東方キャノンボール つまらない。 上白沢慧音

東方キャノンボールってどうしたら面白くなるだろう?

東方キャノンボール つまらない

こんにちは、Cahierです。 いきなり古のネットミームの副題ですいません。 コロナ、やばいですね。 今日、緊急事態宣言が出されましたけど、後でこの記事を読み直して「そんなこともあったなあ」となる日が来るんでしょうかね。 ところで僕、平日はバッチリ外食してるんですが、これ怒られませんかね? というわけで、今日は「東方キャノンボール」の話をします。 もうすぐイベントも終わりますが。 今回は「東方キャノンボール」に 文句を言う回です。 「東方キャノンボール」布教noteなのにそんなことしていいのか、とも思いますが、いいところを挙げているだけでは前に進めないので……。 東方キャノンボール概説 今日はゲーム部分に踏み入った話をするので、分からない人向けに基本的な説明はしておきましょうかね。 「東方キャノンボール」をやっている人はこの部分は読まなくていいです。 皆さん、「東方キャノンボール」の「ジャンル」は何だか知ってますか?大体、ゲームには「ジャンル」が設定されています。 たいていの場合、このジャンルは分類上のものではなく、そのゲームの内容を端的に述べたものになります。 ゲームの一番の「売り」の部分がジャンルに反映されている場合が多いような気がしますね。 「東方キャノンボール」のジャンルは「スマートフォン向け東方ボードゲーム」。 そう、「 ボードゲーム」なんです。 これが「東方キャノンボール」のゲーム部分です。 実は「東方キャノンボール」ってすごろくなんですよ。 すごろくといっても、人生ゲームみたいにゴールが決まっているわけではないんですね。 どちらかといえば「マリオパーティ」や「桃鉄」に近い感じですね。 右上にキャラクターのアイコンが並んでおり、その左下に「500CB」って書いてあるんですが、これが「マリオパーティ」で言うところの「コイン」ですね。 CBの読み方はもちろん「キャノンボール」。 キャノンボールって要するにゲーム内通貨のことなんですよ。 公式略称に倣ってキャノンボールのことは今後CBと表記しますね。 次にマスの紹介をしますと、青いマスはCBがもらえるマスです。 赤いマスは逆に減るマスです。 黄色いマスは「マリオパーティ」で言うところの「カプセル」がもらえるマスです。 右下に「Lv1」と書かれている靄がありますが、これは「バトルマス」というもので、このマスに止まると「バトル」が発生します。 「バトル」の話は今回はしないので詳しくは割愛。 画面の四隅にある台座のついたマスは「シンボル」。 「桃鉄」で言うところの物件で、2ターンに1度収益が発生します。 で、左下に「バトルに勝利しよう!」って書いてあると思うんですが、これが勝利条件ですね。 「東方CB」には4つのルールが用意されています。 「総資産」、「配達」、「ポイント」、「レース」の4つです。 このうち「レース」ルールのステージはめったにないので割愛します。 「総資産」は、既定の額のCBに最初に到達したプレイヤーが勝利します。 ひたすらお金を集めればいい単純なルールですね。 「配達」は規定数のシンボルを購入することが勝利条件のルールです。 シンボルを集めるとゴールマスが出現するので、そこに止まると勝利です。 「ポイント」は上の画面に写っているルールですね。 バトルマスに止まり、規定数バトルに勝利することが勝利条件です。 「配達」ルールと違い、勝利回数が規定数に達した時点でゲームが終了します。 最後に、リザルトの説明をします。 これがリザルト画面です。 このゲームはいわゆる「ソシャゲ」なので、こんな感じでキャラを強化するのに使う素材がいろいろドロップします。 このアイテムドロップですが、 ルール問わずクリア時のCBが多ければ多いほどドロップが多くなるという仕組みなんですね。 勘が良い方はもうお気づきかもしれませんが、 この仕様にこのゲーム最大の問題点があります。 「東方CB」は何が悪かったのか——「AP効率」の罠 ここからはこのゲームの(おそらくは) 最大の問題点について書いていきます。 ソシャゲには「周回」という行為がつきものです。 クリア済みのステージを何度もプレイし、ドロップアイテムを稼ぐこと、それが「周回」です。 当然、「周回」にあたっては1回当たりのプレイ時間が短ければ短いほど効率いいわけです。 一方で、ソシャゲには大抵「スタミナ」や「AP」という数値が設定されています。 