上越 タウン 情報。 上越市のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

上越市のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

上越 タウン 情報

学生服を製造・販売する妙高市のCONOMi(このみ)は、繰り返し使えるオリジナルのマスクを開発した。 マスクは蒸れにくく、洗濯してもウイルスを防ぐ効果が持続するという。 このみが開発したマスクの商品名は「科学のマスク」。 ジャージのようなポリエステル素材でできている。 最大の特徴は、マスクの表面に抗ウイルス剤の入ったマイクロカプセル約10万個が付着していること。 これによってインフルエンザウイルスを減少させる効果が、試験で証明されている。 このみによると、ウイルスを防ぐ効果は洗濯30回でも持続され、素材の縮みはほとんどないという。 また、裏地はメッシュになっているため、通気性がよく蒸れにくくなっている。 マスクの開発は3月下旬からはじまり、このみの制服と同じく機能性と耐久性を追求した。 相浦孝行代表取締役は「制服は3年間着る。 着心地と耐久性が大事で、マスクに転用した」と制服製造のノウハウを生かした。 相浦代表取締役がきょう21日、妙高市役所を訪れ「科学のマスク」500枚と不織布マスク500枚を入村市長に贈った。 入村市長は「不織布マスクと比べてスーッと呼吸しやすい。 全然違う」と驚いた。 相浦代表取締役は「役に立ててよかった」と話した。 なおマスクの一般販売は、きょうからこのみ新井店と上越市の上越アコーレ店で始まった。 価格は簡易パッケージが700円、6,000枚限定。 なくなり次第正式パッケージが1,000円で販売される。 いずれも税別。 サイズはS(園児〜小中学生)、M(小中学生〜成人女性)、L(成人女性• 成人男性)の3種類。 また来月1日からインターネットで販売する。 市ではきょうの寄付とは別に科学のマスク3,650枚を購入していて、きのうまでに市内すべての園児、小中学生、教職員に配布したという。

次の

出穂期に備えて 「番水」始まる

上越 タウン 情報

新潟県上越市は安塚区のスキー場や温泉などからなる「雪だるま高原」の新たな指定管理者として新潟県内や長野県でスキー場を運営する「スマイルリゾート」(本社湯沢町、田中章生社長)を選定した。 来月の市議会6月定例会に関連議案を提案し、7月から同社が運営する。 雪だるま高原のキューピットバレイスキー場(2020年5月24日、安塚区) 同社を含め2社から応募があり、市は選定委員会を開いて決めた。 同社は湯沢町の「湯沢中里スノーリゾート」のほか、南魚沼市の「舞子スノーリゾート」、新発田市の「ニノックススノーパーク」、長野県茅野市の「車山高原SKYPARKスキー場」などを運営している。 雪だるま高原の指定管理は7月1日からで、当面は宿泊やキャンプなどのグリーンシーズンの事業は行わず、冬のスキー場事業と日帰り温泉事業に特化する。 その後、新型コロナウイルスによる経営環境を見極めながら、宿泊事業などの再開を徐々に検討していく予定。 5月25日の記者会見で村山秀幸市長は「がんばっていただける事業者があり、ありがたい。 しかし、経営は本当に厳しい。 市民の皆さんには足繁く通っていただきたい」と話した。 雪だるま高原は同市出資の第三セクターのJホールディングス傘下のキューピットバレイが運営してきたが、今冬の記録的な暖冬少雪で業績が悪化し、赤字体質から脱却できないとして3月末で会社を解散。 地元住民らが存続を求め先月、安塚区の人口約2200人の10倍を超える2万5597人分の署名簿を市に提出していた。 関連記事.

次の

[新型コロナ] 上越市で4人目の感染者 60代男性会社員が陽性|上越タウンジャーナル

上越 タウン 情報

スケートボードやBMXなどが体験できる室内パークのリニューアル作業を進める「上越アクティブスポーツ協会」(小竹潤代表)は、リニューアル費用や活動資金の支援を、クラウドファンディングで呼び掛けている。 募集期間は6月29日まで。 室内パークのリニューアル作業を進める協会メンバー(2020年4月22日撮影) 同協会は、上越市に複合型の室内パークが建設されることを目指し、2016年に結成。 17年から同市富岡の上越ウイングマーケット内に体験拠点を持ち、協会のメンバーがボランティアとして月に10回程開放してきた。 現在は新型コロナウイルスの影響で3月9日から開放を自粛している。 自粛期間を利用し、以前から予定していた施設のリニューアル作業を進めているが、3か月近く利用料収入がない中、賃料や改修費を捻出することが難しくなってきたため、5月29日にクラウドファンディングに踏み切った。 目標額は200万円。 支援者は、金額に応じたリターン(返礼品)として、施設利用券をはじめ、オリジナルTシャツやコーチジャケット、施設内に貼られる自身の名前入りのステッカーなどを選択できる。 小竹代表(31)は「クラウドファンディングのページでは、協会の活動を写真や動画で紹介している。 資金集めのためだけではなく、活動を広く知ってもらうきっかけになれば」と話している。

次の