ファン ザ ライブ。 【簡単】FANZA(ファンザ)のチャットレディで稼ぐコツ

FANZAファンザ(元DMM)は稼げるの?ノンアダルトOK!怪しくないの?口コミ評判が知りたい!

ファン ザ ライブ

SUPER JUNIORがオンライン適合型コンサート「Beyond LIVE」による『SUPER JUNIOR LIVE - Beyond the SUPER SHOW』を5月31日に開催した。 ライブストリーミングサービス「Beyond LIVE」は、3DやAR 拡張現実 を用いた映像による演出や、マルチアングル機能を使った画面表示、インタラクティブ機能を使ったファンとのコミュニケーションなど、これまでのライブ生配信にはなかったさまざまな技術を使い、コンサートの新たな可能性を提示している。 (SUPER JUNIORのファンの愛称)たちを楽しませた。 3DとARを使って表現された西洋の宮殿のような煌びやかな建物の中へ目線が導かれると、スモークの中に豪奢な椅子が8つ並び、そこに全身白のスーツに彼らのチームカラーである青色に金の刺繍をあしらったマントを羽織ったイトゥク、イェソン、シンドン、ウニョク、ドンヘ、シウォン、リョウク、キュヒョンが座る。 王者の風格を漂わせる登場だ。 巨大なシャンデリアが下がり、メンバーの顔と名前がプリントされたフラッグがはためく中、一人一人の表情にスポットが当たるカメラワークで、歌う彼らの表情がアップで捉えられていく。 オフラインでのライブでは味わえない至近距離での歌唱シーンにワクワクが止まらない。 2曲目は今年1月にリリースされた最新曲「2YA2YAO! ヒップホップのダンスナンバーを、マントも外し、先ほどとは雰囲気を一変させて、8人でのフォーメーションダンスをメインに見せていく。 彼らお決まりの挨拶で「僕たちはSUPER JUNIORです」と言うと、ビジョンに映し出された多国籍のファンたちがリアルタイムで反応。 イトゥクは「ずっとE. のみんなに会いたかったから、こんな風に顔が見られてより近くに感じられる」と笑顔を見せ、シンドンも「不思議」と言いながら、技術の進化に感動していた。 彼ららしいユニークさをオンラインならではの方法を使って見せる。 さらにメンバーは全世界のファンとつながっているということで、さまざまな国の言葉を使って挨拶。 日本語はキュヒョンが担当し「SUPER JUNIORのパワフルなエネルギーを皆さんに伝えたいと思います。 思い切り楽しんでください。 みんな大好き!」とメッセージを送った。 パフォーマンスを前にウニョクは「『Beyond the SUPER SHOW』が新しいスタートという感じがしたので、今のSUPER JUNIORを作った意味のある曲を選んだ」と説明。 宮殿の中のような景色が万華鏡のようにクルクルと場面を変える不思議な空間で、14年前の楽曲を今の彼らだからこそ出せる大人の魅力も交えながら見せた。 音に合わせて次々と切り替わっていく映像と動きを合わせたり、レーザー光線を操るような動きを加えたり、オンラインらしい演出で魅せた「Sexy, Free & Single」「Mr. Simple」とヒット曲をメドレーで披露すると、キュヒョン、リョウク、イェソンのボーカルユニットSUPER JUNIOR-K. のブロックへ。 MCで6月8日に. 1st Mini Album『When We Were Us』をリリースすることを告知していた彼らは、収録曲の「Home」を世界初披露。 一画面を分割して、それぞれのソロと、全景、寄りと異なるアングルを一度に見せるマルチビュー機能を使い、各々特徴が違う3つの声色で紡ぐ極上のバラードを届ける。 星空から朝焼けとゆっくりと表情を変えていく空の映像に包まれる中に3人の歌声が響き、その歌に込めた感情が画面を超えて真っすぐ胸に響く。 ソロカメラではお互いに目線を合わせながら、タイミングを合わせる3人の細かな表情も捉えていて、生の歌声と、オンラインだからこその見え方で感動を増幅させた。 オフラインでは床面しか使えてなかったが、今回はステージを囲むすべてのビジョンの映像と動きを連動させる。 さらに、メンバーがステージに昇ったり、降りたりして見せていた変化も、パフォーマンスするメンバーだけをアップで捉えるというやり方で、オフラインのときよりも世界観を研ぎ澄ますことに成功。 曲の持つポテンシャルをさらに感じるものとなった。 アメリカ西部の街並みを彷彿とさせる景色の中、ARで目の前に車が現れたりする演出も加えつつ、何よりお互いの変な動きに笑顔がこぼれてしまったり、シウォンがリズムに合わせてシンドンのお尻を叩いてみたり、パフォーマンスしているメンバーの楽しそうな様子が印象的だった「Devil」を歌い終えると2回目のMCへ。 