ロック ダウン と は 経済。 ロックダウン東京封鎖はいつからいつまで?物流経済の影響についても

ロックダウンとは?東京封鎖で経済崩壊へのカウントダウン!?

ロック ダウン と は 経済

日本企業も多く進出し、日本人観光客にも人気の高い、東南アジアの常夏の国マレーシアだ。 3月18日にアジア初の「事実上の国境封鎖」と学校や企業、商店などもすべて閉鎖される「活動制限」を断行したマレーシア。 当初は日本より感染者数、死亡者数ともに大幅に少なく、3月前半までは目立った感染者数の伸びも確認されていなかった。 しかし、3月15日に前日の35人から190人と1日当たりの新規感染者数が急増して以降、連日100人超、多いときは200人を超える新規感染者数を記録。 東南アジアでも一時最多の状態が続いた。 感染爆発の引き金を引いたモスクでの大規模礼拝 爆発的な感染者増加の背景にあったのは、イスラム教の礼拝所「モスクでの大規模礼拝」だ。 世界各国から約1万6000人が参加したとされるこの集会では、大きなテントで皆が寝泊まりし、食事などを同じ皿などでシェア。 モスク内でも、肩を寄せ合う距離で見知らぬ者同士の握手などが頻繁に交わされていたという。 文字通り「密閉」した空間に多くの人たちが「密集」していた状況だ。 一時は、マレーシア国内の感染者数の実に6割以上が、このモスクで開かれた大規模礼拝を感染源する深刻な事態となっていた。 記者、映像ディレクター 東京都出身。 2003年慶應義塾大学卒、国際ジャーナリズム専攻。 卒業後、民放テレビ局入社。 報道局社会部記者を経たのち、報道情報番組などでディレクターを務める。 福島第一原発作業員を長期取材した、FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品『1F作業員~福島第一原発を追った900日』を制作。 退社後は、東洋経済オンラインやForbes、共同通信47Newsなどの他、NHK Worldなど複数の媒体で、執筆、動画制作を行う。 取材テーマは主に国際情勢を中心に、難民・移民政策、テロ対策、民族・宗教問題など。 現在は東南アジアを拠点に海外でルポ取材を続け、撮影、編集まで手掛ける。 取材や旅行で訪れた国はヨーロッパ、中東、アフリカ、南米など約40カ国。

次の

なぜヨーロッパはロックダウンができているのですか?

