ご 都合 の よろしい とき に。 都合がつかないの敬語は?都合が悪い時のビジネスメールでの断わり方!

「都合が悪い」の敬語は何?仕事で使える便利な表現と例文

ご 都合 の よろしい とき に

ビジネスシーンで、使う頻度の高い言葉の一つに「ご都合」という言葉があります。 例えば、「ご都合の良い時間帯をお知らせください」とか「ご都合いかがでしょうか」などの文章のメールや手紙をいただいた方は多いでしょう。 ビジネス上、「ご都合」というフレーズを使う頻度は高く、意味や使い方を知っておくと役立つことも多いはずです。 ここでは、「ご都合」の意味と使い方についてご説明します。 「ご都合」の意味 「ご都合はよろしいでしょうか」などのように、ビジネス上「ご都合」という言葉はよく使います。 そして、この「ご都合」の「都合」とは、「つごう」と読み、「ものごとを行う際の事情」や「ものごとを行えない理由」「やりくりをすること、工面すること」などの意味があります。 そして、この「都合」の頭に「ご」と丁寧語をつけた言葉が「ご都合」となります。 「ご都合」の意味と使い方;ご都合のよろしい 「ご都合」の使い方としては、相手に対して予定を確認するような場合に使われます。 例えば、「ご都合のよろしい時間をお伺いしてもよろしいでしょうか」などの言い方になります。 取引先や顧客など目上の人に対して、時間や都合を聞く場合に使われます。 ご都合が 「ご都合」の使い方として、「ご都合の」と後の言葉に続く形の使い方もあります。 「ご都合の」の後には、「よろしい(良い)」「よろしくない(良くない)」とか「つく」「つかない」といった言葉がつきます。 例えば以下のような使い方になります。 ご都合のよろしい日時をご指定ください。 」 ご都合合わせの上 「お時間を作っていただいて」という意味で「ご都合合わせの上」という使い方もあります。 例えば、以下のような使い方になります。 ご都合合わせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。 」 ご都合いかがでしょうか 相手の都合を聞きたい場合には、「ご都合いかがでしょうか」という使い方をします。 例えば、以下のようになります。 」 ご都合が悪い 「ご都合」という言葉の使い方や例文をみてきましたが、「都合が悪い」という言い方でお断りする場合があります。 そして、この「都合が悪い」という言い方を目上の人宛に送る場合に、敬語表現としてどうすれば良いか悩む方がいるでしょう。 ここでは、「都合が悪い」の敬語表現についてみていきます。 「都合が悪い」の意味 「都合が悪い」とは、「条件が合わない、予定が合わない、状態が悪い」などの意味になります。 ビジネスシーンでも「ご都合いかがですか」と聞かれた場合などに、「都合が悪い」という表現を使うことは多いです。 主に「都合が悪い」という返答を行うケースとしては、以下のようなケースが考えられます。 1.相手の提案や申し出に対して、こちらの予定や条件調整が合わない場合 2.こちらの申し出や提案に対し、相手の条件調整が合わない場合 「都合が悪い」の敬語表現 「都合が悪い」という返答を行う場合に、相手に丁寧な返答で敬語で答えようとしたときに「ご都合が悪い」としてはいけません。 「ご都合」というのは、飽くまで相手側が聞いてくるときに使う言葉です。 自分の都合が悪いのに、自分側に「ご」をつけては間違いです。 また、相手に対して「ご都合の悪い日を教えていただけますか」という表現をもっと丁寧に言いたいのであれば、「ご都合のよろしくない日を教えていただけますか」とするべきです。 