ジュリア ロバーツ。 ジュリアロバーツはなんで日本人が嫌いなんですか?

ジュリア・ロバーツ、メリル・ストリープに対抗意識むき出し!

ジュリア ロバーツ

オリビア・ニュートンジョン 捕鯨がどうこうの理由で過去日本での公演を中止しました。 ボノ(U2) 鯨で日本文化を批難してます。 そのくせ活動する時は「日本は素晴らしい、日本はもっと金だせ」と言ってきます。 ポール・マッカートニー 「ビートルズを殺したのは日本」「ジョンを殺したのは日本」。 オノヨーコのみならず日本を悪く言ってることを関係者に漏らされた事があります。 自分のビデオに泥棒だかストーカーだかで東洋人女性を登場させました。 でも金が無くなってからは日本やヨーコを悪く言うのは止めたようです。 チャーリー・シーン 鯨やうなぎや野球 内野安打 とかをバカにする話が多いです。 メジャーリーグで共演した石橋貴明に見立てたと思われる男を笑いにしたりもします。 出演していたコメディドラマの中にもそういう台詞がありました。 バネッサ・パラディ 日本人が海外(フランス?)の高級ブランドを持つのはおかしいのだそう。 「西洋の服を着た猿」と言った何とかってフランス人とも友達。 マドンナ 80年代来日時、他の国でのインタビューやライブに比べて態度が最悪でした。 MTVでは番組側の演出もあるけど、日本人を使った笑い(日本人を笑う)で盛上がってました。 でも低迷してからは日本人アーティストに色々依頼したりで、親日ぶりとアジア重要視ぶりをアピールしてます。 ジュリア・ロバーツ 真相不明だけど周囲に日本人(日系人)がいるだけでも機嫌が悪くなるらしい。 ユアン・マクレガーとキャメロン・ディアス 英会話CM批判。 来日中はわざとらしく「サイッコー!」連発して「親日スター」と呼ばれてましたが。 ブラッド・ピット 中国でのサイン大量コピーがきっかけで一時期東洋人へのサインを嫌がっていた。 日本嫌いとはまた違うかも。 ジェニファー・ラブ・ヒューイット 日本でのアイドル的な人気が嫌だったらしい。 小柄な自分が日本で人気なのは日本人が小さいからと答えていました。

次の

全41作品。ジュリア・ロバーツが出演した映画ランキング

ジュリア ロバーツ

両親が演劇学校を経営していた影響で、幼少時より演技に興味を持つ。 86年、兄のエリック・ロバーツ主演の「ブラッド・レッド 復讐の銃弾」(全米公開は89年、日本劇場未公開)で初めて映画に出演し、88年の「ミスティック・ピザ」や「サティスファクション」(日本劇場未公開)で注目される。 89年の「マグノリアの花たち」でアカデミー助演女優賞にノミネート。 翌90年の「プリティ・ウーマン」が大ヒットを記録し、アカデミー主演女優賞にもノミネートされたことで、、名実ともにトップスターになった。 以降、「ペリカン文書」(93)、「ベスト・フレンズ・ウェディング」(97)、「ノッティングヒルの恋人」(99)などで活躍し、00年の「エリン・ブロコビッチ」ではタイトルロールを演じ、アカデミー主演女優賞を受賞。 その後も「ザ・メキシカン」(01)、「オーシャンズ11」(01)と続編「オーシャンズ12」(04)などの話題作に出演し、近年では「デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく」(09)や「食べて、祈って、恋をして」(11)などで主演を務める。 13年の「8月の家族たち」で2度目のアカデミー助演女優賞候補になった。 私生活では、「ザ・プレイヤー」(92)で共演した俳優ライル・ラベットと93年に結婚したが95年に離婚。 02年に「ザ・メキシカン」のカメラマン、ダニー・モダーと再婚し、04年に双子の男女、07年に次男を出産した。 女優のエマ・ロバーツは姪。 関連作品(映画)• 4 2019年公開• 2 2018年公開• 1 2017年公開• 1 2017年公開• 3 2016年公開• 3 2016年公開 関連作品(海外ドラマ)• - 受賞歴.

次の

ジュリア・ロバーツのおすすめ映画ランキング!TOP10を厳選!

