七夕賞 2020 出走予定。 七夕賞 2020 予想オッズ・データ【競馬予想・出走予定馬】

「七夕賞2020」出走予定馬・予想オッズ・人気馬見解

七夕賞 2020 出走予定

foredooming. foredooming. keiba0. 現時点の狙い馬候補についてはブログ記事のリンクからご覧可能です。 com tsutomu keiba. foredooming gmail. com Administrator KEIBA Movies 検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 1,750• 153• 105• 101• 665• 100• 100• 1,295• 127• 226• 168• 204• 176• 40 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

【七夕賞】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

七夕賞 2020 出走予定

出走予定馬・予想オッズ 出走可能頭数:16頭/登録頭数:18頭 出走予定馬 馬名 性齢 騎手 ヴァンケドミンゴ 牡4 酒井学 オセアグレイト 牡4 野中 ヒンドゥタイムズ 牡4 北村友 ブラヴァス 牡4 福永 マイネルサーパス 牡4 国分優 パッシングスルー 牝4 戸崎 ジナンボー 牡5 レーン バレリオ 牡5 津村 リュヌルージュ 牝5 未定 アウトライアーズ 牡6 丸田 ウインイクシード 牡6 横山武 エアウィンザー 牡6 三浦 クレッシェンドラヴ 牡6 内田博 レッドローゼス 牡6 石川裕 ノーブルマーズ 牡7 高倉 ソールインパクト 牡8 吉田豊 除外対象馬 馬名 性齢 騎手 アンノートル 牡6 柴田大 グローブシアター 牡6 北村宏 予想オッズ 馬名 斤量 予想オッズ クレッシェンドラヴ 57. 0 3. 4 ジナンボー 56. 0 3. 9 ウインイクシード 56. 0 6. 8 ブラヴァス 55. 0 7. 1 マイネルサーパス 56. 5 7. 9 パッシングスルー 54. 0 15. 4 エアウィンザー 57. 0 16. 2 ヒンドゥタイムズ 55. 0 19. 2 オセアグレイト 55. 0 21. 5 ノーブルマーズ 56. 0 22. 5 ヴァンケドミンゴ 54. 0 35. 8 リュヌルージュ 52. 0 45. 6 ソールインパクト 54. 0 67. 0 バレリオ 55. 0 78. 9 グローブシアター 55. 0 78. 9 アウトライアーズ 54. 0 85. 7 レッドローゼス 56. 0 91. 6 アンノートル 53. 0 115. 4 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1枠 12-5-7-99 9.

