お悔やみ ご冥福。 冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

「ご冥福をお祈りします」という言葉の間違いのない正しい言い方

お悔やみ ご冥福

参列マナー 作成日:2019年11月29日 更新日:2020年01月24日 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメ?ほかの言い回しとは?• 通夜や葬儀の際によく耳にする「 ご冥福をお祈りします」という言葉ですが、使ってはダメなシーンについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。 使用してはダメな状況や代わりにどのような言い回しをすればいいかを知ることで常識に沿った挨拶ができます。 そこでこの記事では、「ご冥福をお祈りします」を使ってはいけない場面についてご紹介します。 メールや電話でお悔やみの言葉を伝える方法やほかの言い回しもお教えしますので、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメな状況とは?代わりに使う言葉は? 通夜や葬儀に参列したとき、ご遺族に「 ご冥福をお祈りします」と伝えた経験がある方もいるでしょう。 「冥」は「死後の世界」という意味を持つ仏教の思想なので、 宗派によっては不適切な場合があります。 使ってはいけないわけではありませんが、気にする方がいるかもしれません。 お悔やみの言葉はどの宗派でも使える言葉で伝えることをおすすめします。 ここでは、なぜ「ご冥福をお祈りします」がダメなのかを宗派別に解説します。 宗派に適した代わりとなる言葉についてもお教えしますので、参考にしてみてください。 浄土真宗の葬儀の場合について 浄土真宗では「ご冥福をお祈りします」という言葉の使用はおすすめできません。 亡くなった後はすぐに仏様になる「臨終即往生」という考えの浄土真宗の方には、「死後の世界である冥土に迷い込んでしまう」という意味にとらえられてしまいます。 浄土真宗の方の通夜や葬儀の際は、 「お悔やみ申し上げます」という言い回しを使うとよいでしょう。 「心より」をつけると深い悲しみを、 「謹んで」をつけると敬意を表すことができるため、目上の方に失礼になりません。 神道の葬儀の場合について 神道の場合もほかの言い回しをおすすめします。 神道では 故人は家の守り神になると考えられていることから、死後の世界である冥土という思想はふさわしくないとされています。 また、 成仏や供養といった仏教用語も神道には不向きです。 神道の方には「 御安霊の安らかならんことをお祈りします」「 御霊のご平安をお祈りします」という言葉を使いましょう。 キリスト教の葬儀の場合について キリスト教の葬儀では お悔やみの言葉を使いません。 ほかの宗派ではお悔やみの言葉は必須ですが、キリスト教の場合は死に対する考えが異なります。 キリスト教における死とは、 地上での罪を許され天に召されることをいいます。 祝福されるべきものと考えられていることから、キリスト教の葬儀では故人の死を悲しむお悔やみの言葉を使わないようです。 「 安らかな眠りにつかれますよう、お祈りいたします」といった言葉がふさわしいでしょう。 冥福という言葉の意味とその使い方とは? 「冥」は冥土、つまり「死後の世界」を、「福」は「幸せ」を表します。 「冥福」とは 「死後の世界の幸せ」を意味し、「ご冥福をお祈りします」は 死後の世界での幸せを祈っているという気持ちを伝える言葉になります。 一般的にお悔やみの言葉はご遺族の方に向けたものですが、「ご冥福をお祈りします」は 故人に伝えるべき言葉です。 その他のお悔やみ言葉とは? 「ご冥福をお祈りします」という言葉がふさわしくない宗派の通夜や葬儀に参列する場合に備えて、これに代わる言い回しを覚えておきましょう。 いくつかの言い回しを頭に入れておけば、相手の宗派に関係なく適切なお悔やみの言葉を伝えられます。 ここでは、お悔やみの言葉をいくつかご紹介します。 ご愁傷様です 「ご愁傷様です」は ご遺族の方に向けたお悔やみの言葉で、気の毒に思うという意味が込められています。 