今ならきっと手が届く 意味。 寺や神社で手を合わせることの意味は、今に感謝する心にあり!

ヤフー社員が海から考える「手の届く範囲の未来」

今ならきっと手が届く 意味

「今、『誰にも会わないから美容をする意味がない』とか、『面倒だからいいや』と思っている人にとっては、もともとやらなくていいものだった、ということだと思うんです。 同時に、やめてみた結果、『何か物足りないな』と感じたり、逆にたまにメイクしたときに気持ちが明るくなった、ということもきっとありますよね? そういう、自分の中で自然とこみあげてくるものだけ大事にしたらいいんじゃないでしょうか。 人の目が無ければ張り合いがないなら、人の目がある時だけ楽しめばいいわけだし。 このコロナ禍で、いちいち自分の気持ちを確認しているどころじゃないという人もたくさんいらっしゃると思うのですが、そこで焦りや、『何もしていない』という劣等感を覚える必要も全くないと思っていて。 美容は逃げたりしないし、欲しくなったらいつでもすぐに手が届くところで待っていてくれます。 気楽に気ままに、適当でいいんです」 そんなふうに、美容の価値観が変わり始めるであろうこれから。 「美容というと顔面の話だと思われがちですが、今の時期はぜひ身体に意識を向けてほしいですね。 ステイホーム生活が続くと、運動不足で体のあちこちがゴワゴワのガチガチに。 心は体の状態に引っ張られることもあるから、自分にあった運動や緊張をほぐすマッサージやストレッチを取り入れて、たくさん深呼吸をして緩められるといいですよね。 私は最近、朝6時半に起きてラジオ体操をし始めたんですよ。 子供の頃はなんの負荷も感じずにやっていたラジオ体操ですが、今本気でやるとけっこうキツいし、『おはよーございます!』ときびきびと威勢のいいかけ声に促されて、テンションも上がる。 YouTubeで流行しているHandClapダンスや、NIKEのトレーニングアプリも楽しいですよ。 いろいろ試してみて、楽しく続けられるもの、気持ちがシャンとするものを取り入れてみてください。 ちなみに、運動不足で太ったという悩みも増えていますが、あんまり気にしなくていいんじゃないかなと思います。 「ちょっと政治の話になっちゃうんですけど。 コロナも辛いけど、弱者に目を向けず、中身が伴わないリーダーシップ茶番劇の巻き添えをくう虚しさもかなりこたえていて。 そんな中で、海外の女性リーダーの活躍をまぶしく眺めているんです。 力のある誰かに選ばれて守ってもらって愛でられる用の顔っていう方向は、もう目指さなくていいと思うんです。 小手先の顔の造作どうこうというものを超えた、人として度量がもっと問われるようになってくる」 そうなると、その分「これをやっておけば正解」というものがなくなってくるのも事実。 自分はどういう人間なのか、しっかり向き合わざるを得なくなってくるでしょう。 「美の正解がないと不安に感じる人は、自分を探る必要があると思います。 自分はどうあると心地よくてリラックスできているのか、何を恐れて何に幸せを感じるかなど。 これからどんな風に世界や価値観が変わるとしても、自分と向き合って探った経験が軸となって、きっと皆さんを助けてくれるはずです」.

