生後 3 ヶ月 体重 増え 方。 生後3ヶ月の体重1日あたりの増加量の目安は?成長の特徴はこれ!

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴や育児のポイント!平均体重や睡眠時間は?

生後 3 ヶ月 体重 増え 方

生後3ヵ月までの平均体重の増え方と成長曲線 赤ちゃんは、平均してだいたい 男女ともに2,100~3,700グラムほどで生まれてきます。 そして次のように体重が増えていきます。 <生後1ヵ月頃> 男の子:3,200~5,100グラム 女の子:3,000~4,800グラム <3ヵ月頃> 男の子:4,900~7,900グラム 女の子:4,800~7,300グラム これらのデータは、厚生労働省が10年に一度、全国の乳幼児を対象に発達の調査をしたものです。 そのデータを基に伸長・体重を月齢とともにグラフに表したものを発育曲線(成長曲線)といいます。 子どもの伸長や体重は、この発育曲線を参考にしましょう。 発育曲線は母子手帳にも記載されているので、グラフで見てみると良いでしょう。 また、子どもの身体測定をするたびにグラフに印を打っていくとどのように成長しているのか分かりやすいです。 [参考文献] 厚生労働省/平成22年乳幼児身体発育調査の概況について スポンサーリンク 赤ちゃんの体重の増え方の注意点 先ほど、平均体重と発達曲線について書きましたが、平均の範囲内に収まっていれば良いというわけではありません。 小さく生まれた子も大きく生まれた子も、成長曲線に沿って、だいたい同じように成長しているということが大切です。 範囲内に収まっていても、体重が横ばいで増えてなかったり、減っていたりしていたら、原因を考えて対策をとりましょう。 「体重の増え方」については、次のように考えると良いでしょう。 生後1ヵ月頃: 出生時よりも プラス約1キロ• 生後3ヵ月頃: 出生時の 約2倍 「1日あたりの体重の増え方」は次のとおりです。 生後1ヵ月まで: 40グラム• 生後2~3ヵ月 : 30グラム• 生後4~6ヵ月 : 20グラム• 生後7ヵ月以降: 10グラム またWHOの指針では、 生後6ヶ月までの体重増加は 1週間に100~200グラムを目安としています。 ただ、毎日毎日同じだけ体重が増えるわけではありません。 赤ちゃんの体調や機嫌や排泄の回数によって、一日におっぱいやミルクを飲む量は変わり、体重の増え方もバラバラです。 なので、体重の増え方は1週間や1ヶ月ごとくらいで、長期的に見ると良いでしょう。 スポンサーリンク 哺乳量と授乳回数 まだ母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんは、 飲んだ量が体重に大きく影響してきます。 特に体重の増加が少ない赤ちゃんの場合は、一日にどれくらいの量が必要なのか把握しておくといいでしょう。 ミルクのケースなどには月齢ごとに1回の目安量と回数が書いてありますが、同じ月齢の赤ちゃんでも身体の大きさには個人差があるので、一日の哺乳量も赤ちゃんによって変わってきます。 理想的な哺乳量は? ここでは、赤ちゃんの体重に合った1日の哺乳量を見ていきましょう。 離乳食が始まるまでの赤ちゃんの1日のミルク哺乳量は1kg当たり約100ml~200mlです。 平均では1kg当たり約150mlです。 1回の哺乳量の目安は1kg当たり約20mlです。 (例:4kgの赤ちゃんなら1回80ml、1日で600ml。 