次の

【七夕賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析

七夕賞 2020 出走予定

着 順 枠 番 馬 番 馬名 性齢 負担 重量 騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり 3F 通過順 1 2 3 牡6 57. 5 7. 4 3 36. 7 1 12. 4 7 37. 0 栗 464 0 2. 8 6 37. 1 2 5. 8 2 36. 1 8 37. 0 美 492 -1 2. 2 アタマ 17. 8 10 38. 0 美 488 0 2. 2 アタマ 46. 4 14 37. 7 5 37. 4 ハナ 4. 8 1 37. 5 13 36. 6 クビ 8. 4 4 38. 0 美 488 0 2. 1 11 38. 0 栗 492 -2 2. 7 5 15. 6 9 39. 4 4 70. 2 15 39. 0 栗 512 -4 2. 5 12 39. 0 美 494 0 2. 6 7 112. 5 16 40. 6 - 11. 9 - 12. 1 - 12. 4 - 12. 3 - 12. 1 - 11. 8 - 12. 1 - 12. 2 - 13. 0 前半 12. 6 - 24. 5 - 36. 6 - 49. 0 - 61. 3 後半 61. 2 - 49. 1 - 37. 3 - 25. 2 - 13. 0 土曜日の福島芝のレース結果、近年の七夕賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。 予想の際にお役立てください。 土曜日は週中に降った雨の影響が残り、含水高めのコンディション。 芝コースは終日稍重(JRA発表)でレースが行われた。 10R・猪苗代特別(2勝クラス・芝2000m)の決着タイムは2分0秒9。 1週経過したうえに道悪を加味すれば、決して遅い水準ではない。 この時季の福島とすれば、路盤そのものは悪くないということがうかがい知れる。 土曜日の結果を振り返ると、脚質に関しては、おおむね先行優勢。 その一方で、枠順の有利不利は少ない印象。 中~外枠がガンガン来ているようにも思えるが、進路取りや展開によるものが大きく、過度の外枠依存は危険と言わざるを得ない。 ただ、開幕週+前日の道悪開催に伴うダメージを考慮する必要がある。 日曜当日開催中の雨の有無にかかわらず、レースが重なるにつれ、馬場の劣化が進んでいくことを頭に入れておかなければならない。 とはいえ、外差し有利と決めつけるのは早計。 馬群が横に広がるぶん、距離ロスに加え、外を回したい馬同士の不利が発生しやすくなる。 その点には注意を払うべきだ。 ゆえに、走りやすい部分を先んじて通る(通るであろう)馬が優位とみるべき。 重めのコンディションを味方につけて立ち回れそうな、内めの枠(1~3枠あたり)の馬に対する意識を強めたほうがいいかもしれない。 血統面については、近年の七夕賞を検証すると、サンデーサイレンス内包馬が好調。 近5年の2着以内全馬が該当する。 とりわけ、ノーザンダンサー系またはロベルト系の種牡馬を、父もしくは母父に擁する馬の好走頻度が高い。 条件を満たす馬は積極的に狙うべきだろう。 従って当欄では、この2頭を狙いどころとして推奨する。 日曜日に行われる七夕賞の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。 予想の際にお役立てください。 僚馬に体勢不利の形でゴールしたが、折り合い重視の調整なので、深刻に捉える必要はない。 それ以上に首を上手に使った推進力のあるフォームが目につき、状態は良い意味で安定している。 アシャカダイキを相手に手応え優勢でゴールした。 大きく変わった雰囲気こそないが、ブレの少ないフォームでリズム良く動けている点は好印象。 力を発揮できる態勢とみる。 序盤は力みがちだったが、全体的に見れば活発に動いている印象。 とりわけ、スピードに乗ってからの小気味良い走りは目を引くものがあった。 約半年の休み明けを思えば、優に合格点が与えられる。 僚馬2頭に体勢不利の形ながら、及第点のタイムを記録した。 ただし、推進力が上に逃げるような走りで、そのぶんラストの伸びを欠いているように映る。 牡馬相手の重賞で大望まではどうか。 直線入り口あたりで手前の切り替えが上手くいかず右側に跳ぶ場面もあったが、その後はしぶとく脚を伸ばしていた。 走り自体に重苦しさはなく、及第点の仕上がりにある。 コーナーで頭を上げて首を振るシーンもあったが、直線に入ってからの走りはスムーズ。 抜け出す際の反応も悪くなかった。 大きな底上げまではどうかも、この馬なりに動ける態勢とみていい。 パートナーのグローブシアターをアオるような格好で終えた。 均整のとれたフォームでまっすぐ登坂する姿は見映えがする。 急上昇とはいかないまでも、前回のデキを下回るということはない。 前を行く2頭を追走し、手応えに余力を残したまま、体勢有利でゴールした。 