埼玉県知事 大野 評判。 2019年埼玉県知事選挙

大野元裕( 埼玉県知事)の経歴や評判・ネットの反応を調査!

埼玉県知事 大野 評判

概要 [ ] 現職の知事の任期満了に伴う選挙。 なお上田は、2019年6月15日ので、知事選に立候補せず、知事の退任を表明した。 これにより16年ぶりの立候補者が全て新人候補による選挙となり、が多数を占めるとのねじれが解消されるかが注目された。 選挙戦直前までは、立候補届け出順 に、・・の各県政野党が支持、県委員会が自主支援する前参議院議員の 、無所属で元埼玉県立高校英語教諭の 武田信弘、公認で専門医の 、無所属で元建設会社社員の 櫻井志津江、自由民主党・など県政与党が推薦する元プロ野球・選手での と、記者会見による立候補表明順 に、元の、旧民主党系で前参議院議員のの、7人による選挙戦になると想定されていた。 しかし、告示日前日に行田が、告示日当日に山口が立候補を辞退し、大野、武田、浜田、櫻井、青島の、5人の争いになった。 同年7月に開催された以降では、最初の大型選挙であり与野党対決型の選挙ともなったことにより、与野党ともに党首および幹部クラスが応援に駆け付けた。 選挙終盤まで大野と青島の接戦が報じられ、最終的に歴代の埼玉県知事選挙で最も僅差となる約6万票差(大野92万3482票、青島86万6021票)で、大野元裕が初当選した。 選挙データ [ ]• 2019年(令和元年)8月30日任期満了• 2019年8月8日(木)告示• 2019年8月25日(日)投開票 投票時間帯:午前7時~午後8時(投票所により異なる場合あり)• 今回の選挙の啓発ポスター・CMには、埼玉県を舞台にした漫画『』の主人公・白鵬堂(実写映画版では「壇ノ浦」)百美と麻実麗を使用。 その後、でも起用。 候補者すべて新人。 大野元裕…• 武田信弘…• 浜田聡…埼玉県内における、NHKの放送電波の受信を希望しない人には電波を届けない、スクランブル放送化を推進。 接種の積極的勧奨再開、埼玉高速鉄道の延伸。 川越線の複線化。 櫻井志津江…など道路・歩道橋等の補修 ・整備や、の安全確保 をして、事故防止を図る。 社会福祉を充実させて、少子高齢化対策を推進。 など、子育て世代にかかるの増額支給。 賃貸世帯の家賃補助。 高齢者の年金や介護。 低額で入所できる介護施設を増設する。 県内のイベントや特産物を紹介するチラシや冊子の作成、配布により、県の魅力を高める。 地元テレビ局で、県の魅力の発信に努める。 県庁舎の建て替えについては、修繕修理を行ったうえで検討すべきである。 商工業・農林・産物も円滑生産。 さらなる発展と固定化に取り組んでいく。 青島健太… 立候補を取りやめた人物 [ ]• - 前参議院議員 2019年5月9日、自身のブログで立候補を表明。 同年6月23日、記者会見で立候補を表明。 同年8月6日、の疑いで入院し、翌7日、立候補を取りやめた。 を参照。 - 元 2019年2月12日、記者会見で立候補を表明。 同年8月8日の知事選告示日、立候補を届け出なかった。 永瀬謙 - 無職 2019年7月9日、立候補予定者説明会に出席。 同年8月8日の知事選告示日、立候補を届け出なかった。 タイムライン [ ] 2019年• 2月12日 - 元不動産鑑定士の山口節生が、記者会見で立候補を表明。 5月9日 - 前参議院議員の行田邦子が、自身のブログで立候補を表明。 6月5日 - 前参議院議員の 大野元裕が、記者会見で立候補を表明。 6月5日 - 自民党埼玉県連が、スポーツライターの 青島健太に、立候補を要請する方針を固める。 6月15日 - 現職の上田清司が、不出馬を表明。 6月18日 - 青島健太が、記者会見で立候補を表明。 6月18日 - 埼玉が、大野元裕の推薦を決定。 6月19日 - 自民党埼玉県連が、青島健太の推薦を党本部に申請。 党本部が県知事選候補者を推薦するのは、16年ぶりとなる。 6月20日 - 日本商工連盟川口地区が、大野元裕の推薦を決定。 6月23日 - 行田邦子が、記者会見で立候補を表明。 また、自民党に支援を求めたが断られた経緯を明かした。 6月27日 - 公明党が中央幹事会で、青島健太の推薦を決定。 7月5日 - 上田清司知事が、大野元裕を全面的に支援すると表明。 7月9日 - 埼玉県が、県庁で知事選挙の立候補予定者説明会を開き、大野元裕、元埼玉県立高校英語教諭の 武田信弘、元建設会社社員の 櫻井志津江、青島健太、行田邦子ら7陣営が出席。 7月23日 - 国民民主党埼玉県連が、常任幹事会で大野元裕の支援を決定。 7月25日 - 日本共産党が今回の埼玉県知事選で、独自候補擁立を見送る方針を固め、事実上系候補の支援に回ることが、の取材で判明。 