これは、ステージ開始時に消費され、3~5分に1ずつ回復するゲームが多いです。 例えば、消費AP30のステージは、1. 5~2. 5時間に1回しかプレイできない計算になります。 なので、周回の効率を考えるときは「時間効率」(単位時間当たりのドロップ数)と「AP効率」(単位AP当たりのドロップ数)について考える必要があるわけです。 たいていのソシャゲはAPを回復する手段が課金要素として用意されているので、資金が豊富なプレイヤーは時間効率の良いステージを周回し、無課金のプレイヤーはAP効率の良いステージを周回すればよいわけです。 さて、では「東方CB」の話に戻りましょうか。 前述の通り、「東方CB」のアイテムドロップはステージクリア時のCBの量に依存しています。 なので、AP効率をよくするためには、1回のプレイの中での獲得CBを最大化する必要があります。 そして、CBの獲得手段は、主にプラスマスからの獲得、バトルの勝利報酬、シンボルからの収益などです(ほかにもありますが割愛)。 すごろくなので、当然これらのマスに止まれるのは基本的には1ターンにつき1回です。 もうお分かりですね? 「東方CB」においてはAP効率を最大化するためにはプレイを最大限引き延ばさなければならないんです。 ソシャゲというのは基本的には空き時間にプレイされることが想定されていると思います。 なので、「周回」といった場合には、基本的には1ステージのプレイ時間は長くても5分を超えることはないのではないでしょうか。 で、「東方CB」はどうかというと、 15分。 AP効率を最大化するには、1プレイ当たり 15分も費やさなければならないんです。 この「稼ぎ」=「遅延」という仕様の最大の標的となったのが「配達」ルールです。 自分やCPUがゴールさえしなければよいので、「遅延」を行いやすかったんですね。 この仕様の質の悪いところは、遅延による稼ぎが時間効率もよかったこと。 リリース当時、「東方CB」プレイヤーはみんなこぞって配達ルールのステージを周回していました。 15分もかけて。 みなさん、ソシャゲやっている人は大体朝起きて登校・出勤するまでの空き時間にAPを消化すると思うんですが、1プレイ15分もかかるステージを忙しい朝に何回もプレイすることなんてできないわけですよ。 「東方CB」は空き時間にできないソシャゲだったんです。 そして、時は流れて…… はい、「だった」と過去形になっていることからわかるように、実はここまで書いてきた惨状はリリース当初のことで、今は結構改善されています。 運営が最初に打った対策は、「ターンレート」制の導入です。 これにより、一部のステージでは早くクリアすればするほど獲得CBにボーナスが入るようになりました。 特に、遅延稼ぎの標的となった「配達」ルールのステージでは、残りターン数に応じて獲得CBへのペナルティも発生するようになったため、一概に「配達」ステージが効率が良いと言える状況では言えなくなりました(相変わらずAP効率は良いですが)。 これにより、時間効率では「総資産」ルールや「ポイント」ルールが勝るようになりました。 さらに、大きな転機となったのは「 クエストスキップチケット」の実装です。 これは、すでにクリア済みのステージは、プレイをスキップしてドロップアイテムのみを獲得できるという画期的なアイテムです。 1日3枚もらえ、さらにゲーム内通貨で毎月20枚まで買えます。 イベントの報酬や課金でも手に入ります。 このチケットのすごいところは、手動でプレイするよりもはるかにレアドロップしやすいというところです。 時間効率だけでなく、AP効率も手動でプレイするより高いんです。 こんな感じで、リリース時は酷評されていた「東方CB」も、今ではそこそこ遊べる、というか遊ぶ必要がないゲームになっています。 ソシャゲの周回なんて苦痛でしかないんだから、遊ぶ必要はないに越したことはありませんからね。 このゲーム、キャラの強化素材さえ調達できれば ガチャをほぼ回す必要がないゲームなので、ソシャゲはちょっと……という方にも自信を持ってお勧めできます。 運営のレスポンスもよいので、これから始める人はストレスなくゲームを進めることができると思います。 だから、みんな「東方CB」をやってくれ~~~~~~~~~~~~~~~。 今日はここまで。 次回更新日は未定です。 多分『ゴールデンカムイ』か『ワンパンマン』か『ONE PIECE』の話をします。 『横山三国志』は無料期間が終わってしまっていたので延期します。 ゴメンね。