7kgなら1回140ml、1日で1,050ml) 引用元: 「1日の哺乳量が、体重1キロあたり約150ml」というのは、多くの産院でも言われていますね。 しかし、母乳を飲ませていると、どれくらい赤ちゃんが飲んでいるのかわからないですよね。 飲んだ母乳の量の計り方は? 飲んだ母乳の量の計り方は、赤ちゃんの体重の増加量でわかります。 授乳する前と後でそれぞれ体重を計り、その差を計算するとそれが飲んだ母乳の量です。 今まで問題なく体重が増えているなら気にする必要はないですが、気になる場合は一度、どれだけ母乳を飲んでいるのか計ってみましょう。 理想的な授乳回数は? 授乳回数は、 だいたい3時間おきで1日7~8回です。 夜にまとまって寝るようになれば、1日7回になります。 ただ、頻繁におっぱいを欲しがる子は1日に12回以上授乳するという場合もあり、個人差があります。 スポンサーリンク 体重が増えない原因は?対策は? では、体重が増えないときはどうしたら良いのでしょうか。 体重が増えない原因は、まずは 「おっぱいやミルクの量が足りない」ということがあげられます。 次のような場合は、哺乳量が足りていないので、1回の量や回数を増やしましょう。 飲み終わっても泣く• 3時間たっていなくても欲しがって泣く• おしっこの量や回数が少ない また母乳では限界があるという方は、 割りきってミルクを足しましょう。 体重がなかなか増えない場合は、欲しがった時にどんどんあげるようにしましょう。 しかし中には、それでもなかなか体重が増えないという赤ちゃんもいます。 おっぱいもよく飲むし機嫌もいいという場合、体重が減少していない限りはそれほど心配しなくても大丈夫です。 また、母乳で育てている場合、最初の 1ヵ月くらいは赤ちゃんがまだおっぱいを飲むのが上手じゃない為に体重増加につながらない可能性もあります。 母乳を上手に飲めるようになってくるのは 2ヵ月目くらいからなので、長い目で見てみましょう。 授乳やミルクを嫌がる、飲んでいるのに体重が増えないまたは減っているという場合は、小児科医や保健師、母乳外来などに相談してみましょう。 体重が増えすぎる原因は?どうすればいい? 体重が著しく増えていくという場合は、 「おっぱいやミルクの飲み過ぎ」が原因かもしれません。 次のような様子が見られる場合は、1回の量を少し減らすか、授乳間隔を少しずつあけるようにしましょう。 授乳後げっぷをしているのによく吐き戻す• 便の回数が多い、お腹がパンパンで苦しそう• 飲んでいるときに口から母乳やミルクが溢れている また、「泣いたら授乳」という風になっていませんか?赤ちゃんが泣く理由は他にあるかもしれません。 おむつをかえたり室温をみたりあやしてあげたりして、それでも泣くようなら授乳しましょう。 体重が平均して 1日に50グラム以上増えているようなら、飲み過ぎを考えましょう。 とはいっても、 生後6ヵ月頃までの赤ちゃんは動き回ったりするわけではないので、 1日50グラム以上体重が増えていてもそれほど心配はいりません。 ハイハイや歩いて動けるようになったら、自然と体重増加にはブレーキがかかります。 体重の増えすぎで気にするのは、母乳やミルクを卒業して食事のみで栄養をとるようになってからで良いでしょう。 さいごに おっぱいやミルクの量は、赤ちゃんの成長に直接繋がってくるので心配になりますよね。 目安も様々な見方がありますが個人差もあります。 一番の目安は赤ちゃんが良く飲んで機嫌もよく元気に過ごしていることですので、あまり神経質になりすぎないように育児をしてくださいね。