先のK. のステージを振り返って、イェソンが一節歌うと、輪唱のようにウニョクがイェソンのモノマネで歌ってみたり、ふざけ合いながらテンションもどんどん上がる。 そんな中で、この「Beyond LIVE」ならではの機能を使った「インタラクティブQ&A」のコーナーを実施。 ここではビデオチャットで繋がったファンたちと、リアルタイムにやり取りを行う。 日本のファンが「海外でパフォーマンスをするときに心がけていることは?」と質問。 するとイェソンは「雰囲気の変化が重要だと思います。 同じステージでも曲によって違う雰囲気にならないといけないと思います」と言い、キュヒョンは「皆さんがSUPER JUNIORのステージを見て感じるエネルギーのように、僕自身も楽しむエネルギーが大事だと思います。 僕らが楽しめば、見てるファンの方々もその気分を感じていると思います」と、それぞれ日本語を使って回答した。 さらにサプライズで東方神起のチャンミンが質問者として登場。 チャンミンは「韓国に住んでいるE. のチャンミンです」と挨拶。 仕事が忙しくないからライブを見ているんじゃないか、髪型を変えたんじゃないの?などと、続けざまにメンバーからいじられたり、ツッコミを入れられたりしながらも笑顔のチャンミン。 キュヒョンが前週に東方神起が「Beyond LIVE」を行ったことに触れ、ここまでの自分たちのステージについて尋ねると、「U」でイトゥクが鍛えた胸元を見せるために、わざと外したシャツのボタンを、ソロショットから外れると慌ててボタンをはめ直していた瞬間を指摘して、笑いを取り返す。 その後も絶妙なやり取りを繰り広げて、仲の良さをうかがわせた。 ARで歌詞が降ってきたり、目の前のセットが目まぐるしく変わったりと、曲の軽快な雰囲気を盛り上げる映像とともにパフォーマンスした「SUPER Clap」に続けて、ドンヘとウニョクによるユニット、SUPER JUNIOR-D&Eが「'Bout you」「OPPA OPPA」をメドレーで披露。 楽しい楽曲を、彼らしく思いっきり楽しく歌い、踊る。 「OPPA OPPA」では、楽屋で盛り上がる他のメンバーたちの様子がワイプで入ったり、画面の中のファンたちとコール&レスポンスをしたり、オンラインの強みを使ってさらに盛り上げた。 ドンヘとウニョクが衣装を着替えるのを待つ間、他のメンバーたちがステージに戻ってくる。 トークでつなごうとしていると、突然、背面のビジョンからARの巨大なシウォンが飛びだす。 小人にサイズに見えるメンバーを手のひらでなでたりしながら、巨大シウォンは決め台詞(?)「ノーチャレンジ、ノーチェンジ」も。 こんな大掛かりで笑える演出を挟んで来るのもSUPER JUNIORらしい。 一人一人の見せ場と、全員での見せ場とがバランスよくミックスされた楽曲で、個性豊かだが、団結力もある彼らの良さを改めて楽曲を通して反芻する。 『SUPER SHOW 8』では未公開だった部分も使っていた「Stay with Me」の映像に続き、人気だった制服姿のメンバーがコミカルにパフォーマンスする「Runaway」を披露。 キュヒョンが、歌っているメンバーに抱きついたりもして、いたずらっ子らしい一面も見せてファンを楽しませた。 リョウクは「オンラインでもオフラインでも皆さんの愛は一緒」と言い、ドンヘは「今年はもう(ファンと)会えないかも知れないと思っていたが、こうやって『Beyond LIVE』を通して会えて幸せ」とほほ笑む。 ウニョクは実は、『SUPER SHOW 8』のアンコールコンサートを計画していて、新しいセットリストや新曲披露も考えていたが、それができなかった残念な気持ちも明かしつつ「新しいSUPER SHOWで会えることを願っている」と呼びかけた。 ライブの締めくくりは「Shining Star」。 途中、画面に映し出されたファンに、さまざまな言語で語り掛ける場面も。 さらにイトゥクがE. へのプレゼントと言うと、天井にARで「E. 最後はメンバーと画面のファンが一緒に歌い、SUPER JUNIORにとって初のオンラインライブとなった『Beyond the SUPER SHOW』は幕を閉じた。 SUPERMAN M2. 2YA2YAO! U M4. Simple M5. Home M6. Heads Up M7. Devil M8. SUPER Clap M9. Sorry, Sorry M12. Runaway M13. Shining Star (ザテレビジョン・文=瀧本幸恵).