「都合が悪い」の他の表現 実際に都合が悪いので、相手の要求に答えられないという場面があるときに、「都合が悪いので」と答えた場合。 相手を不快にさせてしまいます。 では、都合が悪いということを直接的に言わずに相手に伝えるためには、どういった受け答えをすれば良いのでしょうか。 以下に受け答えの例文をご紹介します。 取り込んでいる 「忙しい」「今はまだ答えられない」という場合に便利な言葉として、「取り込んでいる」という言葉があります。 例えば、「ただいま取り込んでおりまして、申し訳ございませんが再度こちらからご連絡いたします」というように使います。 この表現であれば、相手へ詳細を伝えずに忙しい状況であることを伝えることができます。 都合をつけるのが難しい 「予定が合う」ということを「都合がつく」というと前述しましたが、予定を合わせるということを「都合をつける」といいます。 そして、この「都合をつける」ことが難しいという言い方で、予定が合わないという意味になります。 ご都合伺いのメールの書き方 ご都合伺いのメールの書き方;ビジネスメール 日程調整は、メールで行うことが便利です。 電話でいきなり日程調整をしようとしても相手のスケジュールが決まっているかわからないからです。 こちらから伺ったり、また会議など必要な場合には、あらかじめメールでスケジュールを伺い、都合の悪い日がないか調整が必要になります。 ご都合伺いメール例文 以下のようにメールで日程のご都合伺いを行うようにしましょう。 ご都合の良い時間をお知らせください。 もし、ご都合が悪ければ、再度日程を提案させていただきます。 」 「ご都合よろしい」の敬語 「ご都合」の類語表現としては、「お暇があれば」とか「お時間があれば」というものになります。 例えば、以下のような使い方となります。 (例文)「お時間がありましたら、ぜひ当社のフェアにご参加いただきたく存じます。 」「お暇があれば、我が家に一度遊びにいらしてください。 」 また、「ご都合」という表現は、相手のスケジュールを伺う際にも使われるため、類語に「ご予定のほど」という表現もあります。 」 「ご都合」と「ご事情」の違い 「ご都合」とよく似た言葉として、「ご事情」という言葉があります。 この「ご都合」と「ご事情」の違いは何でしょうか。 「ご事情」の「事情」とは、「じじょう」と読み、意味としては、事情があるかないかのこととなります。 一方、「ご都合」の「都合」は、「つく」か「つかない」または「良い」「悪い」で答えることとなります。 「今回は都合が悪い」「都合がつかない」などの使い方です。 また、人にスケジュールを尋ねる場合には、「ご都合」という言葉はつかえますが、「ご事情はいかがですか」とは尋ねません。 これらのことからも、事情という言葉は、なにかしらの事柄が起こったとき、親しい間柄などの場合でなければ使いません。 都合をつけるの意味 「ご都合」の後にくる言葉としては、「良い」「悪い」の他に「つく」「つかない」という言葉もあります。 この「つく」「つかない」という場合の、「都合がつく(つかない)」の意味とはどういうものでしょうか。 この「都合がつく」とは、ものごとが進むように調整をしたり、やりくりをするという意味になります。 「ご都合主義」とは? 「ご都合」を使った言葉として、「ご都合主義」という表現があります。 この「ご都合主義」とは、自分の立場や主義に一貫性がなく、その場その場で自分にとって都合が良いように態度をコロコロと変えるということを指します。 また、単純に「自分に都合の良いようにしか振る舞わないということ」を意味する場合もあります。 「ご都合」の使い方を覚えましょう.

