南くんの恋人 動画 4話。 南くんの恋人 1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話 無料動画 見逃し配信まとめ

南くんの恋人~my little lover

南くんの恋人 動画 4話

今回ご紹介するのはさんの「」です。 本作は何度も映像化されており、現在第4期のドラマがフジテレビにて放送中です。 ずっと読みたかった原作の感想をネタバレ込みで綴ります。 (原作と映像作品は別作品ではないか?というくらいのズレは生じていると思います、 読まれる際は個人のご判断でお願いします) あらすじ 高校生のちよみの身体が、ある日突然小さくなってしまった。 原因はまったく不明だ。 恋人の南くんとの不思議な同棲の様子を淡々と、しかし、切なく甘く描く初期の代表作。 発表当時、ラスト・シーンが喧々囂々の話題となったこの作品は、時代を超越し、いまなお、マンガ史上に輝く傑作恋愛作品といえる。 変化していくちよみと南くんの関係性 ちよみがなぜ小さくなったのか、その理由は誰にもわからないまま物語は進んでいきます。 小さくなったちよみは恋人の南くんの家に居候中。 食べ物を用意してもらい、服をつくってもらい、お風呂やトイレの処理まで世話してもらうちよみ。 本来なら女子高生の彼女は、南くんなしでは生きていけません。 ごくふつうの「彼女」と「彼氏」だったふたりは、まるでご主人様とペットのような、歪すぎる関係に変化していきます。 (「」、p83) 男子高校生の性欲 南くんは健康な男子高校生、持て余す性欲のはけ口がちよみではいけません。 彼女はドールのような姿で、倒錯的な熱情を抱くことがあってもそれを「実践」することはできないからです。 そのストレスで南くんはつい同い年の妖艶なクラスメイトのことが気になってしまい、いつ浮気してもおかしくない状態に。 だけどちよみには南くんしかいません、 彼女の世界は「南くん」だけなのです。 そんなちよみをかわいそうに思うと同時に、愛しく思う南くん。 そうだ、たとえこのままセックスできなくても、大事な彼女であることには変わりがない。 憐憫と愛情と性欲の間で、南くんの感情はゆらゆら揺れ動くのです。 (「」、p55) 誰にも知られてはいけない彼女の「秘密」 小さくなったちよみの姿を他人に見られてしまうことは許されません。 ちよみが研究対象にされてしまうと、ふたりは一緒にいられなくなってしまうからです。 しかしちよみの姿が周囲からひた隠しにされてしまった結果、 ふたりはどんどん社会から疎外されていくことになります。 まだ高校生のふたりの抱えた秘密は大きすぎるのに、誰にも悩みや葛藤を話すことができないし、手を伸ばすことのできる相手はたったの一人もいないという、そんなおそろしい閉鎖的状況に反したほのぼのとかわいい絵柄はかなり不気味です。 (「」、p162) そしてきっとこのラストしか物語を飾れない 唐突な「ちよみ」の死によって物語は終結します。 ふたりで旅行に行った帰り道、車に轢かれそうになって崖から落ちてしまう南くん。 ポケットに入れたちよみはその時の衝撃であまりにもあっけなく死んでしまいます。 (「」、p187) 彼女の残した言葉は 「おうちにかえりたい」、ただそれだけ。 彼女の死は両親にすら伝えることができないのに、南くんはこれからたった一人で生きていかなければならないのです。 心理的に状態にあったふたり、ちよみに取り残された南くんの心情を思うと胸が張り裂けそうになります。 最後に 南くんとちよみは完璧ではありません。 まるで生きている人間のように、善と悪の間を振り子のように行き来します。 彼らの行動や感情の変化に日常と地続きのリアルがあるからこそ、このラストはただただ切なさがこみ上げます。 しかし同時に、この終結の方法にひどく納得したのは、ちよみと南くんの関係に、このラストシーンはあまりに似合いすぎたからです。 対等でいられないふたりは、いつまでも均衡を保つことができません。 ちよみは一人では生きていけない。 けれどまた、ちよみを失わないことには、南くんの未来はあり得なかったでしょう。 という作家は、行ったり来たりして徐々にバランスを崩していくごくありきたりな恋愛の話を、どうしてこんなに切なく描けるんだろうと思いました。 間違いなく傑作。 エモーショナルを爆発させたい方、ぜひ読んでみてください。 hotori1116.

次の

ドラマ「南くんの恋人」の結末は?原作や旧作の最終回をネタバレ!

