艦隊 コレクション wiki。 艦隊これくしょん

神通 (軽巡洋艦)

艦隊 コレクション wiki

駆逐艦、軽巡は艦種問わず最低資材(各30)で建造可能。 天龍も出現する。 デイリークエ消化お薦め。 失敗配合を繰り返している可能性もあるので自己責任でお願いします。 大型火力艦を出すに必要な最低限の鋼材があること• 鋼材・弾薬に比重をおいた投入バランスと、ある一定数以上の鋼材を投入することで、高火力大型艦 を狙って建造することが可能です。 ボーキサイト・燃料に比重をおいた投入バランスと、ある一定数以上の鋼材を投入することで、 正規空母、軽空母、航空機運用可能巡洋艦などをを狙って建造することが可能です ただし、この場合、駆逐艦等の護衛艦艇が出る場合もあります。 稀にレア駆逐艦も建造されます。 艦種別鉄板レシピ 駆逐艦• 建造未実装 ドロップと書いてあるものはS勝利時に限るもよう• 3-3海域ドロップ、4-5ボス• 3-4ボスドロップ• 5-1~5-4海域ドロップ• 1-5ボス、2-5ボス、4-2ボス、5-1~5-4ボスドロップ• 1-4ボス 2-3ボス 2-5ボス 3-3ボス 4-3ボス 5-2ボス 5-4海域 ドロップ• 3-2、第4海域、第5海域ボスドロップ• 2013年アルペジオコラボイベントE3クリア報酬• 2-5ボス、3-4ボス、4-4ボス、5-1ボス、5-4~5-5ボス ドロップ• 2-2ボス、2-4ボス、2-5海域、3-3ボス、4-4ボス、第5海域ボス ドロップ• 2014年春イベント先行配信、4-5ボス• 2014年春イベントE2クリア報酬、未所持時のみ2-5ボス、6-2道中• 2014年夏イベントE2クリア報酬、1-6• 2014年春イベントE3クリア報酬• 2-4~2-5ボス、4-2ボス ドロップ• 2-4~2-5ボス、3-4ボス、4-4ボス、5-2ボス、6-1ボス ドロップ• 4-3及び5-2ボスドロップ• 2013年夏イベントE4クリア報酬• 2013年秋イベントE5クリア報酬• 2014年春イベントE5クリア報酬、6-2ボス• 2-4ボス、3-3ボス、3-5ボス、5-3ボス• 2014年夏イベント先行配信、4-5ボス• 2014年夏イベント先行配信、4-5ボス• 2014年夏イベントE1クリア報酬• 2014年夏イベントE5クリア報酬、6-3ボス• 2014年夏イベントE6クリア報酬• 2014年秋イベント先行配信、1-6• 2014年秋イベントE2クリア報酬• 2014年秋イベントE3クリア報酬• 2014年秋イベントE4クリア報酬、4-5ボス• 2014年秋イベント先行配信• 2015年2月イベントE3クリア報酬• 2015年2月イベントE4クリア報酬• 2015年2月イベントE5クリア報酬• 2015年春イベントE2クリア報酬• 2015年春イベントE4クリア報酬• 2015年春イベントE6クリア報酬• 2015年春イベント先行配信• 2015年夏イベントE2クリア報酬• 2015年夏イベントE4クリア報酬• 2015年夏イベントE7クリア報酬• 2015年夏イベント先行配信• 2015年夏イベント先行配信• 2015年夏イベント先行配信 資材を突っ込こめば完成するということではありません。 闇雲につぎこんでも駆逐艦の可能性有り 最新の50コメントを表示しています。 デイリーの最低値で秋雲でました。 時間は24分です。 -- 名無しさん 2015-10-06 19:41:16• -- 名無しさん 2015-10-07 22:06:08• デイリーの最低値で秋雲 司令99 榛名改二81 -- 名無しさん 2015-12-06 12:35:30• -- 名無しさん 2016-08-11 16:17:18• 48 山城Lv. 14 5時間 -- 名無しさん 2017-09-07 23:09:49•