次の

「ご都合」の意味と使い方・ご都合伺いのメールの書き方

ご 都合 の よろしい とき に

「都合が悪い」の敬語に要注意! ビジネスシーンでは敬語を使うのが常識ではありますが、普段使い慣れないために、実は敬語ではない表現を敬語として用いてしまっていることがあります。 その中でも特に間違いが多いもののひとつが 「都合が悪い」という言葉の敬語表現です。 「都合が悪い」をそのまま敬語表現やビジネスに適した表現だと思って使っている人は少なくありませんが、実はこれは正しい敬語ではありません。 「都合が悪い」とはどういう意味? 類似の表現についてもイメージがしやすいよう、「都合が悪い」の敬語表現について触れる前に、まずは「都合が悪い」の意味を確認しましょう。 「都合が悪い」というのは 「条件や状態が悪い」という意味となります。 元々「都合」という言葉には「条件・状態」というような意味があり、それが良くないことが転じて 「予定が合わない」「条件が合わない」という意味でよく用いられます。 オフィシャルな場面においても「都合が悪い」という表現を使う機会は多いものですが、主に以下のようなケースで使われるのが一般的です。 「都合が悪い」の敬語表現は「ご都合が悪い」ではない 「都合が悪い」の敬語表現と言われたときに、多くの人がまず考えるのは「ご都合が悪い」という表現でしょう。 「ご都合が悪いようでしたら別の日時とさせていただきますが」といったフレーズはよく聞くものですし、丁寧に表現しており尊敬語であると思われがちですが、これは 間違いです。 「ご都合」は「都合」の敬語表現として適切です。 実際、取引先などとスケジュールを合わせる際に、「ご都合はいかがでしょうか?」などの表現は常套句として使われています。 「ご都合が悪い」の問題は「悪い」の方で、「悪い」は尊敬表現ではないですし、そもそも敬意を表す言葉にはマイナスの印象を与える「悪い」という表現は不適切です。 また、「ご都合が悪くいらっしゃる」という表現も二重敬語となり間違った表現となります。 「ご都合がよろしくないようでしたら別の日時とさせていただきますが」というように、 都合が「悪い」ではなく「よろしくない」を使うのが適切です。 都合が悪いの敬語「ご都合がよろしい」を使いこなそう 「ご都合」という言葉を使う場合には、その後に続くのは「悪い」ではなく 「よろしい(よろしくない)」が適切です。 しかし、「よろしければ」の形で許可をされた方が少なくとも好意的に受け取れます。 仮に都合が悪くないとしても、その場合はイヤイヤである可能性もあるため、受け取る側の印象も違ってきます。 「都合が悪い」時にビジネスシーンで使える表現4パターン 「都合が悪い」を普段使うシーンというのは、「忙しい」というようなことが言いたいシーンであると思われますが、 ビジネスシーンで「忙しい」という理由で何かを断るのはご法度です。 それは相手の面子を潰すことになってしまいます。 ビジネスマナーは相手を立て、良好な関係を築くためのものですから、知恵のある表現で印象よく対応しましょう。 また、相手の都合を問う際も表現に注意が必要です。 ただし、選択肢が不明瞭な場合には使えないので注意してください。 都合を問われた時の返事にも配慮できれば完璧 都合が悪いにしても都合がいい場合にしても、注意したいのは 自分が都合を尋ねられたときの返事の仕方です。 あくまで自分の都合に対しては「ご都合」は使いません。 「次回の面接ですが、いつならご都合がよろしいでしょうか?」と聞かれた時に、相手の質問に釣られて「はい、明日ならご都合がよろしいです」などと答えてしまう人も多く見られます。 また、都合を尋ねられ、都合がいい場合だとしても「はい、それなら都合がいいです」というようには答えません。 こういった回答は、「何かのついでで丁度良い」という印象を与えかねず、相手に失礼な場合もあります。 「はい、結構です(問題ありません)」「申し訳ありません。 都合がつかないため、別の日程でご検討いただけないでしょうか?」などと返しましょう。 都合が悪い場合に大事にしたいクッション言葉 どんなに注意をしていても、どうしても都合が悪い場合というのは出てくるものです。 その時には、様々な形でお断りをしたり、調整を依頼することになりますが、その際には クッション言葉を上手に入れることができるとより丁寧に聞こえます。 クッション言葉とは、本題の前に挟むことによって言葉を丁寧にしたり、敬意や謝意などを表現するための言葉です。 以下にいくつか紹介しますので、うまく活用してください。 1 「大変申し訳ございませんが」• 「その日は都合をつけるのが難しいそうです」• 「大変申し訳ございませんが、その日は都合をつけるのが難しそうです」 1文目のままでも意味は通るのですが、例文のように 「大変申し訳ございませんが」を一言添えるだけでも、相手の受け取る印象は大きく変わります。 より誠意を伝えたいときに活用したいクッション言葉です。 2 「あいにくですが」• 「その時期は取り込んでおりまして」• 「あいにくではございますが、その時期は取り込んでおりまして」 「あいにくですが」は「残念ながら」という意味の表現で、相手の意に沿えず申し訳ないという意味で使う言葉です。 相手の依頼や提案に対して、自分の都合が悪い時に用います。 上記の例ではさらに丁寧な表現として「あいにくでございますが」としています。 前置きとして「ご提案ありがとうございます」などの感謝の言葉が一言あると、より丁寧に聞こえます。 3 「やむなく」• 「その日は不参加とさせていただきます」• 「やむなく、その日は不参加とさせていただきます」 「やむなく」は「仕方なく」という意味ですが、「仕方がない」は諦めの気持ちを感じさせるのでビジネスシーンではあまり使いません。 「やむなく」は「気持ちはあるが適切な方法などがない」という意味ですので、「残念ながら…」というニュアンスを伝えることができます。 「都合が悪い」は正しく使わないとイメージダウンにつながる 都合が悪い状況はビジネスの中でどうしても発生しますが、その際にいかにスマートにお断りや調整依頼ができるかは、ビジネスパーソンとしての信頼度に大きく関係してきます。 もともと都合が悪いとは言え、相手の提案などに対してお断りをするというのは、相手に対して失礼となる可能性も高いです。 加えてマナーのない受け答えをしようものならイメージダウンは避けられませんので注意してください。 都合が悪い場合でも、正しい表現でスマートに返すことができてこそ、調整上手として様々な場面で活躍することができるでしょう。 慣れるまでは難しいものですが、正しい表現を身に着けられるように繰り返し練習しましょう。

次の

都合がいいときにご連絡くださいって英語でなんて言うの?

