白菜 の 黒い 斑点 は 何。 白菜の黒い斑点は食べても大丈夫?点々はゴマ症かと痛み古くなる目安

白菜の黒い点々は病気じゃないよ!白菜が頑張ったしるし「ゴマ症」のお話

白菜 の 黒い 斑点 は 何

徳本です。 気がつけば2月も終盤ですね。 3月になってもまだまだ寒い日はありますが、3月と聞くとぐっと春を身近に感じます。 気候が暖かくなって過ごしやすくなると嬉しいですが、寒いからこそ美味しい料理もたくさんあるので、それが少しずつ食卓に上がる回数が減っていくのは、少し寂しいものです。 その代表格は「鍋」ですよね。 鍋を食べる時によく使うのが、白菜。 今年も苦戦し、十分な量の収穫ができませんでした(汗) さて、この白菜ですが、スーパーなどで 白菜の葉に黒っぽい斑点があって「これって汚れかな? もしかして病気?」と思われた方、いらっしゃるんじゃないでしょうか? 一瞬、小さな虫がたくさん付着しているようにも見えますし、驚きますよね。 今日はこれについて少し解説してみましょう。 結論:食べても問題ありません この黒い斑点は、汚れとか、白菜の病気の類ではありません。 ですから、 食べても問題はありません。 白菜の黒い斑点は「ポリフェノール」 この黒い斑点の正体は、 ポリフェノール。 野菜を含め、ほぼすべての植物が持っている成分です。 このポリフェノールが、栽培環境や栽培方法によって白菜の表面に小さなかたまりとして出てきた状態で、一般的に「 ゴマ症」と呼ばれています。 「ゴマ症」になる理由は? 先に書いたように、栽培環境や栽培方法によって起こる現象なのですが、少し具体的に説明しますと、• 肥料をたくさんやり過ぎた*• 気温が高過ぎた• 気温が低過ぎた• 狭い場所で過密な状態で育ってしまった などです。 言ってみれば、白菜にストレスがかかってしまい、それが表面化した状態ですね。 僕たちの栽培した白菜では、ゴマ症の白菜は見られませんでしたが、気温など、自分たちではコントロールしづらい要因もあるので、完全に防ぐのはなかなか難しいかも知れませんね。 見た目が悪いので、不人気ですが まとめると、食べても問題ないですし*、黒い斑点はポリフェノール= むしろ健康のために積極的に摂取されている成分、なのです。 と聞いても「見た目が悪い」ということで、やはりスーパーなどで売られていても最後まで残ってしまいます。 売り場で人気がない、つまり商品価値が低いということになれば、 収穫されても出荷されず廃棄される、といったことにも繋がります。 できるだけゴマ症の白菜をつくらないという作り手側の努力も必要ですが、消費者の黒い斑点に対する誤解が、「なんだか気持ち悪い」という思考につながり、「買わない、食べない」という行動につながっているのですから、まず最初の誤解を解きたい! という、今回のエントリーでした。 鍋シーズン、もうすぐ終わりますので、たっぷり白菜食べましょう! *野菜の栽培に不可欠な要素でもある「窒素」の過多が要因の一つと言われています。 窒素が多いと硝酸値も高くなり、味がやや落ちる場合があります。 ARCHIVES•

次の

白菜の黒い斑点は食べても大丈夫?点々はゴマ症かと痛み古くなる目安

白菜 の 黒い 斑点 は 何

黒い斑点の正体とできる原因 白菜の葉っぱについている黒い斑点は、ゴマのように見えることから、 「ゴマ症」と呼ばれています。 ゴマ症 茎に黒い斑点が多数現れる現象。 実際には病害でも虫害でもなく、白菜がストレスを受けることによって発生するポリフェノールである。 美観を害する以外に発症による害はない。 出典:ウィキペディア 白菜がストレスを受けている…!なんだか人間みたいにストレスに必死で耐えているような図が浮かんできていじらしいような気がしてきました(笑)。 専門的には、 「生理障害」と言われます。 野菜の生理障害は、 栄養や温度の過不足によって、葉が変色したり、成長が鈍化するなどの障害が出ること。 白菜が、低温や栄養過多などのためにストレスを受けた際、ポリフェノールが酵素と反応して黒い斑点として現れると言われています。 ということは、 黒い点の正体はポリフェノール! ポリフェノールといえば、ほとんどの野菜に含まれていますが、特に赤ワインやコーヒーに多く含まれ、 抗酸化作用を持つことでよく知られていますよね。 近年では、食物繊維や5大栄養素に次ぐ栄養素として研究が行われているとか。 つまり、健康にいい栄養素なので、白菜の黒い斑点は、食べても全く問題がないのです。 ゴマ症が出ている白菜の味は? 食べても問題がないのはわかりましたが、味はどうなのでしょうか? 実は、やはり ゴマ症が出ていない白菜の方が甘みが強く美味しいと言われています。 ゴマ症は、収穫後に保存している間も、環境によってストレスを受けるとできることがあります。 ゴマ症の白菜があったら、なるべく早めに食べるようにしたほうがいいでしょう。 選ぶときは、なるべくゴマ症のない白菜を選ぶのが美味しい白菜を選ぶコツ、ということになりますね。 また、食べ物の見た目は、美味しさに大きく影響します。 なので、黒い斑点が気になって食欲がそがれるようなら、そぎ落とすといいでしょう。 でも、なるべくゴマ症が出ないよう努力している農家の方の苦労を考えたら、私は気にせずに食べようと思います。 実際、味が落ちると言われていますが、私は特に気になりませんでした。 中には、「むしろゴマ症の白菜の方が美味しい」という人もいるくらいです。

次の

白菜の黒い斑点は何?点々はポリフェノール?!食べても大丈夫?

白菜 の 黒い 斑点 は 何

スポンサードリンク 白菜の黒い斑点は『ゴマ症』 白菜の黒いてんてんはポリフェノール。 正式名称は「ゴマ症」といいます。 ゴマ症とは白菜の白い部分に 多数の黒い点々、 シミ状の黒い斑点が発生する現象のこと。 病原菌などのによるものではなく カビや虫でもありません。 栽培環境のストレスに 白菜の細胞が対応し ポリフェノールが蓄積したもの。 それが斑点状に出たものが黒い斑点ですから 食べても全く問題ありません^^ ゴマ症を虫やカビと勘違いし 農家に苦情が来る事も結構あるそうです。 ストレスの原因としては ゴマ症になる原因はストレス! 白菜のストレスとは下記のような状態。 窒素 肥料 の過剰• 高温、低温• 高密度で畑に植えられてしまった• 殺菌剤 銅を含む の多用• 収穫後の低温での長期保存 などが白菜のストレスの理由です。 それにしてもゴマ症の原因が ストレスだなんて なんだか人間と一緒。 白菜の世界も何かと大変ですね… 白菜のてんてんが 安全とわかれば、あとは食べるだけ! 今夜はお鍋にしようかな~?!.

次の