次の

艦隊シリーズの用語集

艦隊 コレクション wiki

ダライアス コズミックコレクション ジャンル 対応機種 開発元 発売元 小林寛季 辛島由紀子 阿部哲也 音楽 春日達彦 工藤索興 シリーズ ダライアスシリーズ 人数 1-2人 メディア ゲームカード 発売日 Switchパッケージ版 2019年9月5日 Switchダウンロード版 PS4 対象年齢 : A 売上本数 9495本 『 ダライアス コズミックコレクション』(DARIUS COZMIC COLLECTION)は、より発売されたテレビゲームソフト。 に版としてファーストリリース(より詳細なリリーススケジュールは下記「概要」参照)。 翌にはへの移植版もリリースされ 、続編となる『 ダライアス コズミックコレクション2』の開発も決定し 、後に『 ダライアス コズミックリベレーション』のタイトルで今冬発売することが決定している。 概要 [ ] 『ダライアスシリーズ』の各タイトルを収録したオムニバスソフト。 アーケード版4タイトルを収録した通常版の他、コンシューマ版5タイトルを収録した特装版も同時発売される。 タイトーとしては2010年の『』以来9年ぶりのコンシューマ向けタイトルとなる。 本作の発表を記念して、から7月17日までのプライムデー限定特典の版『サーガイア』がDLCとして配信された。 2019年9月5日にアーケード版4タイトルを収録した「コズミックコレクション 通常版」と特装版に収録されていたコンシューマ版5タイトルを収録した「コズミックコレクションCE(コンシューマーエディション)」がダウンロード販売された。 2019年12月7日、本作の移植を担当したエムツー主催のイベントにおいて、PS4移植版のリリースが発表。 PS4版はダウンロード版のみとなる予定。 PS4版リリースと同時にSwitch版にもPS4と同等のアップデートが入る事が公表されている。 ただしPS4版にのみ、「トロフィー」(いわゆる「実績」)機能が実装される予定。 2画面バージョン• ver1 ver2• 日本版 海外版• (『ダライアスフォース』のSuper NES版)• (『ダライアスII』のGENESIS 版) コズミックリベレーション収録タイトル• (『Gダライアス』のHDリマスター版)• (『ダライアスバースト アナザークロニクルEX』に追加要素を加える予定) ゲームモード [ ] ガジェット 余ったゲーム画面外にボーナスやパワーアップの状況、アームの耐久性、分岐情報を確認できる機能。 対応はアーケード版のみ。 開発元のM2が「M2ショットトリガーズ」シリーズで得たノウハウを活用して導入された。 2Pプレイ Joy-Conのおすそわけ機能を使用した2人協力プレイモード。 連射速度調整 ショットのオート連射を設定する。 タイトルによっては速度が異なる。 ランキング アーケード版のみ対応するオンラインランキング。 プレイヤーを含むランキング上位のリプレイを見る事が出来る。 難易度変更 最大4段階まで変更可能。 開発 [ ] ダライアスの復活は外山雄一がタイトーに入社する前から動いていた計画だった。 当初の計画では高価な特装版のみの予定であったが、より多くの人に遊んでもらうべく人気が高いアーケード版のみを収録した安価な通常版がラインナップされた。 収録数の多さから、M2一社での開発はスケジュールが厳しいことが懸念されたが、堀井が一存でスケジュールや人員を確保せず即決し、M2のみで開発が行われることになった。 『サーガイア』の開発はマスターシステム版はタイトーに残っておらず、M2が海外に出張した際に購入する形で用意された。 また、アーケード版の基板が動作する環境が用意できなかったため、基板からデータのみを取得し、『ダライアスII』の基板を前提としたエミュレーションを参考に調整を行っている。 途中『サーガイア』のROMを『ダライアスII』の基板に移植したところ、そのまま稼働したため、妥当性が裏付けられた。 販促としてMEGARAGEにて初代~『ダライアスバースト アナザークロニクルEX』までの全タイトルを稼働させたが、その時にも『ダライアスII』は『サーガイア』に差し替えられた状態で稼働していた。 『ダライアスII』はタイトーにも基板だけは保管されているが、実機が残っていなかったため、残っていたゲームセンターの筐体を借りて解析を行った。 『ダライアス』についてはタイトー所有筐体 からの解析である。 同様に『ダライアスアルファ』も実物がタイトーに残っていなかったため、偶然にも中古を買い取っていて在庫中であった秋葉原のショップ「BEEP」から貸し出してもらっていた。 当初の企画書は収録内容にを呼び、また2D世代のダライアスは3D時代の物に対し「古代」ととらえ『ダライアス エインシャントコレクション』としていた時期もあったが、最終的に古代に寄せすぎたという反省から今の名前に変更されている。 『ダライアス』の移植はFM音源チップが2枚である事に加え、PCM音源チップや独自のチップなどが絡んだ設計により、その解析、再現に苦労した。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• ファミ通. com 2020年3月5日. 2020年4月10日閲覧。 ファミ通. com 2020年6月24日. 2020年6月24日閲覧。 国内アーケード版『ダライアスII』をベースに海外での業務用として開発されたアレンジ版(詳細は当該項目先を参照)。 日本国内用「セガ・マスターシステム」とは一部仕様が異なる海外版マスターシステム(詳細は当該項目先を参照)用として海外のみでリリースされたアーケード版『ダライアスII』の移植版。 北米版メガドライブ「SEGA GENESIS」用として海外でのみリリースされた、メガドライブ版『ダライアスII』の移植版。 普段は秋葉原Heyで稼働している物。 ウェブサイト [ ].

