アクアパッツァ オーブン。 ダッチオーブンでアクアパッツァ作り。出汁でパスタも美味しい!

超ハイコスパ! テスコムの低温コンベクションオーブンはシンプルなキッチンを目指す人に最適

アクアパッツァ オーブン

素材をいれたらオーブンで焼くだけのアクアパッツァです。 手間なしなのに、あさりと魚介の旨味たっぷりのご馳走レシピです。 下ごしらえも簡単 あさりを塩抜きしておきます。 ミニトマトを半分にカットし、にんにくは薄くスライス。 なんと下ごしらえは、たったこれだけなんです。 耐熱容器に白身魚の切り身・ミニトマト・あさり・にんにくをバランスよく並べ、白ワイン・塩コショウ・オリーブオイルを回しがけます。 220度に温めたオーブンで20~30分、蓋をして焼き、中まで火が通ったら完成! 今回使用した、 耐熱容器「グリラー」は陶器のダッチオーブンをイメージして作られたもの。 蓋があるので、全体から食材にじっくりと熱が伝わり、おいしい蒸し焼きのオーブン料理がとても簡単に作れるんです。 魚焼きグリルに入りやすいように薄型に作られているので、もう一品欲しい時にも大活躍! 食卓でそのまま主役になれるルックスもポイントですね。 あっという間に魚貝のスープたっぷりの美味しいアクアパッツァができました。 テーブルので蓋を開けたら、その香りと豪華な見た目に食事も盛り上がりそうです。 ぜひ熱々のスープをパンにつけてお召し上がりください。 ここでしか買えない「オリジナルアイテム」や、便利なキッチンツールをお届けします。

次の

【煮込まずオーブンで】魚介のうま味たっぷり「アクアパッツァ」が簡単にできた!

アクアパッツァ オーブン

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

これは真似したい!たけだバーベキューのモテBBQ術~簡単アルミホイルからビア缶チキンまで

アクアパッツァ オーブン

白ワインと水で魚介を煮る、イタリア版「水炊き」です。 魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。 アンチョビや貝類に塩気があるため、最後に塩を加える必要はありません。 4人分/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 鮮魚 カサゴ、真鯛、スズキなど白身魚 1尾 うろこ、えら、内臓、血合を除く あさり 20個 殻をこすり合わせて洗う ムール貝 8個 殻をこすり合わせて洗う にんにく 1片 縦に割って芯を除き、みじん切り アンチョビフィレ 2枚 ドライトマト ミニトマトで代用可 12個 ケーパー 大さじ2 ブラックオリーブ 12個 白ワイン 200cc 水 400cc イタリアンパセリ 適量 粗みじん切り エクストラバージンオイル 50ml タイム 1枝 塩 少々 こしょう 少々• 1 魚に塩と胡椒を振って下味をつける。 大きなフライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、魚の頭が右にくるようにおく。 表面に焼き色をつけ、裏面も同じように焼く。 2 フライパンの端でにんにく、アンチョビフィレを炒める。 アンチョビフィレは加熱させながらヘラでつぶす。 ケーパー、オリーブ、ドライトマトを加える。 3 あさり、ムール貝を入れたら強火にして白ワインを振り入れ、アルコール分を飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。 タイムを加え、アルコール臭がしなくなったら、水を注ぐ。 4 15分ほど煮込む。 この間、魚が焦げつかないようにフライパンを揺ったり、貝類などのうまみを吸わせるようにスープをレードル お玉 で魚に回しかけながら火を入れていく• 5 スープの味がしっかりと感じられ、魚に火が通ったら、レードルとトングを使って皿に移す。 イタリアンパセリをちらし、エクストラヴァージンオイルを回しかけて、完成。 gnavi. 大きなフライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、魚の頭が右にくるようにおく。 表面に焼き色をつけ、裏面も同じように焼く。 STEP2:フライパンの端でにんにく、アンチョビフィレを炒める。 アンチョビフィレは加熱させながらヘラでつぶす。 ケーパー、オリーブ、ドライトマトを加える。 STEP3:あさり、ムール貝を入れたら強火にして白ワインを振り入れ、アルコール分を飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。 タイムを加え、アルコール臭がしなくなったら、水を注ぐ。 STEP4:15分ほど煮込む。 この間、魚が焦げつかないようにフライパンを揺ったり、貝類などのうまみを吸わせるようにスープをレードル お玉 で魚に回しかけながら火を入れていくSTEP5:スープの味がしっかりと感じられ、魚に火が通ったら、レードルとトングを使って皿に移す。 イタリアンパセリをちらし、エクストラヴァージンオイルを回しかけて、完成。 魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。 アンチョビや貝類に塩気があるため、最後に塩を加える必要はありません。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の