ジム ハイ ボール。 スターバックスタンブラー/ジムビームハイボール/IG: @1086_inoharu/IKEA 雑貨/自分の充電期間中...などのインテリア実例

期間限定!「ジムビーム ハイボール缶〈アップルハイボール〉」新発売

ジム ハイ ボール

本日はジムビーム ハイボール缶についてのレビューを行います。 こちらの製品はビーム サントリーが販売を行うウイスキーの銘柄の一つ、「ジム・ビーム(ホワイトラベル)」を使用して製造された缶ハイボールになります。 タレントのローラさんがイメージキャラクターを務めるCMでも有名なジム・ビームを使用したハイボール缶の味は果たしてうまいのか、それともまずいのか…。 実際にテイスティングを行って検証をしたいと思います。 また、サントリー ビーム社が販売を行うこちらのハイボール缶の値段やアルコール度数などについても確認を行ってまいります。 まず最初に、実際にジムビーム ハイボール缶を飲んでみた結果としては、味や風味、アルコール度数など、諸々の薄さが目立つ内容でした。 値段が安くて味もそこそこうまい製品だとは思いますが、普段からある程度ウイスキーやハイボールを常飲されている方にとってはやや物足りなさも感じる内容となっておりました。 逆に女性やウイスキーハイボールをあまり飲む習慣の無い方にとっては飲みやすい仕上がりになっておりおすすめできる構成だと感じました。 こちらの製品の購入については近所のコンビニやスーパーをご利用されるのが良いと思いますが、ある程度纏まった数を欲する場合はAmazonや楽天などの通販サイトが便利です。 味や値段、カロリーなどの詳細について下記に記しますのでよろしくお願いいたします。 過去にはジムビーム社の歴史やホワイトラベルのテイスティングレビューなども行っておりますので、そちらと併せて読み進めていただけると幸いです。 1g 糖類 0~1g 食塩相当量 0~0. 03g プリン体 0mg 原材料 ウイスキー、スピリッツ、レモン、糖類/炭酸、酸味料、香料 期間限定販売されたジムビーム ハイボール缶の種類 ・ジムビーム ハイボール缶〈シトラスハイボール〉 ・ジムビーム ハイボール缶〈コーラハイボール〉 ・ジムビーム ハイボール缶〈アップルハイボール〉 ジムビーム ハイボール缶の見た目について ジムビームのハイボール缶については全般的にデザインはあまり好きではありません。 700mlのフルボトルの場合は割と格好いい物が多いのですが、缶の商品に関してはイマイチという印象。 因みに写真に写っているものは現行品ではなく少し前までに販売されていたデザインになります。 液色は薄めで綺麗な琥珀色です。 香りを確認します レモンスピリッツの爽やかな香りと、バーボンウイスキー特有のバニラの香りが混ざり合った匂いを感じます。 女性も好きな華やか系の香りですね。 こちらのハイボールの味を確かめます まず口の中に広がるのはレモンスピリッツ由来の軽くて爽快な香り。 その後にジムビームらしい甘い香り。 後は薄い溶剤系の匂いもうっすらと感じられますね(世に言ううセメダインの様な風味)。 肝心の味自体はちょっと色々と薄いなぁというのが本音です。 その影響で?飲み口に感じてはやや物足りなさを感じます。 後味は原料にスピリッツが入っているハイボール缶特有の良く言えばスッキリとした飲み口、悪く言えば深みに欠ける味わいになっています。 全体的な満足感やリピートについて リピートは無くは無いが優先度・満足度は低めです。 バーボンウイスキーのハイボール缶という事で希少性はありますが、ジムビームのハイボールに関しては自身でウイスキーと炭酸水を使用して作る方がスピリッツなどの余計な混ざり物が無い分圧倒的に美味しく仕上がりおすすめです。 ジムビームのハイボール缶は手軽さが魅力ではありますが味はまだまだです。 バーボンウイスキーを使用したハイボールの場合は良くも悪くもバーボン特有の癖が出てしまいます。 人によっては多少の飲み辛さを感じるその風味を抑え、ライト層に向けて敢えて個性を殺した結果が本商品の味わいなのだと思います。 ウイスキー初心者にはもってこいな一本かもしれませんが、ある程度舌の肥えた方にとっては物足りなさを感じる内容になっています。 この商品の点数やコスパについて ビームハイボール缶に点数を付けるとすれば100点満点中の「66点」です。 点数が伸び悩んだ原因としては、あまりにもライト層にターゲットを絞りすぎているが故に飲みやすいが旨味に欠け、本来この銘柄が持っている筈の良い意味での個性や癖の部分があまり感じられなくなっている為です。 同じサントリーから販売されている角ハイボール缶やトリスハイボール缶の様な「濃いめ」の様なもう一歩踏み込んだ製品が販売されれば、ビームハイボール缶はウイスキー初心者と経験値の高い方の双方に愛される一本になると思います。 コスパについては普通ですね。 ウイスキーハイボールに関しては各社でもっと格安な銘柄も出てはいますが、バーボンウイスキーのハイボール缶は国内ではジム・ビーム以外はほぼ出回っていませんのである意味では最安値のお酒であると言うことが出来ます。 「ジムビーム ハイボール缶の味や糖質について ウイスキー・サントリー」の総評 本日はビーム サントリーから販売されているジムビーム ハイボール缶についてのレビューを行いました。 実際にこちらの商品を飲んでみた結果としては旨味やアルコール度数などの全てが薄く飲みごたえに欠ける印象を持ちました。 値段も高くはありませんし缶を開けるだけで手軽に飲む事ができる等のメリットも沢山ありますが、ウイスキーやバーボンを飲んだ経験の少ないライト層の方以外へのおすすめ度は低いお酒です。 ある程度纏まった数が欲しいという場合にはAmazon等の通販サイトの利用がおすすめです。 今後もハイボール缶やウイスキーに関する記事をアップしていきますのでよろしくお願いいたします。

