お 手間 を 取ら せ て しまう。 知っておくと得する!ソーシャルログインのメリットとデメリット|ferret

ウォーターサーバーのデメリット【費用・設置場所・手間・安全性】

お 手間 を 取ら せ て しまう

お手を煩わせるの意味や類語 お手を煩わせるの意味は「煩う(苦労する)」が由来 「お手を煩わせる」は「手を煩わせる」に丁寧な接頭辞「お」を付けた表現なので敬語の類になりますが、意味を知らないことには使えませんのでご紹介します。 敬語表現「お手を煩わせる」のもとになる「手を煩わせる」の意味は、「煩う」という言葉が由来になっています。 「煩う」には「あれこれ心をいためる(思い悩む・心配する・憂う)」と「〜しかねる・なかなか〜できない」の意味、そして「うまくいかず苦労する(苦しむ)」の意味があります。 「手を煩わせる」の形で使う時には「苦労する」の意味が用いられますが、「煩わせる」なので「相手に苦労をさせる」意味になります。 しかし、実際の意味では「行うことに苦労がある」を「手間や面倒をさせる」と連想しているため「相手に面倒や手間をかけさせる」意味で使います。 「手間」には「手間をかける」の表現もありますが、「手間をかける」は「自分が手間をかけた」意味です。 「相手が手間をかけてくれた」場合は「取らせる」にします。 言いやすいこともあって、ビジネスシーンでもよく用いられます。 「お手を煩わせる」とは表していることが少し違うように思えますが、「行動に際した苦労をさせる」点で類語に挙がります。 敬語にすべき時は「面倒」に「ご」を付けて、文末を丁寧語表現にした「ご面倒をかけます」などの形で用います。 ちなみに接頭辞「お」と「ご」は同じ言葉(御)であり、意味的な違いはありません。 特徴は「強いる」ニュアンスがあるという点で、比較的に「相手が仕方なくそれをしなければならない意味合いが含まれている」ようです。 ただし、あくまでニュアンスです。 本当に骨が折れることを表しているわけではありません。 「骨を折る」には「嫌がらないで人の世話をする」の意味もありますが、「嫌がらず行動しているのか分かるのは当人だけ」なので「苦労や尽力をさせる側」が使える意味ではありません。 相手に「骨を折らせる」場合は、「苦労をさせる・力を尽くさせる」意味で使います。 「お手を煩わせる」は「手(行動面)」についてのことを表すため意味としては違いが見られますが、「気を煩わせる」が類語に挙げられることもあります。 相手に面倒や手間をかけさせる状況といっても色々ありますが、「お手を煩わせる」を用いるのは「自分の落ち度による迷惑をかけてしまった時」や「頼み事をする時」です。 前者の状況では「面倒や手間をかけた後」に、「自分のミスを補うために誰かが労力や時間を費やしてくれた」時に「お詫び」の意味合いで使います。 後者の状況では「面倒や手間をかける前」に、「労力や時間を費やすことなので申し訳ないけど頼みたい」ことを表す時に「気が引ける」意味合いを込めた「クッション(印象を柔らかくする表現)」の役割で使います。 「お手を煩わせる」は「よろしくお願いします」と共に使うことも多いため、以下の記事も参考になるでしょう。 しかし、「お手を煩わせます」などの使い方はあまりしません。 印象的にも、遠慮がない感じを与えてしまいます。 そこで、敬語表現と組み合わせる工夫をします。 「お手を煩わせる」をビジネスシーンや目上に対して使う時には、「お手を煩わせる」に「かもしれませんが」や「かと思いますが」を付けたり、「お手を煩わせて」の形にして「申し訳ありません」や「しまうのは承知の上でお願いしておりますが」などを付けたりします。 特に目上に対しては社会的な問題もあるため、ちゃんと伝わるように「お手を煩わせる」に工夫を施した使い方をした方が良いです。 メールは基本的に文章だけのものであり、表情や口調が無い分言葉の意味をダイレクトに受け取られる可能性が高くなります。 「お手を煩わせる」でももちろん問題はありませんが、メールや手紙では一々意味合いの説明を細かくできないこともあるため、伝えたいことが伝わりやすいように使う言葉を選ぶことも大事です。 「お手数をおかけいたします」「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」「お手を焼かせることのないよう以後気を付けます」「〇〇様のお手間を取らせるほどのことではありません」「お気を煩わせることのないよう努力いたします」など、伝えたい内容や状況よっては「お手を煩わせる」以外が適することもあります。 「申し訳ありません」は「謝る気持ち」を表しているため、「お手を煩わせて申し訳ありません」の意味は「面倒や手間をかけさせて済まない」になります。 使い方には、「行わなくて良いことをやんわりと事前に伝える時」と「手助けなどの申し出を断る時」があります。 前者の使い方は「お忙しい中お手を煩わせるわけにはいきませんので、ご返信は不要でございます。 」などがあり、これは主にメールで用いられます。 」などがあります。 「今ではなく後に面倒や手間をかける可能性も考えておいて」と事前に伝えておく、気遣いの表現とされます。 ビジネスシーンでは「弊社のものがお手を煩わせることになるかもしれませんが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 」といった使い方をされることが多いです。 実際には相手に面倒や手間をかけない場合もありますが、その可能性が考えられる時に気遣いの意味を込めて使います。 「give somebody bother(ギブ・サムボディー・トラブル、バァザー)」と言う英語表現にすることで、「お手を煩わせる」の意味になります。 「お手を煩わせる」を表したい時は、botherのように「give somebody trouble(ギブ・サムボディー・トラブル)」の英語文で表現できます。 また、「I'm sorry to cause you trouble(アイム・ソーリー・トゥ・コーズ・ユー・トラブル)」にすると「迷惑をかけてすみません」の意味になります。 「お手を煩わせて申し訳ありません」を英語にする際は、こちらの表現が敵すると言えます。 「I'm sorry for the mishap(アイム・ソーリー・フォー・ザ・ミスハップ)」の形で、「自分の落ち度によって相手に迷惑をかけたこと」に対する「お手を煩わせて申し訳ありません」を表す時に使います。 類語との違いを意識して「お手を煩わせる」を使ってみよう! 「お手を煩わせる」の意味は「相手に面倒や手間をかけさせる・相手に苦労をかける」であり、「お手を煩わせます」などの形にすることで文頭〜文末まで丁寧語になっている表現としてビジネスシーンでも使用できます。 「手間を取らせる」や「気を煩わせる」など類語が豊富なため、それらの表現と「お手を煩わせる」が持つ意味やニュアンスの違いを考えて使い分けましょう。 同じような意味でも「手」と「手間・手数・迷惑・面倒」などとは与える印象・伝わり方が異なるため、その辺も考えて使うと思うことが伝わりやすくなります。

