大麦 と 小麦 の 違い。 麦と米はどう違う?麦の種類やもち麦の特徴を覚えよう

大麦(おおむぎ)、小麦(こむぎ) 写真集 1

大麦 と 小麦 の 違い

豆知識 「大」とつくので大きい麦だと思われがちですが、大麦の「大」は「メジャーな、重要な」といった意味のほうが強いそうです。 大麦は小麦に比べて古くから日本にあり、厳しい気候でも育つこと、栄養価が高いことなどから生活に欠かせない食品だったとされています。 そのため、「大(切な)麦」とされたのでしょうね。 小麦とは? 小麦もイネ科の植物です。 小麦粉にしてから麺類やパン、お菓子類などに加工されます。 小麦粉に水を加えてこねると「グルテン」と呼ばれるタンパク質がつくられます。 グルテンの量によって小麦粉は「薄力粉」「中力粉」「強力粉」などに分類されます。 グルテンは食物アレルギーの原因物質でもあります。 ライ麦とは? ライ麦もイネ科の植物です。 別名「黒麦」ともいいます。 ビールやパンなどの原料として使われるほか、飼料として栽培されることもあります。 ちなみに、黒麦の別名の通り、ライ麦でつくったパンは黒っぽい色をしています。 ライ麦の「ライ」は英語の「rye」に由来します。 寒冷地法の痩せた土地でも育つことから、緯度の高い地域でも広く栽培されています。 ピタミンなどを多く含むため、最近では健康志向の方たちに注目されています。 大麦・小麦・ライ麦の違い 大麦・小麦・ライ麦はいずれもイネ科の植物です。 加工される食品はそれぞれ違いますが、主食や嗜好品などの原料としていずれも欠かせないものといえます。 ちなみに、 大麦やライ麦に含まれるタンパク質は、小麦アレルギーの原因となるグルテンとは異なるものです。 そのため、小麦アレルギーがあるからといって大麦やライ麦を避ける必要は必ずしもありません。

次の

麦と米はどう違う?麦の種類やもち麦の特徴を覚えよう

大麦 と 小麦 の 違い

グルテンフリーと小麦アレルギーは異なります。 食物アレルギーや、グルテンフリー。 この違いを知っていますか。 日本において、食物アレルギーは、幼児期までは、鶏卵、牛乳、小麦が原因の大半を占めていますが、成長をする過程で、6歳までには9割が改善されるといわれています。 成人になるとカニ・えび・果物類の発症率が上がってきており、飲食店従事者は事前の注意が必要です。 また、注目を浴びる新しい食の選び方として、実践されているグルテンフリーダイエットは、もともとは、セリアック病の患者さん向けの食事でしたが、実践者の声が広がり、ヘルシーな食生活の見直しとして活用されています。 体重や体脂肪が減ることが期待され、特に北欧・欧米で取り入れられており、今ではセリアック病ではないアスリートたちも実践しており、世界的な食のトレンドの一つとなっています。 また、2019年UAEドバイにて、日本人女性が手掛けたグルテンフリー専門店かつ、神戸牛と日本食を提供するがオープンするなど、グルテンフリーと日本食を合わせた飲食店もオープンしています。 小麦アレルギー 小麦は、成分の7、8割をデンプンが占め、タンパク質を約1割を含んでいます。 小麦にはいろいろなタンパク質があり、グリアジン・グルテニン・アルブミン・グロブリンが主な成分です。 ・水に溶けないタンパク質:グリアジン、グルテニン ・水に溶けるタンパク質 :アルブミン、グロブリン 小麦アレルギーと言っても、どのタンパク質に反応するのかが異なります。 水に溶けるタンパク質に反応をする人もいれば、水に溶けないタンパク質に反応をする人もおり、また、両方に反応するという検査結果が出ている方もいます。 そのため、「グルテンがないから(グルテンフリーだから)といって、小麦粉アレルギーでも食べられる」というような考え方は誤りになります。 食品(小麦)特徴 ・大麦やライ麦などの麦類と小麦は、交差抗原性(アレルゲンタンパク質が似ている)が知られている。 しかしすべての麦類の除去が必要となることは少ない。 ・麦茶は大麦が原材料で、タンパク質含有量もごく微量のため、除去が必要なことはまれである。 ・米や他の雑穀類(ひえ、あわ、きび、たかきびなど)は、摂取することができる。 ・醤油の原材料に利用される小麦は、醸造過程で小麦アレルゲンが消滅する。 したがって原材料に小麦の表示があっても、基本的に醤油を除去する必要はない。 ・食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因食物として最も頻度が高い。 小麦のアレルギーの表示 1)容器包装された加工食品 小麦は容器包装された加工食品に微量でも含まれている場合、必ず表示する義務がある。 したがって、原材料表示欄に小麦に関する表記がなければ摂取できる。 ・小麦の代替表記:こむぎ、コムギ ・小麦の特定加工食品については食物アレルギーの栄養食事指導の手引き2017の30pを参照ください ・麦芽糖・麦芽・ホップは除去する必要はない 出典:食物アレルギーの栄養食事指導の手引き2017 グルテンフリー グリアジンとグルテニンは「水に溶けないタンパク質」で、水を加えてこねると、小麦粉特有の弾力性と粘着性をもったグルテンがつくられます。 セリアック病 北欧・欧米系の人で、特にパンやパスタ、クリームなど小麦粉食をする人達に、発症が多いといわれています。 セリアック病の患者がグルテンを含有する食物などを摂取すると、ヒトの消化酵素では分解できないグルテン分子の一部に対して、自己の免疫系が小腸の上皮組織を攻撃することで、小腸が炎症を起こし、上皮細胞そのものの破壊にまで至ってしまう病気です。 この結果、小腸から栄養を吸収出来なくなり、食事の量などに関らず栄養失調の状態に陥るといわれています。 大部分の患者は、グルテンを含まないグルテン除去食(グルテンフリー・ダイエット)が唯一の認められた治療法となります。 今では、食生活改善などに取り入れられ、体に負担が少ない食事方法として見直されています。 アメリカでは、GFCO(Gluten-Free Certification Organization)が、最もグルテンフリーの基準が厳格な認証機関として、セリアック病やグルテン不耐性を持つ消費者に対して食品の安全性を保証するために、グルテンフリー認証をおこなうなど、グルテンフリー市場が伸び続けています。 GFCO公式HP シンプルな考えをもとう 小麦アレルギー、グルテンフリーと意識するとメニューを難しく考えがちですが、シンプルなアレンジでおいしく仕上がります。 料理と調理は考え方が異なりますが、相手のことを考えた「料理」としておいしいを目指すことが大切です。 ピクトグラムのダウンロードは会員ページよりアクセスしご活用ください。

