のび太 あやとり。 ドラえもんでのび太の射撃やあやとりの技など天才的な特技まとめ!

あやとり世界の王様に|ドラえもん|テレ朝動画

のび太 あやとり

このページの目次 OPEN• 1.ドラえもんの登場人物・のび太について のび太の人間性や家族など、基本的なことをまずは見ていきましょう。 「ドラえもん」の副主人公とも言われるのび太は、 丸い眼鏡がトレードマークの小学5年生です。 スポンサーリンク 主人公であるネコ型ロボットのドラえもんとともに暮らしています。 誕生日は8月7日のしし座。 ですが、根は心優しい素直な性格をしています。 しかし、いたずら好きなところもあり、調子に乗りやすいという場面も…。 自分が興味を持ったものには集中できるタイプでもあります。 スポンサーリンク また、自分をいじめているジャイアンやスネ夫にとはどんな関係かを聞かれると、「友達」だと答えたり、2人がピンチのときも助けようとします。 ドラえもんの原作者、藤子・F・不二雄も 「のび太は失敗を繰り返すけれど、その度にちゃんと反省する」と語っていました。 のび太が家出をする回では、無人島に行ってそのまま帰れなくなったことがあります。 そのときには無人島でそのまま極限状況の中をたった一人で過ごし、ドラえもんが助けに来てくれるのをと信じて10年間も待ち続けたといいます。 のび太の幼いころは祖母とも同居していました。 また、のび助の父であり、のび太の 祖父・野比のびるはのび太が生まれる前に亡くなったといいます。 3.のび太の苦手なこと のび太は苦手なことが多いというイメージですよね。 次に苦手なものを挙げていきましょう。 そんなのび太の苦手なことはの一つは勉強です。 しかし、一度だけ自力で100点を取っており、徹夜で勉強してで65点を取ったこともあります。 また、ドラえもんの秘密道具を組み合わせたり新しい使い方を生み出すなど、 応用力も優れており、ドラえもんを感心させることもしばしばあるようです。 ただし、プレイをすること自体は好きみたいで、誘われて断ることはあまりないのだとか…。 また、野球だけではなくサッカーやスケートをしたこともあるようです。 スポーツだけでなく、料理や絵を描くのも苦手です。 その命中率はおよそ9割弱。 さすがに百発百中ではありませんが、これほどの射撃命中率は奇跡と言ってもよいでしょう。 また、的の大きさや敵の強さ関係なく正確に標的を撃つ腕前は、 大人のスナイパー並みと言えるでしょう。 作中の短編では3回、映画などの大長編では5回の両手撃ちを見せています。 スポンサーリンク また、両手で撃っても命中率は変わらないのです。 5.のび太の早撃ちは有名な次元やゴルゴ以上 のび太の早撃ち記録はなんと 0. また、ザ・ドラえもんズのドラ・ザ・キッドの早撃ち記録も0. 1秒のため、キッドと同じタイミングで撃っているということになります。 さらに驚くことに、 「ルパン三世」の次元大介は0. 