次の

期間限定!「ジムビーム ハイボール缶〈アップルハイボール〉」新発売

ジム ハイ ボール

com ハイボールといえば、ウイスキーを炭酸水で割った飲み物。 飲みやすさや手軽さから、最近では居酒屋などの定番メニューとなって世代を問わず親しまれています。 じつは、ハイボールとは、もともスピリッツ(蒸溜酒)などアルコール度数の高いお酒をノンアルコール飲料で割った飲み物全般を意味していました。 現在の日本では、ハイボールといえばウイスキーの炭酸割りとして定着しています。 そこで近年では、各ウイスキーメーカーでもCMや広告などでハイボールを前面に押し出し、缶入り商品としても販売しています。 ウイスキーの飲み方としては、そのまま飲むストレートや、氷の入ったグラスに注ぐロックなどが代表的ですが、アルコール度数が高いうえに、香りや刺激が強くて、飲み慣れないうちは敬遠されがちなもの。 そこで水割りやお湯割り、ウーロン茶割り、炭酸水で割ったハイボールといった、ウイスキーをさまざまなノンアルコール飲料で割る飲み方が登場しました。 アルコール度数とは、飲み物全体に占めるアルコール分の比率なので、ノンアルコール飲料で割れば、それだけ度数は低くなるのは当然。 飲みやすさが増すのはもちろん、たくさん飲んでも酔いが回りにくくなり、飲みすぎや悪酔いを防ぐことができそうです。 これら各種の割り方のなかでも、ハイボールならではの魅力は、炭酸によるスッキリしたのどごし。 ビールのようにぐいぐいと飲めることからも、最近では若者を中心に「とりあえずビール」ではなく、「とりあえずハイボール」が広がりつつあるようです。 com ハイボールはアルコール度数の高いウイスキーを飲みやすくする飲み方として定着していますが、実際のところ、ハイボールのアルコール度数はどのくらいでしょう。 まず、ウイスキーそのもののアルコール度数ですが、銘柄によって異なるものの、おおむね40~43度くらいが一般的。 このウイスキーを炭酸水で割ると、アルコール度数はどこまで下がるでしょうか? ベースとなるウイスキーのアルコール度数や、炭酸水との比率によって変わりますが、大手居酒屋チェーンなどでは、ハイボールのウイスキーの量は30ミリリットルと設定されており、アルコール度数は7~9度くらいと、ウイスキーの1/4にまで下がることになります。 一方、市販されている缶入りのハイボールのアルコール度数はどのくらいでしょうか? こちらも商品によって異なりますが、度数が低いものだと、バーボンウイスキーの「ジムビーム・ハイボール缶」(サントリー)で5度、度数の高いものだと、「角ハイボール缶 濃いめ」(サントリー)や「ブラックニッカクリアハイボール」(アサヒ)で9度と、居酒屋で飲む場合とアルコール度数は同等か、やや低めということになります。 もっとも、居酒屋で提供されるハイボールがグラスに氷が入っていますので、時間とともに氷が溶けて、さらにアルコール度数が低くなります。 それを計算にいれれば、むしろ濃いめの缶入り商品のほうが、アルコール度数が高いといえるかもしれません。 com ハイボールのアルコール度数は、飲み方にもよりますが、おおむね5~9度ということがわかりました。 とはいえ、数字で聞くだけではピンと来ないかもしれません。 ハイボールのアルコール度数は高いのか、低いのか、他のアルコール飲料と比較してみましょう。 ウイスキーと同様、日本酒やビールなど、どのお酒も銘柄によってアルコール度数が異なります。 いずれも例外はあるものとして、一般的なアルコール度数を調べてみると、日本酒が14~18度程度、ワインが12~15度程度、ビールは4~7度程度と、もっとも低いことがわかります。 