御祈祷料 袋。 「初穂料」など、お供えするときの表書き方について

初穂料 玉串料 神饌料|用途別説明・書き方|ご祝儀袋のお作法

御祈祷料 袋

「初穂料」など、お供えするときの表書き方について 「初穂料」など、お供えするときの表書き方について 日本は古来、稲作をはじめ農業を中心に国づくりを進めてきました。 ですから、みのりの秋には「ありがとうございました」という感謝の気持ちを込めて、その年に初めて収穫された稲穂などの穀物を神さまにお供えします。 これを初穂といいます。 野菜や果物、魚などの初物も同様です。 神社にお供えするお初穂という言葉は、ここに由来します。 いまでは、季節にかかわらず、お初穂としてお金を上げることが多くなりました。 その場合、包みの表書きには「初穂料」のほかに「御神前」「御供」「玉串料」「御榊料」等の書き方があります。 「御神前」「御供」という表書きは説明するまでもありませんが、「玉串料」「御榊料」とは玉串や榊の代わりに、それぞれお供えする料であることを意味しています。 このほか「上」や「奉献」「奉納」と書かれる場合もあります。 「上」はよく神様や目上の方に対する御礼の際の表書きに用いられる語です。 「上」はお 神札 ふだ・お守などの授与品や撤下神饌を入れる袋の表書きにも用いられていますが、この場合、撤下品は神前にお供えする際、「上」と記すのであって「上」とはあくまでもお供えをする神様に対して用いられている語ということができます。 一方、お神札やお守が御神霊の御加護を戴く尊貴なものなので丁寧さを表現するために「上」を表書きにしていると考えることもできます。 このほか、神式の葬儀のお供えに関しては「御霊前」や「玉串料」「御榊料」といった表書きが用いられます。 市販の不祝儀袋には「御霊前」とあっても、蓮の花の文様が付いている場合がありますが、これは仏式用のものなので注意して下さい。 表書きには、神事に用いられる以外にも冠婚葬祭を通じてさまざまな書き方があり、自らの気持ちを伝える意味でも大切なものということができます。

次の

玉串料ののし袋の書き方講座【会社編】地鎮祭、厄祓い、葬儀など!

