肋間 神経痛 ツボ。 肋間神経痛

[医師監修・作成]肋間神経痛の治療:治し方や痛みを緩和する対策は?

肋間 神経痛 ツボ

ほぐすツボの名前は、 「肩中兪」「肩外兪」の2つです。 もともとは、肩こり解消用の体操です。 でも、よく肋間神経痛でご相談くださる方は、この体操でほぐそうとしている場所も固くなっているんです。 ということで、ぜひ試してみてください。 肋間神経痛の症状へのツボ対処療法について看護師さんの所見 肋間神経痛の治療はシップや痛み止めの対症療法のほか、指圧(ツボ)、マッサージなどありますが、体操をすることで肋間神経痛の改善に効果が期待できるということを耳にしました。 たしかにマッサージ屋さんや病院にかかることも大切だと思いますが、自分で体操して改善できるのならやってみるべきではないかと考えて調べてみました。 自分の看護師としての経験といろいろ調べてみたものを述べたいと思います。 まず自分で体操をしてツボを刺激するメリットを考えてみると ・自宅でできる(費用がかからない)。 ・自分のタイミングでできる。 ・体操なので健康にもいい。 いろいろと調べていくと以下の事がわかりました。 正しい体操をすることで姿勢の改善につながります。 これは悪い姿勢が肋間神経痛の原因となっている場合です。 難しい病名でいうと脊椎側湾症といいます。 胸椎が曲がってしまうと肋骨の並びのバランスが悪くなってしまって神経を圧迫して痛みが出ます。 胸椎の変形が原因で肋骨のバランスが悪くなっているのであれば体操での改善は難しいですが、姿勢が悪い事に起因する場合は姿勢を正すことで改善が望めます。 脊椎がまがってしまうとそれのバランスを取ろうとして骨盤がゆがみ、腰や足に負担が来ることもあります。 また負荷の少ない体操(ストレッチ)を行うことにより副交感神経が刺激されます。 副交感神経が刺激されると筋肉の緊張がとれてリラックスした状態になります。 上下の肋骨の間には肋間筋があり、その筋肉をほぐすことで筋肉がゆるんで神経の圧迫、ピリピリした痛みをを緩和することができます。 激しい運動では交感神経が働いてしまって筋肉が緊張してしまうので、あくまでストレッチと捉えます。 ・姿勢も良くなるので、肋間神経痛以外にも首・肩・腰・足の痛みの改善が期待できる。 ・正しい体操を習得すれば、自宅での症状緩和ができるので通院が減る。 さらに、姿勢が改善すれば神経の圧迫もなくなるので症状をぶり返さない。 体操を続けることで有酸素運動となりダイエット効果も期待できる。 というメリットもあると考えます。 でも、その肋間神経痛がそれらに起因しない場合はかえて悪化させてしまうことも考えられますので、たとえば「肋骨骨折などからの神経の刺激ではないか?」病院の検査で事前に検査してみてくださいね。 肋間神経痛を緩和する!簡単ツボマッサージ 簡単ツボマッサージの動画をシェアさせていただきます。 少しでもあなたの痛みが和らげば嬉しいです。

次の

肋間神経痛(胸、脇腹の痛み)

