遠藤 チャンネル ban。 【遠藤チャンネル】遠藤が炎上不謹慎な動画に非難殺到

【拡散希望】川崎の通り魔事件死んだ児童と遺族を冒涜して大炎上しているYoutuber「遠藤チャンネル」を考察。#川崎 登戸

遠藤 チャンネル ban

YouTubeへの動画投稿に興味を持っている方の中には「BAN(バン)」や「垢バン(アカバン)」といったキーワードを聞いたことがある方も多いと思います。 YouTubeにおける「BAN」とは 「YouTubeチャンネルを停止・削除されてしまうこと」です。 「チャンネルをBANされてしまった」などの文脈で出てくるキーワードであり、このキーワード自体を覚える意味は特にありませんが、この概念を覚えておくことは大切です。 この記事では、そんなYouTubeにおける「BAN」について詳細に解説していきます。 これからYouTubeへの動画投稿を始める方や、YouTubeのチャンネル運営を始めたばかりの方は、必ず知っておくべき基礎知識です。 コンテンツの目次• なぜ、YouTubeはアカウント・チャンネルを「BAN」するのか? YouTubeにおける「BAN」とは、YouTubeアカウント(=チャンネル)が停止・削除の措置を受けてしまうことです。 「BAN」というのは、英語で「禁止、禁止令、破門、追放」といった意味があります。 BANされてしまうと、まさにYouTubeから追放され、YouTubeへの動画投稿を禁止されてしまいます。 ちなみに、「BAN」という言葉自体はユーザー間では広く使われていますが、特にYouTubeが公式として使っている用語ではありません。 なぜ、そもそもYouTube側が 「アカウントBAN」という措置を用意しているのかと言うと、YouTubeというメディアを健全な場所に保つためです。 私が初めてYouTubeを利用したのは、2008年か2009年頃だったと思います。 その頃のYouTubeと言えば、アーティストのMVや各国のテレビ番組が違法アップロードされているようなメディアで、今のように健全なメディアではありませんでした。 ところが、それから10年近く経った今では、世間で「YouTube」や「ユーチューバー」を知らない人はいないくらいの影響力があるメディアに成長しています。 当然、ここまで大きなメディアになってくると、コンプライアンス(法令遵守)を求められるようになってきますので、不適切な動画や著作権違反をしている動画などは削除する必要があります。 要は、 YouTubeを健全な状態に保つのに不必要な動画を投稿しているチャンネルを停止するために「BAN」という仕組みが用意されているのです。 我々がYouTubeへ動画を投稿する場合は、しっかりとこの辺の事情を考え、 YouTubeにとって「適切だ」と思われるような動画を投稿していく必要があります。 コミュニティガイドラインは利用規約のようなものと考えておけば問題ありません。 また、著作権違反を行っている動画やチャンネルに関しても、停止や削除の対象となっています。 もちろん、どのようなロジックで削除が行われているかはYouTube内部の人にしか分かりませんが、主に下記の2つの方法によってアカウント・チャンネルがBANされる仕組みとなっています。 YouTubeのシステムが違反を自動で検知してアカウントを停止する 普段からYouTubeを見ている方であれば分かると思いますが、毎日YouTubeには膨大な数の動画がアップロードされ続けています。 それらの動画について「YouTubeの規約に従っているか、違反しているか」をすべて人の目で判断することは不可能です。 このため、YouTubeは システムによって、投稿された動画が利用規約に従っているか、そうでないかを自動で判断しています。 例えば、他人がすでに投稿しているYouTube動画を勝手にダウンロードして再投稿した場合、システムが自動で「重複しているコンテンツ」と判断します。 また、YouTubeへの投稿が禁止されている18禁系の動画に関しても、システムが動画の中身をある程度判断することで、すぐに削除されます。 YouTubeのスタッフが人の目で見て手動でアカウントを停止する ほとんどのケースにおいて、YouTubeは規約に違反している動画やチャンネルを自動で削除していますが、まれに人の目で見て停止や削除の判断を行っている場合もあるようです。 ただし、このケースは本当に稀だと思います。 それこそ、何らかの事件や事故、あるいはかなり悪質な動画投稿が行われた場合にのみ、手動での措置が取られている印象です。 YouTubeの「誤BAN」とは 基本的にYouTubeは自動のシステムでアカウントを停止するため、「誤BAN(ゴバン)」という事象が起きる場合もあります。 