ロック ダウン と は 経済

トランプ大統領は3月16日に、国民に対し移動を制限するよう指示した。 これは世界保健機関(WHO)が、新型ウイルスがパンデミック(世界的流行)になったと発表してから5日後に当たる。 アメリカでは各州が異なる時期にロックダウンに入った。 カリフォルニアとニューヨークはそれぞれ19日と23日にロックダウンを開始した。 一方、最も遅かった州のひとつ。 ジョージアでは4月3日にロックダウンを始めた。 トランプ政権が欠陥のある検査を導入し、その実施が遅れたことで、各州が2月から3月末にかけてアウトブレイクの情報を十分に持っていなかったこ可能性もあると批判する声もある。 トランプ大統領自身もこの期間は、感染リスクを軽視していた。 「私の決断はとても早かった」 ミシガン州を訪問中にこの研究について質問されたトランプ氏は、「私の決断はすごく早かった。 だれが考えるよりも早かった」と話した。 その上でトランプ氏は、コロンビア大学の研究については、自分への政治的攻撃が目的だと一周した。 しかし研究は、他の政治家が市民に自宅待機を命じた時期についても疑問を投げかけている。 たとえばアメリカの感染の中心となったニューヨーク市では、ニューヨーク州全体がロックダウンされる1週間前に学校の閉鎖を決めている。 この研究について聞かれたニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、「この国がもし情報をより多く、より早く得ていたら、もっとたくさんの人を救えたかもしれない」と認めた。 フォード工場を視察、マスクは「一部で着用」 トランプ大統領はこの日、ミシガン州の自動車大手フォードの工場を視察した。 アメリカでは全50州で一部の経済活動が再開されており、トランプ氏はアメリカ経済の再開を強調したい狙いがある。 ミシガン州では新型コロナウイルスで5000人以上が亡くなり、州別では4番目に多い。 ミシガン州のグレッチェン・ウィトマー知事(民主党)は厳しいロックダウン施策を導入していたが、共和党のトランプ大統領は「厳しすぎる」としてウィトマー知事を非難。。 ミシガン州では公共の場でのマスク着用を義務付けており、フォード工場も同様。 一方でトランプ氏は報道陣の前ではマスクを着用しなかったが、工場の一部の場所では着けたと話した。 トランプ氏は、メディアのいる場所はマスクの着用が「不要」だと説明。 一方で、別の場所ではゴーグルとマスクを着けたと話した。 「選んでいいと言われたので、フォードが着けてほしいという場所では着けた。 マスクをした自分の姿をマスコミに見せて喜ばせたくない」 フォードの広報担当者は先に、工場の訪問者は全員、個人向け防護具(PPE)の着用が義務付けられるが、トランプ氏に関してはホワイトハウスが決めることだと話していた。 ミシガン州のダナ・ネッセル州司法長官はCNNの取材に対し、トランプ大統領がマスクをつけなかったことについて、「私たちはただトランプ大統領に、州法に従うよう求めているだけだ」と苦言した。 ネッセル長官はその後、公開書簡を発表し、トランプ氏には「分別のある予防策を取る法的責任だけでなく、社会的・道義的責任がある」と指摘した。 (英語記事 ).

