しょうほう。 祥鳳改

鸞翔鳳集【らんしょうほうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

しょうほう

脹脛位まである黒髪を先っぽで2つ括りにしていると思われがちだが、bob氏のインタビューによると、リボンで腰辺りでひとつ、顔の左で小さめにひとつ結んでいるとのこと。 つまり長い後ろ髪とは別に、左後ろ髪を一房だけ先を括った状態で肩から前に流すという変則髪型ということになる。 わかりにくい…… 前髪はパッツンワンレンで、キリリとした黒い目が特徴。 頭頂部からぴょんと飛び出たもかわいいポイントである。 体型はスレンダーで上は黒と白の弓道着を重ね着しており、下は黒のミニスカート。 足には紺色の甲板を模したニーソックスが履かれ、靴は黒のローファー。 他の艦娘のような機械的な艤装はなく、腰の両側にボートを一艇づつと、手に身の丈ほどある弓をもつ。 ちなみに矢筒などは見受けられない。 いったいどこから艦載機を取り出しているのやら。 一番特徴的なのがその片肌を脱いだ姿。 左肩から腰にかけてが完全に露出しており、残った右袖は朱い襷によって肩に縛られている。 尚これは『肌脱ぎ』といい、において改まった場でを射る時にする作法なのだが、 本来はやらないものである 女性が射る場合はコンビやのようにたすき掛けを行う。 特に彼女のような立派なだと、弓を弾くときの弦が当たって重傷に繋がりやすいため、普通は胸当てが推奨されている。 と服装交換するとちょうどよいのだが…… なお胸に巻いているのは一見のようだが、実はボーダー柄 飛行甲板? の。 中破グラフィックを観察するとわかりやすい。 が露出しまくりでのが『』だが、彼女の場合 損傷していなくても露出度高いって 2018年のにて、秋刀魚modeが実装された。 にのスタイルという、まさしく大和撫子スタイルで秋刀魚の塩焼きを供してくれる。 顔も普段の凛々しさとは違う、嬉々とした無邪気な笑顔を見せてくれる。 性格だって、航空母艦です。 やります! 見た目に反して少々幼く、自分が活躍できたりに改修・補給されると普段の物静かな雰囲気が一転して無邪気にはしゃいだり、提督のために戦う場面では凛々しい口調で檄を飛ばすなどとても可愛らしい。 改装空母な所為か、生真面目ながらどこか自信なさげな発言も目立つ。 提督の関係は良好で無邪気に懐いている。 特に秘書艦にした時の台詞が印象的であり、 「あの…あまり触られると、艦載機が発進できないです」 あ…その、ごめんなさい… 「」 …!? というにやられた提督も多いだろう。 必至である。 以上のように提督に懐いていることや身体を許しているような台詞から二次などではの一人だとも認識されている。 ちなみに放置台詞で寂しさを紛らわせるかのように艦爆を数えている姿があるのだが、実は彼女、史実で艦爆を積んだ経験はなかったりする。 ではその艦爆は一体だれの… 性能が完了した艦隊が、入港しました! 初期スロットが3つと多いが、の割り振りが極端で第一スロットの搭載機数が18機なのに対し、第二:9・第三:3と、かなり偏っている。 しかし、を25をまで上げてすれば、第二・第三ともに12機、そして第四スロット解放で6機分が更に追加され、合計48機という正規空母に負けない艦載数にまで成長する。 極端に搭載数の少ない最終スロットをどう活かすかが、提督のの見せ所だろう。 艦載機の偏りも、一点特化戦法をさせやすいという点では十分なアドバンテージとなる。 艦載機熟練度が実装された現在は、敵に大ダメージを与えることも可能(奇遇にも、陽炎抜錨4巻では祥鳳が熟練度について言及する場面がある)。 一方、軽空母の宿命と言おうか、装甲値が19という紙装甲。 耐久値自体は32とさして低くは無いが、改造しても伸び率はあまりよくない。 その分、速力は「高速」であり、艦隊の回避能力の向上や、の制御に一助できる。 また、度は「3」(レア)で、よりもドロップする海域が多いため、資材やレア度の関係で正規空母勢が運用しにくい序盤でも、充分に活躍してくれる。 そして運用方法はそのまま・の空母達に転用できるため、空母運用の練習にもなる。 他の艦娘との関係 史実での他の艦との関連性が少ないためか、ほとんど言及されない。 はある状態の時に彼女の名を口にすることがあり、少なくとも妹からはそれなりに慕われていることが伺える。 彼女らを不憫に思い、姉妹共に運用する提督もいる。 二次創作では上述の二人と共に、とセットで描かれることも。 彼女も練習潜水艦の標的役を務めた経験があり、元仲間だったりする。 メディアミックス 上述の通り、他の艦との関連性が少ないためか、姉妹艦である瑞鳳とは対照的にメディアミックスでの出番は非常に少ない。 ・・・と思いきや、主役扱いはなくとも随所で活躍している。 姉妹揃って登場することが殆ど。 「艦々日和」 彼女が登場したメディアミックス作品内では最も活躍している。 プレイ記漫画である本作では、『最初に加入した軽空母』として随所で活躍している(なお彼女の建造に投入された資材は オール999)。 初期から艦隊を支えた一員として活躍し、戦力の整ってない初期は無双ぶりを発揮。 この作品では吹雪のよきお姉さんとして描かれており、吹雪を身を挺して守る場面などかっこいい場面や活躍も多い。 提督に風呂を覗かれたこともある(彼女に限った話ではないが)。 瑞鳳も後に加入し、彼女とほのぼのしている一コマも描かれた。 作者のお気に入りなのか、出番も多く、こともある。 「」 挿絵付きで登場。 ただし、姉妹艦であると瑞鳳本人に言及されてるにも関わらず瑞鳳との絡みはほとんどない。 の方が瑞鳳を見守る姉のような存在として描かれており、どちらかというと本作では共々 的な扱いである。 また、本編ではの件が話題にされる。 公式四コマ 大抵の場合、瑞鳳と一緒に登場するが、単独で登場することもしばしば。 潜水艦の娘達と仲が良いが、なぜか旧名「剣埼」の名で呼ばれるのを嫌がっている(瑞鳳もまた然り)。 豆まきの時に福の神役を抜擢されるも、鬼怒ともども過去の記憶を思い出してしまった。 運が低いことを気にしている。 最近はセーターを着せてもらえた。 「」 第4巻に登場。 龍驤と共に頼れる先輩として描かれていた。 軽空母には装備が行き届いてないので古い艦載機を使っており、それらに対して愛着を持っている様子が描かれている。 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 13:08:39• 2020-07-18 13:08:28• 2020-07-18 13:06:48• 2020-07-18 13:06:14• 2020-07-18 13:04:10 新しく作成された記事• 2020-07-18 12:59:13• 2020-07-18 12:46:55• 2020-07-18 12:44:50• 2020-07-18 12:35:10• 2020-07-18 12:31:57•