アカウント停止(チャンネル削除)に関するYouTubeのシステムは、まだまだ発展途上であるため、システムの誤作動や判断ミスによって、無実のチャンネルが停止されてしまうケースもあります。 YouTubeの「チャンネルBAN祭り」とは 「誤BAN」と関連してよく聞くキーワードとして「チャンネルBAN祭り」や「チャンネル停止祭り」といった言葉があります。 YouTubeは1~2年に1回くらいの間隔で、 不正チャンネルや違法チャンネルを一気に排除するために、多くのチャンネルをBANすることがあります。 おそらく、その時期には不正アカウントを自動で停止するシステムを改修したり、アップグレードしたりしているのだと予想されます。 だから、「BAN祭り」と言われるタイミングでは、今まで見過ごされていた規約違反のYouTubeチャンネルが一気に削除され、ネット上で話題になるのです。 ただ、「BAN祭り」と呼ばれる時期に関しては、システムのアップグレードがまだまだ甘いこともあり、そのタイミングで健全なチャンネルも一緒にアカウント停止されてしまうケースも少なくありません。 もちろん、本当に健全な内容のチャンネル運営を行っていれば、あとで申請を行うことでチャンネルを復活させることができますが、正直、真面目にチャンネル運営を行っている人からすれば迷惑な話です・・・。 誤BAN対策として動画投稿者ができる事はあるのか? 「チャンネルBAN祭り」と呼ばれるようなときには、「誤BAN」が起きやすくなります。 ただ、残念ながら 動画投稿者側でできる誤BAN対策はほとんどありません。 基本的にYouTubeは「YouTubeが下した判断が正しい」というスタンスでメディア運営を行っています。 このため、アカウントをBANするシステムの誤作動や判断ミスによって、貴方の大切なYouTubeチャンネルが停止されてしまったとしても、特に謝罪などはありません。 この辺に関しては、我々はあくまでもYouTubeというプラットフォームを使わせていただいて、広告収入を稼がせていただいているわけなので、割り切って考えるしかありません。 (健全なチャンネル運営を行っているのにもかかわらず、BANされてしまったら腹が立つ気持ちはよく分かりますが) 誤BAN対策として、動画投稿者側でできることを強いて言うなら 「日頃から健全なYouTubeチャンネルの運営を心掛ける事」と 「BANされてしまった時の正しい対処法を知っておく事」くらいでしょう。 「日頃から健全なYouTubeチャンネル運営」に関して言えば、著作権違反を行わないのはもちろん、YouTubeのコミュニティガイドラインをしっかりと理解し、コミュニティガイドラインに違反していない動画投稿やチャンネル運営を心掛けることが大切です。 コミュニティガイドラインに関しては、知らず知らずのうちに軽度の違反をしてしまっている場合などもありますので、注意が必要です。 なお、健全なYouTubeチャンネルを運営して、中長期的にYouTubeから報酬を得続ける方法については、しています。 アカウントをBANされてしまった場合の対処法 万が一、貴方が運営しているYouTubeチャンネルがアカウントBANされてしまったら、下記の2つのパターンで対処法が異なってきます。 ご自身の状況を冷静に判断した上で、適切に対処していきましょう。 著作権違反やコミュニティガイドライン違反をしていた可能性があるアカウントをBANされた場合 著作権違反やコミュニティガイドライン違反にあたるような動画を投稿してしまっていた場合は、あきらめるしかありません。 この場合は、むしろ、今までチャンネルが運営できていたことが偶然であり、停止されてしまった状態が正しい状態だと言えるからです。 もし、「今度は健全なチャンネルを運営してYouTubeで成功したい!」という場合は、再チャレンジしていくことをお勧めします。 完全に健全な運営を行っていたアカウントをBANされてしまった場合 明らかに健全な動画を投稿してチャンネル運営を行っていた場合は、異議申し立てを行うことによってYouTubeチャンネルが復活する可能性があります。 「異議申し立て」とは、「私のYouTubeチャンネルは健全に運営されていたはずなので、間違ってチャンネル停止を受けてしまっています。 このため、停止を解除してチャンネルを復活させてください」といった申請を行うことです。 要は、 YouTubeが下した「アカウントBAN(チャンネル停止)」という判断に対して「異議あり」と申請することです。 YouTubeに対して、異議申し立てを行う方法については、下記の記事で詳しく解説しています。 注意点として、 異議申し立てを行う場合は、自分のYouTubeチャンネルの「チャンネルID」や「ホーム画面のURL」が必要になります。 