次の

コレクション

艦隊 コレクション wiki

には多くの収集家が集まる。 収集は人間の生活において広い範囲にわたって見られる行動であり、や、などに代表されるように、文化財の収集、蓄積は文化の発展に大きく寄与してきた。 またそのように集められるものは有形のものに限らず、無形の知識や言い伝えなどもしばしば収集の対象となる。 現代では個人の趣味として物を集める人も多く、そのような趣味としてのコレクションでは、芸術品などの高価なものから集めている本人以外は見向きもしないようなまでありとあらゆるものが収集の対象となっている。 「集められたもの」すべてが必ずしも「コレクション」となるわけではない。 例えば商業活動を通じて金銭を集め、財産を増やしていく行為は「コレクション」とは呼ばれないし、医師が自分の診療所にいくら多くの患者のを持っていたとしてもそれは「コレクション」ではない。 これに関しやのような哲学者は、事物が本来の実用的な機能から切り離されて日常とは別の体系に組み込まれることを(特に趣味としての)コレクションの性質だとしている。 また歴史家のは、「歴史家の実践において」コレクションは単なる物の堆積とは以下の3つの点で区別されるとしている。 コレクションを構成する品物が一時的あるいは永久に、営利活動の流通回路の外に保たれていること(「たとえば、売るために店に集められた品物の集合はコレクションではない」)。 コレクションを構成する品物の集合が特別な庇護のもとに置かれていること(「コレクションであるためには、保存の問題と、また場合によってはそれを構成する品物の修復の問題を解決する必要がある」)。 コレクションがそのために閉じられた場所の中で、視線にさらされているということ(「陶器の中に入れて地中に埋められた財宝」や「銀行の金庫室に保存された絵画の集合」などはコレクションではない)。 関連する病気と問題となる例 [ ] においては、やの患者に見られるような、身近な物を捨てられず無闇に溜め込んでしまう症状を「蒐集症(collectionism)」と称する。 またの春日武彦は収集癖に親和性が高い病理としてを挙げている。 問題となる例• に起因するごみ屋敷化• 動物の収集から 芸術・学問における収集 [ ] ベルリン博物館の鉱物コレクション 芸術や学問においては、先行作品や資料、文献などが後世に伝えられることがその発展の上での条件であり、したがって文物の収集は芸術、学問の諸分野で重要な役割を果たしている。 特に著作、の収集としてのはすでににその例があるが、これはあらゆる学問研究の基盤を成す収集であると言える。 学問の諸分野のうちで特に収集と深い関わりがあるのはであり、動物、植物、鉱物などの自然物の収集とがその基盤である。 この分野においては趣味による採集を通じて新種の発見がなされるということも多い。 においては古代の人類のが、においては太古の生物の化石が収集・研究の対象となり、においては、のような有形のものに限らずやのような無形のものも収集される。 絵画の売買の様子(17世紀) 美術品の収集の歴史は古く、時代にはすでに権力者、政治家、学者らによる美術品の収集、公開が行なわれており、またの支配拡大に伴って戦利品としての美術品を持ち帰るということもしばしば行なわれた。 