これらにくらべてウイスキーのアルコール度数が高いのは、日本酒やワイン、ビールが原料をアルコール発酵させた「醸造酒」であるのに対し、ウイスキーが蒸溜によってアルコール分だけを抽出した「蒸溜酒(スピリッツ)」だからです。 同じ蒸溜酒でも、焼酎のアルコール度数は20~35度程度とやや低めですが、テキーラやジン、ブランデーなどはウイスキーと同様の40度程度、ウォッカのなかには90度を超えるものもあります。 これらのお酒とハイボールのアルコール度数をくらべてみると、日本酒やワインよりも低く、ビールとはほぼ同等ということがわかります。 ハイボールがビール代わりに人気を集めているのも納得というものですね。 では、カクテルと比較するとどうでしょう。 カクテルは甘くて飲みやすいイメージがあり、ウイスキーベースのカクテルも豊富ですが、合わせる飲み物がリキュールなどアルコール飲料か、ジュースや炭酸水などのノンアルコール飲料かによって、アルコール度数は大きく変化します。 とくに、小さなグラスで作られるショートカクテルは、お酒を混ぜるケースが多いので、アルコール度数を忘れてついつい飲みすぎないように注意しましょう。 com ハイボールで飲むと、アルコール度数は低くなり、酔いが回るスピードを抑えることができます。 だからといって、あまりに大量に飲むのは考えもの。 どのくらいが適量かを知っておくべきでしょう。 そもそもアルコールの適量はどのくらいかというと、厚生労働省が推進する「健康日本21」によれば、1日あたり20グラム程度に抑えるのが望ましいのだとか。 これは、ウイスキーに換算すれば約60ミリリットルになります。 ただし、アルコールの適量は、体質によっても異なります。 もともと日本人は欧米人にくらべてアルコールを分解する酵素のはたらきが弱いとされています。 お酒を飲むとすぐに顔が赤くなるという人や、カラダが小さな女性は、アルコールの影響を受けやすいため、適量とされる60ミリリットルよりも、さらに控えめしたほうが無難です。 前述したように、居酒屋で提供されるハイボールでは、ウイスキーの量は30ミリリットル前後の場合が多いようです。 これを2杯飲めば1日の適量に達するので、飲みやすいからといって何杯も飲むのはおすすめできません。 アルコールの過剰摂取は、健康上のリスクはもちろん、周囲に迷惑を及ぼすこともあります。 お酒を飲む際は適量を意識して、節度をもってたのしみたいものです。 com ハイボールが世代や性別を超えて人気を集めている理由は、アルコール度数の低さだけではありません。 爽快な飲みごこちなど、飲んでおいしいことはもちろん、カロリーやプリン体なども低いことから、現代人の健康志向にマッチしていることも大きな理由でしょう。 また、2000年代後半から、サントリーをはじめとしたウイスキーメーカーがテレビCMやWebサイトなどで積極的にハイボールをアピールし、中高年の男性だけでなく、若者や女性の間でも知名度が高まったことも一因でしょう。 また、自宅でハイボールを飲む場合、炭酸水の比率を調整したり、炭酸水だけでなくジュースやジンジャーエール、トニックウォーターなどを加えたり、果汁を搾り入れたりと、独自のアレンジがたのしめるのも大きな魅力です。 前述のように、「ハイボール」はもともとアルコール度数の高いお酒をノンアルコール飲料で割った飲み物全般を指すため、これら自己流のレシピも立派なハイボール。 おすすめのレシピを考案して、ホームパーティーなどで披露するといったたのしみ方も、これからさらに広がっていくのではないでしょうか。 ハイボールは、ウイスキー初心者がウイスキーの魅力に親しむには絶好の飲み方。 ハイボールを窓口にして、ウイスキーの奥深い世界への扉を開いてみてください。 おすすめ情報• 関連情報.

