エクセル 年齢 計算。 エクセルで年齢計算!生年月日から満年齢を計算する方法|DATEDIF関数

【Excel(エクセル)術】自動で計算されない?よくある原因と対処法

エクセル 年齢 計算

エクセルで年齢を計算したいときの、計算方法を解説していきます。 年齢を計算する方法には、大きく分けて次の2つがあります。 誕生日 当日に年齢を1増やす計算方法• 誕生日の 前日に年齢を1増やす計算方法 例えば、1976年7月1日生まれの人が、2016年6月30日の時点で何歳かを計算したいという場合、 誕生日 当日に年齢を1増やす計算方法 39歳 誕生日 前日に年齢を1増やす計算方法 40歳 というように年齢が1歳変わってきてしまいます。 会社の仕事として年齢計算をする場合には、後者の「誕生日の前日に年齢を1増やす」計算のほうが多いと思うのですが、目的により異なる可能性があります。 ですから、計算式を組む前に、このどちらの計算をすべきか念入りに確認してください。 このページでは「datedif関数」を使う方法と使わない方法の2パターンの説明をしています。 datedif関数を使うと、計算式は非常に簡単になります。 ただし、• 過去datedif関数は様々なバグを出していること• 計算過程が見えているほうがトラブルに対応しやすい など、datedif関数を使うには不安な面もあります。 そのため、このページではdatedif関数を使わないで年齢計算をする計算式も紹介します。 個人的には datedif関数を使わない計算方法をおすすめします。 この記事の目次• 前提 全ての例について、次のセルにデータが入っているものとして、C2セルに年齢を表示させます。 A2セル 誕生日の日付 B2セル 年齢を計算したい時点の日付 誕生日当日に年齢を1増やす計算方法で、年齢を求める まずは、計算が簡単な「誕生日当日に年齢を1増やす」方法を解説していきます。 datedif関数を使って年齢を計算する方法 datedif関数を使う場合には、次のようにして計算を行います。 例えば、1976年7月1日生まれの人が2016年6月30日の時点で何歳かを計算したいという場合。 とりあえず「年」同士を引き算をして(2016-1976=40)、大雑把な「年齢」を計算します。 2.誕生日の月・日と、年齢を計算したい時点の「月・日」の大小関係を見る 先ほどの大雑把な「年齢」計算でも、すでに今年の誕生日が到来していれば問題ありません。 ただ、「年齢を計算したい時点」で、今年の誕生日がまだ来ていない場合には計算結果がおかしくなります。 例えば、誕生日が7月1日だとすると、次のような補正が必要になります。 年齢を計算したい時点の日付が「7月1日」以降 補正なしでOK(=40歳のままでOK) 年齢を計算したい時点の日付が「6月30日」以前 補正が必要(=40歳から1を引いて39歳にしないといけない) そこで、 月・日を比較して、すでに誕生日が到来しているかどうかの判断が必要となります。 具体的には、次のような感じです。 そして、この場合にだけ、大雑把な年齢から「1」を引けばいいわけです。 これを計算式化すると、先ほどご紹介した計算式になります。 ありがとうございます! 誕生日前日に年齢を1増やす計算方法で、年齢を求める 法律的な年齢を計算する場合には、こちらの計算を行います。 たとえば、介護保険料は40歳から支払わないといけません。 この40歳になったかどうかの計算は、誕生日前日に年齢を1増やす方法で計算をすることになります。 datedif関数を使って年齢を計算する方法 datedif関数を使う場合には、次のようにして計算を行います。

次の

【エクセル時短】年齢を自動計算するには? 誕生日から現在の満年齢を関数で求める方法

エクセル 年齢 計算

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 誕生日から指定した日付時点での満年齢を求める 社員名簿や会員リストの表で、あらかじめ入力されている誕生日(生年月日)に基づいて、現在の年齢を表示したいことがあると思います。 例えば、以下のようなケースです。 表のF列にある「誕生日」から、セルG1の「更新日」を基準とした会員の年齢を表示しています。 しかし、こうした年齢を手動で入力するのは、時間のムダでしかありません。 もちろん、データの正確性にも欠けてしまいます。 では、どうすれば... ? 【 エクセル時短】第116回では、 誕生日の日付と指定した日付時点での満年齢を自動計算する方法を紹介します。 期間内の満年数を求めるDATEDIF関数を使う Excelで年齢を計算する方法はいくつかありますが、 「DATEDIF」(デート・ディフ)関数を使うのが定番です。 構文を見てみましょう。 引数[ 単位]には以下の6種類があり、いずれも「"」(ダブルクォーテーション)で囲んで指定します。 満年数を求める• 満月数を求める• 満日数を求める• 1年に満たない月数を求める• 1年に満たない日数を求める• 1カ月に満たない日数を求める このDATEDIF関数で[ 開始日]に誕生日、[ 終了日]にデータの更新日などの基準となる日付を指定し、[ 単位]で「Y」(満年数を求める)を指定すれば、現在の満年齢が求められるというわけです。 1つ注意点としては、 DATEDIF関数は入力候補や[関数の挿入]ダイアログボックスに表示されません。 セルや数式バーに直接入力する必要があります。 具体的な手順を以下で見ていきます。 DATEDIF関数で満年齢を求める 1年齢を自動計算する関数式を入力する セルG3に関数式を入力します。 DATEDIF関数は入力候補に表示されませんが、そのまま以下のように入力してください。 [ 単位]の「"Y"」は満年数の意味です。 2年齢が自動計算された 年齢が自動計算されました。 入力した関数式はコピーしておいてください。 3自動計算を確認する 本当に年齢が自動計算されるかを確認してみましょう。 DATEDIF関数は入力候補に表示されないため、間違っているような気がするかもしれませんが、問題なく使えます。 ここでは念のため、DATEDIF関数を使わずに自動計算する方法も紹介しておきましょう。 先ほどセルF3に入力した関数式を以下のように変更します。 ただ、単純に年を引いているだけなので、基準日の時点での満年齢かどうかはわかりません。 そして、IF関数で誕生日とDATE関数で求めた日付を比較し、誕生日のほうが大きい=誕生日前であればTRUEの値「-1」を返します。 先に求めた年の差から「-1」され、最終的に満年齢が求められます。 close 閉じる.