次の

意外と知らない!大麦若葉と小麦若葉の効果の違いは?

大麦 と 小麦 の 違い

大麦と小麦の見た目の違いは穂のヒゲの長さ 麦の粒が大きいのが大麦で、小さいのが小麦?そんなイメージがありますが、「大麦」「小麦」という名前は、実は粒の大きさとは無関係です。 名前の由来は諸説あり、一説には大麦の葉は小麦よりやや短いものの幅が広く、発芽したての段階では大麦のほうが大柄に見えるため、「大麦」「小麦」の呼名がついたといわれています。 しかし品種によっては大麦でも禾が短いものもあるため必ずしもそうとは言えず、穂の子実が上から見て対角線上に並んでいるのが大麦であると見分けるのが良さそうです。 麦ごはんを小麦で作るとパサパサに 大麦と小麦は栄養成分もよく似ていますが、用途はまったく異なります。 たとえば、麦ごはんといえばもっぱら大麦を使い、逆にパンや麺の多くは小麦で作られます。 では、逆にしたらどうなるのでしょうか。 小麦で麦ごはんを作り、大麦の粉でパンを焼くという実験を行ったところ、大麦パンは硬くてひび割れを起こしてしまいました。 一方の小麦ごはんは、パサパサでおいしくありませんでした。 この違いが、たんぱく質の違いなのです。 小麦のたんぱく質は「グルテン」。 粘り気があり、パンをふんわりと膨らませ、麺にはコシを出します。 一方、大麦に含まれるのは「ホルデイン」というたんぱく質。 粘り気はありませんが、大麦は小麦に比べ吸水性があるのが特徴です。 そのため、小麦粉で作るパンはふんわりと膨らみ、大麦を使った麦ごはんはお米と一緒に炊いてもふっくらとおいしく仕上がるのです。 しかし、今は大麦の製粉技術や加工方法の研究が進み、グルテンの違いを乗り越えて大麦でもおいしいパンや麺が作れるようになりました。 なお、小麦アレルギーの原因物質はグルテンですが、大麦のたんぱく質ホルデインと非常によく似た分子構造をしています。 そのため、稀に大麦でもアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。 小麦アレルギーがある方は、注意をしてください。

次の