次の

ジムビームハイボールの味や作り方!シリーズ7種類の銘柄を比較!

ジム ハイ ボール

com ハイボールといえば、ウイスキーを炭酸水で割った飲み物。 飲みやすさや手軽さから、最近では居酒屋などの定番メニューとなって世代を問わず親しまれています。 じつは、ハイボールとは、もともスピリッツ(蒸溜酒)などアルコール度数の高いお酒をノンアルコール飲料で割った飲み物全般を意味していました。 現在の日本では、ハイボールといえばウイスキーの炭酸割りとして定着しています。 そこで近年では、各ウイスキーメーカーでもCMや広告などでハイボールを前面に押し出し、缶入り商品としても販売しています。 ウイスキーの飲み方としては、そのまま飲むストレートや、氷の入ったグラスに注ぐロックなどが代表的ですが、アルコール度数が高いうえに、香りや刺激が強くて、飲み慣れないうちは敬遠されがちなもの。 そこで水割りやお湯割り、ウーロン茶割り、炭酸水で割ったハイボールといった、ウイスキーをさまざまなノンアルコール飲料で割る飲み方が登場しました。 アルコール度数とは、飲み物全体に占めるアルコール分の比率なので、ノンアルコール飲料で割れば、それだけ度数は低くなるのは当然。 飲みやすさが増すのはもちろん、たくさん飲んでも酔いが回りにくくなり、飲みすぎや悪酔いを防ぐことができそうです。 これら各種の割り方のなかでも、ハイボールならではの魅力は、炭酸によるスッキリしたのどごし。 ビールのようにぐいぐいと飲めることからも、最近では若者を中心に「とりあえずビール」ではなく、「とりあえずハイボール」が広がりつつあるようです。 com ハイボールはアルコール度数の高いウイスキーを飲みやすくする飲み方として定着していますが、実際のところ、ハイボールのアルコール度数はどのくらいでしょう。 まず、ウイスキーそのもののアルコール度数ですが、銘柄によって異なるものの、おおむね40~43度くらいが一般的。 このウイスキーを炭酸水で割ると、アルコール度数はどこまで下がるでしょうか? ベースとなるウイスキーのアルコール度数や、炭酸水との比率によって変わりますが、大手居酒屋チェーンなどでは、ハイボールのウイスキーの量は30ミリリットルと設定されており、アルコール度数は7~9度くらいと、ウイスキーの1/4にまで下がることになります。 一方、市販されている缶入りのハイボールのアルコール度数はどのくらいでしょうか? こちらも商品によって異なりますが、度数が低いものだと、バーボンウイスキーの「ジムビーム・ハイボール缶」(サントリー)で5度、度数の高いものだと、「角ハイボール缶 濃いめ」(サントリー)や「ブラックニッカクリアハイボール」(アサヒ)で9度と、居酒屋で飲む場合とアルコール度数は同等か、やや低めということになります。 もっとも、居酒屋で提供されるハイボールがグラスに氷が入っていますので、時間とともに氷が溶けて、さらにアルコール度数が低くなります。 それを計算にいれれば、むしろ濃いめの缶入り商品のほうが、アルコール度数が高いといえるかもしれません。 com ハイボールのアルコール度数は、飲み方にもよりますが、おおむね5~9度ということがわかりました。 とはいえ、数字で聞くだけではピンと来ないかもしれません。 ハイボールのアルコール度数は高いのか、低いのか、他のアルコール飲料と比較してみましょう。 ウイスキーと同様、日本酒やビールなど、どのお酒も銘柄によってアルコール度数が異なります。 いずれも例外はあるものとして、一般的なアルコール度数を調べてみると、日本酒が14~18度程度、ワインが12~15度程度、ビールは4~7度程度と、もっとも低いことがわかります。 