サムライガン。 ライジング ザン ザ・サムライガンマン

サムライガン 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

サムライガン

声優: 、、、、、、、、、、 スタッフ: 監督:菊池一仁、シリーズ構成:園田英樹、キャラクターデザイン:大貫健一、美術監督:東條俊寿、音響監督:小林克良、音楽:多田彰文 1800年代いずれ幕末と呼ばれる事になるかもしれない日本。 正義とは?倒幕とは?2つの理念に揺れ、血風が吹き荒れる時代の中で、暗躍する男たちがいた。 新式の連発銃、黒い鉄兜、そして常人とはかけはなれた動き・・・ その名は「サムライガン」庶民から義賊としてもてはやされる彼等には、紗に覆われたもう一つの姿があった。 謎の組織「評議会」の先鋒として幕藩体制を倒すための武装集団の姿がそれである。 姉を斬殺された過去をもつサムライガンの一人、七号丸市松は戦いの意味を理解せぬまま、時代の波に呑み込まれていく。 「光の下 影のもと その悪を討て」それが彼等サムライガンの使命。 追い求める「正義」はどこにあるのか。 憎むべき「悪」は何なのか。 動乱の日本はどこに向かおうとしているのか。 自らの生き様に疑問を抱きはじめる中、幕府との抗争は激化し、物語は波瀾に満ちた展開を見せていく。

次の

ライジング ザン ザ・サムライガンマン

サムライガン

」の隊員たちに支給されたカスタムハンドガンを、ゲームでのイメージそのままに細部まで再現しました。 当時の最新スタイルを取り入れ、さらにS. の刻印やメダリオン付きグリップを採用。 《主な特徴》• オリジナル刻印入りスライド:ロッキング部分を大幅に強化したスライドは、激しい使用にも耐える耐久性を実現。 スチール製スライドという設定を表現するためにダークグレー色で仕上げ、スライド左側面には特殊部隊S. のオリジナル刻印が入っています。 洗練されたデザイン:ステンレスシルバーに仕上げたバレルと、木目の美しさにラバーの滑りにくさを合わせた印象的なハイブリット・カスタムグリップを装備。 グリップにはS. の「正義」を象徴する「濃紺」でアレンジしたゴールドメダリオンが埋め込まれています。 操作性をアップ:ホワイトのドットが入りねらいやすくなったタクティカル・コンバットサイトと、操作しやすいロングタイプ・スライドストップを採用。 よりスピーディで確実な操作が可能です。 迫力のブローバック:発射と同時にスライドが勢いよく後退し、見た目の迫力と発射時の強烈な反動をリアルに再現したモデルです。 ホンモノ同様の作動を再現:ハンマーを手動で起こして発射するシングルアクションと、トリガーを引くだけでハンマーを起こして発射するダブルアクション、2通りの発射方式を楽しめます。 アンビデクストラウス・セフティ:スライドの両側面に設置したセフティは、ハンマーを起こした状態でのロックが可能。 セフティ解除からすばやい発射が可能です。 ダイカスト製マガジン:装弾数26発、冷えに強いダイカスト製のマガジンが付属しています。 パッケージ内容: サムライ・エッジ本体、マガジン(装弾数26発)、保護キャップ、取扱い注意・説明書、クリーニングロッド、BB弾(0. カプコンの人気ゲーム「バイオハザード」に登場する「サムライ・エッジ」は、アメリカ軍が採用しているM92Fをベースに当時の最新スタイルを取り入れた、ゲームオリジナルのカスタムハンドガンです。 元SWAT隊員だったガンスミス ジョウ・ケンドが手がけたサムライ・エッジは、S. イチの射撃技術をほこるクリス・レッドフィールドによるトライアルテストで最高の成績を収め、特殊な任務をこなすS. 隊員たちの信頼を得るに値する仕上がりとなりました。 なお、S. アルファ部隊のジル、クリス、バリー、ウェスカーの4人は、支給されたサムライ・エッジにそれぞれのこだわりを込めた追加カスタムをジョウ・ケンドに依頼。 制式採用となったスタンダードなモデルの他に、4つの個性的なカスタムモデルが存在しています。

次の

サムライガン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

サムライガン

概要 『』は、1996年から2002年まで「週刊ヤングジャンプ」に連載された作の架空の歴史をたどったなを舞台とした風の漫画である。 全7巻。 アニメは、2004年10月4日から12月20日にかけてテレビ朝日系列の一部で放送された。 全12話。 続編としてを舞台にした『サムライガン月光』も刊行されている。 全4巻。 ストーリー 幕末を迎えようとする1800年代の日本の荒んだ時勢の中、暗躍する謎の集団があった。 連発銃などの武器を装備し、鉄仮面の如き武装のもと、常人とはかけ離れた行動をとるその集団はサムライガン。 彼らは「光の下 影のもと その悪を討て」という使命を受け、善と悪との戦いを繰り広げていく。 2020-07-22 18:00:00• 2020-07-22 17:00:00• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 19:28:46• 2020-07-22 19:28:45• 2020-07-22 19:27:56• 2020-07-22 19:26:25• 2020-07-22 19:26:25 新しく作成された記事• 2020-07-22 19:27:44• 2020-07-22 19:26:25• 2020-07-22 19:24:57• 2020-07-22 19:19:52• 2020-07-22 19:06:04•

次の