次の

【簡単】FANZA(ファンザ)のチャットレディで稼ぐコツ

ファン ザ ライブ

がオンライン適合型コンサート「Beyond LIVE」による『 SUPER JUNIOR LIVE - Beyond the SUPER SHOW』を5月31日に開催した。 ライブストリーミングサービス「Beyond LIVE」は、3DやAR 拡張現実 を用いた映像による演出や、マルチアングル機能を使った画面表示、インタラクティブ機能を使ったファンとのコミュニケーションなど、これまでのライブ生配信にはなかったさまざまな技術を使い、コンサートの新たな可能性を提示している。 ( SUPER JUNIORのファンの愛称)たちを楽しませた。 迫力の歌唱シーンで幕開け! 1曲目を飾ったのは「SUPERMAN」。 3DとARを使って表現された西洋の宮殿のような煌びやかな建物の中へ目線が導かれると、スモークの中に豪奢な椅子が8つ並び、そこに全身白のスーツに彼らのチームカラーである青色に金の刺繍をあしらったマントを羽織ったイトゥク、イェソン、シンドン、ウニョク、ドンヘ、シウォン、リョウク、キュヒョンが座る。 王者の風格を漂わせる登場だ。 巨大なシャンデリアが下がり、メンバーの顔と名前がプリントされたフラッグがはためく中、一人一人の表情にスポットが当たるカメラワークで、歌う彼らの表情がアップで捉えられていく。 オフラインでのライブでは味わえない至近距離での歌唱シーンにワクワクが止まらない。 2曲目は今年1月にリリースされた最新曲「2YA2YAO! ヒップホップのダンスナンバーを、マントも外し、先ほどとは雰囲気を一変させて、8人でのフォーメーションダンスをメインに見せていく。

次の

<SUPER JUNIOR>初のオンラインライブ開催!最新技術で「(ファンが)より近くに感じられる」メンバーも大興奮(ザテレビジョン)