次の

♪手を伸ばせばきっと 今なら届くよ

今ならきっと手が届く 意味

天沢履(てんたくり)の解説|卦辞の読み解き方 「履」とはつまり踏むことです。 そして「履虎尾」は虎の尾を踏むという意味。 これはあくまでも象徴で、そんな危険を感じるような場面があることを示しています。 しかしながら「不咥人」とある通り、余程の無礼を働かない限り実際に噛まれるようなことはありません。 丁寧な態度を心がけ、ヒヤリと感じるようなシーンでも落ち着いて対処していけば思い通りの展開が望めるでしょう。 この卦はつまり、礼儀礼節を重んじるようにと促すものだといえます。 天沢履(てんたくり)の意味|大象の解説 この卦のキーワードは「虎」。 そしてこの虎とは、当事者が苦手とするもの全般を指しています。 しかも、その苦手とするものがあちこちから顔を覗かせてくるのです。 もしその「虎」が人であるなら、ときにはご機嫌取りも必要になってくるでしょう。 ただ、どうすることもできないと感じたときには逃げの一手を打つことも大事です。 危険なものと対峙している訳ですし、無理して立ち向かえばつらい未来が待っていることもあるのですから。 なお、この卦が示す「虎」が何なのかはそのときどきによって違います。 迂闊に判断するのではなく、一体どんな脅威が身近にあるのかをしっかりと見定めるところから始めましょう。 そうして落ち着いて対処できれば、不安がる必要はありません。 天沢履(てんたくり)の解釈|目的別の解釈 恋愛 ケンカが増えやすく、また三角関係などの複雑な問題に発展しがちです。 マイナスの感情をぶつけると良い結果にならないので、あくまでも冷静に向き合いましょう。 片思い 恋敵のような人物に悩まされやすいです。 その人物とは立ち向かわず、あくまでもあなたの魅力を伝えていきましょう。 復縁 思うように取り合ってもらえません。 また、相手の側に別の人物の影もちらついています。 結婚 パートナーの結婚に対する想いが揺らいでいます。 無理に話を進めると思わぬ問題が浮上するでしょう。 相手の気持ち 心配事や最近あったトラブル、他の誰かのことを考えています。 仕事 誰かの後を継ぐことになりやすいです。 苦労は増えますが、冷静に向き合えれば吉。 転職 厄介な仕事を任されやすいです。 良い職場を見つけられないときには控えること。 運勢 危険は多いですが、礼儀正しくしていれば問題はありません。 金運 下手に儲け話へ手を出すと危険な橋を渡ることになります。 失せ物 一人で探すと見つかりやすいです。 人にはあまり頼らないこと。 天沢履(てんたくり)の爻|小象の解説 初爻、五爻が正位を得ています。 この二つの爻では陽の気が強まり、強気な態度になりやすいです。 初爻ではその態度がプラスに働きますが、五爻ではやや裏目になりがちなので注意してください。 他の爻では、問題が浮き彫りになりやすくやはり注意が必要です。 上爻の意味 今までの振る舞いに相応しい結果が導かれます。 好ましい結果であったとしても、そうでなかったとしても、反省の時間をとり今後に活かしましょう。 五爻の意味 好調子でグングン進んでいけますが、人間関係にヒビが入りやすいです。 何も言わなくても周りは不満を抱えていることがありますので、あまり勝手なことはするべきではありません。 四爻の意味 ミスが生まれやすく、もし何かを間違いをしてしまった場合には適切なフォローが求められます。 基本的に大事にはならないですが、気を抜くべきではありません。 三爻の意味 「きっと大丈夫だろう」と思って無鉄砲なことをすると、これ以上ない失敗をします。 手の届く範囲のことを丁寧にこなし、自信過剰にならないことが大事です。 二爻の意味 誘惑を退け、これまで通りを守ることが求められます。 謙虚に振る舞い大きな発展を望まなければ、失敗はないでしょう。 初爻の意味 周りを意識せず、普段通りに振る舞っていれば吉運に恵まれます。 反面、相手の顔色を窺うと逆に上手くいかなくなるでしょう。

次の

ブラックインパクト! 組織の手が届く瞬間(名探偵コナン)

