褒められた時の返し方。 褒めてくれる男性は脈ありか?確かめる方法、褒められた時の返し方は?

「頭が良い」って褒められた時の返し方が難し過ぎる

褒められた時の返し方

実際はモデルでも何でもないので(笑)最初はすごく焦って否定していたんですね。 「いやいや全然そんなことないです!私なんてモデルのはずがないですよ!」 でも実は、否定すればするほど会話は長引きます。 「だって背も高いし…いつもおしゃれで…」 「いえいえいえ~そんなこと(以下繰り返し)」 という調子で毎回、ヘンな汗をびっしょりかいて過ごしていました。 そしてあるとき、 「ありがとう、の方が気持ちよく会話が続く」 というシンプルな結論に達したのです。 そもそも、相手が見た目をほめてくれるのは、まだ私の内面は知らないから会話のきっかけとして口にしてくれているのですよね。 好意や「これからよろしくね」という意思表示であるわけです。 それに対して、「否定」するのと「感謝」するのと、どちらがいいのか?と考えると、感謝の方が良いのは明らか。 ある時、娘の同級生ママに 「スタイルよくてうらやましいわ」 と言っていただいたので、 「本当ですか?嬉しい、ありがとうございます」 と答えると、そこで会話が一段落して、私もドギマギすることなく自然に次の話題へと移ることができました。 おかげで、最近ではさらに 「昔から身長が高くて。 」 と笑いをとる余裕まで出てきました。 (実話です) 私は大阪出身なのでこんな感じですが、どんなタイプの人であれ、ひたすら「いえいえ」「そんなこと」と否定しつづけるよりも、素直に「ありがとう」と言う方がきっとスムーズで印象が良いはずです。 すごい!」等とほめられたら…どう返していますか? こんなとき、 「いえいえそんなことより、お片づけも全然できないし、甘えん坊でわがままで、あれもこれもできなくて…」 と必死で「できないこと」を並べてしまうママが意外と多いんです。 でも、もしわが子や他の子が近くで聞いているとしたら、これは絶対にNGです! ママは謙遜のつもりで言っていたとしても、子どもは言葉どおりに受け止めてしまい、 「僕ってあれもこれもできないダメな子なんだ」 と思ってしまいます。 しかも、人は、心理学上「Aさんはだらしなくてワガママな人」と事前に第三者から聞かされていた場合、同じ行動や発言をしても、「やっぱりだらしない」「ワガママな人だ」ととらえてしまう傾向があるといいます。 わが子がお友達から「こういう子なんだ」と思われて困るような発言はしないでおきましょう。 おすすめは、「ひらがなが読める」ことをほめてもらったのであれば、「うちの子、本が好きなので、続きを読みたいがために覚えてしまったみたいなんです」と、「優れている」ではなく「好き」だということにフォーカスして話すこと。 「好き」には順位も優劣もないので、相手のお子さんにやママに対する気兼ねもいらず、わが子をけなすことにもなりません。 嬉しいね」と声をかけてあげましょう。 そして、ほめてくれた相手のお子さんのいいところも伝えてあげられたら最高ですね。 そのためには、常に自分の子にもよその子にも、「いいところ」を見つける気持ちで接することがいちばんです。 友人は、お得情報を教えてあげるような感覚だったのですが、相手のママはどうも、高価なものばかり身につけている人だったよう。 「世界が違う」と思われたのか、「値段を言うなんてデリカシーがない」「安いものをほめてしまった自分の見る目がないと言われたみたい」でプライドが傷ついたのか分からないけど…とのことでした。 ママ同士の価値観の違いは仕方のないことですが、できるだけこういった状況を避けるには、値段やブランドではなく、モノに対するストーリーを話すようにするといいですね。 「園で使う室内履きと書類がおさまるバッグが欲しくて」 「これ、すごく軽いんですよ」 と、サイズ感や使い心地などを話題にするのがおすすめです。

