ロケット モバイル。 ロケットモバイルエントリーパッケージってあるの? どこで買えるの?

ロケットモバイル(ロケモバ)のポイントと評価・評判

ロケット モバイル

悩んだ結果ついに契約! もし使えなくても3000円の事務手数料は勉強代だと割り切ることにして、ついに契約することに。 申し込みをしてから3〜4日程度でSIMカードは届きました。 APNの設定をしてすぐに使えるようになりました。 通信速度測定で驚きの結果が・・・ docomoの回線を利用しているので電波に関してはまず問題ありません。 しかし肝心なのは通信速度です!公称値では下りが最大で200kbpsとされています。 大体その場合150kbpsも出ていれば良いほうなのですが・・・。 契約して半月程度が経った現在の速度状況がこちら! 最高データ転送速度が1Mbpsを超えている・・・・平均も535〜800kbps・・・早すぎる・・・。 これは本当に驚くべき数値です。 何しろ月額たったの300円程度!ロケットモバイルに申し訳なくなるレベルです。 バースト機能の影響か!? ロケットモバイルの神プランは、バースト機能に対応しています。 バースト機能というのは、読み込みの最初だけ速度を一時的に早めるというもの。 通信速度測定であそこまでの結果が出たのはバースト機能の影響かもしれません。 そしてこの機能により画像や音楽の読み込みなどが快適になります。 半月程度です。 用途は主にradikoで音楽を聞きながらネットサーフィン。 画像が多いコンテンツも沢山見ています。 利用状況はこんな感じ。 結構使ってますね!1ヶ月使い続けて6GBを超えるか超えないかといった感じです。 しかし何度も繰り返し恐縮ですが、これだけ使っていて、ここまで使えていて月額300円程度です! そりゃあ本格的に動画を見たりするのには不向きでしょう。 しかし私のように音楽とネットサーフィンがメインの方にとっては、まさに神的プランです。 私は低速プランに慣れきっているので、少し表示が遅いくらいは少しも気になりません。 【登録時に入力すると200ポイント貰えるクーポンコードはこちら】 WXLICUBKPV.

次の

ロケットモバイルの格安SIMカードの評判・利用レポート

ロケット モバイル

スマートフォンでロケットモバイルのAPN設定を行う 続いてはスマートフォンでのAPN(アクセスポイントネーム)設定を行います。 APNとはインターネットの接続先のことで、使用するSIMカードに応じて設定することでネットが利用できるようになります。 設定画面の表示項目は端末によって異なります。 ここでは「ZenFone 2 Laser」を用いて説明しますが、他端末も同様の手順で設定できます。 まずは、APNの編集画面を開きます。 このときデータ通信がオンになっているか確認しておきます。 端末によってはあらかじめ登録されており、その場合は選択するだけで完了です。 もし一覧に無ければ「新しいAPN」や「+マーク」をタップして新規登録しましょう。 一覧に無い場合は新規登録しましょう すると、アクセスポイントの編集画面になります。 「ロケットモバイル」の場合、以下の情報を入力します。 契約プランにより多少異なるので注意してください。 acs. jp ユーザー名:ym パスワード:ym MCC:440 MNC:20 認証タイプ:CHAP 入力が完了したら右上のマークから、[保存]をタップします。 必要項目を入力したら忘れずに「保存」しましょう これで先ほどのAPN一覧に「ロケットモバイル」が表示されました。 ラジオボタンをタップして選択すれば完了です。 最後に登録したAPNを選択して完了です その後、「4G」や「LTE」などの表示がされていればOKです。 ウェブサイトにアクセスするなどして、接続を確認しましょう。 もしネットに接続できない場合、いちど再起動するとLTE回線に接続されることがありますので、ぜひ試してみてください。 参照: 「ロケットモバイル」についてはこちらの記事もチェックしてみてください。 関連記事:.