今ならきっと手が届く 意味

Gyoppy! で九州にある藍島を取材した際の写真 東京と石巻を往復する長谷川さんですが、石巻との縁ができたのは、東日本大震災のあとにボランティアとして訪れたことがきっかけ。 「インターネット企業の社員だからこそできること」を考えた末に、石巻に拠点をつくることになり、そのうえで漁業の課題に取り組んでいったのです。 スケールの大きいことをしている長谷川さんですが、お話を聞いていくと 、「手の届く範囲の未来」を変えることに注力し続けてきたことが分かります。 それが業界の未来を変え、ひいては日本の未来を変えていくことにつながるのかもしれません。 半径5mから始まる未来の変え方について、長谷川さんにお話をうかがいました。 実現: 漁業団体のフィッシャーマンジャパンを立ち上げ、漁師や漁業の魅力をPR。 もしかしたらの未来: 地域の産業が盛り上がることで、田舎に誇りを持つ人が増える未来。 プロフィール ヤフー社員、フィッシャーマンジャパン 長谷川琢也さん ヤフー株式会社CSR推進室東北共創に勤務。 一般社団法人フィッシャーマンジャパン立ち上げ人。 日本における漁業の課題解決に取り組む 東日本大震災を機に石巻へ ——ヤフー社員である長谷川さんが、漁業に関する取り組みを始めたのはなぜですか? 長谷川:東日本大震災の翌年、ヤフーで「復興支援室」を立ち上げることになり、「石巻復興ベース」という事務所をつくらせてもらったんです。 石巻に拠点を移して、一人の漁師と出会いました。 今では「フィッシャーマンジャパン」の代表をしている、当時26歳の阿部勝太という若者です。 それまで漁師に出会ったことがなかったんですけど、彼は一次産業を解像度高く語るし、「漁業に疑問を感じていて、変えていきたい」ってキラキラしなから言うんですよ。 こういう若者がいっぱいいるんだったら、何かできないかと思ったのが始まりですね。 ——漁業には、どんな課題があるのでしょう。 長谷川:漁師の人口は、1980年代の最盛期に比べると半分以下になっています。 その背景には、獲りすぎて魚が減っていることや、日本人が魚を食べなくなっていること、魚屋というキュレーターが街から消えていることなど、あげだすとキリがない。 そのなかで知ったんですが、市場や漁協の仕組みって70年変わっていないんですよ。 ——時代は変わっているのに、戦後まもなくできた仕組みを使い続けていたんですね……。 長谷川:はい。 でも、震災によって東北の漁業の仕組みが崩壊してしまったので、これを逆手にとって新たな例をつくれるのではと考えました。 良いものだったらほかの地域の人も真似してくれるだろうし、震災で失ったものは大きいけれど、せめて「こういうのが生まれたことだけは良かったね」って思えるものをつくれたらと。 ヤフーとして何かできないかと考えていた当時は「東北にコールセンターをつくればいい」とか、「家にいる時間が増えたおばあちゃんの手芸作品を売ればいい」と言われていたんです。 それは一時的な支援としては良いかもしれないけど、ずっと続けることはできないなと思っていました。 ——その先のことを考えていかなければいけないと。 長谷川:そうです。 それで、若い世代の漁師が「今、立ち上がらないでいつ立ち上がるんだ」ってくすぶっていたから、フィッシャーマンジャパンを結成しました。 一次産業を盛り上げて、地域に誇りを持つ ——フィッシャーマンジャパンの具体的な活動は? 長谷川:魚の卸売から直営の飲食店、海外への輸出など、漁業系のこと全般ですね。 フィッシャーマンジャパンが運営する事務所「TRITON SENGOKU」では、漁師と、漁師になりたい人をマッチングするサポートも行う ——地域の漁業が盛り上がることには、どんな意味があるでしょうか。 長谷川:地域の産業が盛り上がると、その土地に誇りを持てるようになるんです。 そして、その誇りは、いろんなところに波及します。 「石巻、盛り上がってるらしいじゃないですか」とほかの地域の人が来てくれて、ローカル同士がつながって、競争して、石巻もますます良くなっていく。 そうしていくうちに、 いつのまにかローカルが都会を抜いていて、都会の人が羨ましがる、みたいな世界をつくりたいですね。 ——実際、ローカルが都会を抜くことってできそうですか? 長谷川:全部は無理でしょうけど、生産と消費の循環はローカルのほうが強いです。 