生理 が 来 ない 理由。 1週間生理が来ない!遅れる理由とは?妊娠以外に考えられる原因をチェック!

生理が来ない、遅れる理由。陰性結果の4つの原因

生理 が 来 ない 理由

妊娠以外で生理がこない理由は? 妊娠以外で生理がこない理由には 生理不順の他に、婦人科系の病気、甲状腺の病気によるものがあります。 婦人科の病気では、 早期閉経、無月経が主に挙げられます。 <生理不順 月経不順 > 月経の悩みで一番多いのが 「月経不順」。 つまり、規則正しく月経が来ないというものです。 初潮からずっと月経不順という方もいらっしゃれば、受験や就職などをきっかけに数ヶ月間だけ一時的に不規則になったり、更年期の症状の1つとして40代後半から急に不規則になる方もいらっしゃいます。 特に婦人科系の病気などがなくても生理不順になる方は大勢いらっしゃいます。 このような場合には、 低用量ピルを服用することで生理周期をぴったり揃えることが可能です。 クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで 薬は最短当日発送いたします。 クリニックフォアでは 初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで完了し、 薬は最短当日発送いたします。 <早期閉経> 「 早期閉経」とは 40歳未満で閉経が起こり、生理がこなくなることを言います。 30歳未満の1000人に1人、40歳未満の100人に1人に見られるといわれています。 そしてこの早期閉経の原因の一つが 早期卵巣不全です。 早期卵巣不全とは40歳未満の早い時期に生理がこなくなることを言い、 40歳未満の女性の1%にみられるといわれています。 卵子はそもそも生まれた頃から数が決まっており、年齢を重ねるにつ入れて徐々に減少し、最終的に卵子の量が減少することで閉経となります。 この卵子の数が何らかの原因で急激に減少してしまったり、たとえ卵子があっても発育が障害されてしまったりするのが早期卵巣不全です。 早期卵巣不全の原因は不明とされているものの、治療法としては10~20%の割合で卵巣の手術や化学療法、骨盤への放射線治療など医療的な介入、そして自己免疫疾患、染色体異常、染色体異常が考えらえます。 また、早期閉経のもう一つの理由としてゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群が考えられています。 こちらは、 卵子があるにもかかわらず排卵をしていないことによって生理が止まることをいいます。 <無月経> もう1つの原因である無月経とは 妊娠以外で3か月以上月経のこない状態のことをいいます。 無月経は原発性無月経と続発性無月経の2種類に分類されます。 原発性無月経とは 18歳以上になっても1度も生理がこないことを言い、この病気である方は0. 3~0. 4%と 非常にまれであるといわれており、子宮の奇形染色体の異常が原因と考えられています。 一方、続発性無月経は先ほどご紹介した無月経の定義に当てはまる方を言います。 この続発性無月経は実は 決して珍しい病気ではありません。 多くの原因が生活の乱れであり、例えば過度なダイエットやストレスは女性ホルモンのバランスを乱してしまうため続発性無月経になる原因として考えられています。 また、非常にまれではあるものの脳下垂体の腫瘍や内科系のほかの病気が続発性無月経の原因となることもあります。 このような場合も、低用量ピルを服用することで生理周期をぴったり揃えることが可能です。 クリニックフォアでは 初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで完了し、 薬は最短当日発送いたします。 クリニックフォアでは 初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで完了し、 薬は最短当日発送いたします。 <甲状腺の病気> 内分泌系の病気では甲状腺機能亢進症と言い 甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気、バセドウ病などが生理が止まる原因として考えられています。 