花子くん ヤンデレ。 #地縛少年花子くん #つかさ ヤンデレ過ぎるつかさくん

【花子くん】アニメ7話ネタバレ感想!あの子達がついに登場!

花子くん ヤンデレ

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:64話】最新話ネタバレ 寧々・茜・花子くんは六番がいる境界にやってきて、館の中を探索に次ぐ探索をしていました。 しかし、全く葵がいる気配はありません。 というか、葵どころか何かがいる気配すらなく、館に住んでいる者がいるのかすら怪しいレベルになってきました。 目の前に現れた葵の目的は? 寧々・茜・花子くんが途方に暮れていたとき、突如後ろから葵が寧々の目を隠して驚かせてきました。 寧々はいなくなった葵に出会えたことで目が潤んで泣き出してしまいました。 連れ去られた葵は、寧々に対してなんとか逃げ出したと言います。 しかし、花子くんはそれを一切信じていない様子です。 ですが、花子くんのペースを握らせないために葵は、寧々を間接的に使って、花子くんを指差して寧々の好きな人であることを口にします。 さらに茜が葵に大好きと言われたことで場は混乱してしまい、花子くんがペースを握ることは不可能になってしまいました。 目的の葵は見つけ出したので、今度は境界から抜け出す方法なのですが、それを花子くんは知りません。 ですが、葵はサラッと自分は知っていると口にして、寧々たちの案内を買って出るのでした。 茜だけはわかっていた 葵に案内され、寧々・茜・花子くんは館の一室に案内されます。 葵は寧々・茜・花子くんに境界の出口を見つけられた理由を語り終わった後、寧々と花子くんを穴へと突き落としたんです。 寧々と花子くんが突き落とされたのは、境界のゴミ箱であり、そこに落ちたら二度と這い上がることができない地獄の場所。 花子くんが葵を疑っていたことは正しかったということです。 全てを語り終えたあと、葵は残念がります。 なぜなら、後ろには幼なじみの茜が残っていたからです。 葵は自分の願いを語り始める 茜としては信じたくなかったけど、葵がなぜ寧々と花子くんを危険に晒す場所に落としたか知りたかった。 茜の質問に対し、葵は真摯に答えていきます。 葵の答えは遠くに行ってみたい。 たった、それだけのシンプルな内容でした。 それは誰にも縛られないなどではなく、誰とも関わらない、一人で孤立した世界とも言える内容です。 そして、そのためには茜という存在も邪魔になる。 葵は巨大なムカデのような生き物を召喚し、「ゴミ箱」に落ちなかった茜を落としにかかるのでした。 葵の隙を作り出して引きずり降ろすが・・・ 茜は葵をムカデから引きずり降ろすために、驚異的な身体能力を使ってムカデと対峙していきます。 投擲とともに周囲にいる虫を複数倒し、壁蹴り後に急降下して踵落としによりムカデの体を切断。 体勢を崩したムカデから葵を引きずり降ろすことに成功します。 葵は自分に執着する茜を不思議がります。 茜の答えはシンプルで、それに葵は答えを行動で示しました。 しかし、その行動で示された後は、茜に対して非道ともとれる行動をしてきます。 油断させた茜に対して、葵はムカデに指示をして、ムカデのしっぽの先を使って茜の体を貫いたんです。 茜のスイッチを入れてしまった 葵は揺さぶりを茜に対して掛けてきますが、茜は一切ブレる姿勢を見せません。 そして、茜は葵に全体重を掛けて抱きかかえ、「ゴミ箱」と呼ばれる穴へ引きずっていきます。 力では敵わない葵は茜に成すがままにされ、穴へと落ちていくのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 これ、これですよ、茜のヤンデレ的な執念。 こういうの好き! 君とならどこまでも・・・って感じで一蓮托生ぶりを見せられたら、キュンっと来てしまいますね。 いや、死ぬのはいやですけどね。 ゴミ箱から抜け出すのは容易ではなさげですが、どうやって彼らは抜け出すのでしょうか。 というか、この状況は六番にとっても望むべきものではありませんよね。 何か策を施しそうな気もしますが、どうなんでしょう。

次の

【ネタバレ・考察】地縛少年花子くん 赤根 葵の正体とは?

