育成する試みが18世紀から19世紀半ばにかけて何度も繰り返されたが、いずれの試みにおいても原産地以外の地域ではバニラを結実させることができなかった :88 :PT161。 ところが、1841年にの12歳の奴隷の少年、がの方法を考案し、それをレユニオン中の農園に広めたことにより状況は一変した :88 :PT161。 レユニオンとマダガスカルはバニラ・ビーンズの一大産地になった :PT161(両島はで近接する領であった)。 なお、アルビウスの考案以前の1836年に、の植物学者もバニラの受粉がどのように行われるかを論じ、人工授粉法について示唆的な言及をしている :88。 メキシコか、中央アメリカ原産であるが、現在はマダガスカルを中心に各地で栽培されている。 2008年の全世界生産量980万トンのうち、インドネシア、マダガスカル、の3カ国で9割弱を占める。 次いで、メキシコ、、である。 日本では等で商業用にバニラが栽培されている。 このほか気候が冷涼なでも、が試験栽培に取り組んでいる。 のでも栽培されているが、海外の生産国に比べて多湿な気候であるため、不快なにおいや酸っぱさを防ぐためハウス内で温度・湿度を管理する必要がある。 歴史 [ ] バニラは、以前の中央アメリカでや飲料の香り付けに用いられていた香味料であり、の征服者によってへと持ち帰られた。 古代メキシコ以来、19世紀中頃にフランス人の栽培者が、彼らの知っていた花の人工受粉の方法の知識と、トトナコ族のバニラ・ビーンズの製法の知識を交換するまで、トトナコ族の人々が最良のバニラの生産者とされていた。 以降、取引価格は健康志向の高まりから天然原料への需要が伸びたこと、産地のマダガスカルがやによる爆発的な被害を受けたことから上昇を続け、には一時的に2015年の7倍近くとなる1kg635ドルにまで高騰。 に次ぐよりも高い香料となった。 栽培、花、種などの写真• 乾燥されたバニラの果実 バニラ・ビーンズ、 バニラ・エッセンス、 バニラ・オイルの三種類がある。 バニラ・ビーンズは、名称的には「バニラの種子」ではあるが、実際には種子を含んだ種子ごと・を繰り返す「キュアリング」を行うことによって初めて香料となり、通常「バニラ・ビーンズ」と言えばキュアリングを経たものを指している。 原料として主に使用されるのはバニラ Vanilla planifolia の種子鞘で、この他に品質は少し劣るものの、同じバニラ属であるニシインドバニラ V. pompona も原料として利用される。 バニラ・エッセンス、バニラ・オイルは成分をしてにとかしたものであるが、バニラ・ビーンズ(vanilla pod、バニラの)は非常に高価(一本数百円)なため、人工的に合成された成分(人工香料)を大なり小なり溶かしたものが多い。 人工香料を使わず、酒類にバニラ・ビーンズを直接漬け込み作られたバニラ・エッセンスは特に と呼ばれ区別される。 成分 [ ] の構造式 天然のバニラは数百種類のから成る非常に複雑なであるが、バニラ特有の風味やの元となる化合物は主にである(詳細についてはバニリンの記事を参照)。 バニラ・ビーンズは非常に高価なため、その香り主成分の合成には長い間興味が持たれていた。 最初の工業的合成は、より簡単に得られる天然物のを出発物質としていた。 これをへとさせ、次にすることによりバニリンが得られる。 現在では、によるの合成を含む工程や、紙工業の副生物として得られる木材の構成成分、の発酵によって作られている。 リグニンを原料とする人工バニラの香りは、バニラエクストラクトよりも豊かな香りを持つとされる。 溶剤としてバニラエッセンスは主にやを、バニラオイルはを用いている。 用途 [ ] 一番よく利用されるのはである。 単に「アイスクリーム」という場合はバニラアイスクリームのことを指すことがほとんどである。 などのの香りつけにも利用される。 また、、などにも入れられる。 オイルもエッセンスも非常に香りが強く、特にオイルは数滴で十分な香りを放つため使用分量には注意が必要である。 バニラエッセンスは開封後も長期間の匂いを保つが、は概ね未開封で一年である。 加熱によって香りが揮発しやすいため、焼き菓子など高温で加熱するものにはバニラオイルのほうが適している。 主な使用例 [ ]• - その他様々な洋菓子の香り付けに使用。 その他 [ ] 比喩表現 [ ] バニラがアイスクリームの最も代表的かつ飾り気の少ないフレーバーとして用いられることから、における形容詞"vanilla"は「普通の」「つまらない」「凡庸な」の意で用いられる。 コンピュータゲームやにおいては、アップグレードしていない状態、あるいは「(モッド, modification)や、追加コンテンツを適用していない素の状態」の意となった。 音楽アルバムやシングルにて本来の構成に含まれない追加曲 ボーナス・トラック がない状態や、において、特殊な能力を持たないカードの呼称にも使われている。 Eric Odoux, Michel Grisoni. CRC Press. 2010. 420. 173-174. では Melipona beecheiiを「ロイヤル・レディー・ビー」と紹介している。 2018年6月18日閲覧。 Vanilla planifolia. 2018年6月18日閲覧。 FAO. 2011年8月10日閲覧。 Bee World 86 2. Penguin UK. Lapham's Quarterly. 2018年6月17日閲覧。 2018年3月11日閲覧• 沖縄産バニラビーンズ登場/挫折乗り越え香り良く 販売まで「成功させたい」『』2020年1月31日(16面)• 2019年6月7日. 2019年6月8日閲覧。 Hilden, Katri; Robinson, Tim; Currie, Lee; Hutchinson, Emma 2006. Murdoch Books. 2013年4月4日閲覧. " Vanilla has become a synonymous with 'plain'- perhaps most vanilla ice cream is flavoured with fake vanilla extract"• 2018年9月11日閲覧。 techtarget. com 2005年9月. 2013年11月17日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - サイト内のバニラの記事• - 東北大植物進化学サイト内• - ドーバー洋酒貿易サイト内の記事.

次の