南くんの恋人 動画 4話

ついに最終話です!! てっきり、 伝説の月下の泉を探せ! ~南くんの恋人RPG~ といった内容で進んでいくのかと思いきや、前半は原作の最終話のエピソードが満載でした。 ・旅館の台帳を書くところ ・温泉に入っている時の2人の話し声を、旅館の従業員に聞かれるところ ・温泉に入ったら、ちよみが大きくなっちゃった!? (結局「夢オチ」でしたが) ・他の人に目撃されたちよみが、人形のふりをするところ。 (原作では「地元のオバチャン」に目撃されてました) ・旅館のお料理を2人でなかよく食べるところ。 今まで原作とは全く違うストーリーで来ていたのに…原作ファンとしては、ちょっと嬉しかったです。 さて、そんなほのぼのとした2人とは対照的に、おじいちゃんは危篤状態に。 慌てた日下部先生は、必死に南くんの携帯電話を呼びますが、圏外のためなかなかつながりません。 …あのぅ、こういう時はひとまず「ミナミベーカリー」に電話してみてはどうでしょう?泊まる旅館ぐらいは分かってそうですが…肝心な時に要領の悪い日下部先生(36歳独身)だなぁ(苦笑)。 苦労の末、やっと南くんの携帯につながります。 都合よく…イヤイヤ、まさに「月下の泉」に着いたところで。 お祈りをする直前だった2人は、迷わず「おじいちゃんの命を、助けてください」と祈ります。 すると、 都合よく奇跡的におじいちゃんの容態が回復。 しかし、その1回のお祈りで「月下の泉」パワーを使い果たしてしまったのか、2度目の「元に戻りたい」というお祈りは通じなくなってしまいました。 それでも後悔していない2人。 しかし、2人は直接言わなかったものの、月下の泉の祈りはおじいちゃんのために使ったことを感づいてしまいました。 その病院の帰り道で、やっと大切な首飾りを泉のところに忘れてきてしまったことに気付くちよみ。 おお、じゃあ泉に戻る途中で何かあるのか!? しかし、そこで事故が起こってしまいます… 旅館の従業員が「ナシ、持ってって~」と、どこからか取ってくるために車から離れたら(車内には南くんとちよみだけ)、たまたま通りかかった車がぶつかってきて、2人が乗った車は崖の下へ…。 こんなところで原作どおりかよ!! と思いましたが、幸いちよみは無事。 ただ、南くんが全身を打ってしまったせいか、動けなくなってしまい、更に車のロックも解除できません。 ガソリンがもれているせいか、ボヤボヤしていると車ごと爆発してしまいそうな危険な状態。 ウィンドウのすき間から一旦ちよみだけ逃がしますが、「絶対離れないって、約束したでしょう」と戻ってきてしまいます。 え~、やっぱり原作どおり死んじゃうの!? ところで、ぶつかって来た車はそのまま行っちゃったってコトでしょうか。 ひどぉ~。 ナシを取りに行った旅館の従業員、いっこうに戻って来ませんでしたが、どこまで取りに行ってたんでしょうか。 「すぐに戻る」と言ってたのに…誰か気付いてあげてーって言いたくなっちゃいました。 そんなところに、おじいちゃんパワー炸裂です。 まぁ、世の中にはそんなこともあるかも知れません。 時は夕方…てっきりパジャマ姿で月下の泉に直行するのかと思いきや、真理子に「連れて行ってくれ」と頼みます。 …はぁ?霊に連れて行ってくれとは、どーゆーこと!? しかし、次の場面ではまたまた都合よく「月下の泉」にいるおじいちゃんと真理子。 しかも夜で満月です。 そして「ちよみを助けて」とお祈り。 祈りが通じたのか、解除できなかったロックは外れ、危機一髪のところで2人は脱出できました。 しかし、おじいちゃんは… たぶん、「月下の泉」に行ったのは精神体の方だけで、その時点で身体の方は息を引き取っていたんでしょうね… 冒頭の喪服のシーンは、やっぱりおじいちゃんのお葬式だったんですね…まぁ順番どおりというか、ちよみじゃなくて良かったというか…安らかな顔で逝けたのは何よりです。 でも「ここ(お葬式)にいるみんなには、ちよみのことを全て話した」という、非常に短いセリフでまとめてしまうのはどうなんでしょう?パニックになる南パパや、笑顔で「よく来てくれたわね」と言ってくれそうな南ママも見てみたかった気がします。 そして、最後まで「ちよみの親友」である小久保さんは目立ちませんでしたね。 もうちょっと表に出してあげても良かったような気がします。 せっかく原作には登場しないキャラなのですから。 時は3年後。 いまだ小さいままのちよみは、マラソンで走る南くんのポケットの中に。 ちよみ本人は、書道の通信教育の先生をしていました。 そして、1人分の旅費であちこち旅行しているようです。 (これはとってもうらやましい!! ) ビデオを一時停止して、行き先をよ~く見てみました。 真ん中が「屋久島」。 左が「サグラダファミリア」(スペイン) 右が「凱旋門」(たぶんパリの) でした。 ちゃんと「1年に1回は旅行しようね」という約束を果たしているようです。 さすが南くん。 写真がいかにも合成っぽいのには、目をつぶってあげましょう(笑)。 結局、ちよみはこの先ずっと小さいままで過ごすのでしょうね。 最後のツッコミとして、月下の泉の伝説について。 「愛し合うふたりが心をひとつにして願い事をすると望みが叶う 」というのなら、今度は南くんのパパとママに行ってお願いしてもらえばいいのに~と思ったのですが…やっぱりパン屋が忙しくて行けないのでしょうか(笑)。 円満にハッピーエンドで終わって良かったなぁと思う反面、考えさせられるラストの原作とは違い、心にズシンと残るものはあまりなかったかも。 ツッコミを入れながら見たのは楽しかったですが。 ところで、この最終回をビデオで見ている最中の私に、旦那が聞いてきました。 この一寸法師、元に戻るの? だって…。 はあぁ、あの年代はどうしても、「人間が小さくなってしまう」のは一寸法師ぐらいしか思いつかないんでしょうねぇ。 確かに原作では「うちでのこづち」をマネて、ピコピコハンマーでちよみを叩いてみる…というシーンもありましたが。 ドラマについての評判はいろいろあると思いますが、最後まで見て良かったと思います。 最初の頃は一部見逃してしまったり、ビデオに撮らずに見て思いついたことを書いていたのですが、途中からは記事にするため、必ずビデオに撮ってじっくり見てました。 ツッコミどころをメモしながら(笑)。 原作に思い入れがなければ、きっとここまで出来なかったでしょうね。 このような感想を書くのはなかなか大変なので、見たもの全ては出来ませんが、また何か面白そうなドラマがあればやってみたいと思います。 ちなみに気になっている次期ドラマは。 (感想を書くかどうかは未定です).