花子くん ヤンデレ

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:64話】最新話ネタバレ 寧々・茜・花子くんは六番がいる境界にやってきて、館の中を探索に次ぐ探索をしていました。 しかし、全く葵がいる気配はありません。 というか、葵どころか何かがいる気配すらなく、館に住んでいる者がいるのかすら怪しいレベルになってきました。 目の前に現れた葵の目的は? 寧々・茜・花子くんが途方に暮れていたとき、突如後ろから葵が寧々の目を隠して驚かせてきました。 寧々はいなくなった葵に出会えたことで目が潤んで泣き出してしまいました。 連れ去られた葵は、寧々に対してなんとか逃げ出したと言います。 しかし、花子くんはそれを一切信じていない様子です。 ですが、花子くんのペースを握らせないために葵は、寧々を間接的に使って、花子くんを指差して寧々の好きな人であることを口にします。 さらに茜が葵に大好きと言われたことで場は混乱してしまい、花子くんがペースを握ることは不可能になってしまいました。 目的の葵は見つけ出したので、今度は境界から抜け出す方法なのですが、それを花子くんは知りません。 ですが、葵はサラッと自分は知っていると口にして、寧々たちの案内を買って出るのでした。 茜だけはわかっていた 葵に案内され、寧々・茜・花子くんは館の一室に案内されます。 葵は寧々・茜・花子くんに境界の出口を見つけられた理由を語り終わった後、寧々と花子くんを穴へと突き落としたんです。 寧々と花子くんが突き落とされたのは、境界のゴミ箱であり、そこに落ちたら二度と這い上がることができない地獄の場所。 花子くんが葵を疑っていたことは正しかったということです。 全てを語り終えたあと、葵は残念がります。 なぜなら、後ろには幼なじみの茜が残っていたからです。 葵は自分の願いを語り始める 茜としては信じたくなかったけど、葵がなぜ寧々と花子くんを危険に晒す場所に落としたか知りたかった。 茜の質問に対し、葵は真摯に答えていきます。 葵の答えは遠くに行ってみたい。 たった、それだけのシンプルな内容でした。 それは誰にも縛られないなどではなく、誰とも関わらない、一人で孤立した世界とも言える内容です。 そして、そのためには茜という存在も邪魔になる。 葵は巨大なムカデのような生き物を召喚し、「ゴミ箱」に落ちなかった茜を落としにかかるのでした。 葵の隙を作り出して引きずり降ろすが・・・ 茜は葵をムカデから引きずり降ろすために、驚異的な身体能力を使ってムカデと対峙していきます。 投擲とともに周囲にいる虫を複数倒し、壁蹴り後に急降下して踵落としによりムカデの体を切断。 体勢を崩したムカデから葵を引きずり降ろすことに成功します。 葵は自分に執着する茜を不思議がります。 茜の答えはシンプルで、それに葵は答えを行動で示しました。 しかし、その行動で示された後は、茜に対して非道ともとれる行動をしてきます。 油断させた茜に対して、葵はムカデに指示をして、ムカデのしっぽの先を使って茜の体を貫いたんです。 茜のスイッチを入れてしまった 葵は揺さぶりを茜に対して掛けてきますが、茜は一切ブレる姿勢を見せません。 そして、茜は葵に全体重を掛けて抱きかかえ、「ゴミ箱」と呼ばれる穴へ引きずっていきます。 力では敵わない葵は茜に成すがままにされ、穴へと落ちていくのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 これ、これですよ、茜のヤンデレ的な執念。 こういうの好き! 君とならどこまでも・・・って感じで一蓮托生ぶりを見せられたら、キュンっと来てしまいますね。 いや、死ぬのはいやですけどね。 ゴミ箱から抜け出すのは容易ではなさげですが、どうやって彼らは抜け出すのでしょうか。 というか、この状況は六番にとっても望むべきものではありませんよね。 何か策を施しそうな気もしますが、どうなんでしょう。

次の

【ネタバレ注意】『地縛少年花子くん』3つの魅力と最新10巻の見所を紹介!アニメ化決定

花子くん ヤンデレ

今日も日課のトイレ掃除中・ヒロイン、八尋寧々です! 花子くんは会議に行きました!だから現在1人です! 「あっれー、普イナイんだー」 そう言って入ってきたのは花子くんと顔はそっくりだけど、服装と声と頬にはってる「封」の場所が違う男の子—つかさくんだった。 私は思わず身構える。 「いきなりどうしたの?」 するとつかさくんは 「今日は寧々に用事があってきたんだー!」と、楽しそうに言った。 「俺ねー、あまねのことが好きなんだー!」 見ていたら分かりそうなことを言う。 でもその後に、 「でもね、寧々のことも同じくらい好きなんだー!」と、 いきなり告白してきた。 突然の事に戸惑っていると、「ヤシロ、つかさから離れて!!! 」と耳馴染みのある声がした。 「つかさ、何の用?」 「ちょっと話してただけだからもう帰るよ じゃあねー!」 そう言ってつかさくんはくるりと背を向けたが急に何かを思い出したように振り返った。 直後、胸の辺りに重い激痛が走った。 見ると包丁がある。 つかさくんが私を刺したのだ。 すぐに意識は薄れていった。 「大好きだから死んで、ネネ?」最期につかさくんのそんな声が聞こえた。 「ヤシロ?嘘でしょ?」八尋寧々の亡き穀を抱き締めながら普はそう言って八尋の遺体に口付けをした。 「ヤシロ、俺まだ大好きって言ってなかったよ?」 つかさはそれを見ながら、 「人間って意外にもろいねー」そう言って、消えた。 普は泣きながら、いつまでもいつまでも口づけをしていた。

次の