御祈祷料 袋

親族が亡くなった際、その後の一連の法事・法要で、お坊さんにお布施(おふせ:謝礼・寄付のこと)を渡す機会も増えてきます。 ただ、お布施は「どのような袋を用い、どのように表書きや裏書きを書けばいいのかよくわからない」という声をよく聞きます。 昔のように、お坊さんとの深いお付き合いが少なくなってきたり、親が亡くなったりして、誰に聞けばよいのかわからない人も多いからです。 また、身内の法事・法要は、月参りなどの定期供養を除き、多くの人にとってそれほど多く経験する行事ではありません。 そうしたことから、お坊さんへ渡すお布施袋の書き方や渡し方の作法についても、未経験の人も多いのです。 法事・法要で使用するお布施袋については、「適した袋の選び方」「表・裏面の正しい書き方」の最低限のマナーを知っていれば、問題ありません。 初めてでも、お坊さんとの関係を良好に保て、法要を進めることができます。 今回は、法事・法要で、「お坊さんに渡す、お布施袋の選び方や書き方のマナー」について解説します。 1、お布施袋はどんなものを使えばいいのか? 1-1、お布施の本来の目的とは? お布施の一番の目的は、お坊さんへの感謝とお礼を伝えることです。 また、実質お布施とは寺院への寄付金であり、檀家(だんか)さんが属する檀那(だんな)寺を経済的にサポートすることを意味します。 一方、仏教的には信者であるあなたが欲を差し出す「修行」のひとつとされています。 修行のため財産を差し出して、我欲を捨てることがもともとのお布施の意味です。 そのため、お布施は本来あまり形式にこだわった、仰々しく豪華な袋である必要はありません。 また、葬儀やお通夜などの弔事で遺族に渡す御香典や御仏前とは意味合いが違います。 お布施は遺族に対するお悔やみの金品ではありません。 したがって、原則的には水引のついた不祝儀袋を使わなくてもよいとされています。 逆に簡易な袋を使用したからといって、お坊さんに対して失礼になることはほとんどありません。 ただ、現実には、仏事の種類や地域・宗派の違いなどにより、お布施袋にもいろいろなタイプのものが使用されています。 お布施袋のタイプや中袋の有無などによって、若干書き方も違ってきます。 以下ではそのお布施袋の4つのタイプについてみていきます。 それぞれ地域や宗派また、仏事の種類によって使われ方が違います。 あなたの状況に適したお布施のタイプを選びます。 ただ、どんな仏事でも共通して使えるお布施袋もあるので、あまり神経質になる必要はありません。 タイプ1:水引なしの無地に「御布施」と書かれたお布施袋 タイプ1のお布施袋は、水引が付いておらず「御布施」と印刷された市販の袋です。 または、無地の封筒に自分で「御布施」と墨で書いてもかまいません。 いずれも水引はなしです。 このタイプはどのような仏事でも使える万能お布施袋です。 どんなお布施袋がよいか迷ったらこのタイプ1を選べば問題ありません。 安価な単純封筒タイプのものと、少し高級感があって見栄えのする、折って使用する多当折りタイプ(中袋付き)のものがあります。 多当折りタイプの中にも、無地のものと装飾柄付きのものがあります。 また、多当折りタイプのお布施袋は、3万円~10万円以上を包む場合に適しています。 無地より装飾柄付きのほうが少し高級感があります。 こうしたタイプ1のお布施袋は、宗派を問わずあらゆる仏事で使えますので最も無難です。 私はいつもこのタイプ1のお布施袋を使っています。 アマゾンや楽天で注文すれば翌日届くので便利です。 ただ、地域によってはあるいは宗派によっては、水引のついた不祝儀袋を使う場合もあり、次に解説します。 タイプ2:黒白の水引がついた不祝儀袋 黒白の水引がついた不祝儀袋は、一般的には通夜・葬儀での香典や、その後の仏事での遺族への御仏前を包む際に用います。 また、地域によっては次の写真のように、お布施を包む際に用いられることがあります。 あなたが檀家さんであれば、檀那寺のお坊さんに一度確認してみると安心です。 檀家さんでない場合は、タイプ1のお布施袋で問題ありません。 タイプ3:黃白の水引がついた不祝儀袋 黃白の水引がついた不祝儀袋は主に関西地方で用いられます。 一周忌以降の仏事で、遺族に渡す御仏前を包む場合や、お坊さんに渡すお布施袋として用いられることが多いです。 私の実家は大阪なので、かつて法事の時はこうした黄白のお布施袋を使っていた記憶がありますが、現在では水引なしの袋を使用しています。 宗派により違いがあり心配な人は、檀那寺のお坊さんや実際にお布施を渡す予定のお坊さんに一度確認してみるのが確実です。 お坊さんに聞けなかったり、どうしたらよいか迷ったりしたら、タイプ1の水引なしのお布施袋を選んでおけば無難です。 地域により、お坊さんに渡すお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 寺院の格式が高くお布施金額も相当料を要求される場合などは、このタイプ4の双銀の水引がついたお布施袋を使用する例が多いです。 金額がそれほど高額でない場合(5万円以下)は、先述のタイプ1~3を使用します。 なお、浄土真宗の一部では、仏壇を買ったときの入仏供養と、お墓を作った時の供養で使用するお布施袋には、紅白の水引のついたお布施袋を渡す場合もあります。 浄土真宗の人は、そうした法要の際、一度菩提寺に確認してみることをお勧めします。 次に、お布施袋の書き方について解説します。 2、お布施袋の書き方、お金を入れる向き 2-1、お布施の表面の書き方 お布施袋の表書きですが、どのタイプのお布施袋でも共通して、漢字で上部に「御布施」と書きます。 または、市販の「御布施」と印刷されたお布施袋を使用します。 お布施以外に、交通費であるお車料や、宴席代であるお膳料を渡す場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記してください。 そして、それぞれの袋の下部には、「名字のみ(例:鈴木)」または「フルネーム(例:鈴木一郎)」と書きます。 中袋のない単純封筒タイプのお布施袋の場合は、裏面に、「住所、氏名、電話番号、金額」を書いておけば、よりていねいです。 お布施はお坊さんに対する労働対価ではありませんので、本来は金額を書く必要はないとされています。 しかし、寺院の記録や経理・税務上、「書いてあった方が都合がよい」とお坊さんから聞きます。 そのため、書いておいたほうがより親切です。 なお、省略する場合は、住所などは書かずに金額のみでもオッケーです。 こうしたタイプの場合は、外包みの裏面ではなく中袋に書きます。 中袋の一般的な書き方は、表面に金額、裏面に住所・氏名・電話番号などを書きます。 次の写真のようになります。 さらに数字の頭に「金~」、最後に「~圓也」を入れます。 そして、うす墨(薄い墨)ではなく濃墨(普通の真っ黒な墨)を使用します。 葬儀などお悔やみ事・弔事では、親族に渡すお香典はうす墨で書く習慣があります。 ただ、お坊さんに渡す、お悔やみ事でないお礼としてのお布施は、普通の真っ黒な墨で問題ありません。 葬儀など急な弔事では、墨をゆっくり磨る時間がなく、薄い墨のまま急いで書いて駆けつける、ということが薄墨の由来です。 したがって、お布施は、お坊さんに対してしっかり準備しましたということを示すために濃墨が良いとされています。 このときに使用する筆は、市販の筆ペンが便利です。 なお、筆ペンには濃墨用とうす墨用があるので間違えないようにしてください。 最近は、サインペンの感覚で書ける筆ペンもあります。 ちなみに、だんだんと薄墨の習慣はなくなっているようです。 地域によっては濃い墨のお香典でも作法違反ではないとされているようです。 葬儀でのお香典などでは、古いお札を使ったり、新札にわざわざ折り目を入れたりして使用します。 これは「不幸に対してあらかじめ新札を準備している」という失礼を避けるためです。 その一方で、お布施はあらかじめ準備しておくものなので、新札を用意するようにします。 なお、袋にお金を入れる向きですが、お布施袋の表面に肖像画(=福沢諭吉さん)がくるように入れます。 お香典とは反対の向きになるので注意してください。 【お金・中袋・上包みの向き】 また、上包みの包み方は、もともとお布施袋を購入した時に折ってあった包み方をそのまま再現すればオッケーです。 通常は、裏面が上から重ねるようになる仏事用の包み方になっています。 お坊さんへの感謝とお礼を伝えることが、お布施の目的ですので、あまり形式張ったマナーに気を使うより、感謝の気持ちを込めることのほうが大切です。