このため、誤BAN対策の一つとして、YouTubeチャンネルを作った最初の段階で、運営しているYouTubeチャンネルのチャンネルIDをメモ帳などに控えて保存しておくのも良いでしょう。 ちなみに、2015~2016年頃と比べれば、だいぶ誤BANされるケースは減ってきたように思いますが、今後も誤BANされない保証はどこにもありません。 日頃から健全なチャンネル運営を心掛けるのは当然ですが、万が一の場合にも慌てないように「チャンネルID」を控えておく事と、もしもの時の異議申し立ての方法は知っておくのが良いです。 YouTubeチャンネルの「BAN」に関する情報まとめ YouTubeのシステム誤作動による誤BANの場合であっても、 基本的にはこちら側から異議申し立てを行わない限り、YouTubeは貴方のYouTubeチャンネルを勝手に復活してくれる事はありません。 そもそも、YouTubeとしては「システムでBANされた時点ではYouTubeの判断が正しい」というスタンスです。 異議申し立てを行い、こちら側の主張が認められた段階で初めて「誤BAN」になり、チャンネルが復活します。 上記のような仕組みになっているため、アカウントBAN関連の情報はしっかりと正しく把握しておくと良いでしょう。 アカウントBANやアカウント停止に関しては、色々な方から相談を頂くことも多いため、当ブログでも複数の記事で関連情報を取り上げています。 この記事の最後に、BAN関連の情報について各記事へのリンクを貼っておきますので、万が一の時はこれらの情報をもとに適切に対処することをお勧めします。 YouTubeアカウントの停止は「停止」なのか、「削除」なのか? 「アカウント停止」という言葉が一般的なので、私はブログ記事で「停止」という言葉を使っていますが、これは正確なニュアンスで言えば「アカウント削除」と言ったほうが良いと思います。 有名ユーチューバーのアカウント停止事例からのケーススタディ 有名ユーチューバーの方々の中にも、著作権違反やコミュニティガイドライン違反によって、アカウントを停止されてしまった方もいます。 (中には誤BANだった方もいます) そんな有名ユーチューバーの方のチャンネル停止騒動からも学べることがあります。 意外な理由でのアカウントBANの危険性について 意外と知らない方も多いですが、YouTubeチャンネル同士の相互チャンネル登録は規約違反なので、チャンネルをBANされてしまう可能性もあります。 著作権やコミュニティガイドラインから見て全く問題がない動画を投稿している健全なチャンネルであっても、意外なところでBANされてしまうことがないように、この辺についても正しい知識を身に付けておきましょう。 アカウントBANされた時の報酬支払いについて ある意味、一番多くの方が気になっているであろう「BANされてしまったチャンネルのYouTubeアドセンス報酬は支払われるの?」という疑問についても、下記で詳しく解説しています。 アカウントBANを心配している動画投稿初心者の方へ アカウントBANに関しては、YouTubeチャンネル運営者にとって死活問題であるため、かなり詳細に解説してきましたが、 まだYouTubeへの動画投稿を始めていない方や、動画投稿を始めたばかりの方が必要以上にアカウントBANを気にする必要はありません。 特に、動画投稿初心者の方は、今の段階でBANについて気にし過ぎても意味がない理由をしっかりと理解しておいてください。 すべての記事をしっかりとチェックする必要はありませんが、ご自身が気になる記事やトピックスについては、詳細記事まで読んでいただくほうが良いと思います。 とはいえ、気を付けるべきは「万が一、誤BANを受けてしまった時の正しい対処法」を知っておくことくらいです。 あとは下記の無料メール講座で解説している健全なチャンネル運営の王道ノウハウを実践していれば、アカウントBANについて心配することは特にありません。 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識• YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル• チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント• 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。 さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!! もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!.