3秒、「ゴルゴ13」のゴルゴは0. 17秒なのです。 小学生が早撃ちでこの二人に勝っているなんて信じられませんよね。 6.射撃で宇宙一の殺し屋に勝った 「ドラえもん のび太と宇宙開拓史」という作品のなかで登場するのが、宇宙一の殺し屋と言われる冷酷なガンマン・ギラーミン。 のび太はギラーミンと向き合うと、 冷静に相手との勝負をシミュレートします。 スポンサーリンク 「ギラーミンが狙いを外すなんて絶対にありえない」 「勝負は1発にかかってる」 「相手よりも0. 1秒でも早く撃つこと」 また、ギラーミンも「このチビただ者ではない」とのび太を評価する場面があります。 7.のび太は伝説のガンマン「ノビータ」として歴史に残る ドラえもん24巻「ガンファイターのび太」で、のび太は西部開拓時代にいくことになります。 そこで、6、7人の悪者を射撃で倒したのび太は街を救ったヒーローになり、伝説のガンマン「ノビータ」として語り継がれていくのです。 8.のび太は銃を握ると身体能力と知能が劇的に上がる ギラーミンと向き合う際にのび太は「ギラーミンが狙いを外すなんてありえない」と考え、「相手よりも0. 1秒でも早く撃つ」ことが 勝利するための唯一の方法と分析していました。 この状況でも冷静に分析できるのび太の精神力はすごいです。 9.そんなのび太へのネットでの反応 のび太の並外れた射撃の腕前に、ネット上ではこのような反応が相次いでいます。 チートすぎんだろこの小学生… 時代を間違えた天才というなの無能 のび太は暗殺者になるべきなのでは・・・・・・? 敵地潜入からの長距離狙撃手に適正ありそう 射撃やってたらオリンピックで何連覇するんやろか 米軍はスカウトすべき 10.のび太が持つほかの特技とは? のび太のの持つ特技は射的だけではありません! 最後にそのほかに知られるのび太の特技をご紹介しましょう。 オリジナルの技をあみだすほど得意ですが、周りの反応はいまいちの様で、ママには 「なんの役にもたたないあやとりよりも勉強しなさい!」 なんて言われてしまいます。 しかし、ドラえもんの秘密道具「もしもボックス」で「もしも世界中があやとりに夢中だったら」という世界をつくったら、のび太は至る所で注目の的になるのです。 さらに、日本プロあやとり協会からスカウトされました。 ある日のび太は、ドラえもんの秘密道具「もしもボックス」をつかって 「眠ればば眠るほど偉い世界」をつくりました。 そこでのび太にテレビの出演依頼が来て、昼寝するまでの時間を計測したところ、なんと 「0. 93秒」! オリンピックに出場できるとも言われておりました。 昼寝でのび太にかなうものはいないですね。 まとめ ドラえもんの登場人物のび太の裏話、射撃の腕前についてご紹介してきました! 勉強やスポーツなど、のび太の苦手なものは多いですが、 一つ飛びぬけて上手い特技があるのはすごいことですよね。 詳しく知らなかった人は、のび太を見る目が少し変わるかもしれませんね。