ジュリア ロバーツ

ジュリア・ロバーツは1967年10月28日生まれのアメリカ女優です。 1990年の映画『プリティ・ウーマン』や1999年の映画『ノッティングヒルの恋人』の成功から、ロマコメ コメディタッチのラブストーリー の女王と言われることもあります。 女優となったのは、役者の兄エリックの影響。 彼女が思春期の時、家庭環境があまりよくなく、家を出ていた兄の元を訪ねていくうちに、女優になりたいと思うようになったのだとか。 正式なスクリーンデビューは1988年の『サティスファクション』になります。 ジュリアの名を一躍有名にしたのは1989年の『マグノリアの花たち』。 本作で彼女は糖尿病を患っている妊婦シェルビー役を演じ、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しました。 1990年の映画『プリティ・ウーマン』でコール・ガールのビビアン・ワード役を演じ、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。 本作は1990年度全米興行収入第1位となり興行的にも大成功、ジュリアの代表作となりました。 2015年版「世界で最も稼いだ女優」でも6位にランクインするなど、現在でもハリウッドを牽引する女優として活躍しているジュリア・ロバーツ。 今回は数多くの彼女の出演作品からおすすめ映画を厳選してご紹介します。 (*ロマコメ:コメディタッチのラブストーリー。 主人公の二人が初めて出会いが、一目惚れならば純愛もの、ケンカ始まりならばロマコメと定義されたりもしているようです。 ) ジュリア・ロバーツの得意分野とも言える恋愛コメディー。 主人公のジュールス ジュリア・ロバーツ には、昔付き合っていて、別れた後も、「28歳でお互いに独身だったら結婚しよう」と約束していたマイケル ダーモット・マローニー という親友がいました。 そのマイケルから「結婚する」と連絡が来ます。 相手は女子大生で富豪の令嬢、キム キャメロン・ディアス です。 やはり、マイケルを愛していることに気づいたジュールスは、2人の結婚を阻止するために、シカゴへ赴きます。 ジュールスの目論見が上手くいくかどうかは観てのお楽しみですが、注目すべきはジュールスのゲイの友人、ジョージ ルパート・エヴェレット です。 ジュールスに力を貸すべくシカゴにやって来るのですが、レストランでバート・バカラックの名曲、『小さな願い』を歌い出し、みんなで大合唱になる場面は本作の見所の一つ。 ルパート・エヴェレットは実際、ゲイで歌手としても活動しているので、本作での存在感は本物。 このシーンは何度観てもハッピーになるので、とにかく必見です! 不運な事故と不当な判決によって、困難な生活を強いられることになった女性と、彼女を突き動かす正義を描いた実話ベースの物語。 裁判を一つの大きな要素としつつ、法廷物と括ることは出来ないドラマベースのストーリーになっている所が面白いです。 何かの映画の台詞にもありましたが、社会的地位によって法律が異なる、というのはあながち間違いでもなく、法だけで正義は達成出来ない事を皮肉っています。 勝手に『スタンド・アップ』のような映画を想像していましたが、テーマ的には『フィクサー』でした。 本作とどちらが現実に近いのでしょうか。 この物語は実話ではあるものの、誰もがエリン・ブロコビッチになれる訳ではありません。 自らが受けた不当な扱いに対する怒りと悔しさだけでは、ここまで行動できないと思います。 そんな彼女の魅力をジュリア・ロバーツが余すことなく演じていました。 世界を変える事は簡単ではないけれど、実現した人もいる。 鑑賞してカタルシスを感じるだけではなく、自分の小さな世界を変えるきっかけにしたいと思う作品でした。 軽快なトークと、財テク情報で人気の番組・マネーモンスターの生放送中に、拳銃を持った一人の男にが現れます。 男は、「番組の情報のせいで全財産を失った」と言い、番組の名物司会者リー・ゲイツ ジョージ・クルーニー を人質に中継を占拠。 そして、自分を破滅させた、番組主導での株式の情報操作の公開を突きつける__。 という放送中のテレビ番組を舞台とした緊迫したリアルタイム・サスペンスな趣となっています。 番組は文字どおりマネーモンスターなのでしょうか? ジュリアは、マネーモンスターの番組ディレクター、パティを演じます。 司会者リー役の、ジョージ・クルーニーとは、『オーシャンズ12』以来11年ぶりの共演です。 本作で監督を務めるのは、『羊たちの沈黙』、『パニック・ルーム』など、女優としても輝かしいキャリアを持つジョディ・フォスターです。 まさにモンスター級な映画といえそうですね。

次の