次の

ロケットモバイルの神プランの評判・口コミまとめ

ロケット モバイル

豊富な料金プラン ロケットモバイルの料金は神プランもありますが、ドコモ回線のDプランでは1GB~20GBまで7つのプランが用意されています。 ロケットモバイル D(docomo)プラン ロケットモバイル 月額料金 データSIMプラン SMSなし 月額料金 データSIMプラン SMSあり 月額料金 通話SIMプラン 高速通信容量 通信速度 SIM枚数 神プラン 321円 483円 1,023円 - 200kbps 1枚 1GBプラン 637円 799円 1,350円 1GB/月 下り最大:225Mbps 上り最大:50Mbps 1枚 2GBプラン 745円 907円 1,404円 2GB/月 下り最大:225Mbps 上り最大:50Mbps 1枚 3GBプラン 907円 1,069円 1,512円 3GB/月 下り最大:225Mbps 上り最大:50Mbps 1枚 5GBプラン 1,296円 1,458円 1,944円 5GB/月 下り最大:225Mbps 上り最大:50Mbps 1枚 7GBプラン 1,998円 2,160円 2,592円 7GB/月 下り最大:225Mbps 上り最大:50Mbps 1枚 20GBプラン 4,266円 4,428円 5,043円 20GB/月 下り最大:225Mbps 上り最大:50Mbps 1枚 さらにロケットモバイルでは 2018年7月18日よりソフトバンク回線の神プランも提供開始しています。 神プランを利用している場合でも必要に応じてプランの変更が即可能です。 この今すぐプラン変更はどうしても高速通信が必要だという場合に使えます。 ロケットモバイル神プランの評判 ロケットモバイルの神プランを実際に使った場合、何にどれくらい使えるのでしょうか? バースト転送機能があった まずロケットモバイルには バースト転送機能があります。 ロケットモバイルの神プランは200Kbpsの低速を使い続けるプランですが、バースト転送のおかけで一瞬だけ数Mbpsの速度ができます。 調子のいい時は30Mbpsにもなるそうです。 数Mbpsの通信速度が一瞬でもでるとwebサイトやゲームのデータを読み込む時間が大幅に減ります。 意外にもロケットモバイルの神プランは安いだけでなく ユーザーが便利に使える機能もあることがわかりました。 最大速度と実効速度は同じくらい 一瞬だけ速い速度で通信ができるのですが、やはり完全な実効速度というものは気になります。 神プランの最大速度は200Kbpsとなっていますが、実際どのくらいの速度で使えるのかレビューをまとめてみたところ実効速度は最大速度を少し上回る程度の210Kbpsという声が多いようです。 朝でも昼でも夜でもだいたい200Kbpsあたりで使い続けることができるようで、200Kbps以下になることはほぼ無いようです。 画像、動画は厳しいかも 200Kbpsの通信速度でインスタグラム、facebook等を使った場合どれぐらい使えるのかレビューを探してみました。 文字ばかりの投稿の場合は特段問題なくスラスラと見ることができます。 しかし、画像や動画の投稿がある場合は画像、動画の読み込み、サムネイルの読み込みには時間がかかるようです。 いつまでたっても表示されないということではないですが、30秒ほどは時間が必要です。 webサイトを見ても画像の多いサイトは表示が遅くなります。 それでも遅すぎて全く使えないというほどではありません。 webサイトも30秒ほど待てば見れる状態にまではなります。 カーナビは微妙、徒歩ならギリギリいける スマホのナビアプリはどうでしょうか?データの受信に時間がかかるためカーナビとして使うのは難しいようです。 位置情報を見る分には問題ありませんが、カーナビの場合移動スピードが速いためどんどん地図データを更新しなくてはいけません。 地図データをすべてスマホに読み込んで保存しておくタイプのアプリなら一度読み込んでおけば使えそうです。 しかし、Google Mapのような毎回地図データを更新するタイプのアプリだと受信速度と地図データの量が合わず、地図表示が遅れ、カーナビとして役に立ちそうにはありません。 徒歩の場合は移動速度がそんなに速くは無いため、移動スピードに地図データが更新される速さがなんとかついてきます。 IP電話は思いのままに使える IP電話はどうでしょうか?IP電話に必要な通信速度はだいたい128Kbpsと言われています。 ロケットモバイルの神プランは常時200Kbpsくらいの速度は維持できているためIP電話はなんとか使えるようです。 ですが、IP電話でも使うアプリによっては通信データが重くなる場合もあります。 通信品質を低めの設定にして使うというのであればまぁまぁ使えるという感じです。

次の