どの宗派でも使えますが、「ご愁傷様です」だけではお悔やみの言葉としては不十分です。 「 突然のことにより言葉がございません」「 なにかお役に立てることがあればお申しつけください」といった一言を添えることをおすすめします。 ご遺族へのお悔やみとともに悲しい気持ちや相手を気遣う気持ちを伝えられるでしょう。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ申し上げます」は ご遺族の気持ちを配慮する、故人の死を悲しむという意味を持つお悔やみの言葉です。 通夜や葬儀の定型句なので、 宗派を気にせず使えます。 故人の死を悲しく思う気持ちとともに、ご遺族への配慮も伝えられるので「お悔やみ申し上げます」という言葉だけで十分です。 さらに、 「心より」「謹んで」と頭に付け加えれば、 目上の方に対しても失礼のないお悔やみの言葉になります。 哀悼の意を表します 「哀悼の意を表します」は口頭では使わず、 弔電やメールのような書き言葉で使う言い回しです。 文章なら違和感のない文語体のため、 口頭で伝えるには不向きといえるでしょう。 故人の死を悲しみ、心を痛めているという意味なので、ご遺族へのお悔やみの言葉としては適切です。 弔電はもちろん、失礼に当たらない間柄であれば、メールやメッセージツールでお悔やみの言葉を送る際に使うとよいでしょう。 胸中お察しいたします 「胸中お察ししたします」は 相手の心情を理解し、察知しているという意味を持つ言い回しです。 ご遺族の気持ちに配慮した言葉なので、 どの宗派でもお悔やみの言葉として使えます。 ただし、 上司や目上の方には使わないほうが無難でしょう。 「あなたの気持ちを理解している」と伝えると、「私の気持ちのなにがわかるのか」と不快に思われる恐れがあります。 相手との関係性によってはトラブルを招きかねないので注意が必要です。 「ご冥福をお祈りします」を使った文例とは? メールの場合 突然の訃報をメールで知ることもあるでしょう。 その場合、通夜や葬儀への参列の有無を返信する必要がありますが、連絡事項の前に相手へのお悔やみの言葉を入れることをおすすめします。 ここでは、「ご冥福をお祈りします」を使ったメールの文章例をご紹介しましょう。 私でお役に立てることがあればなんでもいってください。 故人の死を悲しむ気持ちとともに、連絡をくれた方への配慮を忘れないことが大切です。 親戚に対しての場合について 突然の訃報に驚いております。 遠方のためメールでのお悔やみとなり申し訳ありません。 心身ともに大変かと思いますが、体調を崩されないようご自愛ください。 後日改めてご自宅に伺います。 こちらは遠方で通夜や葬儀に行くことが難しい場合の文例です。 参列する場合は「遠方のため」「後日改めて」の部分を省き、参列する旨を伝えます。 その際、 葬儀場の名前と住所について確認することを忘れないようにしましょう。 「ご冥福をお祈りします」を使った文例とは? 電話の場合 訃報を電話で受けた場合、 すぐにお悔やみの言葉を述べる必要があります。 知識のないままお悔やみの言葉を伝えると、相手に失礼になるかもしれません。 そのようなときに備えて、適切な言い回しを身につけることをおすすめします。 ここでは、電話でお悔やみの言葉を伝える場合の文例をご紹介しましょう。 知人や友人に対しての場合について お辛い中ご連絡いただきありがとうございます。 ご迷惑でなければこれからご自宅に伺わせていただきたいのですが、よろしいでしょうか まずはお悔やみの言葉を伝え、自宅に伺ってもよいか確認しましょう。 すぐに伺うことが難しければ、訪問可能な日時を確認し、後日改めて焼香に行くことをおすすめします。 亡くなってすぐに連絡があったときは、 通夜の有無と葬儀形式について聞きましょう。 身内だけの家族葬の場合、落ち着いた頃に自宅を訪ねて家族や故人にお悔やみの言葉を述べます。 親戚に対しての場合について お辛い中お知らせありがとうございます。 故人のご冥福をお祈りいたします。 これから準備をし、すぐに伺います 親戚の場合、亡くなってからすぐに連絡がある場合がほとんどでしょう。 