次の

エクセルで年齢や勤続年数を簡単計算!便利な【DATEDIF関数】|エクセルドクター

エクセル 年齢 計算

生年月日から年齢を自動計算する 満年齢を計算してプロモーション みなさんも「会員登録」をする場合、「年齢」ではなく「生年月日」を入力させられるケースが多いのではないでしょうか。 企業としては「年齢」そのものよりも「生年月日」を情報として収集するようになっています。 なぜなら、 『当日(あるいは任意の日付)に〇〇才の人』という条件で、生年月日から満年齢を算出してターゲットとなる顧客を抽出した方がマーケティングに活用しやすいからです。 たとえば、30周年をむかえる企業がプロモーションとして、「今年30歳を迎える人」にダイレクトメールやプロモーションのメルマガを送付するケースなどです。 そこで重要なのが「 年齢計算」の技術です。 DATEDIF関数 エクセルで年齢計算 さて、膨大な顧客データやアプリケーションは持っていないけれども、生年月日の情報が入った名簿が手元にあって、それをもとに 年齢計算して何かに役立てたいとき、エクセルならばその年齢計算が可能です。 エクセルで生年月日から 満年齢を計算 するには、 DATEDIF関数 を使います。 EXCEL の DATEDIF は「ウラ関数」? DATEDIF関数 をご存じない方も多いかもしれません。 それもそのはず。 実はこの DATEDIF関数、 [関数の挿入][関数の貼り付け]ダイアログでは表示されず、セルに直接入力しないといけない「 ウラ関数」なのです。 一説には他のアプリケーションとの互換性を保つためにサポート的に用意されたものだとか。 DATEDIF関数のフォーマットは; 開始日(第一引数)= 生年月日 終了日(第二引数)= 今日の日付(TODAY ここまで大丈夫でしょうか? 第三引数の「単位」にはバリエーションがあり、状況によって使い分けが可能です。 今回の例の場合は、"Y" を引数として入力します。 下のような表があった場合、セルB2にはどのような式が入るでしょうか? 正解は、「 =DATEDIF(A2, TODAY , "Y")」です。 これで、もし顧客情報から生年月日の情報を引き出すことができても、年齢が表示されない場合などはデータをCSVなどで出力してエクセルを使って年齢計算をすることが可能です。 「なにがいけないの?」と思われる方もいらっしゃると思います。 実は、「年齢計算ニ関スル法律」では、 満年齢は誕生日の前日に1歳が加えられるとなっています。 ま、そこまで厳密にこだわるならばですが。 ぜひ仕事で活用してみてください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 条件付き書式・TODAY関数 エクセルで今日の日付の色を変える方法について解説。 日付が変わっても常に 今日の日付のセルや行に色をつける 色を変える ことができると、視認性もよくとても便利です。 EOMONTH関数, WORKDAY関数 エクセルで 月末の日付・翌月末の日付・月末の最終営業日 を表示させる方法を解説。 請求書には「振込み期日」などで 月末日 や 翌月末の日付 がよく使われます。 また、土日を除いた 月末の最終営業日 が... HLOOKUP関数・VLOOKUP関数 「HLOOKUP関数」をご存知ですか? HLOOKUPとVLOOKUPとの違いについて解説します。 LARGE関数・RANK関数 学校の成績ベスト5、〇〇の都道府県別ベスト10。。。 日々データ分析に携わっていると、仕事でも何かと「順位」「ベスト〇位」を求められることがしばしばです。 Excelグラフ 株価チャートの作り方と見方を図解します。 株価のグラフがうまく作成できないという方は「表の並び」が良くないかもしれません。 ローソク足の見方にも触れていますので、ぜひ当サイトをご一読ください。

次の