都会と地域の役割はそれぞれにあるのに、どこかで「都会のほうがすごい」って意識があったり、「田舎者」って蔑むような言葉が生まれたりしていました。 でも、 今回のコロナ禍で思い知った人は多いと思うけど、「消費すること」と「生産すること」ってつながっているので、都会が上で田舎が下、みたいな序列はないはずなんですよ。 大量生産・大量消費・大量廃棄から離れようとする「循環型社会」をめざそうとしたときに、手で届く範囲の循環は、もはや都会だけではできないと思うんです。 都会にいると流通が途絶えたときに食べ物を得ることが困難になるけれど、ローカルだと生産者とともに生きているから、食べ物に困ることが少ない。 ——それを自覚できるか、できないかで、地域への意識が大きく変わりそうですね。 長谷川:そう、未来をつくるのは都会の若者だけじゃない。 人間の経済活動を持続しながら地球とともに生きていくときに、地方の若者も重要です。 フィッシャーマンジャパンの仲間たちは既にそうだけど、「俺らがいるから、皆さんが魚を食べられるんだ」と思えています。 上から目線ではないけれど、少なくとも対等だよねって。 もちろん、なんでも田舎が良いとは思わないですよ。 時代の変化には対応しつつも、情報に流されすぎず、自分で考える力が必要だと思います。 未来を想像するために大事なのは、「正しく触りにいく」こと ——若い人たちが自分で考え、未来を想像するために、何を学ぶと良いでしょうか。 長谷川:「正しく触りにいく」ってことじゃないでしょうか。 石巻に来る前は、天気も気温も分からないコンクリートのビルの中で、被災地の商品をネット販売していたんですけど、どこかバーチャルで。 都会だと、自分が持っている五感を使いきれないことが増えていると思います。 東京で生まれて神奈川で育っていますが、海も魚も苦手でした。 それでも、海や、魚や、情報に正しく触れて、自分の持っている感覚を全部使っていくうちに、どうしたいかを考えることができたんです。 那智勝浦の海を正しく触りにいったときの長谷川さん ——長谷川さんは、あらかじめ漁業の問題を解決するつもりで東北に行ったわけではなく、行った先で問題に気づいて解決しようとしてきたわけですよね。 もし出会っていたのが漁師でなければ、別の課題に向き合っていたのかなという印象を持ちました。 長谷川:実際そうで、震災のあとは出会う人がいるたび一緒に何かやりたくて、伝統工芸のプロデュースや、農業のこともやってみたんです。 でも、「未来をつくる」ことを意識したときに、全部のジャンルの未来をつくるのは自分には無理だなと。 関わるなら腹を据えて、その人たちと何か成し遂げたい。 しばらくは海のことだけやろうと思っています。 「課題解決」っていうとカッコイイけど、手の届くところでの惚れたもん負けですよね。 一番惚れ込んだのが漁師だったんです。 強烈にいちご農家に惚れていたら、今ごろいちごをつくっていたかもしれない(笑)。 ——手の届く範囲での課題を正しく捉えて、解決策につなげていくにはどうすれば良いでしょう。 長谷川:これは上司の受け売りだけど、「正しく消費者でいる」こと。 「自分が買ったことないくせに売るな、インチキじゃん」と言われたことがありました。 「本当にそれを課題だと思っているの?」「解決したら良くなるの?」って、きちんと捉えていくのが大事だと思います。 それで、気付いちゃったから「やってこ」ってのが、超本質的だと思いますね。 まとめ 漁師が減っていることに対して、長谷川さんはこう話していました。 「仕事の選択肢も増えているなかで、収入が不安定で命の危険もある仕事を、親が子供にやらせたがらないんです。 地方創生の課題で『都市部への若者の流出』といわれているけど、親が率先して若者を都会に出してしまう。 『田舎はダメ』『漁業はダメ』と、子供が小さいころから刷り込まれてしまうのでしょう」 もちろん、若者が都会に出ること自体が悪いことではありません。 でも、自分の故郷を「ダメ」だと言ってしまうのは、なんだか悲しいものです。 地域を支える産業が盛り上がることで、誇りにつながっていくのは良いことだと感じました。 震災で失ったものを嘆くだけでなく、失ったからこそ新しいものを立て直そうと積み上げてきた結果が今につながっています。 それは、きっと手の届く範囲にあった課題について、それぞれの人が取り組んできたということなのでしょう。 ライタープロフィール.

次の