次の

チャンネルBAN!アカウント停止になったYouTuber達 │ YouTube Times

遠藤 チャンネル ban

昨年の京都アニメーション放火事件では、「犯人は悪くない」と主張し炎上。 その後アカウントはBANされています。 (関連記事「」) 「 ~は悪くないっすね」などの独特な言い回しや、整ったルックスにそぐわない奇行が人気で、逆張りスタイルも定着したためか、現在チャンネルは安定して成長を続けています。 今回の動画で彼は YouTubeを始めた理由について話しました。 「ビジネスとして始めた」 遠藤は「答えから言っちゃうと、 ビジネスですよ」と切り出し、趣味として始めたYouTube活動がビジネスに変わった「」(登録者847万人)とは逆であると話しました。 遠藤はある日知人が「YouTubeでビジネスを始めよっかなー」と話すのを耳にし、動画投稿を生業とするYouTuberの存在を知ったそうです。 それは2017年の8月とか9月ぐらい。 それまでYouTuberという職業があるってことを知らなかった。 でもYouTubeは昔からめっちゃ見てたんだよね。 10何年前からかな?ヒカキンが動画投稿し始めるぐらいか、もっと前からパソコンで結構見てたのよ、1日8時間とか。 でもYouTuberと言われる人たちの動画を見たことなかった。 誰も知らなかった。 調べていくうちにYouTuberがかなり儲けていることを知り、遠藤はビジネスとして興味を持ったとのこと。 だから1再生0. 02円だと、俺はどう電卓を弾いても「儲かんねえじゃん」ってなったんだよね。 だから1回そこでやめたんだ、YouTuberになること。 試行錯誤の上で しかし、遠藤は「」(登録者401万人)と「」(同165万人)が時計を買うというコラボ動画を見て、彼らの月収が数千万円であることを知り、YouTubeを始める決意をします。 ヒカルの月収が4000万くらいで、ラファエルの月収が2000万くらいと言ってたわけ。 まあそれはね、すごい話盛ってると思うんだけど、でも盛ってるにしても確実に儲かってるなって分かったわけ。 だからこのクラスのYouTuberになれば、儲かるんだって思ってそこで俺はYouTubeをやると決意した。 活動開始直後は不慣れなこともあり「結構きつかった」そうですが、続けてうちに好きになっていったそうです。 最初は思うように反響が得られず、投稿したものの削除した動画も多かったとか。 撮影場所やテーマを試行錯誤したからこそ、現在の人気があるようです。 いろんな場所に行ってたりとか、いろんなことやってんの最初の1カ月って。 でも数字が伸びなかったやつは全部消してんのよ。 最初のほうのやつね。 だから結構きつかった。 YouTube界のアイドル? 昨夏の京アニ放火事件で「犯人は悪くない」とした動画では、公開後1週間で9万以上の低評価がつき、低評価率も97%に達していました。 ところが最近は炎上商法と思われる動画でさえも高評価が増えており、ほとんどの動画の低評価率は数パーセント台に収まっています。 コメント欄には もう、何やっても再生数取れるって ただただ、好感度高いんだよ これって、アイドルやん いつからだろう?? 気づいたら あなたの事が好きになってました 炎上で売名し、YouTuberとして人気を定着させることに成功した遠藤。 ファンからは告白のようなメッセージも寄せられています。

次の

【拡散希望】川崎の通り魔事件死んだ児童と遺族を冒涜して大炎上しているYoutuber「遠藤チャンネル」を考察。#川崎 登戸

遠藤 チャンネル ban

遠藤チャンネル、アカウント停止 2019年8月5日、遠藤は自身の動画に「アカウント停止中なのでサブチャンネルに動画出してます」とコメントしました。 ポリシー違反で削除された動画が原因と思われます。 7月24日に投稿した「」は「暴力的または衝撃的なコンテンツの禁止」として、7月18日に投稿した「」も、「悪意のある表現の禁止に関する YouTube ポリシー違反」のため、それぞれ削除されています。 加えて、それまで130本以上あったチャンネル動画のほぼすべてが削除されました。 遠藤チャンネルのも、その影響で、2日、5日に大幅に減少していることが分かります。 この大量削除が、遠藤自身によるものなのか、YouTubeによる処分なのかは分かりません。 6日16時現在、チャンネルには4本の動画が残っていますが、逆張り系の動画は軒並み削除されており、商品紹介系の動画のみが視聴できる状態です。 YouTubeから2度目の警告 YouTubeでは、ガイドラインに違反する動画に警告が出され、警告が3度重なるとアカウントBANとなります。 (関連記事「」) メインの遠藤チャンネルは7月、黒川高校を扱った動画が削除された際、1度目の警告を受けています。 今回が2度目の警告であることを考えると、これから2週間、動画の投稿が制限されることとなります。

次の