横浜 から 鎌倉 電車。 どのルートがベスト!?東京〜鎌倉・江の島間のお得なアクセスはコレだ

鎌倉へのアクセス・行き方【車・電車では?横浜・東京からは?】

横浜 から 鎌倉 電車

鎌倉・江の島エリアの基礎知識 鎌倉・江の島の歴史 鎌倉幕府として1192年から150年間政治の中心であったことで有名な鎌倉ですが、その歴史は古く、旧石器時代の石器や縄文時代や弥生時代、古墳時代の遺跡や遺物も見つかっています。 江ノ島は神奈川県藤沢市にある相模湾に浮かぶ島です。 片瀬海岸とつながっている陸繋島で、近江竹生島と安芸の宮島と並んで三大弁財天の一つとされています。 鎌倉の観光スポット サムライの都として国内外から人気の観光地、古都・鎌倉。 東京からも約1時間でアクセスの良さと、自然の多い地域です。 源頼朝により建設された鶴岡八幡宮、鎌倉の大仏として有名な高徳院をはじめ、竹林が美しい報国寺、あじさいで有名な長谷寺など神社仏閣、歴史的建造物が数多く、四季折々の自然も満喫できます。 江の島の観光スポット 海に面した江の島。 湘南のシンボルとして人気の「江の島展望灯台」からは、富士山や伊豆半島などが望めます。 夜にはライトアップされデートスポットとしてもおすすめ。 江ノ島を司る弁財天が現れた岩場とされている「江の島岩屋」、海沿いに位置し、迫力のあるイルカショーなどが楽しめる新江ノ島水族館はファミリー、カップルにおすすめです。 鎌倉・江の島の名物、グルメと言えばコレ! 古い歴史ある鎌倉には、長く続く老舗のお店が数多くあります。 鎌倉名物のしらすを味わうなら、生しらすと釜揚げしらすがたっぷり乗った二色丼が人気の「しらすや腰越漁港前店」がおすすめ。 他にも行列のできるカレー店や蕎麦はもちろん、わらび餅が有名な「段葛 こ寿々」はランチや観光の休憩にぜひ立ち寄ってみてください。 鎌倉・江の島ゆかりの人物 都心からアクセスしやすい鎌倉・江の島周辺は、源氏ゆかりの地として知られています。 街のあちこちに鎌倉幕府の創始者・源頼朝の足跡を感じることができる歴史的なスポットが点在しています。 頼朝が創建した鶴岡八幡宮をはじめ、三代にわたり政務を行った大倉幕府跡や頼朝の墓など、鎌倉駅から徒歩でも気軽にアクセスできるので、鬼武者・頼朝に思いをはせながらの歴史散策もおすすめですよ。 鎌倉・江の島ゆかりのロケ地 鎌倉・江の島エリアゆかりのロケ地といえば、スラムダンクの聖地・鎌倉高校前の踏切が人気のスポットです。 海外からのアニメファンが数多くアクセスしていることでも知られており、海をバックにした踏切のワンシーンを撮影する観光客でにぎわっています。 鎌倉に暮らす姉妹を描いた映画「海街diary」のロケ地としても有名で、住まいが設定された極楽寺駅や御霊神社などは、映画ファンが訪れる聖地になっています。 鎌倉・江の島のインスタ映えスポット インスタ映えスポットが多い鎌倉・江の島エリアではずせないのは、なんといっても高徳院の鎌倉大仏です。 人気の構図は、青空と大仏さまのやさしいお顔のショット。 花見のシーズンには、お花越しに撮影するのもおすすめです。 湘南エリアの海沿いのカフェなら、ドリンク越しに青い海を狙うのもステキです。 