ポケモンxy バンギラス 育成論。 【ポケモンGO】バンギラスのおすすめ技と最大CP&弱点

[B!] メガバンギラス : 【対:対面構築】舞わないメガバンギラス|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ポケモンxy バンギラス 育成論

努力値は育成論投稿サイトや対戦考察wikiにもあるように電磁波ステロをするだけならCS襷やHDオボン、残飯などが一般的。 技は努力値と関連して目的に応じて選択するべきです。 電磁波ステロバンギは起点にされやすいのでそれを回避するための吠えるや挑発など。 特に素早さを挙げる場合は挑発が刺さる範囲が増えます。 また、起点にしてくるハッサムやガブリアスへの大文字冷凍、電磁波ステロ以外に役割を持たせるならその遂行技など。 最終的にはパーティーや対戦環境の流行に対して必要なものを選択。 あと、その回答が誤ったものであるなら批判されるべきだと思いますが。 質問者が誤った回答をそのまま鵜呑みにしたり、また、批判されなければその回答者はその後も誤った知識で回答を行っていくことにもなりかねません。 他人の解答を批判することは、このような事態を避けることにも繋がります。 また、それは質問者にとっても、他の閲覧者にとってもなぜダメでなぜ良いのかが分かるので、それによって知識を深めることができるわけです。 まあ今回の質問においてのrootexyz氏のpoketouitu氏への追記はただ腕白HBにする理由を聞いているだけであり批判と呼ぶべきものではないと思いますが、その理由を追記させることは質問者にとっても有意義だと思います。 少しはご自分でお考え下さい。 追記 腕白HBになんてする理由がわからないのですが。 補足 まあこれはこれで問題なんですがその質問は釣りですよ。 BWになったばかりで環境が定まっておらず、ラッキーやウルガの強さが認知されて居ないなかでどんな回答が出来る人がいるかという。 ですから自分で考えろと回答されるのは自分でも妥当な回答だと判断しますよ。 釣りに関しては今は申し訳ないと思っています、流石に4年も前のものなんて持ち出されると思いませんでしたが。 駄目な理由があるからではなく、理由がないから駄目なんですよ。 HBが絶対にあり得ないと言いきるつもりはありませんが、少くとも一般的に弱いと言われてるなら理由をつけるべきですし、理由がつけれないなら挙げるべきではないです。 あと発言こそ柔らかくしたつもりですが批判と受け取って貰って構いません。 追記2 これわざわざ突っ込まなきゃ駄目ですかね? 馬鹿力耐えるとかダメージ計算できないとか仰られてる時点で指摘しなくてもわかりますよね?.