連絡をくれた方が自宅、病院、葬儀場のどこにいるかわからないので、 伺うべき場所を確認する必要があります。 葬儀場にいるなら葬儀場の名前と住所を聞き、何時頃に到着するか伝えておくとよいでしょう。 まとめ 「ご冥福をお祈りします」は通夜や葬儀のときの定型句ですが、宗派によっては使ってはダメな場合もあります。 浄土真宗、キリスト教、神道の葬儀では「ご冥福をお祈りします」ではなく、ほかの言い回しを使うようにしましょう。 通夜や葬儀に参列する方の中には「 お悔やみの言葉をどう伝えたらいいかわからない」「 どの言い回しを使えばいいのか困っている」という方もいるでしょう。 葬儀に関することでお悩みなら、葬儀の専門業者であるにご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

お悔やみ ご冥福

A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー 弔辞に「他界、永眠、天寿、天命」などの言葉が多用されますが、どの宗教においても使える言葉ではありません。 「他界(冥界)」については、死後の世界を想定し、目に見えない存在(霊、魂)が行き住む場所を意図する言葉です。 浄土真宗では、悟りの世界(極楽浄土)に往き、生まれるのですから、『往生に素懐を遂げる』という言葉をご遺族は使用します。 「永眠」については、霊として復活する恐怖から、「永遠に目を覚まさないで」との願望も意図する言葉です。 浄土真宗では、極楽浄土で仏となられた故人は、休む暇なく私たちを真実に目覚めさせようとはたらいてくださるのですから「永眠」は不適切です。 従って浄土真宗では、「死」は眠りではなく、確固たる事実なのですから『死去』という言葉をご遺族は使用します。 「逝去」は他人の死の尊敬語です。 死に対する尊敬の部分を抜いた普通の表現は「死去」であります。 「他界、永眠、天寿、天命」などは耳触りが良く、多用されがちですが、前述のように仏教的な用語ではありません。 近親者との別れた悲しみを踏まえ、お念仏(仏法)に遇えた慶びを挨拶に頂戴するほうが、御同朋(仏教徒)として嬉しく思います。 弔辞には、浄土真宗の教えにふさわしい用語を使用されることをご提案いたします。 既にご承知と思いますが、冥福とは、「冥土(冥途)で幸福になる」と言う意味です。 そして、この「冥土(冥途)」とは、仏教以外のものの考え方なのです。 つまり、ご遺族に「ご冥福をお祈りします」とご挨拶されることは、「亡くなられた方は、冥土(冥途)へ迷い込んだ」と言うことを意味し、「お浄土の故人を侮辱する無責任で心ない表現」と言えます。 亡くなられた方は、何の障害もなく、お浄土に往かれています。 亡くなれば「迷う者」として、「祈る(供養)」と言うことは、果たして遺されたご家族の悲しい気持ちに対してふさわしいものでしょうか。 長い間お世話になり、有難うございました」など、浄土真宗の教えにふさわしい言葉に言い換えましょう。 ***************************** 以上が、インターネットで、検索した内容でした。 すなわち、「ご冥福をお祈りします」と言う言葉が、国内において、宗教を問わず、慣用化しているかどうかなんでしょうね。 ご自分が、浄土宗でもなく、仏教徒でも、ないなら、「ご冥福をお祈りします」を使っても問題は、ないと解釈すべきなんでしょうね。 ちなみに、良く、「天国で、幸せに」などと言いますが、仏教では、天国は無く、極楽ですから、これも、誤用なのかもしれませんが、現代日本では、舶来主義なのか、天国、冥福は、一般的に使うようになったですね。 これは、マスコミの放送用語によるものと思われます。 献灯と言う言葉も、マスコミでは、キャンドルサービスに、変えられます。 古くから、神社仏閣の灯篭などに、献灯は、非常におおく使われていますが、多くの日本人が、生活の中では、使っていないからでしょうね。 結論は、それほど、気にされなくても良いと言う事でしょうか。 弔辞に「他界、永眠、天寿、天命」などの言葉が多用されますが、どの宗教においても使える言葉ではありません。 「他界(冥界)」については、死後の世界を想定し、目に見えない存在(霊、魂)が行き住む場所を意図する言葉です。 