7月25日 - 櫻井志津江が、埼玉県選挙管理委員会による立候補予定者の事前審査を通過。 7月25日 - 武田信弘が、埼玉県選挙管理委員会による立候補予定者の事前審査を通過。 7月26日 - 行田邦子が、の宝登山神社にて決起集会を開催。 、長瀞町、など9市町村の首長が推薦を表明。 7月28日 - 立憲民主党埼玉県連が、常任幹事会で大野元裕の支援を決定。 7月29日 - 放射線科専門医の 浜田聡が記者会見を開き、NHKから国民を守る党公認での立候補を表明。 7月30日 - 青島健太が、内で総決起大会を開催。 、県連会長、川口市長らが参加。 なお奥ノ木はのちに大野支持を明らかにした。 7月31日 - 日本共産党・社会民主党が、それぞれ大野元裕の支援・支持を表明。 8月2日 - 武田信弘が、記者会見で立候補を表明。 8月6日 - 行田邦子の体調不良による入院を受け、陣営が行田本人に立候補辞退を促す方針であることを表明。 8月7日 - 行田邦子が、熱中症の疑いで、立候補を取りやめ。 8月8日 - 知事選告示。 大野元裕、武田信弘、浜田聡、櫻井志津江、青島健太が立候補を届け出。 山口節生は、立候補を届け出ず。 8月16日 - 出馬を取りやめた行田邦子が、動画メッセージを公開し、病院での検査中に出馬取りやめの方針が決まったこと、県政運営のスタンスに最も近い青島健太に投票することを明らかにした。 8月25日 - 知事選投開票。 大野元裕が初当選。 開票結果 [ ] 投票締め切りの20時での出口調査では、野党系の大野と与党系の青島での接戦が伝えられたが、大野が青島を僅差で破り当選した。 68pts) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 大野元裕 55 無所属 新 923,482票 47. 出典・参考・脚注 [ ] []• 2019年8月16日閲覧。 - 時事通信、2019年8月8日• 立候補者 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• - NHK• 立候補者 - 読売新聞埼玉版22面、2019年8月9日。 立候補者 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月21日。 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• - 東京新聞、2019年8月9日• 19知事選 候補者アンケート 上 Q1 知事として最も力を入れて取り組む政策 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版24面、2019年8月15日• 19知事選 候補者アンケート 上 Q3 今後加速する少子高齢化への対処 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版24面、2019年8月15日• 19知事選 候補者アンケート 下 Q6 県庁舎の建て替えについて賛成か、反対か 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版22面、2019年8月16日• - 日本経済新聞、2019年6月5日• 長谷川陽子 2019年6月5日. 朝日新聞. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月18日. 2019年8月28日閲覧。 日本経済新聞. 2019年6月20日. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月19日. 2019年6月27日閲覧。 2019年6月23日. 2019年8月28日閲覧。 日本経済新聞. 2019年7月5日. 2019年7月8日閲覧。 埼玉新聞 2019年7月24日• 共同通信 2019年7月25日• 産経新聞. 2019年7月27日. 2019年8月27日閲覧。 - 日本経済新聞、2019年7月29日• 井上峻輔 2019年8月3日. 東京新聞. 2019年8月27日閲覧。 日本経済新聞. 2019年8月3日閲覧。 - 埼玉新聞、2019年8月3日• 産経新聞. 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 - 埼玉新聞、2019年8月18日• リンク先の上部に、『回答のあった大野元裕氏、武田信弘氏、青島健太氏からの回答内容を併せて掲載します。 』と記載• 映像の0:33~1:02に説明あり.