次の

「御祈祷料」に関するQ&A

御祈祷料 袋

(初穂料=読み方は「はつほりょう」) (初穂=その年に初めて収穫された農作物) ・古来より、神様に祈りを捧げる儀式の際には農作物が供物として奉納されてきました。 初穂とは、その年に最初に収穫した農作物をさします。 もともとは、主として稲(米)、さらに穀物をさす言葉でしたが、やがて野菜やくだものなどの農作物全般をいうようになりました。 ・神社に対し、祈祷やお祓い、祝詞の謝礼として渡す金銭の表書きに「御初穂料」という名称を用います。 一般的に良く用いられるのは「初穂料」「玉串料」「御礼」です。 現在ではその代わりとする金銭を初穂(はつほ)、初穂料、お初穂料などと言います。 また、お守りや、お札を神様から授かる時にも「初穂料」という言葉を使います。 こうしたことから、神社で販売しているお札(おふだ)や、お守りなどの値段を「初穂料」としている場合もあります。 (これに対し、玉串料は文字どおり「玉串の代わりとして納める金銭」なので、お守りやお札を授かる際には用いません。 玉串料はこの玉串の代わりとして納める金銭のことを言います。 また、通夜際、葬儀(葬場祭)に参列する人が持参する香典の表書きにも用います。 (これに対し、葬儀の際、参列者が持参する香典の表書きには、初穂料という表書きは使いません。 白封筒でもOKです。 「のし」はなくても構いません。 ここでいう「のし」とは、右図の熨斗袋の右端にある赤い紙を折り畳んだ部分をさします。 会社の場合は正式な社名に並べて社長名を書きます。 水引きは「 蝶結び」になっています。 一般的な祈祷や祝詞ならこれを用いますが、婚礼の場合は「 結び切り」のものを使います。 間違えないようにご注意下さい。 会社の場合は10,000円〜が多いようです。 (地方では3,000円〜)もちろん、消費税はかかりません。 なお、料金は御祈祷を受ける人数によっても異なります。 そうした場合は祈祷料として10,000円くらい必要です。 予約の際に確認してください。 また、神社での神前結婚式と、ホテルや結婚式場で神式の結婚式を挙げる場合では玉串料が異なります。 ホテルや結婚式場で行うほうが玉串料(初穂料)がややお手ごろで、50,000円くらいから設定されています。 神前結婚式の場合に用いる初穂料の熨斗袋は、水引が「結び切り」のものを用います。 下記の見本画像の水引きは蝶結びになっていますが、結婚式のように「一度だけで良いもの」については、一度結んだらほどけない「結び切り」を用いる…と覚えて下さい。 会社の場合には、もう少し高額になります。 建物の規模や、施主の企業や団体の大きさによって異なります。 神社に予約をする際に規定料金があるかどうかを確認してください。 [はみだし知識] 安産祈願・お宮参りと氏神様 氏神様とは、住んでいる土地の人々を守っている神様のことをいいます。 産土神(うぶすながみ)とも呼ばれます。 生まれた土地の守り神のことをさします。 生まれた土地の守神にお参りすることをさします。 健やかな赤ち誕生と無事な出産を祈ります。 赤ちゃんが生まれた土地の守り神である産土神様にお参りするのが一般 的なのですが、このお宮参りの際に、お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする風習もあります。 お宮参りの際には神社に電話をし予約が必要かどうかを尋ねます。 神社によっては初穂料の金額が決まっているところもありますので、予約の際に確認をしましょう。 」と声をかけ「本日は宜しくお願いします。 」と初穂料を渡します。 初穂料は赤ちゃんの両親が出すことが多くなりましたが、地方ごとの慣習に従う他、赤ちゃんの祖父母が出すケースもあります。 詳しくは税理士などの専門家に確認または税務署に確認して下さい。 1)地鎮祭の場合の初穂料 …「建物」の取得価額に含めて処理。 税区分は対象外 2)車のお祓いを受けた場合の初穂料 …原則として「寄付金」。 税理士の考え方によっては、車を購入した時のお祓いは「車両費」にすることも(上記の建物と同じ考え方に基づく処理)。 それ以外は(本来の処理の仕方とは違うものの)ごく少ない金額であり年間トータルでも金額が少なければ「雑費」で処理することも。 3)神社に、祭礼などに際して納める初穂料 …一般的には「寄付金」 4)神社参拝の際の初穂料 …基本的には寄付金。 但し、本来の処理の仕方とは違うもののごく少ない金額であり年間トータルでも金額が少なければ「雑費」で処理することも。

次の