ご 都合 の よろしい とき に

主に、こちらから電話をかけた時に使われる表現です。 相手の様子がわからないため、本題に入る前に「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞くことが多いです。 話していて大丈夫か確認する意味合いで使われます。 本題に入ってしまうと、なかなか電話を切るのが難しくなります。 「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞くことによって、手が離せない状態であった場合には、断るタイミングを作ることができます。 「申し訳ありませんが、立て込んでおりますので折り返しご連絡申し上げます」と伝えて切るのが良いでしょう。 打ち合わせの日程を決める時などに、「いつがご都合よろしいでしょうか?」と電話やメールで聞くことがあります。 似た表現として、「ご都合いかがでしょうか」という言い方もあります。 この2つは、似ているようですが使い方に明確な違いがあります。 勝手に日時を決めておいて「ご都合よろしいでしょうか?」と聞くのは押し付けがましく、失礼にあたります。 こちらから日時を提示するのであれば「ご都合いかがでしょうか」を使い、向こうから日時を提示してもらう場合には「いつがご都合よろしいでしょうか」を使います。 日時が決まってしまっているイベントに誘う時には、「ご都合がよろしければお越しください」といったように、相手に配慮した表現を選びましょう。 「間違いないでしょうか?」「合ってますか?」と確認する意味合いです。 取引の最中に認識が食い違ってしまうと、後々大きなトラブルになりかねません。 話が噛み合わないと感じる場面があったり、違和感を持つ場面があったりした場合には、認識に食い違いがないかどうか確かめることが必要になります。 「明日の会議の資料は、この内容でよろしいでしょうか?」といったように、上司に許可をもらう時に使われる言葉です。 資料の内容が決まっている場合は良いですが、上司にお伺いを立てるのであれば「いかがでしょうか」を使います。 資料の内容について検討が必要な時には、上司の意見や感想を求める必要がありますよね。 「よろしいでしょうか」を使ってしまうと、許可や同意を求めていることになります。 自分の考えを「これでいいよね?」と押し通そうとしているような印象を与えるため、言葉の使い方に対して敏感な人は不快になる可能性もあります。 「よろしいでしょうか」は、「はい」か「いいえ」で答えられる質問に使われます。 「よろしい」は「よい」の丁寧な表現なので、「よろしい」か「よろしくないか」を聞いていることになります。 「いかがでしょうか」は、漠然と聞く表現であり、意見や感想を求める時や押し付けがましくならない方が良い場面で使われます。 親しい間柄であれば、「大丈夫です」という返答が一番伝わりやすく、わかりやすいでしょう。 上司から部下に対してであれば、「宜しい」と許可を与える返答・確認に対して同意を示す返答も使われます。 「構いません」と「問題ありません」は、ビジネスシーンでも使われることがあります。 しかし、目上の人へ使うのであれば、より丁寧な敬語表現を選ぶのが好ましいと言えるでしょう。 電話などで「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞かれた時に、敬語で返答するのであれば「差し支えありません」と答えるのが丁寧です。 「構いません」や「問題ありません」よりも、ぶっきらぼうな印象を減らせます。 どうしても都合が悪く、相手からの申し出を断らなければならない場合には、「申し訳ありませんが」や「恐れ入りますが」という言葉をつけて、できるだけ丁寧に謝罪をしてお断りしましょう。 ビジネスシーン以外では、「よろしいでしょうか」はあまりにも堅苦しい表現だと言わざるを得ません。 親しい間柄や日常会話では、「大丈夫ですか」という表現が一般的に使われます。 「構いませんか」や「問題ありませんか」という聞き方でも良いでしょう。 例文のところで説明した通り、「よろしいでしょうか」と「いかがでしょうか」を言い換えるには、聞き方を変える必要があります。 「よろしいでしょうか」では押し付けがましくなる場面があるため、注意が必要です。 下記の関連記事には、「いかがでしょうか」とセットで使われる「お加減」という言葉の意味と使い方について載っています。 よろしいでしょうかの英語表現2つ目は、大丈夫か聞く時は「Is it OK? 」です。 読んだまま「オッケーですか?」「大丈夫ですか?」という、カジュアルめな表現です。 少し丁寧にすると、「Would it be OK? 」となります。 よろしいでしょうかを正しく使いこなそう! 今回は、「よろしいでしょうか」の使い方やメール例文、返答方法や言い換え表現について見てきました。 ビジネスシーンで「よろしいでしょうか」を使う場合には、押し付けがましくならないように気をつけなければならない場面があるとわかりましたね。 「いかがでしょうか」との使い分けが難しいため、丁寧に説明しました。 「よろしいでしょうか」と「いかがでしょうか」のどちらを使えばいいのか迷った時には、言い換え表現で紹介した「差し支えありませんでしょうか」を使うのがおすすめです。 失礼になる場面が少なく、柔らかい印象を与える言葉です。 敬語を正しく覚えて、使いこなせるようになりたいところですね!.

次の