これらにくらべてウイスキーのアルコール度数が高いのは、日本酒やワイン、ビールが原料をアルコール発酵させた「醸造酒」であるのに対し、ウイスキーが蒸溜によってアルコール分だけを抽出した「蒸溜酒(スピリッツ)」だからです。 同じ蒸溜酒でも、焼酎のアルコール度数は20~35度程度とやや低めですが、テキーラやジン、ブランデーなどはウイスキーと同様の40度程度、ウォッカのなかには90度を超えるものもあります。 これらのお酒とハイボールのアルコール度数をくらべてみると、日本酒やワインよりも低く、ビールとはほぼ同等ということがわかります。 ハイボールがビール代わりに人気を集めているのも納得というものですね。 では、カクテルと比較するとどうでしょう。 カクテルは甘くて飲みやすいイメージがあり、ウイスキーベースのカクテルも豊富ですが、合わせる飲み物がリキュールなどアルコール飲料か、ジュースや炭酸水などのノンアルコール飲料かによって、アルコール度数は大きく変化します。 とくに、小さなグラスで作られるショートカクテルは、お酒を混ぜるケースが多いので、アルコール度数を忘れてついつい飲みすぎないように注意しましょう。 com ハイボールで飲むと、アルコール度数は低くなり、酔いが回るスピードを抑えることができます。 だからといって、あまりに大量に飲むのは考えもの。 どのくらいが適量かを知っておくべきでしょう。 そもそもアルコールの適量はどのくらいかというと、厚生労働省が推進する「健康日本21」によれば、1日あたり20グラム程度に抑えるのが望ましいのだとか。 これは、ウイスキーに換算すれば約60ミリリットルになります。 ただし、アルコールの適量は、体質によっても異なります。 もともと日本人は欧米人にくらべてアルコールを分解する酵素のはたらきが弱いとされています。 お酒を飲むとすぐに顔が赤くなるという人や、カラダが小さな女性は、アルコールの影響を受けやすいため、適量とされる60ミリリットルよりも、さらに控えめしたほうが無難です。 前述したように、居酒屋で提供されるハイボールでは、ウイスキーの量は30ミリリットル前後の場合が多いようです。 これを2杯飲めば1日の適量に達するので、飲みやすいからといって何杯も飲むのはおすすめできません。 アルコールの過剰摂取は、健康上のリスクはもちろん、周囲に迷惑を及ぼすこともあります。 お酒を飲む際は適量を意識して、節度をもってたのしみたいものです。 com ハイボールが世代や性別を超えて人気を集めている理由は、アルコール度数の低さだけではありません。 爽快な飲みごこちなど、飲んでおいしいことはもちろん、カロリーやプリン体なども低いことから、現代人の健康志向にマッチしていることも大きな理由でしょう。 また、2000年代後半から、サントリーをはじめとしたウイスキーメーカーがテレビCMやWebサイトなどで積極的にハイボールをアピールし、中高年の男性だけでなく、若者や女性の間でも知名度が高まったことも一因でしょう。 また、自宅でハイボールを飲む場合、炭酸水の比率を調整したり、炭酸水だけでなくジュースやジンジャーエール、トニックウォーターなどを加えたり、果汁を搾り入れたりと、独自のアレンジがたのしめるのも大きな魅力です。 前述のように、「ハイボール」はもともとアルコール度数の高いお酒をノンアルコール飲料で割った飲み物全般を指すため、これら自己流のレシピも立派なハイボール。 おすすめのレシピを考案して、ホームパーティーなどで披露するといったたのしみ方も、これからさらに広がっていくのではないでしょうか。 ハイボールは、ウイスキー初心者がウイスキーの魅力に親しむには絶好の飲み方。 ハイボールを窓口にして、ウイスキーの奥深い世界への扉を開いてみてください。 おすすめ情報• 関連情報.

次の