そもそも女性ホルモンは視床下部や下垂体でホルモンの量をコントロールしています。 ですので内分泌系の疾患となりこのホルモン量のコントロールが乱れると、月経の停止につながるのです。 また、甲状腺炎、アジソン病、副甲状腺機能低下症は早期卵巣不全の原因としても考えられています。 そもそも生理不順って何?何日生理がこなければ生理不順? そもそも正常の生理周期についてご存知でしょうか。 生理周期の定義は月経が始まった日を1日目と数えて、次の月経が開始する前の日まで生理周期として定義しています。 正常の生理周期は25日~38日といわれており、 これより生理周期が短かったり長かったりすると生理不順として考えられます。 この生理周期の問題以外にも無排卵の場合、排卵があったりなかったりする場合、月経のほかにも出血がある場合には生理不順が疑われます。 生理不順と妊娠初期症状を見分けるのは難しいの? 生理不順と非常に似ているのが 妊娠初期症状です。 妊娠初期症状とは妊娠をした初期に起こる可能性のある症状です。 この症状は誰にでも起こるわけではなく、症状もすべて見られる方もいれば、いくつかのみ見られる方もいます。 妊娠初期症状の症状は 微熱や体のだるさ、鼻詰まりや頭痛といった風邪の症状に似ている症状が多くみられます。 早い方では妊娠初期からつわりを感じ、吐き気や胃のむかつきが起こるといわれています。 また、お腹が張ったり便秘がちになったり、生理痛にも似た下腹部痛を感じる方もいます。 お腹が張ることで膀胱が圧迫されるためトイレが近くなる方もいるようです。 他にも生理予定日を過ぎたあたりから胸の張りや乳首の黒ずみを感じる方もいます。 また、着床出血と言い、生理予定日あたりに普段の月経よりも少ない量かつ短い期間で出血を起こす方もいます。 ここまでご紹介した症状を見ていただいてお分かりいただけるかのように、風邪やマイナートラブルとの区別が非常にしにくく、特に着床出血が見られた場合には生理が来たと思ってしまい、妊娠を想起することは難しいことが考えられます。 ですので、生理不順であっても生理予定日に生理がこなければ妊娠の可能性を視野に入れることも必要となります。 クリニックフォアでは 初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで完了し、 薬は最短当日発送いたします。 病院にいくべきなのはどんな時? それでは生理がこない時、どのタイミングで病院へ行けばよいでしょうか。 まず、妊娠をしている可能性があるという場合には 生理予定日より1週間を過ぎたタイミングで受診されることをおすすめします。 このタイミングより前になりますと、 妊娠検査薬でも反応がダないため正しい結果を知ることができません。 もしも、生理が来なくなおかつ妊娠しているかどうかも分からないという場合には生理予定日を1週間ほど過ぎてから市販の妊娠検査薬を使用してみても良いでしょう。 近年市販の妊娠検査薬の制度も高くなっているため、これで陽性反応が出てから病院へ行くというのも対処法としては適切です。 また、妊娠をしている可能性がないにもかかわらず生理がこない場合、目安としては 60日間生理がこなかった場合の受診が望ましいでしょう。 生理不順などで生理の周期が乱れているという方は 基礎体温をとられることをおすすめします。 基礎体温の周期が整っており45日周期でないと生理がこないという場合はたしかに生理周期としてはあまりよくはありませんが、基礎体温が整っているという観点から一時的なものという可能性も考えて経過観察をしても良いと考えられています。 しかし、基礎体温も乱れておりなおかつ生理がこないという場合には、前述した卵巣の病気の可能性が考えられるため、医療機関で適切な治療を受けましょう。 クリニックフォアグループでは、 生理不順が気になる方には低用量ピルの服用をおすすめしています。 詳しくは以下のURLからご覧ください。 生理前の症状に悩んでいるが、低用量ピルを飲むのはまだ少し抵抗があるという方は、まずサプリメントから初めてみてはいかがでしょうか。 ご自身のPMS症状を診断するパーソナライズ診断も無料で行なっております。 詳しくは以下のリンクからご覧ください。