七里ガ浜周辺には、インスタ映えするカフェやショップも点在しているので、ベストショットを狙ってみてはいかがですか。 東京〜鎌倉・江の島間のおすすめ移動プランを紹介 【JR】鎌倉・江ノ島パスを利用する 鎌倉・江の島エリアのJR線、湘南モノレール線、江ノ電が700円で1日乗り降りし放題になるお得な切符です。 JR東日本の大船、藤沢、鎌倉、北鎌倉の各駅にある自動券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ大船駅、びゅうプラザ藤沢駅にて購入できます。 鎌倉・江ノ島パスフリーエリア 鎌倉・江ノ島パスは、大船駅・藤沢駅が起点にとなります。 東京駅や新宿駅から大船駅、藤沢駅への行き方を紹介します。 利用路線によって所要時間・運賃が異なりますので注意が必要です。 (運賃はICカード利用時のものとなります。 北鎌倉や西鎌倉へ足を延ばして観光したいときには、この切符がとてもお得です! 広告 【小田急】江の島・鎌倉フリーパスを利用する 新宿駅から藤沢駅・片瀬江ノ島駅までの往復と、江ノ電1日乗り放題がセットになって1,470円という大変お得な切符です。 普通に新宿~藤沢間を往復するだけでも1,172円ですので、298円で江ノ電が1日乗り放題になってしまいます。 また、新宿以外の小田急線の駅を起点として料金設定がされているので、最寄りの小田急線の駅から利用できるのも便利です。 西武鉄道線や相模鉄道、東急田園都市線との乗り入れもされていますのでさらに便利な切符といえるでしょう。 また、この切符を利用して江の島・鎌倉観光をする際には、周辺施設での優待が受けられます。 入館料が一部割引になったり、ちょっとした記念品がもらえたりしますので、ぜひとも利用しましょう。 サービスの内容は時期によって異なりますので、詳しくは駅に設置されているリーフレットを確認して下さい。 フリーパスに特急料金をプラスすることで、ロマンスカーを利用することもできます。 ちょっとリッチな気持ちで楽しみたいときや、たっぷり遊んで疲れた時には全席指定のロマンスカーを利用するのもいいでしょう。 【江ノ島電鉄】のりおりくん 鎌倉・湘南 - 散歩・街歩き ,観光名所 都心からも日帰りで楽しむことが可能な古都鎌倉、恋人とデートしたい街ナンバー1になるほどの、人気の街となっています。 では実際に、鎌倉に来た時にはどこに行きますか?鎌倉の見所は数多く存在し、しかも移動距離や、駅からの距離も結構あるので、なにも考えて行かないと大変疲れてしまいます。 気がついたら夕方…なんて事にならないように、こちらでは、愛を育むデートスポットをご紹介しています。 ロマンチックな文学館を始めとして、絶景のスポットや、一度は見ておきたい大きな大仏様に、2人がずっと一緒にいられるという鐘などをまとめています。 「鎌倉でデートしよう!」思わず言いたくなりますよ! 鎌倉・湘南 - 観光名所 6月の鎌倉と言えば何を思い浮かべますか?暖かな陽気の春と、太陽と海が主役の夏の間の、ジメジメとした梅雨の時期。 そんな普通ならちょっと気分が滅入ってしまいそうな時期ですが、鎌倉には多くの人たちを惹き付ける魅力があります。