次の

南くんの恋人:第11話(最終話)感想: さとひろスタジオF717

南くんの恋人 動画 4話

ようこそ! 内田春菊さんの漫画「南くんの恋人」が再ドラマ化! これで1990年・1994年・2004年に続き、「南くんの恋人」のドラマ化は4度目となります。 2004年のドラマでは嵐の二宮和也くんと深田恭子さんがメインキャストでしたね(あれ、もう11年前なのか…) 「南くんの恋人」のあらすじはご存知「高校生の南くんが小さくなった恋人・ちよみと同棲生活を送る」というラブコメっぽい展開です。 一方、実は原作漫画ではあらすじを裏切るようなドロドロ系展開やトラウマ級の結末が描かれているんですよね。 そのため、これまでのドラマ化では原作とは違うオリジナルな結末が放送されたほど。 2015年版の新「南くんの恋人」でも結末はオリジナルになると明言されていて、さらに主人公の設定が変化しているなどの独自要素が盛り込まれています。 いったいどんな結末になるのでしょうか? 今回は原作漫画「南くんの恋人」の衝撃最終回やこれまでの旧ドラマ版の結末をネタバレしていきたいと思います! Contents• ドラマ「南くんの恋人」のネタバレ! まずは、「南くんの恋人」のあらすじを簡単におさらい。 主人公の南くんはオタク系のモテない高校3年生。 ある日、幼なじみの「ちよみ」が身長16㎝になってしまったことをきっかけに南くんはちよみと秘密の同棲生活を始める。 南くんは学校のアイドル的存在であるちよみに恋心を寄せていた。 奇妙な同棲生活の行き着く先は…!? 一見すると「どうにかして、ちよみを元の体に戻さなきゃ!」とか「南くんとちよみの恋の行方は…!?」とかに展開していきそうなものですが、そうではなくただただ奇妙な同棲生活が続いていきます。 原作者としては「お色気系」として描いていたそうですが、読者の中には「プラトニックな恋だ!」と捉えていた人も多かったようですね。 原作の結末をネタバレ! 「南くんの恋人」の最終回はまさかのトラウマ展開!原作者への批判も少なくなかったそうです。 結末からズバリ言ってしまうと、なんとヒロインの「ちよみ」はこの世から去ってしまいます。 経緯は次の通り。 ところが、乱暴運転の車をよけようとした南くんは崖から落下! 南くんは無事だったものの、ちよみの姿がない…。 身長16㎝のちよみは南くんの足の下でぐったりしていて「家に帰りたい…」とつぶやく。 しかし、家に着いた頃にはすでにちよみの命は…。 南くんはちよみの落命を誰にも話すこともできず、また日常が続いていくという絶望的な結末でした。 漫画あとがきでは原作者が「ちよみは本来存在すべきではない」「(原作者自身が)子どもを諦めたという心情の表れだったのかもしれない」とコメントし、物議をかもしました。 ドラマの結末は? 原作漫画の結末はまさかの鬱展開…。 といわけで、これまでのドラマ「南くんの恋人」ではオリジナルのハッピーエンドが用意されてきました。 簡単にそれぞれの結末をまとめると 第1作:行方不明になったちよみが風船につかまって帰ってくる 第2作:徐々にちよみが弱り消えてしまう。 しかし特別編では、神様の計らいでちよみが帰ってきて南くんと結婚する 第3作:原作通りに崖から落ちるも、ちよみは助かる。 そのまま幸せに暮らす という感じでした。 武田真治さんと高橋由美子さんが演じた第2作では一度は悲しい結末に終わりましたが、1年後に救済エンドが特別につくられてよかったです。 それだけ視聴者がハッピーエンドを望んでいたということでしょう。 2015年版のドラマ「南くんの恋人」でもきっと最後はハッピーエンドで終わると予想されます。 南くんを演じるのは中川大志、ちよみ役は山本舞香、これからブレイクする若手キャストが選ばれました。

次の