ヨーロッパにおいてはが美術品収集の中心であり、彫刻や工芸品の他、や珍しい動物のなどを宝物庫(シャッツカンマー)に所蔵し、中世末期になると宮廷や富裕な市民の間でも世俗的な美術品の収集が行なわれている。 期においては国家的なまとまりがまだ生じていなかったを中心に、を始めとする富裕層、支配者層の間で古代美術を規範とした美術品収集が行なわれ、それとともに国内外の珍品を集め陳列するヴンダーカンマー()が作られるようになった。 このような私的なコレクションはの時代とそれに続くによって次々に公共化されていき、その幾つかは今日存在する美術館、博物館の基礎となっている。 日本においてはのに代表されるように献納物からなる権力者のコレクションが存在したが、個人の美意識に基づいて収集が行なわれたものとしてはによるなどが早い例である。 にはの流行から各地の大名によってや古書画が収集されており、江戸時代後期になると文人趣味の流行からの書画骨董が収集の対象となった。 になると西洋の美意識が輸入されるようになるが、同時にらによっての独自性が打ち出され美術収集の方向性に大きな影響を与えた。 フェノロサ自身10年代に多くの日本美術を収集しており、現在そのコレクションはに所蔵されている。 明治後期からは、、、など実業家によって古画・古磁器を中心とした美術品の収集を行われており、現代でもこのような個人コレクションがのちに美術館の基礎となるケースは多い。 趣味としてのコレクション [ ] 近代において市民社会が発達すると、一般市民の間で趣味としてのコレクションが広く行なわれるようになる。 このような趣味においては美術品、工芸品などの比較的高価なものから、や、動植物やなど資料的価値のあるもの、、など収集の歴史の長いもの、模型や玩具、記念品や土産物のような比較的安価なもの、食料品のやのようなそれ自体は価値のないようなものに至るまで、各人の好みに従ってほとんどありとあらゆるものがコレクションの対象となっている。 詳細は「」を参照• - 隕石収集家で研究家• - 17世紀頃のイギリス人医師で収集家。 博物学的な物を収集し、後にコレクションはイギリス政府に寄贈されの元となった。 仕事関係・映画グッズなどの膨大な数のコレクターで個人ミュージアム「アッカーマンション」所有• - 共同創業者。 個人的な歴史的遺産のコレクションを展示する非営利団体を立ち上げ、などの施設博物館を開設した。 - 収集家、イタリア人楽器商。 動物 動物は餌をする習性()が知られているが、それ以外にも物を収集する性癖が見られる。 などの一部の鳥が珍しいものを収集する習性がある。 その習性からというオペラが作られもした。 やにも物を集める習性が見られる。 集めるものは、個体によって様々である。 脚注、出典 [ ]• ボードリヤール「蒐集の分類体系」(『蒐集』、17頁-18頁)およびベンヤミン、122頁-123頁参照。 また後述のポミアンは同様の観点から、「経済活動の実践に必要な情報を引き出すための本だけを集めている図書館」のようなものはコレクションとは見なせないとしている。 (ポミアン、23頁)• ポミアン、22頁、368頁-371頁• 春日、187頁-193頁 参考文献 [ ]• 『コレクション 趣味と好奇心の歴史人類学』 吉田城、吉田典子訳、、1992年• 『パサージュ論V』 今村仁司、三島憲一ほか訳、、1995年• 、編 『蒐集』 高山宏ほか訳、、1998年•

次の