スタンド レクイエム。 キングクリムゾンのスタンド能力って結局なに?【ジョジョ5部ラスボスが強すぎる】 │ 腹ぺこクマが踊りだす

ジョルノがポルポの矢でレクイエム化しなかった理由(ジョジョ5部)

スタンド レクイエム

彼らは一般人とは違い、自分の霊的な領域からエネルギーを引き出すことができ、そのエネルギーにさまざまな姿を与えて行使できる。 その1つがジョジョ5部「黄金の風」の終盤にのみ登場する「レクイエム(鎮魂歌)」と呼ばれる力である。 この発現手段の意味は、「集合無意識への穴」を開けることにある。 霊的なエネルギーが物質世界に現れたものであるスタンドは、個人の精神のさらに奥深くの領域、地球上の全生物に共通する集合無意識へのつながりを持っている。 そこへの穴を矢で開けることで、レクイエムは発現するのである。 スタンドが個々人の「個性」から発揮されるエネルギーであるのに対し、レクイエムはそれとは真逆の、地球上の全生物の精神を混ぜ合わせて「均質化」したエネルギーである。 また集合無意識は個々人の精神とは比較にならないくらい巨大である。 スタンドは個々人の霊的な個性が物質世界に力強く「確立する」ことで発揮されるものであり、この呼び名は的を射ている。 強大な集合無意識の力は個々の生物が持つ魂の力を圧倒し、強制的に眠らせたりできる。 このような力が「魂を鎮める歌」と呼ばれるのもまた的を射ている。 だがエネルギーの性質が真逆であることや、双方の命名理由からすれば、スタンドとは明確に区別されるべきとも言える。 その理由はレクイエムが「生命の営みの価値」を否定するものだからである。 このように個々人が個性を引き立たせながら行動する過程こそが生命の価値であり、ジョジョの物語が示す「人間賛歌」である。 作中で最初に発動した「チャリオッツ・レクイエム」は、周囲の全生物の肉体と精神を均質化する能力を持つ。 それは「45億年かけて創られてきたこの世界の生き物の歴史」を崩壊させるものである。 こちらのレクイエムは、集合無意識に「生命の歴史の経験則」として宿っている「正しい方向へと進化する力」によって、生命が遠い未来に辿り着くであろう「進化した存在」を、かりそめにこの世に呼び覚ます。 そしてそれは、ジョジョの物語で繰り返し戒められている「過程を飛ばして結果だけを得る」行いである。 だがそれでもやはり、この能力自体は正当なものではない。 それはつまり人が及ばぬ強大な邪悪に禁断の力で対抗する、「毒をもって毒を制す」行為なのである。 内部リンク 個別能力解説。 ポルナレフのスタンド「シルバーチャリオッツ」がレクイエム化したもの。 個別能力解説。 ジョジョ5部の主人公ジョルノ・ジョバァーナのスタンドがレクイエム化したもの。 個別スタンド解説。 本体のディアボロは特異な経緯で生まれ、それが原因で人を超えた「悪魔」のごときスタンド能力を持つ。 ジョジョ4部に登場。 スタンド「キラークイーン」の本体吉良吉影が再び「矢」に刺されて得た追加能力。 その能力は「時間を1時間戻す」という非常に強大なものである。 矢で得られた強大な力という点ではレクイエムに似ているが、こちらでは刺されたのは本体の肉体であり、刺したのは5部終盤のものとは外観が異なる矢である。 またその強大な力は「杜王町の大地に宿る霊的存在」から与えられている。 つまりバイツァ・ダストはレクイエムではない。

次の

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムとは (ゴールドエクスペリエンスレクイエムとは) [単語記事]