次の

【体験談】生理が来ない理由は病気じゃなかった!過労のストレス、低体重による酷い生理不順を乗り越え現在妊活真っ最中

生理 が 来 ない 理由

Contents• 生理が来ないときに覚えておきたいこと いつも予定通り生理が来ているのに、今月は3日過ぎても生理がこない。 思い当たる節のある方は「もしかしたら、妊娠したのかもしれない」と考えるのが普通です。 しかし、妊娠検査薬は、陰性反応のことがあります。 実は生理が来ない理由は、妊娠以外にもあります。 生理が遅れる原因や対象法などをまとめました。 生理とは? 生理とは「生理的出血」を意味し、定期的に現れる正常な出血です。 生理が遅くなることは、珍しいことではないことを覚えておいてください。 また「生理が遅れている」と感じる一つの目安は、生理予定日を3日間過ぎた場合と考えておきましょう。 そして、生理予定日を1週間過ぎた場合は、生理が遅れている判断材料になります。 生理が来ない、遅れで疑う。 妊娠以外の4つの理由 生理が遅れる原因は、大きく分けると4つあります。 ホルモンバランスが乱れる 女性の体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンが交互に分泌されて、生理周期を生み出しています。 これらの女性ホルモンのバランスが崩れると、生理の周期が乱れ、生理が早くなったり遅くなったりします。 女性ホルモンが乱れる原因は、身体的や精神的なストレスが圧し掛かると、生理不順になりやすくなります。 特に気をつけたいのが、引越しや職場などの生活環境が大きく変化した場合です。 自分では気が付いていなくても、 環境の変化は大きなストレスになりやすいです。 言うまでもありませんが、睡眠不足や栄養バランスのとれていない食事は、生活環境を乱すことに繋がり、自律神経が働かなくなり、女性ホルモンのバランスを崩します。 その結果、生理周期を狂わせてしまいます。 婦人科系疾患 婦人科系(卵巣や子宮など)の病気になると、生理周期が乱れることがあります。 婦人科系の疾患は、自覚症状が現れにくいため、生理がこなかったり遅れているときは、 病気である可能性があることを頭に入れておいてください。 薬の副作用 風邪薬や胃薬、ピルや抗うつ薬などの薬を服用していると、その影響で女性ホルモンの分泌が変化することがあります。 服用している薬の副作用によっては、生理が遅れるだけでなく、以下のような症状が起こる可能性があります。 生理が遅れる• 短期間に頻繁に生理が来る• 出血の量がいつもより極端に多い 薬を服用している場合は、その 薬がホルモンバランスに影響を与える薬ではないかを医師に相談しましょう。 早期閉経 閉経とは、排卵が起こらなくなり生理が止まることです。 女性は50歳前後になれば、誰もが閉経を迎えます。 しかし、近年では20~30代でこういった症状が起きる場合があり、これを「早期閉経」と呼んでいます。 日常の食生活やストレスが、原因になることがあります。 生理が遅れている場合は、予定通り付近に生理が来るように、規則正しい生活習慣を心がけましょう。 生理が来ない、遅れで疑うときの3つの対処法 1. 性交渉をしている場合 「生理が遅れている」と感じて思い当たる節があれば、まず最初に妊娠の可能性を疑いましょう。 生理予定日から1週間過ぎている場合は、市販の妊娠検査薬で妊娠判定を行ってください。 陽性反応が出れば、すぐに産婦人科を受診して妊娠しているかどうかを確認しましょう。 妊娠検査薬の正しい使い方は、以下の記事を参考にしてください。 検査薬で陰性だけど、生理が来ない 前回の生理が終わって、次の生理までの期間に性交渉をしていない、または生理予定日の1週間後に妊娠検査薬で陰性が出た場合は、妊娠の可能性は考えられません。 この場合は、女性ホルモンのバランスの乱れや婦人系の疾患の可能性があります。 生理が来ない状態が続くと女性の体は、不妊症の原因になることがあります。 生理不順は、産婦人科でも婦人科でも大丈夫です。 なるべく早く医者へ行き、原因を特定して対処するようにしましょう。 いつもと違う感覚 生理は、健康のバロメーターです。 「いつもと違う」と感じたら、一度医者へ行き、不安な気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

次の

ピル服用中に生理がこない?その理由と注意事項

生理 が 来 ない 理由

ホルモンバランスの乱れ 女性ホルモンと生理周期は密接な関係にあり、ホルモンバランスが乱れると生理が来なくなることがあります。 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあり、卵巣から分泌されています。 女性ホルモンの分泌量は、脳にある視床下部という部分がつかさどっていますが、視床下部がストレスなどの影響を受けると司令塔としての判断力が低下し、 卵巣からのホルモン分泌が乱れてしまうことがあります。 これらのホルモンは、生理周期に大きく関わっています。 ホルモンの分泌量が乱れると、正常な生理周期も乱され、生理の遅れを招いてしまうというわけです。 ストレス以外では、無理なダイエットでホルモンバランスが乱れてしまうケースも多くあります。 極端な食事制限をして体重を急に落としたりすると、脳は生命の危機を感じるようになります。 すると脳は、生存するために命に関わる機能以外を一時的にストップさせようとします。 その結果、妊娠のための環境づくり(子宮内膜の増殖など)も中断し、卵巣への女性ホルモンの分泌が抑えられ、排卵や生理がストップするようになってしまうのです。 同様に、疲れや睡眠不足、不規則な食生活なども、ホルモンバランスの乱れにつながります。 お薬の副作用 お薬の副作用が、生理の遅れの原因となる場合もあります。 例えば、胃腸薬、睡眠薬、精神安定剤、抗うつ剤などです。 これらのお薬の中には、副作用でプロラクチンというホルモンの分泌を高めてしまうものがあります(高プロラクチン血症)。 プロラクチンには、乳児を育てる時期に母乳をつくり、同時に排卵が起こらないように抑制する働きがあります。 お薬の副作用で、このような変化が体内で起こり、その結果、生理が遅れてしまうことがあるのです。 高プロラクチン血症を起こしていると、妊娠していなくても母乳が分泌されることがあります。 子宮や卵巣の病気 子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群などの婦人科系の病気でも、子宮や卵巣が影響を受けて生理が遅れる場合もあります。 病気が原因の場合には、生理の遅れ以外にも、下腹部痛、腰痛、性交痛、吐き気、おりものの異常、排尿痛・排便痛、不妊などの症状があらわれることもあります。 【こちらもチェック!】生理がこないのに腹痛が気になるなら… 出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ].

次の