次の

課金アイテム一覧

東方キャノンボール つまらない

レア HP 攻撃力 素早さ ク攻 ス攻 特性 ロール特性 凸 ロール特性 凹 スペルカード 1 14246 3434 2584 5151 5151 なし なし なし 凡符「ストレートシュート」 2 18270 4230 3105 6345 6345 なし なし なし 凡符「ストレートシュート」 3 22410 5038 3628 7557 7557 風属性特効アップ 小 なし なし 凡符「ストレートシュート」 4 26559 5839 4142 8758 12495 風属性特効アップ 中 素早さアップ 中 なし 国符「三種の神器」 5 30920 6680 4680 10020 14295 風属性特効アップ 大 素早さアップ 大 スペルカード攻撃力アップ 中 国符「三種の神器」 特性とイベントが配達ルールでの稼ぎに有効。 イベントの効果はの方が上だが、慧音の方が収益率と出目勝負力で優れており、もし発生しなかったとしてもデメリットが小さい。 切札で移動時のサイコロを振り直すことができる。 狙いの出目が出なかった場合の保険として使うのが一般的。 なお振り直す前に「マップ」を選ぶことで、その出目で止まれるマスを確認できる。 ただし、振り直してより良い出目になるとは限らず、運に左右される。 またやの妨害等の影響を受けるため、振り直しても出目が変わらず無駄打ちで終わる場合もある。 使用のタイミングに注意。 2020年6月25日19:00から実装されたリザーブ機能に伴い、切札を使うメリットが非常に小さくなった。 一応、リザーブ済みの出目を使うと言う前提で、代わりにリザーブする出目の振り直しには利用出来るが、それはあまり大きなメリットとは言えず、ボードの枠の無駄になってしまいがち。 バトルパラメーターは低い。 スペルカードの追加効果に「味方全員のクリティカル率アップ」はあるが、単体対象のスペカでは威力が最も低い上に、その他の作戦への応用が難しい。 よってサポート役にしても、貴重なスペカ枠を放つ為だけに採用するのは得策と言えない。 戻る:.

