コロナ かかっ て ない 県。 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

兵庫県/新型コロナウイルスの対応について

コロナ かかっ て ない 県

新型コロナウイルスの感染者が確認されていない岩手県だが、駅利用者もマスク姿が目立つ=盛岡市のJR盛岡駅で2020年4月8日午前7時50分、小鍜冶孝志撮影 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 政府が首都圏や関西圏など7都府県を対象に初めて緊急事態宣言を発令する中、岩手、鳥取の2県では、感染者が今も確認されていない。 全国的に続々と新たな感染者が判明する中、踏みとどまっている2県。 各県の担当者や専門家に話を聞き、理由を探ってみた。 【小鍜冶孝志】 岩手県独自の対策があるのか、県のホームページ上で公開されている情報を確認してみた。 しかし、手洗いやうがい、アルコール消毒の推奨など一般的な予防策の記載が並び、目立った記述はない。 同県の担当者に、特別な感染予防対策があるのか聞いてみた。 三浦節夫・感染症担当課長は「もしあれば、こちらが教えてほしい」。 ただ、2県の共通点については「人の往来が少ない点は共通している」と話す。 鳥取県の推計人口は約55万人で全国で最も少ない。 岩手県も約122万人で全国で30番台の少なさだ。 岩手県の三浦課長は「当然ながら接触が少ないと感染するリスクも減る」と言う。

次の

コロナ禍で延期の県体ようやく開幕

コロナ かかっ て ない 県

かかっても治るのは既回答にある通りです。 重傷で死ぬのは、コロナウイルスに限らずインフルエンザでも同じです。 致死率も現在のところ、コロナウイルスがインフルエンザと比較して特別高いとは確定していません。 まず正しい情報を認識しましょう。 ここに書かれてある通り、コロナウイルスそれ自体は発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あるのです。 つまり以前から風邪や肺炎の原因のウイルスとされているものの総称です。 今回話題になっているものに「新型」とついているのはいままで認識されているものと遺伝子配列が違うから「新型」なのであって、通常のコロナウイルスに比べ感染してもすぐに症状に現れないという点で今注目されているのです。 よって感染が発覚した場合は、他人への感染を防ぐための処置が必要ですが、前にお話しした通り特別致死率が高いわけではありません。 正しい認識に基づいて生活すれば極端に怖がる必要はありません。 新型で詳細は不明ですが… 感染しても全く症状が出ない 患者さんも居るみたいですよ。 潜伏期間が1日から14日 本人は症状が無い為 熱も出ない咳もしない。 しかし他人には移す。 これがインフルやSARSとは、 違うみたいですよ。 呼吸器系のウィルスですから、 重症に成れば肺炎で亡くなる。 薬は無いです。 自己免疫力が勝負です。 高齢者や糖尿病患者さん等 免疫力が低い方が重症化すると、 当初は言われていました。 しかし健康な若い方も亡くなり、 わからないのがホントでしょ。 感染してる方と、 同じ空間に居れば移る。 感染していても咳しないなら、 空気で移ると考える方が無難 人混みは避けて、 なるべく自宅で過ごす。 世界WHOが非常事態宣言 滅多に無いですからね。 仮に感染すれば、 もちろん学校や仕事は休み 国に届け出が必要です。 感染者は毎日連絡が来ます。 今日から法改正され 検査拒否は出来ません。 武漢から帰国した方で、 2名が検査拒否しましたが、 今日から通用しません。 受診命令で隔離でしょ。 自分勝手な方は、 困っちゃいますよね。 目の粘膜からも感染するなら、 ウィルスから身を守る為に、 防護服が必要ですよね。 うがい手洗いして、 帰宅したら着替える。 バランスの良い食事と、 質の良い睡眠して、 いっぱい笑って、 自己免疫力を上げる。 各自が出来る対策は、 これくらいですよね。

次の

【新型コロナ】感染者が出ていない県!最新情報をチェック!