浄土真宗では、悟りの世界(極楽浄土)に往き、生まれるのですから、『往生に素懐を遂げる』という言葉をご遺族は使用します。 「永眠」については、霊として復活する恐怖から、「永遠に目を覚まさないで」との願望も意図する言葉です。 浄土真宗では、極楽浄土で仏となられた... A ベストアンサー 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メールにしてしまいました。 もし、私でお手伝いできることがあったら連絡してください。 」と返信をしてくれました。 それでよろしいかと思いますよ。 少しでも早く、お悔やみの言葉だけでも伝えて差し上げたい-というご質問者さまのお気持ちは伝わっていると思います。 私の友人の中には、「あら、ごしゅうしょうさま。 」というメールを送ってきた人もいます(文面の軽さに、なんて非常識…と感じました。 「ご愁傷様」は本当にひらがなだったんです)。 それに比べれば、「ご冥福をお祈りします」は、立派なお悔やみの言葉だと思います。 そんな時に届いたメールを見て、こんな人が気にかけてくれているんだ-と思うこともありますよ。 それが慰めになります。 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メ... A ベストアンサー No. 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家族は、慰めの言葉なんか耳に入らないほどショックを受けているものです。 訃報を電話で聞いた時に、すぐ体裁のいい慰めの言葉をかけられる方が 不自然な気がします。 お通夜は真っ黒な喪服で行ってはいけない、というのはご存知でしょうか。 訃報を知らされて、お葬式前に慌てて駆けつけるお通夜に喪服で行くという事は、 「相手の死を待っていた、いつ死んでもいいように準備していた」という事に なってしまうんです。 だからお通夜は、喪章を付けただけの平服(とはいえ派手なのは不可ですが)を 着ていくものなんです。 それと同じで、うまい慰めの言葉をあらかじめ用意しておくなんて、不吉で 不自然な事だと思いませんか? >私はAさんの家族にあった事がないのでAさんが可哀想っていうきもちなのですが・・これって親身になってませんか? そんな事ないと思います。 あなたはAさんとお友達であるのですから、Aさんが可哀想っていう気持ちで あるのはごもっともな事です。 一度でもお会いした事があれば「あんなにお元気そうだったのに・・・」とか 言えると思いますが、 お会いした事も無い友達の家族の死を悼む言葉がすっと出て来ないのは、 当然の事なんですよ。 何度も書きますが、あなたのできる事、あなたがすべき事は、この先Aさんの お力になってあげられるように努力する事です。 >「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・ 「できる事がない」なんて思わず、こういった言葉をかけてあげる事が、Aさんの 心の支えになると思いますよ。 ご参考になれば幸いです。 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家... A ベストアンサー しばらくはそっとしておいてあげるのがいいんじゃないかなと思いました。 自分の気持ちを整理するのでいっぱいいっぱいだと思うから。 私は親友ではないけど、友人を亡くしたことがあります。 一人は自殺で、一人はガンでした。 どんな言葉をかけられても、なんて答えていいかわからなかったと思います。 ただ、びっくりして、信じられなくて、悲しかったです。 どんな言葉をかけてもたぶん、「気を使ってくれてるんだな。 心配してくれてるんだな」って気持ちは伝わると思います。 つらいときって、やさしい言葉は身にしみると言うか、ありがとうって思うと思う。 でも、すぐに元気にはなれないし、メールをもらっても、なんて返して良いか、相手も言葉に困るかもしれないなあって気がします。 「誰かの心を慰められるような大げさなことはできない」そういう謙虚な気持ちでいるほうが、相手の重荷にならずに済むかもしれません。 