次の

バンギラス育成論

ポケモンxy バンギラス 育成論

オノノクス育成論です。 (2013. 4月追記) オノノクスは600族の竜と比べると、素早さ的にも、耐久的にも、一歩劣る感はあります。 なので、オノノクスを使う以上、 他の竜にはできないことをやらせていきたいです。 他の竜にはできないこと、それは超火力でのごり押し(笑) ラティとかガブ・カイリューなどのポケモンは耐久調整の目安にされることが多く、耐えられることが多々あります。 そこでオノノクスの超火力を活かし、 その調整を打ち崩す!をやります。 オノノクスの鉢巻逆鱗は一般的な耐久ポケモンでは誰も受けられません。 防御特化の 輝石ポリゴン2やクレセリア、スイクンが確定2発。 ロトムを鉢巻逆鱗(または地震)で一発で倒すことができ、 ハッサムを鉢巻逆鱗で確定2にできることも大きな利点です。 またBW2で馬鹿力を取得したことにより、これまで苦手としていた ナットレイも一撃で落とせるようになりました。 そして、忘れてはならないのが 特性:かたやぶり これのお陰で カイリューに対しタイマンでは圧倒的に有利です。 これは他の竜にはない利点です。 (鉢巻なら型破りがなくてもマルスケ貫通で落とせますけどね) また「浮遊」によって地震の一貫性を消しているパーティに対して、地震が一貫して刺さるようにもなりますね。 (特性「闘争心」は安定性に欠けるので基本は「型破り」で。 ) 自分より遅いポケモンに対して凄まじい性能を誇り、後続で受けるのを困難にさせます。 ガブリアスやカイリューを一歩抜きん出る火力を活かすためにいじっぱりA全振りで、 陽気最速カイリューとのタイマンで確実に勝つためにSも全振り。 H157B140のウォッシュロトムを逆鱗で確定1。 壁を貼る隙すら与えません。 ボルトロスをダブルチョップで確定1。 少し耐久調整されていてもほぼ確定1です。 めざ氷は耐えるので、ウォッシュロトムやボルトロスとの対峙に関してはガブよりも優れていると言えます。 (まあ電磁波受けますけど) 逆鱗でHBスイクンが確定2になる火力。 (最近のスイクンはHSも多いですがガブの逆鱗耐えなどでBに少し割くためS147程度で止め最速まで振っていないケースが多いです=準速オノノクスで抜けます) ノイクンに対しては、ダブルチョップで みがわりを確定で破壊しつつ本体にダメージを与えます。 サンダーはよほどB特化していない限り、逆鱗で確定1。 H197B111(陽気鉢巻ガブの逆鱗耐え調整) サンダーを確定1。 最初にも言いましたが、 HB輝石ポリゴン2とクレセリアが確定2。 冷凍ビームを耐えるHPが残っていればタイマンから勝てますし後出しを許しません。 ポイヒ キノガッサ(テンプレのH155B101)はダブルチョップで76. 不安なら逆鱗で処理。 タスキテクニガッサはもちろんダブルチョップ確定で倒せます。 ちなみに ダブルチョップで無振りのタスキユキノオーが78. ユキノオーとタイマンからやりあうのは安定はしませんが、いざってときに落とせる可能性があるのは大きいですね。 格闘技はナットレイ・バンギラス・ヒードランあたり意識で入れました。 かわらわりでH181B162ナットレイが食べ残し+宿木込みで確定2。 かわらわりでH252バンギラスが確定1。 (地震だと中乱数) かわらわりでH191ふうせんヒードラン確定2。 BW2環境ではばかぢからを選択してください。 壁対策以外でかわらわりは不要になりました。 鉢巻ばかぢからで、ナットレイのテンプレであるH181B162(テラキオンのインファ耐え) ナットレイがちょうど確定1発になります。 馬鹿力習得によりナットレイを簡単に突破できるようになったのは大きいです。 確定1発なので電磁波などを食らう心配もありません。 ヒードランももちろん確定1発なので、 クレセドランの組み合わせに対しても強気で出していけます。 ガブではバンギラスに冷ビで返り討ちに遭うことも多々ありますが、オノノクスなら冷凍ビームを耐えられるのも利点ですね。 まあ何にせよ、鉢巻オノノクスを使う最大の利点はロトムを確1にできる点と、鋼枠がハッサムのパーティに対して、思考停止で逆鱗を打ち込めることですね。 (大げさに言えばの話ですけど) クレセやポリ2にも基本的には有利です。 ただ鉢巻だとバレた段階で逆鱗で混乱するまで再生回復で粘られたりすると負ける可能性は出てきますが、少なくとも後出しは許しません。 HBポリ2に馬鹿力が65. 舞う隙を作る必要がないので比較的パーティに組み込みやすいのですが、天敵である ガブリアス・ラティオスには要警戒です。 カイリューに対してもタイマンでは有利としつこく言っていますが、竜舞を許した瞬間に立場が逆転してしまうため、立ち回りに気を付けなければいけません。 「おいかぜ」などのサポートがあると更に動きやすくなります。 相性補完としては、苦手な高速竜や氷タイプに強いポケモンが欲しいです。 例えば ふうせんorシュカ持ちメタグロスやドータクンがなかなか良いです。 ガブ・ラティ・ユキノオー・マンムーあたりに後出しできます。

次の

バンギラスの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ポケモンxy バンギラス 育成論

バンギラス よろいポケモン ぜんこくNo. 248 マウンテンNo. 104 高さ 2. 0m 重さ• 202. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で『ヨーギラス』から進化• 55で『サナギラス』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 基本 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 基本 ノーマル 変化 - 85 40 相手の『ぼうぎょ』ランクを2段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 10 ノーマル 変化 - 85 40 相手の『ぼうぎょ』ランクを2段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 14 ノーマル 物理 70 100 20 相手の能力ランクの変化に関係なく、ダメージを与える。 19 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 23 ノーマル 変化 - 100 10 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 28 ノーマル 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 41 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 54 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 73 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 82 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 1 あく 変化 - - 15 自分の『こうげき』『命中率』ランクが1段階ずつ上がる。 2 ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 5 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 14 こおり 特殊 110 70 5 相手全体が対象。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 23 いわ 物理 50 100 15 特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 26 じめん 物理 100 100 10 自分以外全員が対象。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 28 じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 67 ノーマル 物理 70 100 5 前のターンに味方のポケモンが倒されていると威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 69 いわ 変化 - - 20 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 73 でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 78 じめん 物理 60 100 20 自分以外全員が対象。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 82 ドラゴン 物理 60 90 10 必ず後攻になる 優先度:-6。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 95 あく 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 3 みず 特殊 90 100 15 自分以外全員が対象。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 4 ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 遺伝 ノーマル 変化 - - 30 急所ランクが2段階上がる『きあいだめ』状態となり、今後自分の技が急所に当たりやすくなる。 遺伝 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 遺伝 ドラゴン 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 遺伝 あく 物理 40 100 20 相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。 遺伝 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 遺伝 ドラゴン 変化 - - 20 自分の『こうげき』『すばやさ』ランクを1段階ずつ上げる。 遺伝 あく 物理 60 100 10 そのターン、相手が既にダメージを受けている時、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS ドラゴン 物理 120 100 10 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる。 ORAS ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS かくとう 物理 120 100 5 攻撃後、自分の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ下がる。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS ノーマル 変化 - - 5 『ゴースト』タイプではない相手は逃げたり、交代できなくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 ORAS でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 ORAS みず 物理 90 90 10 通常攻撃。 ORAS ドラゴン 特殊 85 100 10 通常攻撃。 ORAS あく 物理 95 100 15 自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 9 HS• :教え技 HS• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 Em.

次の