次の

褒められた時の返し方を真剣に考える|ゆうひま|note

褒められた時の返し方

いつも来るのを楽しみにしてます」 「お料理、おいしかったです。 ごちそうさまでした」 「あなたに対応してもらえて、安心できました」 「いつもよくしてくださって、ありがとうございます」 時に、お客さまからこんなうれしい言葉をいただくこともあるはずです。 自ら応対したお客さまによろこんでいただけることほど、うれしいことはないですよね。 でも、案外に悩む人が多いのが、 「 お褒めいただいたとき、どうお返事すればいいのか?」ということです。 お客さまにお褒めの言葉をいただいたら、ぜひ、それを素直に謙虚に受け止めて、 笑顔で「 ありがとうございます!」とお返事しましょう。 「そんなことない」は逆効果! ~「過度な謙遜・卑下」が失礼にあたる理由 もしかすると、「人に褒められるとつい『そんなことない』と否定してしまう」という方もいるかもしれません。 もちろん「謙虚さ」は美徳のひとつですが、 「過度な謙遜や卑下」は、せっかくよい点を見いだしてくださったお客さまの見解を否定するように聞こえてしまいかねません。 「全然そんなことありません!」などと全否定するのは、失礼にあたることがあります。 仮に謙虚なお返事をするにしても、「まだまだです」という程度にとどめておくのがよいでしょう。 接客のお仕事は、サービスに自信を持ってお客さまをもてなすこと(よろこんでいただくこと)が、そもそものミッションです。 それなのに、商品・サービスの美点を否定してしまうと、「 じゃあ、あなたは『良いもの・良いこと』だと思っていないサービスを提供しているの?」とモヤモヤさせてしまいます。 過度に自分を卑下することも、「 自分の仕事に大して自信がない人からサービスを受けたくない」という不快感をも与えてしまいかねません。 それに、こんな考え方もできます。 提供する商品・サービスは、自分だけでない多くの方の仕事によって成り立っています。 つまり、 お褒めの言葉は自分自身に対してだけでなく「ほかの人のがんばり」への評価でもあるのですから、お褒めの言葉は素直に受け取るのがベストなのです。 ありがたく思う気持ちは、表情でも伝える お褒めいただいても「当然のことだ」といった憮然とした態度でいるのでは、あまり印象がよくありません。 うれしいお言葉をいただけたら、ぜひ笑顔で、お返事をしましょう。 「自分だけの成果ではない」ことを示す さらに、評価いただいたポイントに対して「これもみなさまにご愛顧いただいているおかげです」などというように、「 いろいろな人びとのサポートありきである」という感謝の意を伝えられると、謙虚な好印象を与えられます。 「今後もサービス向上に取り組む」意思表明を伝える お褒めいただいた評価を無駄にしないよう、「さらなるサービス向上に尽力する」「これからもよろこばれるサービス提供を目指す」というやる気を見せるお返事の仕方も有効です。 お褒めいただき、ありがとうございます。 /おそれいります。 顧客満足を向上させるためには、至らない点を反省するだけでなく、「よかった点」を伸ばすことも大いに重要です。 お客さまからのうれしいお言葉は、ぜひ覚えておいて、自分の糧にしていくとよいでしょう! 接客・接遇のスキルを磨き、ワンランク上のサービスを目指すなら。 1名から参加できる!全国の主要都市会場で開催【公開講座】受講者募集中! 課題に合わせてカリキュラムをご提案。 企業・官公庁向け「講師派遣型」研修なら、インソースで!.

次の

面白い返しの基本!相手の想像と逆の事を言うことで笑いを作る例

褒められた時の返し方

褒められた時の返答 褒められたときに、瞬時にどうやって返せばいいかわからずに、嫌味な言い方になってしまいます。 後から、ああ言えばよかったなとすごく反省します。 昔は、「そんなことないよ」と謙遜して返してたんですが、それで調子にのってると陰口を言われたことがあるので、 心から褒めてもらった感じのときは「ありがとう、嬉しいな」などと返したり、明らかにお世辞な言葉 特に容姿など については、冗談っぽく返したいんですが、上手くできません。 この前も職場に手作りのお菓子を持ってって、先輩が「めっちゃおいしい!また作ってきて!」って言ってくださったのに、「お金ないんでダメです」って返しちゃいました… 照れ隠しで言っちゃっただけで、みんなに喜んでもらえてすごく嬉しかったし、別にお菓子作るお金も出せないほど貧乏なわけじゃないし、むしろ先輩にいろいろ奢ってもらってるのに…多分かなり嫌なやつだと思われたと思います。 その場はさらっと流れたので、先輩が覚えてるかもわからないし、今更訂正するのも変だし… どう返せばよかったんでしょう… 皆さんなら褒められたときどうやって返してますか? どうやったらあまのじゃくな性格を直せるでしょうか? ぜひアドバイスお願いします! 長文失礼しました。 私だったら・・・質問者さんもわかってらっしゃいますが・・・「ありがとうございます!」とまず言いましょう。 そして「そういわれるとすごく嬉しいし励みになります。 」「でもお世辞だったら私調子に乗っちゃうので言わないでくださいね!」と少し謙遜も入れて伝えるかなぁ。 お世話になっている先輩で、どちらかといえば親しい間柄ですよね。 これぐらいフランクに話ししても失礼ではないと思います。 もっと目上のひとだったりしたら・・・「ありがとうございます!そういわれるとすごく嬉しいです。 またそういって頂けるようなもの作ってみますね」かな。 容姿についてだったら確かに照れますがやはりお礼を言いましょう。 それを言うことによって「自分でも認識していていやなやつ」とは思われません。 「ありがとうございます。 そういっていただけると嬉しいです」とか。 とりあえずお礼と自分の素直な気持ちつたえましょう! 誰もわざわざ容姿が悪いのに褒めたり、今回の相談の場合、美味しくないものなどに「めちゃ美味しい!」とか言わないので(まずくても遠慮してありがとう位は言うでしょうが)誰かに褒めてもらったときはまず素直に「ありがとう」を伝えるべきですよ。 そういう素直な態度は誰も不快にしません。 下手に照れ隠ししたりするから自分の意図と違う風に受け取られたり、「何考えてるかわからない」といわれかねません。 絶対「素直」な態度が一番!親友や親族以外でなかなか貴方のそんな奥ゆかしい心情察知してくれません。 あまのじゃくな性格は損します。 上手に返答しようと思わない。 素直に「ありがとうございます」だけでも貴方の顔みたらわかってくれます。 小さなカードに素直な気持ちを伝えます。 例えば「この間は変な返答してすいません。 本当は褒めてもらってすごく嬉しかったです!」とか。

次の