肋間 神経痛 ツボ

肋間神経痛は色んな場所にあらわれます。 特に左が痛む事が多く坐骨神経痛も左と、左半身になんらかの痛みを感じる人が多いようです。 肋間神経痛を改善する為には、背中の脊柱起立筋に僧坊筋、菱形筋の筋肉を和らげる事が必要です。 何故なら、肋間神経は背中からお腹に走るので肩甲骨回りを温めて和らげると痛みが治まりやすいのです。 肋間神経痛の治療は、東洋医学で楽になる 鍼灸院では、これらの筋肉を和らげるツボや色んなツボを刺激して痛みを緩和して日常生活が送りやすいようにしてくれます。 民間療法としてもツボを刺激して痛みを和らげる事ができます。 整形外科のような西洋医学では、痛みを抑えて自然治癒を待つしかないのが現状です。 骨折や骨の歪みのように原因が特定されていない肋間神経痛は治療が非常に難しいと考えられるからです。 寒い時期や冷えで痛みが強くなる事からも、東洋医学のツボの方が治りやすいとも考えられています。 漢方薬やツボを刺激することで、体の悪いものを排出し血液をキレイにしたり巡りを良くして体温を上げて痛みを軽減する効果も期待できます。 スポンサーリンク 肋間神経痛の治療の中で自分でできるツボ押し 体の前面にあるツボは、自分で簡単に見つけ刺激する事ができます。 お風呂あがりの体が温かい間に行ってみましょう。 げき門 前腕の内側、真ん中あたりで親指で強く押し込むようにして刺激しましょう。 呼吸により痛む肋間神経痛に効果的です。 中府(ちゅうふ) 鎖骨の真下、鎖骨の外側の肩関節と鎖骨の間にあるくぼみです。 あお向けに寝てリラックスし、左右同時に両肩を掴むようにして親指をゆっくりと押し込んで刺激しましょう。 背中から胸にかけて痛みがある人に効果的です。 缺盆(けつぼん) 鎖骨のすぐ上のくぼみの真ん中あたりにあります。 カギ爪の様に、指の先を強く押し込んで刺激しましょう。 胸部の痛みをやわらげるのに効果的なツボで、息を吸って押し込み吐きながら指を離すと血行が良くなります。 この他に、神封とだん中と言うツボがありますが素人が無理に行うと危険ですので鍼灸で受けた方が良いでしょう。 ツボの位置は軽く押すと痛みがあるので、少し押して痛みが一番ある場所を探してみてください。 スポンサーリンク だん中(だんちゅう) 左右の乳首の線を結んだ線の丁度真ん中あたりです。 ここは両手を重ね、優しくゆっくりと押してください。 だん中のツボは強く押し込ではいけません。 だん中は肋間神経痛の痛みを楽にして、気持ちまでも楽にしてくれます。 神封(しんぼう) 乳首の線を結んだ線上の乳首に指を縦に立て、約3本分くらい真ん中にずらした場所です。 あお向けになり、左右療法のツボをそれぞれ人差し指・中指・薬指の3本の指で同時に『ゆっくり』と押していきます。 まとめ 肋間神経痛に効くツボは数多くありますが、今回は個人で行いやすく効果的な効くツボをご紹介しました。 肋間神経の痛みを抑える為には、鎮痛剤やや湿布、そして神経ブロックやステロイド剤の注入治療などが一般的です。 肋間神経痛の症状を緩和する方法としては、東洋医学のツボも非常に高い効果が認められています。 個人で気軽に行えるので是非お試しください。

次の

[医師監修・作成]肋間神経痛の治療:治し方や痛みを緩和する対策は?

肋間 神経痛 ツボ

肋間神経にはタイプがあります。 原発性肋間神経痛 ストレスや姿勢不良からくる神経圧迫、筋肉の硬さからくる発痛物質が溜まることでの発症。 特別な外傷や病気に関係なく起こるのがこの原発性肋間神経痛です。 続発性肋間神経 体を動かした時に痛みが出て、肋間神経に圧力がかかる姿勢になったときによく見られます。 原発性肋間神経痛とは違い明確な原因があるのも特徴です。 ・肋骨骨折や肋軟骨炎などが原因で炎症が神経に沿っておきる ・帯状疱疹、肺炎・肺がんなどの胸郭内病変 ・椎間板ヘルニアなど ・妊婦さんではお腹が大きくなるとともに皮膚が伸ばされ肋骨に影響が及び肋間神経痛となるケースもある 肋間神経痛の施術|宇治東洋鍼灸整骨院 一般的には整形外科や内科で診てもらうとすれば、湿布や痛み止めとなる事が多いです。 しかし、宇治市大久保の宇治東洋鍼灸整骨院には 湿布や痛み止めに頼らず肋間神経痛をよくする施術があります! 肋間神経痛の鍼灸施術は全身のツボを使い施術するのが一番です。 原因にもあったように神経の圧迫だけでなく、ストレスなどが関係してきますので、肋間神経痛の施術だけでなく、ストレス軽減なども絡めて鍼灸施術を行います。 東洋医学は西洋医学より歴史のある医学です。 昔の方の肋間神経痛も鍼灸でよくしていた文献があるくらいなので安心して鍼灸施術を受けてください! 一つ肋間神経痛に効くツボをご紹介 三焦兪 ウエストで一番細いところのラインの腰椎突起の一つ上、そこから外に指 3本分 肋間神経痛は、まれなケガなだけになかなか自覚しにくいものです。 その分対応が遅れやすく、そうなると回復も遅くなります。

次の