次の

鎌倉へのアクセス・行き方【車・電車では?横浜・東京からは?】

横浜 から 鎌倉 電車

東京方面から鎌倉を訪れる場合は何と言っても電車が便利です。 自動車の場合、鎌倉の出入口周辺は山に囲まれており、ルートも限られているため、鎌倉の出入口各所で渋滞が起きやすくなっています。 ここでは電車を利用して鎌倉へお越しになる手順をご紹介しています。 東京方面から鎌倉を訪れる場合は何と言っても電車が便利です。 自動車の場合、鎌倉の出入口周辺は山に囲まれており、ルートも限られているため、鎌倉の出入口各所で渋滞が起きやすくなっています。 ここでは電車を利用して鎌倉へお越しになる手順をご紹介しています。 電車で鎌倉を目指す際のキーワードはJR横須賀線 初めて鎌倉を目指す場合、どんな路線に乗車すればいいの?乗換えはあるの?などが気になる所ですが、東京から鎌倉を目指す場合はJRの電車を利用する事になります。 JRの中でも鎌倉は、JR横須賀線という路線に属していますので、JR横須賀線を利用して鎌倉駅を目指す事になります。 東京や新橋、品川方面から鎌倉駅を目指す場合のアクセス方法 電車で鎌倉を目指す場合には2つの方法があります。 1つ目は東京駅や新橋駅、品川駅などからJR横須賀線に乗車する方法。 この方法の場合は乗換えなしで、そのまま1本でJR鎌倉駅に到着する事ができます。 もう1つはJR東海道線を利用する方法です。 この場合は横浜を過ぎて大船(おおふな)という駅で一旦下車し、JR横須賀線に乗り換えてJR鎌倉駅を目指す事になります。 JR東海道線は東京駅や新橋駅、品川駅や横浜駅を経て最終的には東海道に沿って藤沢や小田原方面に続く路線です。 そのため鎌倉駅を目指すには、JR東海道線とJR横須賀線の分岐点となる大船駅でJR横須賀線に乗り換える必要があります。 ちなみに所用時間の目安ですが、JR品川駅から横須賀線で鎌倉を目指す場合、乗車時間は約45~50分程度です。 JR東海道線で鎌倉を目指す場合は、途中大船駅で乗換えが必要ですが、電車の乗り継ぎがスムーズに進めば約40~45分程度でJR鎌倉駅に到着する事ができます。 新宿、渋谷、恵比寿方面から鎌倉駅を目指す場合のアクセス方法 新宿、渋谷、恵比寿方面から鎌倉駅を目指す場合は、「湘南新宿ライン」という電車に乗車すれば大丈夫です。 湘南新宿ラインとはその名前の通り新宿、渋谷方面から湘南へダイレクトにアクセスできる電車になりますが、湘南新宿ラインの場合でも藤沢、小田原方面と逗子、久里浜方面の2つの電車があるので注意が必要です。 湘南新宿ラインでJR鎌倉駅を目指す場合には行き先をしっかりと確認する必要があります。 行き先が逗子や横須賀、久里浜と書かれている場合には乗車すれば1本でそのまま鎌倉駅を目指す事ができます。 行き先が国府津や小田原と記載されている場合には、途中の大船駅にてJR横須賀線へ乗り換える必要があるので注意しましょう。 初めて電車で鎌倉を目指す場合、アクセス方法がわかりずらくて時間がかかってしまうケースもあると思いますので、事前にJR横須賀線やJR東海道線の時刻表を調べておくのがいいと思います。 東京から1時間以内で目指せる癒しの場所、鎌倉へぜひ皆さんお越しくださいね。 「東京駅」から「鎌倉駅」へのアクセス・地図.