次の

知事プロフィル

埼玉県知事 大野 評判

大野元裕氏(国民民主党サイトより:編集部) 補選が参院選とは別に行われることで、ポスター掲示板設置や投開票日の人件費など、国庫から持ち出しとなる経費の無駄遣いは同県内の市長補選などを参考にすると3〜4億円となる。 8月8日告示の知事選に出るため、大野氏はおそらく8月早々に議員辞職し、8月分の歳費130万円のほか、文書通信費100万円なども丸々手に入れる。 事務所維持費や公設秘書給与など8月分の経費全額が予算計上される。 そこまでの財政負担を強いて、大野氏が辞職を見送った理由は何だろうか。 巷間語られているのが、合併選挙となれば国政転身が噂される上田清司・現知事 71 が立候補できないため、現職の応援と引き換えに、自らの議席を上田氏に譲るというバーター説である。 現に、上田知事は国政転身には言葉を濁らせながらも、大野氏を「全力で応援する」と宣言している。 大野氏は、辞職のタイミングについて、ブログ上で下記のように。 参議院議員選挙が始まる前には、「死んだふり解散」を含めたダブルの可能性が取りざたされていました。 また、参議院選挙が始まれば、半数の参議院議員は実質的に仕事ができなくなります。 つまり、720名程度居る国会議員が最小では120名程度にまで減少する可能性があるのです。 この様な中でかりに、有事の事態となれば、国民保護法制や安保法制に則った事態対処が行われ、最悪の場合には半数の参議院議員だけで緊急集会が開催され、国民に代わって政府の対応を監視し、国権の最高機関として判断をすることになります。 自分は国会議員として、人の命を守る政治を標榜し、事態対処などについては専門性を活かした活動を行ってまいりました。 かりにこの様な事態が発生した際に、国会議員が大きく欠けているにもかかわらず、自分がなんの役割も果たせないとすれば、政治家として一生に悔いが残ります。 この様な分野を専門にしてきた政治家として、国民に対する責任は果たさなければなりません。 つまり、この責任を負っている限り、3日までの辞職はあり得ません。 しかしながら、この様な考え方をいくら表明しても、きちんとこの点を伝えてくれたマスコミはないようです。 それどころか、所属していた国民民主党に得な判断をするのか、あるいは現職知事に得な判断をするのかという、自分には本末転倒としか思えない論点ばかりで質問されますが、そのような判断基準は、国民に対してお約束してきた責任と比較すれば、なんの重要性も持ちません。 参議院の半数の議員が戻ってくる見込みが立たないうちに責任を投げ出してもよいのであれば、そもそもそんな議席は要らないので、議員定数削減の議論を先行させるべきですが、そういうお考えが太宗でもないようです(ちなみに、自公の参議院定数増+議員歳費削減方案に対越して提出された唯一の対案たる6議席削減案は、小生が起案し筆頭提出者として提出した法案です)。 これまで、この様な考え方を直接表明することはしませんでしたが、多くのマスコミの皆様から取材を受け、意図しない形での報道が流布されている中、自分の考え方を敢えて表明させていただきました。 上記の言い訳を読んで、ストンと腹に落ちる国民がどれだけいるだろうか。 ツッコミどころがありすぎて目が回りそうになる。 まず衆参同日選になったとして、121人の非改選議員が有事の事態に備えて政府の対応を監視し、国権の最高機関として判断をする? という大仰な重責を担うのは、せいぜいが選挙期間中の17日間に過ぎない。 わずか2週間の監視期間に議員バッジを付けていないことが一生の悔いになるのだろうか。 少なくとも、国民の1人として、大野氏がいようがいまいが、心の底から「どうでもいい」と叫びたい。 それは大野氏の自己満足であって、議員としての義務を果たすという使命感から来ているのではないし、そのような使命感があったとして、我々有権者・納税者にとっては迷惑千万でしかない。 日頃からそんなに緊張感を持って議員活動をしているのであれば、なぜ今回、知事に転身しようと考えたのか。 野党としての3年間でどれほどの活動実績を積んだのか。 上田知事主導のもと、大野氏は2015年の埼玉県知事選で出馬を模索したが、県内自治体首長らの支持を得られなかったため上田氏が禁断の4選出馬を決めて、大野氏は翌年の参院選で2期目の立候補をした。 その時に3年後のバーター密約を交わしたとみられる。 であれば、大野氏はそもそも参院議員に大した未練も重責も抱いていないと考える方が、一連の行動理由にピタリと当てはまる。 100歩譲って、その大層な使命感のために衆参同日選の可能性がなくなるまでバッジを外せないと言うのならば、なぜ通常国会が終了した6月26日から7月3日の間までに辞職しないのだろうか。 現憲法下で閉会中解散は一度も行われたことがなく、常識的に考えて憲法解釈を巡って議論を呼ぶような閉会後解散を安倍首相が無理強いするなんて考えられないし、首相側近からの話として既に衆院解散が見送られたと全ての主要メディアが報じていたではないか。 大野氏の言い訳は、政治家特有の欺瞞に充ちた策略の糊塗に過ぎない。 その言い回しが崇高であるほど、高学歴で磨き上げた詐術で国民を騙してやろうとする陰湿さが浮かび上がって寒気がする。 自ら連続3期までと決めた再選ルールを破って4期の任期を務めた上田氏と共に、言葉に重みも説得力もない。 嘘まみれのバーターコンビである。 大野氏の言い訳が正しいと思うか、小欄の主張が正しいと思うか。 この文章が拡散されることを望む。 判断は有権者一人ひとりに委ねたい。

次の

埼玉県知事大野元裕は無能?有能?ツイッターでの評判はポンコツ?優秀?