コロナ かかっ て ない 県

今回は、全国で広がっているコロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについて紹介していきます。 全国で猛威を振るっている「コロナウイルス」。 4月10日に、46都道府県で感染者が確認され、残る未確認の自治体は岩手県のみとなりました。 そこで、なぜ岩手県では確認されないのか調べてみました。 また、東京などの緊急事態宣言が出された地域からのいわゆる「コロナ疎開」の影響についても紹介します。 それでは、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けします。 是非最後までご覧下さい。 4月9日・10日と最後に残っていた3県のうち、島根県と鳥取県で感染者が確認されて、残る未確認の地域は岩手県のみとなってしまいました。 そこで、岩手県でなぜ感染者が出ないのか調べてみました。 ネット上のある記事では、「岩手独自の対策があるのか?」と疑問に思って、岩手県に取材したそうですが、、、 帰ってきた答えは、 「もしあれば、こちらが教えてほしい」とありました。 どうやら岩手県民の皆さんも、他の都道府県民の皆さんと同じく、手洗いうがいといった基本の対策を呼びかけているようです。 そこで、思い当たるのが次の2つの点です。 人口が少ないこと。 県の面積が大きいこと。 まず人口ですが、、、 岩手県の人口は 約122万人で、全国で 30番台と人口が少ない県です。 もちろん人が少なければ、接触する人数が減って感染のリスクは下がりますね! 次に県の面積ですが、岩手県の面積は 約15,000㎢で全国で 2番目の広さです。 人口密度も 80. ちなみにツイッターにもありますが、岩手県の県庁所在地盛岡市の人口は約29万人で、これは東京都の豊島区とほぼ同じ人口になります。 しかし面積を見ると、盛岡市は886㎢に対して豊島区は13㎢と大きく開きがあります。 つまり、岩手県では感染者が増えている東京などのように人が密集することがなく生活していることになります。 岩手県では盛岡市の人口が一番多いため、他の市町村はもっと少なくなります。 また盛岡市よりも面積が大きく、人口密度が低い市町村もあります。 このことから、 人口の少なさと県の面積の大きさが、少なからず影響していると思われますね! 感染者が出ていないのは本当? 感染者が確認されていないことは良いことなんですが、、、、、 一部では、「検査してないだけなんじゃ?」などといった声も聞かれます。 確かに岩手県のPCR検査数は、 全国で最も少なくなっています。 実態については専門家ではないので分かりませんが、濃厚接触者などにはしっかり検査をしていて、陰性が確認されています。 もちろん闇雲に検査をすれば良いというわけではありませんので、疑われる人にしっかりと検査をしてこの検査数になっている思います。 検査数に関しては、岩手県に検査をする機関が少なく1日の検査数の上限が少ないというのも関係しているかもしれませんね。 島根・鳥取・岩手の感染症病床数。 島根:12 鳥取:30 岩手:38 感染爆発が起きたら、あっという間に医療崩壊しそうです。 — ふる どうでしょう藩士 moonkiba 感染者が確認されていない岩手県ですが、1つ心配なことがあります。 普通ならば、帰省で久しぶりに再会したり、来県で観光業などに良い影響があるのですが、今回は心配されています。 ネット上で「コロナ疎開」という言葉まで飛び交っているように、コロナ感染者が確認された地域から、多くの方が訪れて岩手県で広まってしまうのでないかと言われています。 実際に盛岡市のバスターミナルには、首都圏からのバスから多くの方が降りてきています。 岩手県には、感染症の病床があまりありません。 そのため岩手県で感染が急速に広がってしまうと、重病の患者が入院できなくなったりする医療崩壊が起きやすくなってしまいます。 岩手県の達増拓也知事も、 緊急事態宣言の対象地域からの来県を自粛するように呼びかけており、どうしても来県した場合は 2週間の不要不急の外出自粛を要請しています。 緊急事態宣言の対象となっている7都府県の皆さんなどは、感染を広げないためにも自粛をお願いします! 岩手県民の反応は? 複雑な理由だけど、岩手が注目されました。 感染者ゼロだからってコロナ疎開はくれぐれもやめてほしい。 すでに避難民が来てるから感染者出るのも時間の問題。 地方の医療は脆弱なのです。 これ以上はやめてね。 — ホモと革ジャン wrx0323 それにコロナの検査や治療できる場所が他に比べてめちゃめちゃ少ないから、コロナ疎開で岩手に来るみたいなアホな選択はやめとけマジで。 自己責任。 — 乃助 gi4nosuke2 岩手に疎開してきても2週間『自粛』していただきますので、真面目に来ないでください。 時間とお金の無駄です。 — ランペイジこんくん Gathering Round! 岩手にコロナ疎開してごらん?万が一かかっても満足のいく治療は受けられない。 本気で来ない方いいよ — maya 4y*1y alice1011maya スポンサーリンク まとめ コロナから生き残った岩手県の遠野にあるカッパ淵へ、河童を釣りに行ったのはいい思い出。 岩手県民の皆さんも心配していますが、「感染者が出ていないから安心!!」などと言って、岩手県に行くのは絶対にやめて下さいね! では、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けしました。 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の