スタンド レクイエム

実際ニ起コル『真実』に到達スルコトハ決シテナイ! ゴールドエクスペリエンスもジョルノも説明が下手すぎて全然わかりません。 まるで読者が真実にたどり着けないようにしているかのような。 実は簡単な話しで、 真実を「 結果 」と言い換えれば肚落ちします。 実際、 ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力は「 結果にたどり着かせない 」こと。 ゴールドエクスペリエンスレクイエムだけでなくジョルノも説明が下手クソだし描写もややこしくてわかりにくい。 しかしスタンド能力としてのGERに焦点を当てればただこれだけのこと。 劇中に起こったできごとはすべて応用です。 具体的に、作中で使われたGER能力は下記のふたつの能力。 時間を巻き戻すことによる自動防御• 時間の巻き戻りを銃弾で表現したスゴいシーン。 ひとつめが ジョルノが攻撃されたとき「 攻撃された 」結果にたどり着けないよう時間を巻き戻す能力です。 どんな攻撃をしかけたところですべてが攻撃を開始する前に巻き戻されてしまいます。 自動的に発動する最強クラスの防御能力。 ジョルノが「 攻撃された 」結果にたどりつけないので、必然的にジョルノが敵に攻撃を受けることはありません。 攻撃そのものをなかったことにする完璧な自動防御システム。 ちなみにこの能力を使ったとき、ゴールドエクスペリエンスレクイエムはこう語っています。 死という結果にたどり着くことなく、死への過程を無限に繰り返される。 時間を巻き戻すのが防御能力に対し、もうひとつのGER能力は攻撃的なスタンド能力です。 死という結果にたどり着くことなく、「 死 」へ至る過程を永遠に繰り返す世界に閉じ込めること。 繰り返し繰り返し、死にたくなるほどの苦しさと死ぬほどの痛みを味わいながらも死ねない。 苦痛が無限に続く無間地獄のようなもの。 エグい。 終わりがないのが終わり、それがゴールド・E・レクイエム。 まさに、 終わりがないのが終わりのスタンド能力です。 推測ですが、これまでのゴールドエクスペリエンスの能力同様、対象を拳で殴る(手で触れる)ことで能力が発動する系統の能力なのでしょう。 この能力が発現する直前、ボスはゴールドエクスペリエンスレクイエムによって無駄無駄されています。 ブチャラティに一度だけ使って以来、なかったことにされた初期ゴールドエクスペリエンスのスタンド能力「 殴った対象は感覚が暴走して身体から意識が飛び出る 」に近いような。 アレもなかなか意味がわかりにくい能力でした。 今にも落ちてきそうな空の下で。 ジョジョ5部のテーマは過程 vs 結果です。 ボスを倒すために幹部になる「 過程 」で、殺されるはずだったトリッシュを見捨てられなかったブチャラティの精神は、まさしくなにより価値ある黄金の精神でした。 ほかにも作中のあらゆるところで過程を重視するブチャラティチームの黄金と例えられた精神が現れています。 過程というテーマがもっとも色濃くでているのが、アバッキオがメインのエピソード「 今にも落ちてきそうな空の下で 」です。 「そうだな…わたしは『結果』だけを求めてはいない 『結果』だけを求めていると人は近道したがるものだ… 近道した時、真実を見失うかもしれない やる気も次第に失せていく」 「大切なのは真実に向かおうとする意志だと思っている 向かおうとする意志さえあればたとえ今回は犯人を逃したとしてもいつかは辿り着くだろう? 向かってるわけだからな。 違うかい?」 実のところ、警官はアバッキオが警官だったころの相棒でした。 汚職のために窮地にたったアバッキオをかばい銃弾を受けて命を落とした彼です。 その彼が死んだアバッキオの前に現れ、君は立派にやったと称賛します。 