次の

「東方キャノンボール」最大の問題点——空き時間にできないソシャゲはこの先生きのこれるのか|Cahier|note

東方キャノンボール つまらない

より配信開始。 概要 に開催されたでだという事が発表された。 会場で行われた「『東方キャノンボール』発表記念」では発案の経緯やの者である氏を含む関係者等によるも行われた。 にはからが定められており、これまでもは禁止事項として制限されていたため、として流通しているは全て要素も存在しないの物のみであった。 本作は者認の商業であり、の「」としては初の試みとされている。 あくまで「 」ではなく「 認」であって、やで商業流通している楽曲、またはコンシューマ機で販売されているのような 「 」と同じ扱いだという事には要注意、による開発とはいえそれのプムがに移ったというだけである。 本作の内容自体に者の氏は一切関わっていない はず。 作中の会話ではで動くや、及びではのような等身の低いが動く様子もで確認できる。 初期段階ではがされており、その後で順次追加されている。 初期からのを支えてきた「」がディレクションを務める。 やのにはで著名な・個人が参加している(担当:)。 公式サイトの紹介 「」 の 新作 が で 登場! や など 多なが をにした ボ ー ド ゲ ー ム で 大暴れ! を振って移動し、 や 、 買い物などでを稼いで をそう! - より ゲームの内容 すごろくの要素を基本としたで、これまで手掛けられたの要素が取り入れられている(・などで、妨・・・・のなどで ほか)。 (以下)とは、この内における(もしくはその)をしている。 これを他よりも多く稼ぎ、を購入することが、大まかなへの近となる。 のは基本的に3つ存在し、以下のように区分される。 総 「所持+所持の価格」が総となり、これが決められた数値以上に一番先に達したら勝ち。 で稼ぐ、を得るなどで稼ぐのが。 配達 を決められた数以上購入・所持していると、が出現するので、その状態でに到着すれば勝ち。 必要な数に満たないと、出現したに止まっても勝ちとはならない。 また、・妨によってが減らされることもある。 に点在する陰陽玉スポットに止まることでが行える。 に1回すると1獲得し、決められた数を一番先に獲得したが勝ち。 またすると、 陰陽玉スポットはが上がってどこかのにする。 を購入することで、のが上がり、が強化される。 また、このでは出でして、相手の持っているを奪うことができる。 ほぼ実物のすごろくと同じく、一番先にに到達すれば。 ただし、途中に強制で止まらなければならない・が存在し、そのではを行ってしなければ通過できない。 このでのですると、の地点に戻されてしまう。 なお、は決められたを支払うことでも通過できる。 は強制となるので、のがしても止まることができる。 これ以外にも「の」が必ず発生するもある。 総と配達のを合わせたようなもので、決められた数値以上の総を所持した上でに到着すれば勝ち。 必要なに満たないと、に止まっても勝ちとはならない。 止まった後にが増加して必要なに到達しても、したとはみなされない(再びに止まる必要がある)。 これらののいずれかが「」という形で設けられており、したりを達成するャ召喚に必要な石やの上げ強化に必要な、に必要なを得られる。 はとなる「」、原則曜日別でのやが入手しやすい「」、期間限定の「」に大別される。 においては、を獲得した場合にその割合が増加する「収益率」、や護符などを購入する際にお得になる「商品割引率」、後述する出で振れるの数にする「出勝負」がとしてする。 また相手の所有するに止まった場合、通常よりも高いを支払うと自分の所有物にする「買収」ができる。 護符と 切り札 上での行動は、護符を持っていたり切り札が使える状態になると、1に 護符・切り札のどちらかを1回使用することができる。 な違いは以下の通り。 護符(の)に止まるとに1枚獲得できる。 また、一部の護符は護符店で入手したり、発生で獲得することもある。 入手すれば、基本的に次のからいつでも使用できるようになる。 使用するとくなる。 持てる数は最大で5枚で、6枚以上になったで5枚になるように捨てなければならない。 不要な護符は護符店で売って、に変えることができる。 や妨する護符・切り札によって失う可性が高め。 場合によってはが発生して他のに渡ることも。 切り札• 組んだのごとに持っているもの。 ほとんどは護符で入手できるものと同じ効果を持っている。 が3以上のが持っており、一定経過しないと使用できない(使用できるようになると合図が表示)。 が4になると少しだけく使用できるようになり、5になると切り札自体が上位の性となる。 使用するとくならず、再び一定の経過によって使用できるようになる。 によって使用できるようになる数が異なる。 や妨する護符・切り札によって失うことはないが、一定使用できなくなることがある。 状況によっては一部の切り札が使い物にならなくなることも。 ターンレート 時の所要数に応じて、獲得が変動する。 くすると通常の獲得が多く補正されやすいが、数が増えると補正が小さくなり、一定をえると減少補正がかかってしまう。 これにより配達・における長期での稼ぎがらくなり、1ごとの重要性や切札の使用が大きくしやすくなる。 総では特にこの要素が大きくするため、くする価値が大きくなったと言える。 期間限定で初登場したが、の方でも12編から加わり、後に曜日別、にも導入された。 弾幕バトル 上には陰陽玉が浮かんでいるがあり、このに止まることでを行うことができる。 とでの編成は別々にできるので、によってはでの稼ぎが得意だったりが得意だったりする。 先に相手をさせるととなり、においてはするとを獲得し(なしだったり発動で獲得)、では1勝すると1獲得する。 ただし、自分のがすると次のは1回休みとなってしまう(おまかせにしていない場合、石で可)。 には5つのが振り分けられており、「 は に有利」「 は に有利」「 は に有利」「 と 陽は互いに 有利」という構図がある。 有利なに対しては与えるが通常の2倍(発に WEAKと表示)、不利 なに対しては与えるが通常の半分(発に RESTと表示)となる( と 陽 は互いに通常の2倍)。 