ファン ザ ライブ

SUPER JUNIORがオンライン適合型コンサート「Beyond LIVE」による『SUPER JUNIOR LIVE - Beyond the SUPER SHOW』を5月31日に開催した。 ライブストリーミングサービス「Beyond LIVE」は、3DやAR 拡張現実 を用いた映像による演出や、マルチアングル機能を使った画面表示、インタラクティブ機能を使ったファンとのコミュニケーションなど、これまでのライブ生配信にはなかったさまざまな技術を使い、コンサートの新たな可能性を提示している。 (SUPER JUNIORのファンの愛称)たちを楽しませた。 3DとARを使って表現された西洋の宮殿のような煌びやかな建物の中へ目線が導かれると、スモークの中に豪奢な椅子が8つ並び、そこに全身白のスーツに彼らのチームカラーである青色に金の刺繍をあしらったマントを羽織ったイトゥク、イェソン、シンドン、ウニョク、ドンヘ、シウォン、リョウク、キュヒョンが座る。 王者の風格を漂わせる登場だ。 巨大なシャンデリアが下がり、メンバーの顔と名前がプリントされたフラッグがはためく中、一人一人の表情にスポットが当たるカメラワークで、歌う彼らの表情がアップで捉えられていく。 オフラインでのライブでは味わえない至近距離での歌唱シーンにワクワクが止まらない。 2曲目は今年1月にリリースされた最新曲「2YA2YAO! ヒップホップのダンスナンバーを、マントも外し、先ほどとは雰囲気を一変させて、8人でのフォーメーションダンスをメインに見せていく。 彼らお決まりの挨拶で「僕たちはSUPER JUNIORです」と言うと、ビジョンに映し出された多国籍のファンたちがリアルタイムで反応。 イトゥクは「ずっとE. のみんなに会いたかったから、こんな風に顔が見られてより近くに感じられる」と笑顔を見せ、シンドンも「不思議」と言いながら、技術の進化に感動していた。 彼ららしいユニークさをオンラインならではの方法を使って見せる。 さらにメンバーは全世界のファンとつながっているということで、さまざまな国の言葉を使って挨拶。 日本語はキュヒョンが担当し「SUPER JUNIORのパワフルなエネルギーを皆さんに伝えたいと思います。 思い切り楽しんでください。 みんな大好き!」とメッセージを送った。 パフォーマンスを前にウニョクは「『Beyond the SUPER SHOW』が新しいスタートという感じがしたので、今のSUPER JUNIORを作った意味のある曲を選んだ」と説明。 宮殿の中のような景色が万華鏡のようにクルクルと場面を変える不思議な空間で、14年前の楽曲を今の彼らだからこそ出せる大人の魅力も交えながら見せた。 音に合わせて次々と切り替わっていく映像と動きを合わせたり、レーザー光線を操るような動きを加えたり、オンラインらしい演出で魅せた「Sexy, Free & Single」「Mr. Simple」とヒット曲をメドレーで披露すると、キュヒョン、リョウク、イェソンのボーカルユニットSUPER JUNIOR-K. のブロックへ。 MCで6月8日に. 1st Mini Album『When We Were Us』をリリースすることを告知していた彼らは、収録曲の「Home」を世界初披露。 一画面を分割して、それぞれのソロと、全景、寄りと異なるアングルを一度に見せるマルチビュー機能を使い、各々特徴が違う3つの声色で紡ぐ極上のバラードを届ける。 星空から朝焼けとゆっくりと表情を変えていく空の映像に包まれる中に3人の歌声が響き、その歌に込めた感情が画面を超えて真っすぐ胸に響く。 ソロカメラではお互いに目線を合わせながら、タイミングを合わせる3人の細かな表情も捉えていて、生の歌声と、オンラインだからこその見え方で感動を増幅させた。 オフラインでは床面しか使えてなかったが、今回はステージを囲むすべてのビジョンの映像と動きを連動させる。 さらに、メンバーがステージに昇ったり、降りたりして見せていた変化も、パフォーマンスするメンバーだけをアップで捉えるというやり方で、オフラインのときよりも世界観を研ぎ澄ますことに成功。 曲の持つポテンシャルをさらに感じるものとなった。 アメリカ西部の街並みを彷彿とさせる景色の中、ARで目の前に車が現れたりする演出も加えつつ、何よりお互いの変な動きに笑顔がこぼれてしまったり、シウォンがリズムに合わせてシンドンのお尻を叩いてみたり、パフォーマンスしているメンバーの楽しそうな様子が印象的だった「Devil」を歌い終えると2回目のMCへ。 