ボスの正体を暴くために犠牲になったアバッキオはまさに、 勝ち目もなく無駄かもしれない正義の過程を志した者だったのです。 そして過程を飛ばし自分にとって都合のいい結果だけを拾ってきた無敵のボスは、過程だけが繰り返され死という結果にたどり着けない無間地獄に閉じ込められることになります。 ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力は、まさしくブチャラティチームの精神そのもの。 志半ばにして斃れた仲間たちにとって、これ以上ない レクイエム(鎮魂歌)になったのでしょう。 レクイエム化後もゴールドエクスペリエンスの能力は使える。 ちなみに、ゴールドエクスペリエンスはレクイエム化後もレクイエム化以前の能力、無機物に生命を与える能力も使えています。 殴った相手の意識を暴走される能力……? うっ、頭が…… つまり、いままで通り仲間の回復が可能ってわけです。 ジョルノ自身はゴールドエクスペリエンスレクイエムの自動防御があるから怪我することはないにしても、ファミリーの仲間はそういうわけにもいきませんからね。 やさしくして! 感じる!アッー! これで今後も安心して怪我できるよ! よかったねミスタ! いっぱいやさしくしてもらいな!! ちなみにレクイエム化によってスタンドパワーも各段に上昇し、ボスですら未来予測ができるキングクリムゾンのエピタフなしでは反応できないかレベルまでスピードもパワーも向上。 敵の攻撃は受け付けないし一発殴った時点で勝ちなんだから、そんなにパワーが必要なのか怪しいけれど。 まとめ:ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力+オマケ• ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力は「 結果にたどり着かせない 」ことの応用。 敵がジョルノに攻撃を仕掛けた場合、自動的に「 攻撃した 」結果にたどり着けない時を巻き戻される。 ゴールドエクスペリエンスレクイエムの攻撃を受けたボスは「 死 」という結果にたどり着けず、無限に「 死 」への過程だけを繰り返すことになった。 なんとも描写がわかりにくいGER能力と、同じくわかりにくいキングクリムゾンの時間を吹き飛ばすスタンド能力。 さらにワケわからないシルバーチャリオッツのレクイエム能力。 あまりにアクロバットすぎる矢の奪い合い。 これらがごちゃごちゃしてるせいでわかりにくいですが、意外とシンプルなんですよね。 ちなみに最後まで読んだけどやっぱわかんなかったってあなた、多分GERに殴られてますね。 アナタが理解トイウ真実ニダトリ着クコトハ決シテナイ! アリーヴェデルチ。 Advertisement 関連する記事• 2019. 本記事ではジョジョ4部のラスボス 吉良吉影のスタンド能力、バイツァ・ダストの対処方法と、仗助[…]• 2019. 11 本体死後に発動するとあるスタンド能力により窮地に追い込まれたジョジョ5部の主人公らジョルノご一行。 回復能力を持つジョルノの両腕ごと敵を飛行機の外へ追[…]• 2019. 11 ジョジョにおける最強スタンド候補の一角、キングクリムゾン。 しかし「 強いのはわかったけどなにがなんだかよくわかんねーよ! 」って方多いのでは? 人間[…]• 2020. 10 時を止める能力のザ・ワールドをスタンドに持つDIO。 同じ能力のスタープラチナに敗れ、のちに登場するゴールデンエクスペリエンス・レクイエムなどインフレ[…]• 2019. 01 新元号の令和が発表されて間もない今日このころ。 その陰で日本の重要文化財に新しく「 事情を知らない転校生がグイグイくる。 」が加わりました。 からかい[…] コメント (1件)•