発汗が目につく一方で、いい頃の前向きさが戻りつつある印象。 紛れた場合のヒモ候補として一考の余地はある。 雨で重くなった馬場を苦にせず、上々の伸び脚を披露した。 力強い踏み込みと四肢を広く使ったフォームは、衰えをまったく感じさせない。 いいムードでレースに臨めるのではないか。 僚馬と競いつつ、脚を伸ばしている点は評価できる反面、いい頃と比べて力強さを欠いているようにも映る。 そのあたりを鑑みると、中身が伴っているかどうかについては疑問。 積極的には手が出ない。 直線で軽く促されると機敏な反応を返し、パートナーのリュヌルージュをあっさりパスした。 軽い身のこなしとスムーズな加速は光るものがある。 好調と判断したい。 前肢の出が少し窮屈に映るが、気合い乗りは悪くなく、制御もしっかり利いている。 持ち味のしぶとさを生かせるようなら、面白い存在になるかもしれない。 余力残しの内容ながら、キビキビとした脚さばきで駆け抜けた。 時計は地味だが、前後のバランスがとれたフォームは見映えがいい。 軽くは扱えない1頭だ。 軽く流す程度の内容ながら、マズマズのタイムをマークした。 少し前肢の動きが硬いような気もするが、後肢を大きく使った走りをみるに、さしたる問題ではなさそう。 現状の力を出せる状態とみたい。 それなりに脚を伸ばしたものの、追いかけてきたヒンドゥタイムズに手応えで完全に劣勢。 調教映えしないタイプとはいえ、物足りないのは確か。 今回は期待よりも不安のほうが大きい。 ひと完歩ごとに頭が上がる見映えの良くない走りだが、これはいつものこと。 脚元の動きは力強く、鞍上の合図に対する反応も悪くない。 勝ち切るまではどうかも、連下ならチャンスはありそうだ。 今年の登録馬の平均も95. ここから、レースレベルは標準と判断することができる。 連対馬の最低指数は93. 7なので、ここが軸馬を決める際の取捨の基準になりそうだ。 毎年必ず「指数3位以内かつ5番人気以内」の馬が連に絡んでいることから、上位人気が予想される1位のジナンボー(99. 4)、3位のクレッシェンドラヴ(97. 8)あたりはしっかり押さえておくべきと結論付けたい。 その一方、荒れるハンデ重賞らしく、低指数かつ下位人気の穴馬が3着に突っ込んでくるケースが多いのも、このレースの大きな特徴。 3着馬の最低指数は87. 1となっており、15年は16位で16番人気のマデイラ(92. 0)が、16年は14位で11番人気のオリオンザジャパン(94. 4)が、18年は12位で12番人気のパワーポケット(87. 1)が、19年は14位で12番人気のロードヴァンドール(94. 6)が、それぞれ波乱の立役者となった。 3連単、3連複を購入する際は、3着欄、3列目に手広く穴馬を配置することを推奨する。 ここでは穴候補として、キャリアが浅くまだ底を見せていないバレリオ(93. 9)、3年前の3着馬であるソールインパクト(94. 9)の名前を挙げておく。 まず、13年に2回福島8日目から4日目へと施行日が変更されたことは念頭に置く必要がありそうで、開催日程の変更は少なからず血統傾向にも変化をもたらしている。 以前から荒れるハンデ重賞であることに変わりはないが、18年メドウラーク(11人気・1着)、16年オリオンザジャパン(11人気3着)、15年マデイラ(16人気3着)、と近年は父または母の父にクロフネの血を引く牡・セン馬の激走が目立つ。 また、ブライアンズタイムやDynaformer(2頭は父系と牝系が共通、母の父は全兄弟)持ちも毎年のように上位を賑わせており、先述したメドウラークはブライアンズタイム直仔のタニノギムレット産駒でもあった。 12年オークス・3着など重賞でも一線級の活躍を続けたアイスフォーリスの全弟で、3代母Dahliaは欧米でG1を10勝した名牝。 母の父が近年の穴血統ということもあるが、ミキノバンジョー(12年7人気3着、14年12人気5着)、ファタモルガーナ(13年11人気6着)など、リヴリア(その母Dahlia)の血を引く馬が激走傾向にある点でも強調できそうな血統だ。 12年六甲Sを制したマイネルクラリティの半弟で、2代母ヒカルダンサーは90年牝馬東京タイムズ杯(現在の府中牝馬S)の勝ち馬。 レコード馬場にも道悪にも対応できる福島巧者で、母の父タマモクロスは18年にパワーポケットがシンガリ人気(12人気)ながら3着に好走した実績を持つ。 母は07年クイーンCの勝ち馬で、2代母Christiecatは92年フラワーボウルH-米G1など重賞を5勝。 19年福島記念では12人気の低評価を覆して4着に好走する一方で、抜け出すとソラを使う癖があるので勝ち身に遅い部分も否めない。 そういった事情からも小回りコースを得意にしており、同牝系のバビットが先週に行われたラジオNIKKEI賞を制した血の勢いにも注目。 近親に目立つ活躍馬こそいないが、ラムタラやヘクタープロテクターを出した名牝系。 なお、5代母Konafaのラインからは13年7人気2着のトレイルブレイザーなどが出ている。 急坂を苦にする節があり、堅実に脚が使えている福島であれば展開次第で出番がありそうだ。 (文・シンヤカズヒロ).

次の