次の

鎌倉へのアクセス・行き方【車・電車では?横浜・東京からは?】

横浜 から 鎌倉 電車

JR線での鎌倉アクセス JR線なら東京方面から鎌倉にダイレクトアクセスが可能 主要駅のみ表記しています 東京・横浜方面から鎌倉へ向かうにはJR線が便利です。 中心となる鎌倉駅へはJR横須賀線と湘南新宿ラインの2路線が乗り入れています。 1 北関東や千葉といった遠方からもダイレクトにアクセスできるのがJR線の強みです。 どちらの路線も,横浜駅からは並走するので停車駅は同じです。 鎌倉には直通していませんが,東海道線と上野東京ラインは横須賀線や湘南新宿ラインよりも停車駅が少ないので速達性があります。 その場合,戸塚駅や大船駅での乗換えが必要です。 東京駅や新宿駅など都内の主要駅からの所要時間は1時間以内。 横浜駅からは25分ほどです。 江の島方面へ行く際は,大船駅で湘南モノレールに乗り換える方法と, JR東海道線の藤沢駅から江ノ島電鉄 江ノ電 もしくは小田急江ノ島線に乗換える方法があります。 次に,各路線の詳しいアクセス方法をご紹介します。 横須賀線 千葉方面 JR横須賀線の車両 E217系 2015. 1撮影 横須賀線は,東京駅から横浜を経由し横須賀市の久里浜駅を結ぶ路線。 東京駅から総武本線に直通していますので,千葉方面からのアクセスも良好です。 逗子,久里浜,横須賀行きのいずれに乗っても鎌倉駅まで行くことができます。 千葉駅から鎌倉駅までの停車駅は稲毛、津田沼、船橋、市川、新小岩、錦糸町、馬喰町、東日本橋、東京、新橋、品川、西大井、武蔵小杉、新川崎、横浜、保土ヶ谷、東戸塚、戸塚、大船、北鎌倉。 総武線内は快速運転のため停車駅が少ないのが特徴です。 所要時間は千葉駅から約1時間40分,東京駅から約1時間。 運転本数は少ないですが, 成田空港駅からの直通列車があります。 空港から乗り換えなしで鎌倉駅まで行くことができる唯一の交通手段です。 また,特急の成田エクスプレス NEX が成田空港から北鎌倉駅の一つ手前の大船駅まで運行しています。 すべての列車に2回建てのグリーン車が連結されています。 グリーン車は別料金のため,券売機でグリーン券を購入することで乗車できます。 車内で購入すると割高なので,乗車前に購入するのがオススメです。 グリーン券は平日よりも土日のほうが金額が安いのも特徴です。 湘南新宿ライン 埼玉・栃木・群馬方面 湘南新宿ラインの車両 E233系 2018. 9撮影 湘南新宿ラインは東京都心を介して北関東と,神奈川県を結ぶ路線です。 同じ湘南新宿ラインでも行き先の異なる2種類の系統があり,毎時2本ずつ計4本が運転されています。 宇都宮線~横須賀線に乗り入れる系統 宇都宮,小金井〜逗子駅間 2. 高崎線~東海道線に乗り入れる系統 高崎,籠原〜平塚,国府津,小田原駅間 鎌倉に行く場合は, 宇都宮線から横須賀線に乗り入れる逗子行きの列車に乗るのがおススメです。 途中で乗り換えの必要もなく非常に便利です。 東海道線方面の平塚行きや,小田原行きに乗車した際は,戸塚駅や大船駅で横須賀線に乗り換えます。 大宮駅から横浜駅までの停車駅は浦和、 赤羽、 池袋、 新宿、 渋谷、恵比寿、大崎、西大井、武蔵小杉、新川崎、横浜です。 途中の西大井駅から先は横須賀線と同じ路線を走るため,停車駅は同じですが, 湘南新宿ラインの快速は西大井と新川崎駅を通過します。 大宮駅からの所要時間は約1時間半,新宿駅から約1時間です。 すべての列車に2回建てのグリーン車が連結されています。 東海道線・上野東京ライン 埼玉・栃木・群馬方面 東海道線は東京駅から川崎や横浜を経由して,静岡方面を結ぶ大動脈です。 鎌倉駅に直通していないため,途中駅で1度乗り換える必要がありますが,他の路線に比べて停車駅が少ないため速達性があります。 東京駅や品川駅から,乗換案内などを利用して経路検索をすると東海道線の利用を推奨される場合も多いです。 日中は上野東京ラインとして運転しており,高崎線または宇都宮線と直通運転を行っています。 湘南新宿ラインと混同されがちですが,両者の違いは東京都心部での経路と停車駅です。 