次の

【ジョジョ★】ザ・ワールドがレクイエム化した場合にありがちな事

スタンド レクイエム

1987年から連載を開始し、少年誌に掲載していながら作風は大人向けであり内容も少し複雑ながら注目を集めているのが「 ジョジョ」です。 特定の主人公が存在せず、その時代や背景に合わせて主人公が変わる設定を採用しているため、途中参入でも読み進めることができます。 そんなジョジョですが、最強のスタンドはどれなのか気になりますよね? ここでは、 ジョジョに登場するスタンドでどれが最強なのかについて、ランキング形式で発表していきます。 10位 「キングクリムゾン」…特殊な能力は絶対的な力を持つ ジョジョに登場する最強スタンドランキングで10位を獲得したのは、「 キングクリムゾン」です。 ジョジョファンが複数人集まれば、どのスタンドが一番強いのかについて議論が沸き起こるほど多くの人が関心を持つスタンド。 ファンの間では最強に近いスタンドと考えられているキングクリムゾンなので、10位という位置に違和感を覚える人が多いかもしれません。 キングクリムゾンは、「時間を消し去る」というあり得ない能力を持っており、絶対的な力があるものの攻撃手段という側面から見ると近距離。 応用しにくいという点を考えるならば、10位になっても仕方ないのです。 9位 「キラークイーン」…3種類の攻撃があり応用しやすい スタンド最強ランキングで9位にランクインしたのは、「 キラークイーン」です。 ジョジョファンの間では、キングクリムゾンのほうが圧倒的に強いと解釈する人も多いでしょうが、キラークイーンは応用が利きやすというメリットがあります。 第一の爆弾…触れたものを爆弾に変えてしまう• 第二の爆弾…センサーで体温を感知し追いかける• 第三の爆弾…非スタンド使いにとり付いて1日分の時間を巻き戻せる どれも強力な技ですが、発動条件が少し難しいので活躍できる場面が限られているんですね。 ですから、一つ一つが強力でありながらも、順位はあまり伸びずに9位止まりとなっています。 8位 「スケアリー・モンスターズ」…他者を恐竜化して支配できる 最強スタンドランキングで8位を獲得したのが、「 スケアリー・モンスターズ」です。 他者を恐竜化して支配できるだけでなく、自身を恐竜化して能力を大幅に高めることができます。 脚力や発達した爪は大きな脅威となり、生身の人間はすぐにやられてしまうでしょう。 スポンサーリンク その一方、止まっているものを視認することが出来なくなるという、致命的ともいえる欠点が備わっています。 ですから、使いどころが難しくスタンドを使う者がどれだけ奥深くまで考えていけるかによって、この能力の強さが変わってくるのです。 作中では、止まっているものを視認できない弱点を突かれ、ジャイロに敗北しました。 7位 「ウェザーリポート」…どんな敵とも戦える実体が存在しないスタンド ジョジョには多くのスタンドが登場しますが、中でも特異な能力として知られているのが、7位にランクインした「 ウェザーリポート」です。 高濃度酸素あるいはヘビーウェザーなどを使えば、初見で攻略するのは不可能なので相手をやっつけることが可能。 また、雨を降らせると相手の位置がすぐにわかるため、落雷による攻撃などを行えます。 応用力に優れている一方、実体を持たないスタンドなので基礎能力は非常に低いという 欠点があるんですね。 しかし、それを差し引いても実戦で十分に使えるところを考えるなら、強いスタンドだと言えるでしょう。 6位 「スタープラチナ」…時間を止めて攻撃できる反則技 ジョジョの最強スタンドランキングで、6位という結果になったのが「 スタープラチナ」です。 特徴は何と言っても、時間を止めて相手を攻撃できるという反則に近い能力を持っているという所。 相手が射程距離にいて、姿が見えているという前提がありますが、時間を止めてしまえば相手が気付かないうちに勝利できます。 そう、相手は何が起きたのか理解する前に勝負がついているので、非常に高い威力を持っていると伺えるでしょう。 スポンサーリンク 時を止められるのには制限があり、連続して能力を発動できない弱点があります。 広範囲に能力を行使できるスタンドを相手にすると分が悪く、手数の多い相手には不利な能力です。 