女性器拡大。 女性器データ「ろくでなし子」 有罪確定へ(日テレNEWS24)

男性器

女性器拡大

二次性徴 [ ] 男性器はにによってで成長する。 男性器のタナー段階がIIに達した時点で第二次性徴・思春期の起点となり、起点の年齢は平均して11歳6ヶ月(前後1年半の個人差)である。 思春期開始時は男性器の発達のみが起き、他の体位の発達開始はそれより後となり 、男性器の発達開始以降に生じるの伸びのピークを迎えるかの発生(陰毛のタナー段階II以降になるのは男性器のタナー段階がIIIになってから約1年後で、約1年後男性器のタナー段階は成長に個人差があるため、IIIのままかIV以降に成長しているかのどちらかとなる)まで思春期に入っている事に気づきにくい。 男性器の二次性徴 精巣 陰嚢 陰茎 陰茎亀頭 I (思春期前) 幼児型(未発達) II 思春期初来 増大して容積が4ml以上となる。 増大し、しわがきめ細かくなり赤みを帯びる。 幼児型(未発達) 思春期初来を過ぎてから 容積がさらに増大する III さらに増大する。 長く・やや太くなる。 幼児型(未発達) IV さらに増大し、黒ずんでくる。 長く・太くなり人によっては包皮が剥けてくる。 大きくなる。 V 成人型となる。 (成人型でも真性包茎、嵌頓又は仮性包茎、常時亀頭露出の種類がある) 生殖機能面等 [ ] 交尾・性交 [ ] (膣性交の場合) 男性器をのに挿入し、男女のを結合させることをという。 陰茎(通常時と時) 性的興奮をすると陰茎と亀頭内のが充血、肥大し長さや硬さが増し、膣内に挿入しうる状態になる(膣性交の場合)。 性交をする時には、男性の勃起した性器を女性の膣口にあてがい、亀頭部分で膣口を押し広げるように膣内に挿入し性器同士を結合させる。 快感を得るために陰茎を膣内で前後にリズミカルに抜き差しする性交運動により、男性は陰茎や特に亀頭冠が、女性は膣壁が摩擦刺激され、次第に性感が高まる。 性器同士の密着感を得るなどのため、性交運動の間にを変えることも行われる。 数分間の性交運動によってお互いの性器から受ける快感が最高潮に達すると絶頂感とともにオーガズムを迎える。 妊娠・出産・避妊 [ ] 男性が性交運動により受けた快感でに達すると、が起こる。 などを使用しない場合、男性は男性器と膣との摩擦や締め付けによる快感があまり阻害されずに直接膣内に射精()でき、精液を直接に送り込む満足感が得られ、女性は男性器のぬくもり、男性の射精に伴う亀頭・陰茎の律動感や膨張感を味わうことができる。 このように、をせず膣内もしくは子宮内などに射精した場合、精液内に含まれる精子が女性の卵巣から排出された卵子と膨大部で結合し、受精が完了する。 その後、子宮内で着床し、受精卵が育ち、やをしなければ新たな生命の誕生となる。 生殖能力は平均値で健康な男性は40歳から、健康な女性は26歳から下落する。

次の

スーダンが女性器切除を犯罪化 統治機構が承認

女性器拡大

自分の女性器の3Dデータを支援者に配ったとして、わいせつ電磁的記録頒布などの罪に問われたペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告(48)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は16日、被告の上告を棄却した。 「芸術活動の一環」とする無罪主張を退けた。 罰金40万円とした1、2審判決が確定する。 被告は2013~14年、東京都内のアダルトショップで、自分の女性器をかたどった石こうに着色や装飾を施した作品を展示。 活動資金を寄付した人に、女性器の形状を3Dプリンターで再現できるデータも配った。 公判では、わいせつ性の基準の判断が最大の争点となった。 一審東京地裁判決は、3Dデータに対して「女性器の形状を立体的、忠実に再現している」としてわいせつ性を認定。 データ提供は有罪と判断した。 二審東京高裁も支持した。 一方、石こうの展示品は1、2審とも「ただちに女性器を連想させず、一定の芸術性、思想性が認められる」とわいせつ性を否定した。 検察側は上告しなかったため、展示品については既に無罪が確定している。 (共同).

次の

女性器データ、有罪確定へ「ろくでなし子」被告

女性器拡大

【AFP=時事】の統治機構である「最高評議会(Sovereign Council)」は10日、同国に広がる慣習の女性器切除(FGM)を犯罪とする法律を裁可した。 同国法務省が発表した。 同省の発表によると、軍人と文民で構成される最高評議会は、「女性の尊厳を傷つける」長年の慣行である女性器切除の犯罪化を含んだ一連の法案を承認した。 同国では、長年強権支配を続けてきたオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Bashir)前大統領が、数か月にわたって続いた改革を求める大衆デモを受けて失脚。 女性たちが重要な役割を果たしたデモから1年後、今回の改革が実現した。 内閣は4月、女性器切除を施した人物を処罰する刑法の改正を承認。 同国法務省は、「女性器切除は今や、犯罪とみなされる」と述べており、最長3年の禁錮刑が科される可能性もある。 女性器切除を施した医師や医療従事者は罰せられ、手術が行われた病院やクリニックなどは閉鎖され得るという。 同国のアブダラ・ハムドク(Abdalla Hamdok)首相は、10日の決定を歓迎し、「司法改革の途上における重要な一歩であり、また自由、平和、正義という改革のスローガンを達成するための重要な一歩だ」とツイッター(Twitter)に投稿した。 最も乱暴な方法では陰唇からクリトリスまで切除され、膣口(ちつこう)は縫合して閉じられる。 施術は不衛生な環境下で麻酔なしで行われることが多く、嚢胞(のうほう)や感染症が生じることも少なくない。 また、施術を受けた女性たちは後に性交痛に悩まされたり、出産時に合併症にかかったりすることもある。

次の