こういうときって、余計な心配をさせないこともやさしさかもしれないなあって思います。 「あなたはつらいかもしれないけど、私はつらくないからいくらでも私のことを頼っていいし、元気になるまで私のことは気にしないで大丈夫だよ」って感じのメールになればいいんじゃないかなって思いました。 メールを送って返事が来なくても気にしないでいてあげてください。 彼が元気になったときに「本当はすごく心配だったんだよ。 どういう言葉をかけたらいいのかわからなくって。 でも、元気になってくれて良かった」って話してみると、彼もあなたのやさしさに感謝すると思います。 その頃には気持ちの整理もできているだろうから、いろんなことも話せる状態だと思うので、それまでは少し控えめな連絡がいいかもしれません。 しばらくはそっとしておいてあげるのがいいんじゃないかなと思いました。 自分の気持ちを整理するのでいっぱいいっぱいだと思うから。 私は親友ではないけど、友人を亡くしたことがあります。 一人は自殺で、一人はガンでした。 どんな言葉をかけられても、なんて答えていいかわからなかったと思います。 ただ、びっくりして、信じられなくて、悲しかったです。 どんな言葉をかけてもたぶん、「気を使ってくれてるんだな。 心配してくれてるんだな」って気持ちは伝わると思います。 つらいときって、やさしい言葉は身... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

お悔やみ ご冥福

参列の挨拶の最低限のルール 参列者の挨拶としてのお悔やみの言葉は、平凡でありきたりのものの方がよいでしょう。 余計なことを言うと、かえって差し障りができてしまうことも考えられるので、短くすませた方が無難です。 また、死因や病状などを聞くこと、お悔やみの言葉を述べるときに笑顔を見せることなどは失礼にあたります。 子供を亡くされたご家族に自分の子供の話題をするのも慎んだ方がよいでしょう。 一般的には「この度はご愁傷さまでございます。 心よりお悔やみ申しあげます」などがお悔やみの言葉で使われます。 「ご冥福をお祈りいたします」は仏式のみで、ほかの宗教では使えませんので注意が必要です。 そのほか「成仏」「往生」なども仏教用語のため、ほかの宗教では使えません。 また、死を神に召される祝福と考えるキリスト教では、お悔やみのかわりに「帰天」「召天」という言葉を用います。 なお、お悔やみの挨拶の際は、忌み言葉(死を連想させるもの)や、重ね言葉(たびたび・重ね重ね)などは避けるべきだと言われていますので、注意する必要があります。 お悔やみの言葉例 『この度は思いがけないお知らせをいただきました。 ご家族の皆様はさぞかしご無念のことでございましょう。 お察し申し上げます。 私にできますことがありましたら何でもお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けください。 』 『この度は誠にご愁傷さまでございます。 突然のことでさぞやお力を落とされていることと存じます。 』 『突然のことでお慰めの言葉もございません。 心よりご回復を祈っておりましたのに、本当に残念でなりません。 』 『この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げご冥福をお祈りいたします。 また、葬儀の際「忌み言葉」は、避けるべきだと言われていますので、注意しましょう。 忌み言葉(禁句) 葬儀の際の挨拶や弔辞には、ふさわしくないとされている言葉があります。 人によっては気にされる方と気にされない方がいますが、できれば使わない方がよいでしょう。 まとめ お通夜やお葬式に参列する時のマナーの中でも、特に気になるのが挨拶です。 最近ではお葬式の在り方も変化して、形式を気にしないお別れも増えてきています。 ただ、親しき中にも礼儀ありという言葉ではありませんが、最低限のマナーはおさえておくと、もしもの時も慌てずにすみます。 まずはお気軽にご相談ください。 |受付時間 平日9:30-18:30 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の