先のK. のステージを振り返って、イェソンが一節歌うと、輪唱のようにウニョクがイェソンのモノマネで歌ってみたり、ふざけ合いながらテンションもどんどん上がる。 そんな中で、この「Beyond LIVE」ならではの機能を使った「インタラクティブQ&A」のコーナーを実施。 ここではビデオチャットで繋がったファンたちと、リアルタイムにやり取りを行う。 日本のファンが「海外でパフォーマンスをするときに心がけていることは?」と質問。 するとイェソンは「雰囲気の変化が重要だと思います。 同じステージでも曲によって違う雰囲気にならないといけないと思います」と言い、キュヒョンは「皆さんがSUPER JUNIORのステージを見て感じるエネルギーのように、僕自身も楽しむエネルギーが大事だと思います。 僕らが楽しめば、見てるファンの方々もその気分を感じていると思います」と、それぞれ日本語を使って回答した。 さらにサプライズで東方神起のチャンミンが質問者として登場。 チャンミンは「韓国に住んでいるE. のチャンミンです」と挨拶。 仕事が忙しくないからライブを見ているんじゃないか、髪型を変えたんじゃないの?などと、続けざまにメンバーからいじられたり、ツッコミを入れられたりしながらも笑顔のチャンミン。 キュヒョンが前週に東方神起が「Beyond LIVE」を行ったことに触れ、ここまでの自分たちのステージについて尋ねると、「U」でイトゥクが鍛えた胸元を見せるために、わざと外したシャツのボタンを、ソロショットから外れると慌ててボタンをはめ直していた瞬間を指摘して、笑いを取り返す。 その後も絶妙なやり取りを繰り広げて、仲の良さをうかがわせた。 ARで歌詞が降ってきたり、目の前のセットが目まぐるしく変わったりと、曲の軽快な雰囲気を盛り上げる映像とともにパフォーマンスした「SUPER Clap」に続けて、ドンヘとウニョクによるユニット、SUPER JUNIOR-D&Eが「'Bout you」「OPPA OPPA」をメドレーで披露。 楽しい楽曲を、彼らしく思いっきり楽しく歌い、踊る。 「OPPA OPPA」では、楽屋で盛り上がる他のメンバーたちの様子がワイプで入ったり、画面の中のファンたちとコール&レスポンスをしたり、オンラインの強みを使ってさらに盛り上げた。 ドンヘとウニョクが衣装を着替えるのを待つ間、他のメンバーたちがステージに戻ってくる。 トークでつなごうとしていると、突然、背面のビジョンからARの巨大なシウォンが飛びだす。 小人にサイズに見えるメンバーを手のひらでなでたりしながら、巨大シウォンは決め台詞(?)「ノーチャレンジ、ノーチェンジ」も。 こんな大掛かりで笑える演出を挟んで来るのもSUPER JUNIORらしい。 一人一人の見せ場と、全員での見せ場とがバランスよくミックスされた楽曲で、個性豊かだが、団結力もある彼らの良さを改めて楽曲を通して反芻する。 『SUPER SHOW 8』では未公開だった部分も使っていた「Stay with Me」の映像に続き、人気だった制服姿のメンバーがコミカルにパフォーマンスする「Runaway」を披露。 キュヒョンが、歌っているメンバーに抱きついたりもして、いたずらっ子らしい一面も見せてファンを楽しませた。 リョウクは「オンラインでもオフラインでも皆さんの愛は一緒」と言い、ドンヘは「今年はもう(ファンと)会えないかも知れないと思っていたが、こうやって『Beyond LIVE』を通して会えて幸せ」とほほ笑む。 ウニョクは実は、『SUPER SHOW 8』のアンコールコンサートを計画していて、新しいセットリストや新曲披露も考えていたが、それができなかった残念な気持ちも明かしつつ「新しいSUPER SHOWで会えることを願っている」と呼びかけた。 ライブの締めくくりは「Shining Star」。 途中、画面に映し出されたファンに、さまざまな言語で語り掛ける場面も。 さらにイトゥクがE. へのプレゼントと言うと、天井にARで「E. 最後はメンバーと画面のファンが一緒に歌い、SUPER JUNIORにとって初のオンラインライブとなった『Beyond the SUPER SHOW』は幕を閉じた。 SUPERMAN M2. 2YA2YAO! U M4. Simple M5. Home M6. Heads Up M7. Devil M8. SUPER Clap M9. Sorry, Sorry M12. Runaway M13. Shining Star (ザテレビジョン・文=瀧本幸恵).

次の