【上野東京ライン】赤羽,尾久,上野,東京,品川駅 【湘南新宿ライン】赤羽,池袋,新宿,渋谷,恵比寿,大崎駅 湘南新宿ラインが新宿駅をはじめとする山手線の西側半分を走っているのに対して,上野東京ラインは東側半分を走っています。 大宮駅から大船駅までの停車駅は,さいたま新都心、浦和、赤羽、尾久、上野、東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚です。 大宮から横浜までの区間は京浜東北線が並走しています。 大宮駅からの所要時間は大宮駅から約1時間半,新宿からは1時間弱です。 乗換えは大船駅もしくは戸塚駅で行うものとして計算しています。 すべての列車に2階建てのグリーン車が連結されています。 新横浜駅から鎌倉へ JR横浜線の車両 E233系 2018. 12月撮影 東海道新幹線を利用して鎌倉に行く際は,新横浜駅が最寄り駅です。 新横浜駅にはのぞみ号を含めたすべての列車が停車します。 新横浜駅から鎌倉までは2回乗り換えが必要です。 まず,JR横浜線に乗り換えて横浜駅を目指します。 横浜線はその名前とは裏腹に横浜駅まで直通しない列車がありますので注意が必要です。 根岸線直通の桜木町行きや,磯子行き乗車すれば横浜駅まで行くことができます。 快速列車でも大丈夫です。 横浜駅では横須賀線または湘南新宿ラインの久里浜行きもしくは,逗子行きに乗り換えます。 1度乗り換えが必要ですが,途中の大船駅までなら東海道線も利用できます。 江の島方面に行きたい場合も,大船駅で湘南モノレールに乗り換えとなりますので,東海道線が利用できます。 乗り換え時間を含めた所要時間は45分程度,運賃は570円。 鎌倉・江ノ島パス 鎌倉と江の島エリアの鉄道が1日乗り放題になるお得なきっぷです。 JR線 大船-藤沢間,大船-鎌倉間 に加え,江ノ島電鉄と湘南モノレールの全線が乗り降り自由。 江ノ電や湘南モノレールでも独自のフリーパスを発売していますが,別会社の3路線すべて利用することができるのは鎌倉・江ノ島パスのみです。 金額は おとな710円,こども350円。 たとえば,大船駅から鎌倉駅へ行き,観光をしてから江ノ電で江ノ島駅まで行くと414円。 復路は湘南江ノ島駅から湘南モノレールで大船駅に戻ると310円。 それだけで元が取れてしまいます。 鎌倉と江の島どちらも楽しみたい方にはとてもおすすめのきっぷです。 発売時期:通年 発売場所:エリア内指定駅の自動券売機およびみどりの窓口 藤沢駅,大船駅,北鎌倉駅,鎌倉駅の4駅 鎌倉・江の島パスの使い方について紹介しています 休日お出かけパス 休日お出かけパスはJR東日本が販売しているフリーきっぷです。 こちらは東京や神奈川以外の関東圏から鎌倉に訪れる方におススメです。 フリーエリアに指定された東京近郊のJR路線に加え,東京モノレールとりんかい線が乗り放題。 詳しくは東京埼玉神奈川県内のほぼすべての路線と,埼玉栃木茨城県の一部路線も含まれます。 乗車できるのは普通列車に限られますが,別途特急券を購入することで特急にも乗車可能です。 金額はおとな2,720円,こども1,360円。 金額だけを見ると高く感じるかもしれませんが,埼玉県や千葉県などの中距離から鎌倉を訪れる際は,往復するだけでもお得です。 参考までにエリア内の主要駅からの往復運賃を載せてみます。 大宮駅~鎌倉駅:2,900円 【180円のお得】 千葉駅~鎌倉駅:3,220円 【500円のお得】 取手駅~鎌倉駅:3,220円 【500円のお得】 乗車距離が遠ければ遠いほどお得。 ちなみに埼玉県の熊谷駅や栃木県の小山駅,千葉県の成田空港駅もフリーエリアに含まれています。 フリーパスなので現地での乗り降りや,横浜や都内で途中下車をすればさらにお得になります! ちなみに休日お出かけパスはその名の通り,利用できる日が決まっています。 土休祝日とGWや夏休みなどの特定の日にしか利用できませんのでご注意ください。 利用日当日の購入もできます。 長期休暇期間であれば,青春18きっぷなどさらに安いきっぷもあります。 発売時期:土休日,GW,夏休み,年末年始 発売場所:フリーエリア内の主な駅の指定席券売機 みどりの窓口,びゅうプラザ 参考URL:.

次の