埼玉県知事 大野 評判

埼玉県知事選挙2019開票結果速報 情勢予想と出口調査・立候補者の公約を解説|選挙大陸|日本の選挙の開票速報・開票結果を速報でお届け 埼玉は津波の心配がなく、災害時の東京などへの支援態勢を強化• 【理由】埼玉県は「さんとめねっと」の活動など「緑豊かで活力あふれる三富地域を目指して」活動しています。 立花孝志さんは負けそうです。 更に 『翔んで埼玉』はインパクトがあるだけでなく観ただけで埼玉県についてわかりやすくイメージしていただける作品でもあります。 援助ではなく費用を安くすることが必要」との持論を展開した。 立花孝志さんは選挙が全国的な宣伝になり 注目を集めることも目的でしょう。 肩書き:放射線科専門医• 出典・参考・脚注 [ ] []• 浜田聡…埼玉県内における、NHKの放送電波の受信を希望しない人には電波を届けない、スクランブル放送化を推進。 大野元裕(埼玉県知事)の評判は?経歴やネットの声をチェックしてみた! この期間に逆転があるのか? 立花孝志さんの腕のみせどころです。 この点、青島氏は軽い神輿ではないことを、この選挙期間中に示していくことが求められるだろう。 主な公約・政策主張 大野氏は、上田県政の継承と発展で「日本一暮らしやすい埼玉県へ」というキャッチフレーズのもと、以下のような公約を掲げています。 選挙ドットコム 投票率の向上も一人ひとりが関心を持つところから始まる、という訳ですね。 鹿児島県在住の武田氏。 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• これにより16年ぶりの立候補者が全て新人候補による選挙となり、が多数を占めるとのねじれが解消されるかが注目された。 埼玉県知事一覧 (日曜)執行• 国民民主党の大野元裕参院議員(55)は5日、無所属での知事選出馬を表明した。 埼玉県参議院補欠選挙の日程に台風が影響? 青島健太… 立候補を取りやめた人物 [ ]• 武田信弘…• 女性が存分に活躍できる社会。 8月25日 - 知事選投開票。 上田氏は現在71歳であり、今回出馬していたら5期目に挑戦ということで、自身の1期目に定めた多選自粛条例の存在とも相まって、高齢批判や多選批判に晒されていたことは間違いなく、ここで身を引くというのは妥当な判断であっただろう。 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月21日。 前職は川崎医科大総合医療センターに勤務。 2019年埼玉県知事選挙 立候補予定者へ政策提案と公開質問を行いました。 この間、野田内閣で内閣府大臣政務官、防衛大臣政務官などを歴任。 上田知事が自ら多選自粛条例を定めたことに触れ「条例は重い。 性別:男• 【理由】東日本大震災および福島第一原子力発電所事故によって埼玉県内に避難している人々は、現在も3000人を超えているといわれており(2019年6月現在。 主催者に直談判せず状況を見ただけ。 2019年埼玉県知事選挙 今回は、「高校入試における不正」や「気候変動に関する世論誘導」などを県民に訴えるとともに、「関東地方で大地震が発生した際には、埼玉が東京など近隣県のバックアップをできるようにしたい」と、埼玉知事選に4度目となる出馬を決意。 上田清司知事(71)はまだ進退を表明していないが、判断の時期が迫りつつある。 党派:無所属• 児童手当の増額支給• 任期満了につき2019年8月25日に 埼玉県知事選挙が投開票となります。 など、子育て世代にかかるの増額支給。 有権者数:• しかし、告示日前日に行田が、告示日当日に山口が立候補を辞退し、大野、武田、浜田、櫻井、青島の、5人の争いになった。 埼玉県知事選挙 肩書き:スポーツライター• すでに後援会幹部ら関係者に意向を伝えている。 武田氏は教育格差の縮小に触れ「制服などの費用がぜいたくになりすぎている。 肩書き:前参議院議員(2期)• その結果、支援を受けた立憲民主党、国民民主党、共産党などの支持層を固め、支持政党を持たない無党派層からも支持を集めて初めての当選を果たしました。 立候補者は5名、届け出順に以下のとおり。 自分で責任を取らなければならない」とも語った。 1の人が、同じ都道府県内の他の市町村に引き続き住所を有している場合も選挙権を有します(ただし、投票ができるのは前住所地の選挙人名簿に登録されている方に限られます)。 2019年6月23日. 埼玉県においても、地域に必要な事業を行う、NPOや協同組合など非営利協同セクターを支援する具体的な政策を求めます。

次の