それでも、屋内では絶大な威力を誇るため、多く登場するスタンドの中でもかなり厄介なものと言えるでしょう。 5位 「タスク」…4つの攻撃を持つ隙がないスタンド 5位にランクインしたのは、「 タスク」というスタンドです。 こちらは、4つの攻撃がありそれぞれに特徴がありますが、基本的には近距離に強いと考えられます。 爪を使っての攻撃という面では単純ですが、殺傷能力は十二分にあるので単体攻撃でもかなりの威力。 タスクの中でも、ACT4という攻撃は次元の壁を突破できるあり得ないもの。 着弾するならば防御は不可能であり、次元を移動できる大統領ですらこの攻撃を避けることができませんでした。 先手を取ることができれば、ほぼ負けないまでの能力を持っているので5位という順位は妥当でしょう。 4位 「ザ・ワールド」…周囲の時間を数秒間止めることができる 他の漫画やアニメなどでもネタとして使われるのが、「 ザ・ワールド」というスタンドです。 本体以外の時間を、少ない時間ですが止めることができる反則を通り越した能力を持っています。 それだけではなく、高い精密動作や身体能力を併せ持つので、どんな敵とも対等に戦うことができるため基礎能力も十分。 似たような技に「スタープラチナ」がありますが、そちらよりもザ・ワールドのほうが停止時間が長め。 ウェザーリポートなど、広範囲に至る能力に対しては若干の不安が残りますが、総合的に見るならこちらのほうが強いでしょう。 3位 「ハーヴェスト」…本体が出した命令に忠実に従う能力 ジョジョの最強スタンドランキングで3位にランクインしたのは、「 ハーヴェスト」と呼ばれる能力です。 こちらは、およそ500体もの自律するヴィジョンを持って、本体が出す命令に従い何でも集めてきます。 数が多いため遠距離戦では、広い範囲をカバーできるため圧倒的な強さを持ち得意分野に位置づけられています。 その反面、近距離では不安要素が残るものの、数を活かした攻撃で相手あを圧倒できるので 幅広い戦略が可能です。 弱点としては、姿を消せる相手を認識するのが難しく、空中に移動できる相手も探知しにくいという点でしょう。 2位 「ゴールドエクスペリエンスレクイエム」…行動や意思に関する力をゼロにできる 概念的な要素を持つスタンドとして、多くの読者から支持を集めているのが「 ゴールドエクスペリエンスレクイエム」というもの。 ジョルノ・ジョバァーナがこのスタンドを使うことで、読者に衝撃を与えました。 能力は、自我を持って行動や意思という、強さを引き出す基礎的な部分をゼロにできます。 このスタンドを相手にすると、真実へたどり着くことができずに、殴り飛ばされる相手は各地に飛ばされては死を繰り返し続けるのです。 攻撃力が強いというものではなく、その先にある相手の行動にまで作用するのが非常に厄介。 ジョジョの世界は腕力が全てという訳ではないと、このスタンドは照明してくれました。 1位 「メイド・イン・ヘブン」…生物以外の時間を速められる最強技 ジョジョの最強スタンドランキングで1位に輝いたのは、「 メイド・イン・ヘブン」です。 ジョジョファンなら誰もが絶望感を味わったスタンドであり、登場してから時間が経過しても語り継がれています。 このスタンドは、生物以外の時間を加速させることができる能力で、本体は加速した時間に合わせられます。 ですから周囲の動きがまるでスローモーションのように感じられるため、相手の攻撃などを簡単に見切られるのです。 また生物以外の時間を速められるので、 宇宙の寿命を縮めて一巡させ新しい世界へと運べるというまさに最強技。 周囲の世界が一巡しているので、人間は未来についての追体験が出来ていますが、その運命を変えることはできません。 まとめ ここでは、 ジョジョに登場するスタンドでどれが最強なのかについて、ランキング形式で発表していきました。 ジョジョには多くのスタンドが登場しますが、そのどれもが個性的でありそれぞれに長所や短所があるため魅力的です。 スタンドに順位を付けるのは、状況などによって大きく結果が変わるため難しいと言われています。 今回の結果も一つの参考程度に考えて頂き、ご自身の中でランキングを付けるときに考慮に入れるものにしておくと良いでしょう。

次の