次の

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

お 手間 を 取ら せ て しまう

ウォーターサーバーのデメリット まずはウォーターサーバーのデメリットを、種類によって分類して考えていきましょう。 どのようなデメリットの種類があるのでしょうか。 費用面 ウォーターサーバーを設置するためには、費用がかかります。 たとえば設置に必要な、 工賃だったり、設備を維持するために、 電気代が必要だったり、サーバーをレンタルする場合は、 レンタル料がかかったりなどなど、 様々な費用が発生します。 冷たい水と熱いお湯を出してくれる機器に、費用に見合っただけの便利さがあるのかどうかは、甚だ疑問です。 設置場所 機器を設置する場所についても、導入前には必ず考えておく必要があります。 卓上タイプのウォーターサーバーなども登場しており、場所を取らないことを売りにしているサーバーもありますが、やはり主流は大型のサーバーとなっています。 設置のためにスペースが取られてしまうと 生活空間が狭まるので、これについてもデメリットになり得ます。 手間 ウォーターサーバーを 設置する手間がかかるだけでなく、購入した水をサーバーへと 補充するといった手間もあります。 また、 水が切れたら新たに注文して水を購入する必要があるなど、手間という面を見てもデメリットが多数考えられます。 安全面 届けられる水は安心安全な水ですが、 ウォーターサーバー内の衛生環境については安全性が確保されているかどうかは疑問が残ります。 また、機器の扱いに慣れていないと安全が確保されない可能性もあります。 安全性についてもデメリットがいくつか考えられます。 費用面から考えるウォーターサーバーのデメリット ウォーターサーバーを導入することのデメリットを費用面から考えると、どのような点がネックになるのでしょうか。 サーバーの導入と維持にかかる費用について考えていきましょう。 ボトル代がかかる ウォーターサーバーを使用するためには、契約した業者から ボトリングされた水を購入する必要があります。 ボトル代については、ペットボトルに入れられたミネラルウォーターをお店で購入するのとあまり差がありませんが、それを積み重ねて購入していくことを考えると、 金額も高くなってしまいます。 自宅で飲む水にそこまでの価値があるかと問われると考えものです。 電気代は年間1万円以上 ウォーターサーバーは、 常に起動させておく必要があり、電気代も高くついてしまいます。 メーカーによって必要となる電気代に差はあり、安いものだと月々400円程度、高いものだと月々1000円越えの電気代が発生します。 電気代は概ね1000円前後のものが多いため、そこから年額に換算すると1万円以上が必要となるというわけです。 そこまで高くはないのかもしれませんが、決して安いとも言えない金額です。 毎月のボトル購入にノルマがある 毎月購入するボトルの量には、ノルマが課せられています。 月に1つ以上、2つ以上といったようにノルマ的に購入しなければなりませんので、費用もかさんでしまいがちです。 サーバーのレンタル料は0円でも、結局水を購入するという形で費用は毎月発生しますので注意が必要です。 途中解約は違約金が発生 契約期間が定められており、途中で解約すると 解約金が発生することになります。 業者によって解約金の額は異なりますが、1万円から2万円程度発生しますので注意してください。 このように 途中で契約を解除できないことも、費用面のデメリットと言えます。 設置場所から考えるウォーターサーバーのデメリット ウォーターサーバーの導入は、設置場所という面から考えてもデメリットがいくつか挙げられます。 どのようなデメリットが考えられるのか、見ていきましょう。 幅・奥行きで50cm程度は必要になる ウォーターサーバーの大きさは製品によって異なりますが、だいたい幅、奥行き共に50cm前後となっています。 数字だけ見るとあまり大きくないように感じるかもしれませんが、実際に部屋の中にこのスペースを取ってみると、 案外場所を取るものです。 1mの高さに威圧感がある ウォーターサーバーの高さは1m前後となっています。 50cm四方、高さが1mの物が部屋に設置されると、かなりの威圧感と存在感があります。 部屋の家具などとの調和が取りづらく、景観が損なわれてしまう可能性もありますので、必ずしも良いとは言い切れません。 配電の関係もあり場所が限られる ウォーターサーバーを設置する場所は、 電気が使える場所に限定されてしまいます。 更に、水道直結型のウォーターサーバーの場合には、近くに水道があることも条件となってしまいます。 