次の

生後4ヶ月頃の赤ちゃんの体重増加の目安は?

生後 3 ヶ月 体重 増え 方

単位:kg 男の子 女の子 出生時 2. 10~3. 76 2. 13~3. 67 生後30日 3. 00~5. 17 2. 90~4. 84 ~生後2ヶ月未満 3. 53~5. 96 3. 39~5. 54 ~生後3ヶ月未満 4. 41~7. 18 4. 19~6. 67 ~生後4ヶ月未満 5. 12~8. 07 4. 84~7. 53 ~生後5ヶ月未満 5. 67~8. 72 5. 35~8. 18 ~生後6ヶ月未満 6. 10~9. 20 5. 74~8. 67 ~生後7ヶ月未満 6. 44~9. 57 6. 06~9. 05 ~生後8ヶ月未満 6. 73~9. 87 6. 32~9. 37 ~生後9ヶ月未満 6. 96~10. 14 6. 53~9. 63 ~生後10ヶ月未満 7. 16~10. 37 6. 71~9. 85 ~生後11ヶ月未満 7. 34~10. 59 6. 86~10. 06 ~生後12ヶ月未満 7. 51~10. 82 7. 02~10. 27 すでにお伝えしたように、赤ちゃんの発育には様々な要素が絡み、成長の度合いやペースには個人差があるものです。 体重の記録を線で結んだとき、描く曲線もみな同じわけではないのです。 赤ちゃんの発育には、大きく分けて以下の3タイプがあります。 一般的な発育タイプ。 立ち上がり型や追いつき型の成長ペースが切り替わる(横ばいになる・追いついていく)タイミングとしては、離乳食の開始があります。 母乳やミルクの飲みはあまりよくなく、体重があまり増えなかったという赤ちゃんでも、離乳食はもりもり食べて体重がグーンと増える、ということもあるのです。

次の

【助産師監修】生後3ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、睡眠時間はどのくらい?│AMOMA

生後 3 ヶ月 体重 増え 方

com 大体目安は、1キロ前後です。 1,000グラムから1,500グラムの体重なら順調に育っている証拠ですね。 この時期には、あまりダイエットなどを気にせず、必要な体格を作るために餌はキチンと規定通り与えてください。 体重の測り方は、家庭用のキッチンメーターが便利です。 安い電子秤で良いので、適当な箱を用意し、秤に乗せてメモリをいったんゼロにして子猫を入れて測ってみましょう。 体重が平均体重程増えない場合、原因は自分で考えず動物病院などで相談してくださいね。 餌を食べてくれないときは? 子猫の育て方で一番苦労しがちなのは、離乳期からしばらくして急に餌を食べなくなることではないでしょうか?元々猫自体は一度にまとめて餌を食べてくれる方が稀で、絶食も一度抜いたくらいではあまり問題にはなりません。 体重を計測し、平均体重以下なら以下のようなことが無いか思い浮かべてください。 ・餌の匂いが落ちていないか? ・缶詰やお刺身などを与えたことはないか? ・飼い主さんが食べているそばで、子猫に餌を与えてないか? 生後3ヶ月の子猫だけではなく、これらのような育て方は、猫にとっては悪影響です。 猫はちょっとした環境の変化に敏感ですし、早くから母猫とは離れてしまっているので、飼い主さんの生活を参考にしてしまいます。 猫の飼い方の基本は、人間の生活に猫が合わせていくのではなく、猫の生活と人間の生活を切り分けることにあります。 正しい育て方は、猫に適した餌と水を与えることで、猫本来の食性を引き出すことにあります。 「食いつきが良いから」と安易に餌を切り替えるのは、望ましいことではありません。 おやつなども、飼い主さんとのコミュニケーションで利用するなど、使い方を限定してくださいね。 平均体重は、正しい給餌であれば普通に増えていくはずです。 普通のキトンフードを主体に1日3回から5回にわけてこまめに与えてください。 com 生後間もない子猫は、雄雌の判別は難しいものです。 生後2ヶ月未満の子猫のお尻には、雄雌とも穴が2つあります。 雄の睾丸が出てくるのは、3ヵ月くらいが目安です。 それまでは、肛門と尿道の間の長さで判別します。 ちなみに雄の場合は2つの間隔は2センチくらい、雌は1センチです。 雄猫の場合、生後3ヶ月では非常に好戦的な感じに噛みついて来たり、おもちゃの反応も非常に敏感です。 雌の場合はややおとなしめですね。 育て方としては、雄の方はたくさん遊んで猫本来の習性を身に着けさせるのが好ましいでしょう。 雌の場合と雄との育て方はハッキリ違える必要はありませんが、優しく撫でたり、優しく高い声で名前を呼んだりすると良いですよ。 猫は高い声に反応が良いです。 子猫の避妊・去勢の時期はまだ!.

次の