次の

【生産終了】せいろ (照宝)

しょうほう

新型コロナウィルス感染拡大に対する全国緊急事態宣言に伴い、休館しておりましたが、緊急事態宣言の解除により、 万全の準備を整えた上で、 6月19日(金)より営業再開いたしました。 皆様には長い間ご不便をお掛けいたしました。 営業再開にあたり、 皆様に安心してお寛ぎいただけるよう、 新型コロナウィルス感染予防および拡散防止の取り組みを検討し、「翔峰新おもてなし宣言」を 決定・実施しております。 すでに多くのお客様にご宿泊していただいており、 お客様からは、 「安心して宿泊できた」「これなら安心」 という言葉を多くいただいております。 是非ご安心してお越しいただき、 旅館ならではの癒しと寛ぎ、信州の豊かな自然を思う存分お楽しみください。 ご利用に関しましては一部制限もあり、お客様には ご迷惑とご不便をお掛けいたしますが、 何卒ご理解賜りますよう よろしくお願いいたします。 皆様にお越しいただける事を従業員一同心よりお待ちしております。 お客様並びに従業員の健康と安全確保のため、長野県からの推奨に基づき、全接遇部門並びに調理部門、客室等清掃部門従業員がマスクを着用しお客様への接遇をいたしております。 館内各所にポンプ式のアルコール消毒液を設置しています。 客室清掃につきましては通常とは異なる清掃手法にて衛生維持に努めています。 法令によりご宿泊いただく全てのお客様に宿泊者名簿へのご記入をお願いしております。 また、海外のお客様につきましては、併せてパスポートのコピーをとらせていただいています。 朝食のバイキングレストランでは、短時間サイクルでトングやサーバーの交換をしています。 微熱や咳等の症状があるお客様へは適切な診療機関のご案内をいたしております。 朝食のバイキングにおきましては、当館に寄せられたお客様からのご要望と、安心してご朝食を召し上がっていただく為に、 当面の間、「和食定食膳」の特別対応にて変更させていただきます。

次の

【生産終了】せいろ (照宝)

しょうほう

ゴルフジャー ナリスト 1949年2月24日神奈川県逗子市に生まれる。 立正大学仏教学部を経て、週刊アサヒゴルフ副編集長ののち、1977年に独立し株式会社S&Aプランニングを設立。 スポーツ分野の記事、編集プロダクションの草分け的存在となる。 文芸春秋「ナンバー」の創刊準備から携わり、高校同級生の山際淳司とともに「ナンバー」の編集を同社で引き受けた。 その編集プロデューサーとしての手腕のほかにも、テレビ、ラジオなどのメディア媒体でも活躍。 またゴルフジャーナリストとして、1973年から世界のメジャーを43年間追い続けている。 1995年には、米国でスポーツライター・ホールオブフェイムを受賞。 1996年第1回ジョニーウォーカー・ゴルフジャーナリスト賞最優秀記事賞を受賞。 著書に「タイガー・ウッズ伝説の序章」「伝説創生」など多数。 また日蓮宗の僧侶として、自坊(神奈川県・逗子市の法勝寺)の住職、日蓮宗宗務院海外開教対策委員。

次の