次の

ロックダウン都市の拡大と長期化はどこまで世界経済にダメージを与えるのか?|@DIME アットダイム

ロック ダウン と は 経済

ロックダウンとは? 小池都知事が発したロックダウンとは 都市の封鎖 のことを指し、 公共機関・学校の閉鎖 必要最低限の店舗以外の閉鎖 イベントの禁止 海外渡航・海外からの入国禁止 などが含まれ、人の行動を制限することになります。 国によっては外出事態を禁止し、罰則まで設けているところもあります。 日本はさすがにそこまではしないと思いますが、過去にない制限となりますので、その影響は計り知れません。 去年の10月現在で1,390万人の人口である東京都。 もし実際に東京都でロックダウンが実行された場合、どうなるのか考えてみましょう。 もし東京都でロックダウンが起きたら 上記のような制限が行われた場合、様々な影響が出ることは間違いありません。 学校の閉鎖 これはすでに実行された一斉休校にあたるのでその影響は想像しやすいのではないでしょうか。 ただ、一斉休校の時は保育所や学童保育は通常通り受け入れていました。 ロックダウンとなった場合、そこがどうなるのかがまた問題となるでしょう。 一斉休校の時もそうでしたが、小さなお子様を持つ働く親御さんはかなり困ります。 大きな会社だと子連れ出勤OKなどもありましたが、そういった対応は正直ごくまれです。 しかし、企業まで閉鎖することになれば状況は変わってくるので様子を見守っていくしかありません。 店舗・施設の閉鎖 すでにイタリアやフランス、ニューヨークなどでも行われている店舗や施設の閉鎖。 必要最低限の店舗以外ということになりますので、この時心配なのが 商品の買い占め 商品不足 です。 これによってスーパーマーケットから品物がなくなる可能性も高く、各個人の食料の備蓄がなくなることも考えられます。 さらには価格の高騰なども心配です。 必要最低限の店舗ということでスーパーマーケットを例に挙げましたが、海外ではそういったことを避ける対策がすでに行われています。 時間や入店人数の制限 買い物による外出の許可制 などがあり、これを東京で実行するにはかなり難しい点があるといえるでしょう。 また、県外から物資の補給というのも考えられますが、物流もどうなるのかわかりません。 これだけ制限するのに物流関係だけ何もないというのも考えにくいですよね。 おまけにそれが原因で感染爆発を起こしてしまっては元も子もありません。 企業の生産停止 一番怖いのがこの企業の生産停止です。 すでに日本でも大きな会社では在宅勤務を指示しているところもありますが、すべての会社が在宅勤務でなりたつわけがありません。 会社を継続するためには売り上げを作ることが必須です。 それを在宅勤務でこなすことができる会社はほとんどないのではないでしょうか。 そして何より 一番困るのは会社に勤める労働者です。 正社員であれば有給休暇や給与保障がありますが、対応にも限界があります。 この辺りは国が賃金保障などの対策を講じてくれないといけないと思います。 また、正社員であっても油断はできませんが、特に非正規労働者であれば会社の事業継続のためにリストラされてしまう可能性も十分にあります。 さらに、企業が停止してしまうと、新しい働き口も見つけることができません。 ハローワークも閉鎖するとなってしまうと・・・。 想像するだけでも怖くてたまりません。 雇用機会の減少 企業の生産停止とつながるのが、雇用機会の減少です。 すでに学生の内定取り消しなどもニュースになっているように、企業側もこの先どうなるか全くわからないので、当然雇用にも慎重になります。 本来であればこの時期は新社会人の入社式などで盛り上がる時期なのですが、ロックダウンとなってしまうとそれどころではありません。 特に困るのはここ最近で仕事を失ってしまい、職を探している場合です。 正規雇用も非正規雇用、アルバイトに至っても就職するのは難しくなるでしょう。 ロックダウン期間の長さにもよりますが、この影響で生活苦となる人もたくさん出てしまうでしょう。 ロックダウンで日本経済は崩壊するのか これまで述べてきたことで心配されるのが日本経済への影響です。 日本経済の中心である東京都がロックダウンしてしまうと、そのまま日本経済へ直撃してしまいます。 海外では2週間~4週間のロックダウン例がありますが、東京でそうなると経済への影響は莫大なものとなるでしょう。 すでに、 自動車関係 不動産関係 飲食関係 サービス関係 などの業界で大きな影響が出ています。 中国からの商品やパーツが入らない 自粛ムードによる消費の低下 これらを理由に業績がかなり落ちてきているのも事実です。 これがさらにロックダウンとなり、必要最低限の店舗以外と企業が閉鎖となってしまうと日本経済崩壊とまでは言いませんが、それを想像させるくらいの事態に陥ることも考えられます。 期待されていた東京オリンピックも延期が決定し、景気の悪化も心配されます。 ロックダウンを回避するために ここまで考えてくると、不安しか感じられないかもしれませんが、あくまでも最悪の事態を想定して考えています。 東京封鎖というロックダウンを回避するためには私たち一人一人が意識をもって行動していく必要があります。 先日の3連休では自粛疲れで逆に人手が多かったなどというニュースもありましたが、あれは日本人の甘さ・のんきさを露呈したものだったと思います。 それを明るく報道してしまうテレビもどうかと思いましたが^^; 最悪の事態である東京都のロックダウンを回避するには個人個人の予防対策の徹底が重要です。 今だから見直そう!コロナ対策 手洗い・うがいの徹底 マスクの着用 人の密集地域の回避 間近での会話をしない 外出を控える 感染者数も増え、予断を許さない状況になってきたことを一人一人が自覚し、この対策をしっかりと行っていくことがロックダウン回避への近道となります。 まとめ 以上で「ロックダウンとは?東京封鎖で経済崩壊へのカウントダウン!? 」を終わります。 新型コロナウイルスの流行により、前代未聞の事態が次々と起こっています。 日本は大丈夫、自分は大丈夫、といった根拠のない考えをなくしましょう。 いつまで続くかわからないのがしんどいところですが、今回のロックダウンについては東京都に限った話ではないので、日本全国民が一丸となって行動すべき時期であるといえるでしょう。 1年後に東京オリンピックを万全な体制で迎えるためにも。

次の