次の

ドラえもんでのび太の射撃やあやとりの技など天才的な特技まとめ!

のび太 あやとり

出典 : Amazon. jp のび太といえば何をしてもダメダメ、ジャイアンにいじめられてドラえもんに泣きついているひ弱なイメージが強いですよね。 そんなひ弱なイメージののび太ですが、誰にも負けない 射撃という特技を持っています。 今回はのび太のひ弱なイメージを払拭するため、射撃の腕前についてまとめました。 ひ弱なのび太イメージが180度変わる内容になっているので、のび太のイメージが変わること間違いなしです。 のび太が持っている3つの特技 出典 : Amazon. jp 今回はのび太の中から 射撃について解説しますが、のび太が射撃以外にも 特技を持っていることを知っていますか? のび太には下記3つの特技があり、どれも他人に負けないスゴさがあるのです。 ・昼寝 ・あやとり ・射撃 よく眠っているのび太ですが、昼寝するまでのスピードは 1秒以下。 寝ようと決めて横になった瞬間に寝息を立てています。 不眠症とは無縁ですね。 あやとりも得意としており、もしもボックスで「あやとりで全てが決まる世界」を望んだ結果、 日本あやとり協会から1億円でスカウトされることに。 1億円の価値がある特技を持っているとは驚きです。 それではこの2つ以上の実力がある射撃について解説していきます。 射撃の早撃ち速度が尋常じゃない 出典 : Amazon. jp 射撃能力の高さがわかりやすいのが 早撃ち。 早ければ早いだけ相手に撃ち勝てる可能性が高くなりますからね。 のび太の早撃ち速度は 0. 昼寝するのも早いのび太ですが、早撃ちの速度も尋常じゃありません。 のび太の早撃ち速度はアニメ界トップクラス アニメの世界にはのび太以外にも射撃を得意としているキャラクターがいます。 射撃が得意なキャラクターと聞くと以下の3人が思い浮かびますよね。 ・『ゴルゴ13』: デューク東郷 ・『シティーハンター』: 冴羽獠 ・『ルパン三世』: 次元大介 射撃する場面がのび太よりも多い3人。 場数や等身を考慮すると明らかに小学生ののび太よりも強そうですよね。 そんな3人の早撃ち速度は以下のと通りとなっています。 ・デューク東郷: 0. 17秒 ・冴羽獠: 0. 2秒 ・次元大介: 0. 3秒 屈強な3人でものび太の0. 1秒という早撃ち速度には及びません。 作品が違えばのび太が大活躍すること間違いなしですね。 射撃の腕前は宇宙一 出典 : Amazon. jp アニメ界随一の早撃ちの名手であるのび太。 その射撃の腕前は 宇宙一と言っても過言ではありません。 実際に宇宙一の殺し屋と早撃ち勝負をして勝利を収めたことがあります。 『ドラえもん のび太と宇宙開拓史』にて、 宇宙一の殺し屋と悪名高いギラーミンと早撃ち勝負をすることになったのび太。 負けたら撃ち殺されるという状況にありながら脳内で冷静にシミュレーションを行います。 ・「ギラーミンは狙いを外さない」 ・「勝負は1発」 ・「相手よりも0. 1秒でも早く撃つ」 普段のひ弱なのび太からは想像できないセリフばかりですね。 見事ギラーミンに撃ち勝ったため射撃の実力は宇宙一と言っても過言ではありません。 宇宙一になったのは並外れた精神力があってこそ 出典 : Amazon. jp 死ぬかも知れない状況で冷静なシミュレーションをするのは並大抵の 精神力ではできません。 精神力が相当強くなければできない芸当をなぜのび太ができたのか?普段はひ弱なのび太ですが、実は 想像以上の精神力の強さを誇っているのです。

次の

【ドラえもん】のび太の射撃能力を調べたらチート過ぎた件

のび太 あやとり

のび太が射撃の腕をドラえもんに初めて見せたとき(オモチャの銃で、机の上に並べた鉛筆を次々に撃ち倒して見せる)、ドラえもんは「凄いじゃないか!」と大興奮しましたが、のび太は「こんなの、何の役にも立たないよ。 テストの点がよくなるわけでもないし、銃での撃ち合いなんかが起こらない日本じゃ腕を披露する機会もない」と実に達観したものでした(もっと子供らしい言い方だっただろうとは思いますが、数十年前に読んだマンガの記憶だけで書いてるんで勘弁してください)。 実際には「標的射撃の技術」は今の日本で全く役に立たないというのは事実ではありません。 「銃を使ってターゲットを撃つスピードや正確さ」を競うというのは立派にスポーツとして成立しており、種目によっては高校選手権だとかジュニア選手権だとか、大人になれば国体や世界大会、果てはオリンピックといった檜舞台にまで繋がる夢を持てる世界が広がっています。 しかし、のび太はそのことを知りません。 おそらくマンガを書いていた藤子不二雄Fさんも、「日本でも銃を所持して射撃スポーツをすることができる。 種目によっては子供でもOK」なんてことはご存知なかったんじゃないかと思います。 自分に才能があっても、その才能を活かす場所があるということを知らなければその才能は世にでることもなく、文字通りの持ち腐れになってしまいます。 きっと世の中には、同様に世にでること無く埋もれてしまっていく才能なんてものは山ほどあるんじゃないでしょうか。 今でこそネットが普及して世界各国のどんな情報でも瞬時に手に入るようになりましたが、当時は子供が接することができる情報源なんて、テレビとマンガと学校の図書室くらいしかありませんでした。 そういった一般的な情報ソースからは射撃スポーツの情報なんて入ってきません。 当時の日本の子供が、「日本でも銃を所持して射撃スポーツをする」なんてことができるってことすら知らないのは、ある意味で当然のことだったと言えるでしょう。 逆に言えば今の子供は恵まれてます。 知ろうと思えばかなりのことまで家にいながらにして知ることができるんですから。

次の