このようにサーバーの設置場所は限定されるため、 自由に置けないというデメリットがあります。 手間から考えるウォーターサーバーのデメリット ウォーターサーバーを使い続けることには、いくつかの手間も必要になります。 手間がかからないという宣伝もよく見かけますが、考え方によっては手間もかかってしまいますので注意が必要です。 不在時はボトルを受け取れない まず、ウォーターサーバーに補充する水が入ったボトルは、購入しなければならず、月々に決められた分以上に必要な場合は、追加注文をする必要もあります。 また、購入したボトルは受け取る必要があるわけですが、 受け取りについても誰かが自宅に居る時に限られてしまうため、これも手間になります。 市販のペットボトルのミネラルウォーターを購入した場合、確かにお店から自宅まで持ち運ぶのが面倒かもしれませんので、それを考慮すると手間がかからないとも言えます。 しかし、結局ウォーターサーバーの場合も結局は自宅で受け取るという手間がありますので、この辺りは考え方次第なのかもしれません。 日頃、お店で水を購入する人にとっては手間がかからない、普段はミネラルウォーターを購入していない人には手間がかかるというわけですね。 ボトル交換が面倒 水が入れられたボトルは、ウォーターサーバーに取り付ける必要があり、これも手間になります。 それも、購入したボトルは何キロもある 重たい物ですので、 ボトルの取り替えに疲れてしまうということも考えられます。 安全面から考えるウォーターサーバーのデメリット 安全性という面からウォーターサーバーを考えた場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。 具体的なデメリットを考えていきましょう。 水の中に空気が入って雑菌が繁殖するリスク ボトリングされた水の中には、基本的に雑菌などは入っていません。 しかし、 ボトルを取り替えるタイミングは水に空気が触れることになりますので、必ずしも安全というわけではありません。 ウォーターサーバーは 1つのボトルで何日も過ごすことになるため、その間に雑菌が繁殖してしまうケースもあり、これもデメリットに挙げられます。 サーバーのクリーニング頻度が低いことがある サーバーのお掃除を綺麗に行うことには限界があります。 電子部品なども使用されているため、ウォーターサーバーの内部まで 自分でお掃除することは難しく、そのため衛生面に心配があります。 定期的にメンテナンスを行ってくれる業者もありますので、もしも ウォーターサーバーを利用するのであれば、メンテナンスも無料で行ってくれる業者を選ぶと良いかもしれません。 サーバーの転倒によるケガが心配 ウォーターサーバーが不安定な場所に設置されていると、サーバーが転倒してしまう恐れもあります。 サーバーの重量はかなり重く、10キロや20キロもありますので、 転倒してしまうと一大事です。 やけどする恐れがある お子さんがいる場合には、やけどの恐れがあるという点にも注意しておく必要があります。 ワンタッチで熱いお湯が出ることは、便利ではありますが、何も知らないで触れてしまうと やけどの恐れがありますので要注意です。 まとめ ウォーターサーバーには様々なデメリットがあり、一概に設置した方が良いというわけでもありません。 料金面、設置する場所、維持するための手間、そして安全性と、様々なデメリットも考慮した上で、導入を検討してみると良いでしょう。

次の

間違いも多い「お手間を取らせてしまい」の意味と使い方・敬語表現

お 手間 を 取ら せ て しまう

「手間をかけます」は、誤用です。 「手間をかけます」は、「手間をかける」の語尾「る」を敬体の「ます」にした言葉です。 そして、「手間をかける」は、自分が時間や労力を費やす意になるので、自分のことに限られます。 前のお答えにもありますが、相手に時間や労力を費やさせる場合は、「手間をとらせる」と言います。 「お手間をとらせます」です。 「かける」のは「手数」です。 「手間をかける」は、「手間をとらせる」と「手数をかける」を混同した言葉です。 上記の誤用であることを別にして、例示の文についてお答えします。 結論は、どちらも間違っていないです。 ただ、「手間をおかけします」のほうが敬語の使い方の理にかなっています。 なぜならば、「手間をかけます」を最大限丁寧にすると「お手間をおかけします」になります。 しかし、これでは「お」が連なり、くどい感じを与えるためどちらかの「お」を省いたものです。 このように、くどい感じを避けるためにどちらかの「お」や「ご」を省く場合は、後ろの語を丁寧にしたほうが、全体として敬意が感じられるとされているからです。

次の