写し絵を装備することでが上がり、が回復したり、相手にを与える効果などが付与される。 また、を与える・を受ける・回避に成功することでを発動する(SP)がたまり、発動可になるとでかわせず、高いと共に固有の効果が発生する攻撃が放てる。 によって単体攻撃か全体攻撃かが決まっており、単体攻撃と全体攻撃で消費SPが異なるので、編成はよく考えたい。 闘技場 よりされた。 4人1組で攻撃・防衛をそれぞれ編成し、 対戦相手を選んでを行う。 が設定されており、したり防衛に成功するとが増える。 このが一定値で上位に昇格し、報酬を得られる。 最高がAなので、このに到達すれば召喚用の石が多く得られる。 また、期間も設定されており、期間終了時の滞在に応じて、報酬が得られる。 1日で対戦できる回数は最大5戦で、のより1つ上のの相手にすると獲得が通常より多くなる。 の形式ではあるが、開始時のは通常よりも抑えられており、が経過すると徐々にが増えていくという仕組みになっている。 闘技場のおかげで、のが重視されがちな通常のでは使いにくかったが、突如牙を向くほどにを与えている。 下旬から、前ので最終的に獲得したの一部が引き継がれる形で新が開始される形となり、上位を狙いやすくなった。 討伐戦 よりされた、いわゆるに相当する。 参加で協して、通常より強なを倒すもの。 専用のをして得られる討伐がければを行うことができない。 形式ではあるが制限が短く、は同時ににさせたり、複数回攻撃を行うなどの強な行動を取ってくる。 十分なのがいと、一度のでするのは困難。 ただし制限内にを倒せなくても、次のにの残りが引き継がれる。 一定期間内にを倒した回数で報酬が得られる上に、で与えたの合計によって報酬が獲得できるものもある。 出目バトル(出目勝負) 相手と止まった際に発生する。 を振ってその合計値の大小で勝敗を決するを行い、勝った側は相手から・護符・のいずれかを奪う、もしくは1休みにできる。 また、では、相手からを奪うこともできる。 を振る数は出勝負がし、の倍数を上回るごとに1つずつ増える。 また、を振る数を増減したり、合計値に加算補正がかかる護符や切り札などもある。 また、後述する放浪も出で挑むことができるが、ある程度出勝負が高くなければ返り討ちに合う(1回休みを受ける)ので注意。 放浪に勝つと、放浪の効果を受ける場合に1回防いでくれる効を得られるため、緊急手段としての意味合いがある。 阿求の幻想郷クイズ 上で発生することがあるの1つ。 が のに関連した問題を出題し、正解するとを獲得する。 が高いほど獲得は高い傾向がある。 また、「Q」というが書かれたに止まると、必ずこのが発生する。 をやっていなず分からない上、紛らわしい解答を並べて誤答を誘ってくるため、は非常に高い。 での知識を学べるぞ。 放浪キャラ 画面左のがになると出現するお邪魔。 、、のいずれかが登場する。 で言うならといったところか。 によっては登場する人物が固定だったりする。 出現すると内を放浪。 と接触すると取り付き、様々な悪行を働く。 様子見以外は全ての効果しかなく、一縷の望みもない。 2回休みや及び護符全部没収など再起の悪行もあり、理不尽な負け方をする大きな要因と化している。 (移動) 基本的に周囲を回っているのみ。 「売れない・捨てられない護符を加える」「がく塗りつぶされる」「出で負けると2倍取られる状態になる」「が絡むでの配当が最悪になる」「強制的に出を行い、負けると護符全て没収+所持が半分になる」 () にの付いたへ。 「を振って、出たの倍のを失う」「 を振って、出たの倍のを他の1人に渡す」「護符を通常の2倍の値段で買う」「所持が半減」 強化 (移動) を受ける範囲に入ると、がされる。 された次のから効果が発生する。 されても出で勝つと、相手に送り付けが可。 の有を問わず、経過で強化となる(1回休み状態の時を除く)。 が高く・上限が上がり、写し絵装備数や(後述)回数などがする。 を上げるには別に対応したを集めて消費する必要があるが、高く要される数・種類が多くなり、がある程度高いでなければ得られないがめられるようになる。 写し絵はやなどで得られるもので、装備するとでの性を上昇させたり、効果を得られたりする。 写し絵にもが設定されており、同じ写し絵同士を合成して性が強化できる(最大)。 下表の「 写し絵」は最大で装備できる数を示し、同名の写し絵を2枚以上装備することは不可。 は強化ではないの強化方法で、強化するをの好みで選べる。 をお別れすることで、対応するの「P」が貯まっていき(は 別れた際のが高いほど多く得られる)、200に達すると1回 ができる。 性が高ければよりその性を上げたり、そのの弱点のを補うといった方法が取れる。 下表の「」は最大で行える回数を示す。 やの編成ではお供を除き、「 + -新装束-」のような違い同士での同名を組むことができない。 ボーカルBGM 名前 と. y t r、 はにーぽけっと. no 維. 、AO. 観測所. -新装束- aye -新装束- -新装束- -新装束- 音 -合戦-. -合戦- -- -- BGM制作 参加サークル 順• アド義塾• 観測所• 舞音G 東方CBでよくあること• での報酬は、一定の獲得ごとにが1つ得られるというものになっている。 切札が使えるようになるまで6とが、の終わりに近づくにつれてその獲得量は増大していく。 上手く行けば10万以上も余裕で、によってはを最大(200個)まで得られることも。 上記のの効果を最大限に発揮するために「1」の切り札持ちのがでに組み込まれるのが定番。 この切り札は、 切り札が使えるようにを1進めるという副次的な効果も備えており、最速で発動できるようにする役割を果たす。 ので性が変更されたが大暴れ。 なんと 1から「 5枚になるまで護符を獲得 (5)」という切り札になり、大抵の切り札が使えない序盤から護符で立ち回りがしやすくなった。 でのや達成、でも十分に発揮できる。 今まで5でも・共に不遇の性と言われただけあって、一気に評価が度変わった例である。 ただし入手した護符に左右されやすくも上がり、「式の苦悩」「のお」などで護符を失ったり、相手にを与えたりすることも・・・。 関連生放送 関連動画 関連コミュニティ 関連リンク• 関連項目•

次の